スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイ・ラブ・リンリン

2008/05/25 (日)  カテゴリー/韓国ドラマま行 マイ・ラブ・リンリン

マイラブ・リンリン放送年月日  2002年9月11・12日
放送局  MBC
放送回数  2話
主要キャスト
ハートBイ・ドンゴン…ハン・テウン
ハートPハン・シャオ…リンリン
ハートBチョン・テウ…ホンギ
ハートPイ・ダヘ…ソン・ウナ
視聴日 2008.5.24
評価
    5
作品紹介
 韓中修交10周年特別企画ドラマ。韓国新四天王の一人であるイ・ドンゴンがリンリンを見いだすカリスマ音楽プロデューサーに扮し、その他「太陽に向かって」のチャン・テウ、「ランラン18歳」「グリーン・ローズ」のイ・ダヘ、「真実」のキム・ヒョンジャなどが出演。主人公のリンリンはハン・シャオが好演している。演出は日韓共作ドラマ「フレンズ」(深田恭子、ウォン・ビン主演)にも共同演出で参加したハン・チョルス。
あらすじ
 中国武道・蟷螂拳法の正式継承者・リンリンは、歌手になる夢を諦められず、家を飛び出して韓国へと渡る。空港に着いたリンリンは、マスコミに取り囲まれる1人の男性に遭遇。彼の名はハ・テフン(イ・ドンゴン)。かつて多くのヒット曲を手がけた後、しばらく韓国を遠ざかっていたカリスマ音楽プロデューサーが帰国したのだった。韓国に住む姉の住所を訪ねたリンリンだったが、姉は引っ越しており所在が分からない。しかも、途方に暮れているところをホンギに騙され、一文無しになってしまう。その後、街で偶然ホンギと再会したリンリンは、ホンギの家に転がり込むことになるが…。
感想
 リンリン主演のドラマ、と思って観てたんだけど、もちろん歌手として成功して中国に戻るのですが、イ・ドンゴンのためのドラマだったようなラストで、しっくりいかないというのが感想です。リンリンが、何故韓国での歌手を夢見たのか?その必然性も分からないです。韓国の方が成功する確立が高いんでしょうか?しかも、お世辞にも歌がうまいと言えないんですが・・最後2人でデュエットした時はそれなりに聞こえたからわざと下手に歌ってたのでしょうか?ハン・シャオさん中国では有名人?と思って調べても一つも引っかかりませんでした。上戸彩に坂下千里子を混ぜたような顔立ちで、カワイイです。
 イ・ドンゴン、実際に彼は歌手だったのですが、「僕が昔歌手だった事を覚えていますか・・?」なんていうセリフのあと歌いだし・・イ・ドンゴンファンにはたまらないシーンがありました。すごく良い声をしているのにヒットしなかったんですよね?ドラムだけでなく、ピアノも弾けるんだと感心しました。
 ラスト、「リンリンは歌手として成功したから満足です。何より彼が夢を取り戻したことが嬉しい」と韓国を去っていくのですが???上手くまとめてはいるのですが、なんか観点がズレてるよね~。
 イ・ダヘが歌手として歌って踊ってるシーンが少しだけありました。化粧が濃いのですぐ彼女とは気付きませんでした。 まぁ、イ・ドンゴンが好きな人は見てくださいというドラマです。苦笑



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。