スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

商道 第50話(最終話)

2008/12/18 (木)  カテゴリー/韓国ドラマさ行 商道(サンド)

第50話(最終話) 財物は水の如く
 松商が偽造した湾商の換の期日が迫る中、チョン・チスは最後の足掻きとして倭銀を鋳造する。一方、松商の陰謀により危篤に陥ったパク・チュミョンの代わりに、松商の都房たちはタニョンを中心に結束する。そんな中、タニョンはチョン・チスが倭銀を鋳造していることを知り、鋳造場に押しかける。鋳造が発覚し、チョン・チスの破滅を予測したチャン・ソクチュは松商の金を持ち清国への逃亡を図るが、途中タニョンたちに捕まり、すべてを自白することに。そんな中、湾商の換を偽造したチョン・チスの罪を知ったサンオクは、チョン・チスを訪ね、松商のすべてを湾商に渡し、二度と商界に足を踏み入れぬよう忠告する。すべてを失ったチョン・チスは絶望の中、自害する。一方、郭山の改革にも成功したサンオクは、大命により従三品の位階を与えられるが、すべての欲を満たすことはできないとの和尚の奥深い教えの通り、権勢欲を捨て辞職願を出す。再び商人として湾商へ戻ったサンオクは、民の借金を帳消しにし、商売を始める者に天銀5両を与えるのだった。月日が流れ、民を思う商人として生涯を過ごしたサンオクは、過ぎし日を振り返りホン・ギョンネの墓を訪れる。
 チスは最後の悪あがきで倭銀の鋳造に手を付けましたね。結局それもバレ、チャン・ソクチュにまで裏切られました。
 ソクチュはタニョンたちに捕らわれて、あっさり自分の罪を認めましたね。絶対チスに罪をなすり付けると思ったんだけど最後だからいい人にしたのかな~?
 チスは、サンオクに「商才があるのに利益を求めすぎて自ら破滅の道へ進んだ。換は湾商で処理するから、商界から退け。」と言われ、一日の猶予を貰います。自分の人生を振り返り、自分の愚かさに気付いたチスは、自ら命を絶ちました。悔い改めてやり直して欲しかったのにな…。
 利水事業にも成功したサンオクは、王命によりまた昇進するのですが、今が第3の危機であって、権力欲を満たしてはいけないと辞職しました。再び湾商で働くサンオクは、築き上げてきた財産を全て民に分け与えます。できることじゃないよね~。タニョンへの想いも心にしまい…。晩年になってホン・ギョンネの墓を訪れます。民のために命を賭けた彼より長く生きてしまった償いとして、自分も民のために生きたようだと人生を振り返りドラマはエンディングを迎えました。う~ん。良かったです。こんな立派な商人が朝鮮にいたんですね。欲を言えば、子どもが生まれ幸せに暮らすミグムの姿がちらりとでも観れたら最高だったのにな~。話数は多いけど、やはり史劇はいいですね。このドラマの視聴率が悪かったなんて残念でならないです…。

スポンサーサイト

商道 第49話

2008/12/17 (水)  カテゴリー/韓国ドラマさ行 商道(サンド)

第49話 真相究明
 5千斤の紅参の製造を見事に成し遂げたサンオクだったが、パク都提調は重罪人には変わらないとサンオクを打ち首にすべきと激しく主張する。しかしサンオクを格別に寵愛している殿下の大命によりサンオクに再審判が下される。 しかしサンオクを格別に寵愛している殿下の大命によりサンオクに再審判が下される。サンオクの釈放を願う殿下の心中を察したパク都提調は、裏金を使いサンオクの打ち首を催促してくるチョン・チスに、今後一切縁を切ると告げる。松商にとって唯一の盾であるパク都提調に裏切られまいと、チョン・チスはこれまでパク都提調との間で秘密に交わされた裏金の帳簿でパク都提調を脅迫する。しかし反逆に出たパク都提調に憤慨したチョン・チスの暴露によりパク都提調は左遷の身となる。そして新たにユン・ジョンホ右相の担当となった再審判により、サンオクは晴れて釈放される。一方、再調査により釈放されたパク・チュミョンとタニョンの前に、裏切った松商の都房たちが現れ、パク・チュミョンに松商の再建を嘆願する。都房たちの切実な訴えを受けパク・チュミョンは再起のため奮い立つが、チャン・ソクチュにより襲われる。そんな中、湾商で偽造された換が発見され、松商の仕業だと気付く。
 チスたちはパク都提調に切り捨てられ、脅しにかかるけど、反対に脱税容疑をかけられ、怒ってパク都提調の収賄を明るみにしてしまいました。
 そして、サンオクは無事釈放。タニョンとパク・チュミョンも免賤され鉱山に戻るつもりが、松商の都房たちが松商の再建をと懇願しに来ました。
 松商の都房たちの動きが怪しいからと、チャン・ソクチュはパク・チュミョンの暗殺をほのめかすのですが、これにはチスが猛反対。二人の間に深い溝ができたようよ。
 パク・チュミョンが決心したとたん刺客に襲われ重体。タニョンが跡を継ぎました。チスに罵られたチャン・ソクチュは何やら怪しい動きを。チスを裏切るのかな?こいつが一番の悪だと思うんだけどな。
 ニセの換が松商の仕業と判り、怒る湾商の都房たち。さて、サンオクはどうする?
サンド49話 

