スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ EXPO'08

2008/07/29 (火)  カテゴリー/漫画

 今日、次女が、「お母さんの知恵を借りたいの」というから何事?と思ったら、ジャンプ40周年記念のWEBクイズでした。日本中に散らばったドラゴンボールを探し出す宝探しで、ジャンプのヒーロー達に出会えるとヒントをくれます。7つのボールが揃ったらシェンロンを呼び出すことができ、お宝ゲットとなるわけです。
 次女は、東北・関東地方で行き詰っていました。大人だったら簡単に解けると思いますが、柔軟な思考と自由な発想の推理が試されるというこのゲーム。結構面白かったです。ぜひトライしてみてください。
ジャンプ 
ジャンプ バーチャル エキスポ ゼロハチ
スポンサーサイト

さよなら絶望先生

2008/03/17 (月)  カテゴリー/漫画

絶望先生
 長女がハマっている漫画です。読む?と渡され、第一集(1巻のこと)を読んでみました。

作品紹介
「週刊少年マガジン」で2005年22・23合併号から連載中の久米田康治によるギャグ漫画。
2007年第31回講談社漫画賞少年部門受賞。単行本は2008年3月現在、十ニ集(12巻)まで発刊中。
 桜も咲き誇る4月。新しいクラスに希望に胸を膨らませた、何事もポジティブにしかとれない少女・風浦可符香は、自殺しようとする何事もネガティブにしかとれない青年・糸色望と出会う。何と彼は可符香のクラスの担任であった。ひきこもり少女、ストーカー少女、被DV疑惑少女、人格バイリンガル少女、超几帳面少女、難民少女など一癖も二癖もある絶望的な生徒が在籍する2年へ組では毎回様々なことが起こる。。。
感想
 数話を除いてほぼ1話完結式。毎回時事ネタ、自虐ネタなどを使って、特定の言葉や事柄に焦点を当てたギャグを展開しています。絵柄的には可愛くて、すっきりしていて読みやすい、私の好きなタイプの漫画です。ハート2♪  先生の名前、糸色望(いとしきのぞむ)を横書きにすると、絶望になるのにはへぇ~と関心しましたが、最初のほうははっきりいって面白くないです。先生があまりにも悲観的でつまらなく、笑いどころが解らない。最近の漫画にはついていけないかも・・と思っていました。388 でも生徒が一人ずつ紹介されるようになってからは面白くなってきました。一番笑えたのが、不登校少女。彼女が誰も自分を心配してくれないと学校へ様子を伺いに来るのですが、教室はおかしな生徒だらけで自分は普通の人と言われます。その中でも学校に引きこもる不下校少女と出会い、「不登校は社会的に問題になってるの、下校しないなんて簡単よ!!」と言い切ったのですが、下校時間に流れるトロイメライの調べ。夕暮れにただようカレーのにおい。校庭に伸びる鉄棒の影。悲しげに鳴く動物たちの声。薄暗くなった窓ガラスに映る自分の顔。暗くなった校内で恐怖により疑心暗鬼になって幻覚が見えるのよ~と脅され、しまいには廊下の蛍光灯が、赤ちゃんの下半身に見えてきて・・(絵がうまい!!そんな風に見える気がする~!!)さっさと逃げ帰って普通少女と確定されるのです。(大笑)
 お小遣いで買っているので、出し惜しみをしてなかなか見せてくれないと思いますが、続けて読んでみたいなと思いました。アニメ化されていて、サンテレビの深夜にシリーズ2弾の「俗・さよなら絶望先生」が現在放送されています。興味の沸いた方はぜひ予約録画を。(毎週月曜24時)

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。