商道 第48話

2008/12/16 (火)  カテゴリー/韓国ドラマさ行 商道(サンド)

第48話 無謀な要求
 湾商の行首たちにまで逆徒と内通した罪を着せようとするパク都提調に、サンオクは自分以外の商団員は誰一人ホン・ギョンネの正体を知らなかったと訴え、一人ですべての罪を被る。一方、資金難に陥り商人たちの換を現金化できずにいる松房に、怒った商人たちが押し寄せてきた。窮地に追い込まれたチョン・チスは湾商の換の偽造を思い立つ。その頃、パク・チュミョンの呼びかけにより、商人たちによるサンオク救出の連判状が作られ、連判状は商人だけではなく義州や泰川の民、そして平安道一帯の民にまで広がる。そんな中、朝廷にはアヘン中毒者が急増する清国から使臣が訪れ、アヘンの特効薬である朝鮮人参を1ヶ月以内に5千斤送れとの無謀な要望が言い渡される。そして獄中のサンオクに紅参を製造する機会が与えられる。
 サンオクは自分だけがホン・デスの正体を知っていたと告白し、絶対的不利に。そんな中、清国から人参を5千斤用意しろと要請され、獄中のサンオクにチャンスが回ってきます。師匠を呼び戻し、夜通し作業が続くのですが、急を要してもいい物をという信念のため4千斤しか作れませんでした。また、牢獄に…というところで残りの1千斤が届いて―。師匠は蒸籠で1千斤を仕上げたそうです。何とか約束を守れたサンオク。タニョンもパク・チュミョンの名を借り、サンオク救出の連判状を呼びかけ、それが民にまで広がり、王様は再調査を右相に一任しました。良かった~。この人なら正しい判断を下してくれそうです。
 チスったら、今度は湾商の換を偽造しちゃったよ。どこまで悪事が続くのやら…。
サンド 

商道 第47話

2008/12/12 (金)  カテゴリー/韓国ドラマさ行 商道(サンド)

第47話 「絶対絶命」~明るみに出た過去
 翌朝部屋を出たサンオクは、タニョンを愛人にしても免賎することはできないとミグムを諭す。そんな中、サンオクはタニョンの濡れ衣を晴らそうと、義州府尹に乱時に捕らわれた罪人の再調査を行うよう嘆願する。一方、チョン・チスはイ・ミョンウから、逆徒の残党からサンオクがホン・ギョンネに資金を提供した証言を得たと聞かされる。チョン・チスはサンオクを訪ね、逆徒との関係を口封じする代価として、天銀10万両と湾商に奪われた松商の全店舗を返すよう脅迫する。しかし野望に満ちたチョン・チスによる松商の再起を危惧したサンオクは、チョン・チスの提案を断り、それにより今後湾商に降りかかる禍を避けるために湾商の大房を下りる。そして自ら官衙に向かいホン・ギョンネとの関わりを告白したサンオクは、義禁府へと護送される。獄中のサンオクを釈放させるため湾商の商団員たちが対策を講じる中、事件を担当したパク・チョンギョン都提調の命令により、湾商の行首たちも義禁府へ連行される。
 タニョンとは一夜を過ごさなかったのね。サンオクの性格からしてそんなことできるわけないと思ってましたが。 チョン・チスからホン・デスのことを突き止められ、サンオクは脅迫されるのですが、チョン・チスが再起したら朝鮮商界が混乱するとチスの提案を断り、自ら役所に告白しました。
 取調べ担当が以前裏金を断ったパク氏で、チスから賄賂を貰ってるから、湾商自体が仲間だとサンオクは窮地に追い込まれました。これが第3の危機?和尚様の教えは杯だったよね。松商は湾商の資金を当てにしてたから資金繰りがとっても大変なのでは?残り3話です。
サンド47話 
fc2.gif 

商道 第46話

2008/12/11 (木)  カテゴリー/韓国ドラマさ行 商道(サンド)

第46話 再会
 サンオクは官妓生となったタニョンを何とか免賎させようと平壌監司に頼むものの、逆徒と内通した者を免賎させることはできないと固く言い放たれる。その頃、義州に残ったミグムは懐妊し、サンオクのいる泰川へ向かう。そんな中、泰川での善政が高く評価され、サンオクは王命により郭山郡守に任命される。そして平壌監司の特別な計らいにより官妓生のタニョンを連れ郭山に向かう。一方、サンオクが昇進する限り松商の地位は落ちぶれるだけだと息巻くチョン・チスは、サンオクを蹴落とす方法を模索する。そんな中、新たに平壌官衙の判官に赴任したチョン・チスの親友イ・ミョンウは、ホン・ギョンネの乱の際、逆徒に金を渡した者の名簿から不審な点を発見する。名簿には名のない天銀2万両の提供が記載されており、その報告を受けたチョン・チスは提供者が湾商であることを確信する。サンオクのタニョンへの想いを知ったミグムは、二人を引き合わせようと寝所にタニョンを送る。
 ミグム~。
やっと懐妊し女としての幸せが掴めると思ったのに、サンオクが妓生となったタニョンを連れて来るものだから、また辛い目に。しかも長年の想いを叶えてあげようと寝所まで準備するだなんて…。できすぎ!!もっと我がまま言ったらいいのに…。
 チョン・チスとイ・ミョンウは同じ穴の狢なのね。イ・ミョンウはもっと賢いと思ってたよ。反対にチェヨンの夫となったお役人のミョングクはいい人ね~。好感持てるわ。この俳優さんどこかで見た気がします。
 ホン・デホが奪っていったお金。大金だから湾商とバレてしまいました。逆徒に大金を渡したと朝廷に知れたら、斬首になるくらいヤバイんじゃない!?
サンド46話 

商道 第45話

2008/12/10 (水)  カテゴリー/韓国ドラマさ行 商道(サンド)

第45話 「任官」~泰川での改革
 殿下と謁見したサンオクは、大命により泰川縣監に任命される。一方、松商では柵門のチン商人から20万両の借金返済を催促され、滞れば松商の店舗を差し押さえるというのである。松商を他国の者に奪われては朝鮮の商界が混乱するだけと判断したサンオクは、チョン・チスを訪ね、チン商人の借金を肩代わりする代わりに松房の店舗を湾商に渡すよう告げる。サンオクは松房の店舗を吸収し一層拡大した湾商を、自らが湾商大房となりキム・ドゥグァンを湾商都房とした新たな組織体系に改変する。そしてサムボとボクテを引きつれ泰川に向かったサンオクは、泰川の民が両班たちに虐げられ、奴碑として生活している実情を知り憤慨する。両班の横行を戒める傍らサンオクは、農作に向かない泰川の土地の新たな活用法として、漆の栽培と螺鈿漆器の生産を思いつく。ある日、平壌監営が設けた酒宴に招かれたサンオクは、妓生として現れたタニョンと遭遇する。
 王様から功績が認められ、両班でもないのに官職に就き、大出世したサンオクですが、赴任先は山が多く農地が少ないへんぴな所。王様酷いんじゃない?と思いましたが、サンオクだったら何とか改善してくれるという期待から送ったわけですね。
 小作料が高いため民は自ら両班の奴隷になり、役所の倉庫も両班たちに悪用され空っぽ。民が自活していけるように土地柄を生かし漆の栽培と漆器作りを始めます。ところが、チョン・チスと親しい役人が昇進して、国政である農作をおろそかにするサンオクを取り締まりに来ます。作業場も荒らされピンチ!!と思いましたが、王様の使者がタイミングよくやって来て難を逃れました。チョン・チスはいつまで邪魔をしてくるんでしょうね~。
 県監たちの集まりで一人だけ賄賂を渡さなかったサンオク。何も言われなかったけど、大丈夫?この夜の宴会でタニョンが妓生として現れました。この展開にはびっくりだわ~!!
サンド45話 
fc2.gif 

 

商道 第44話

2008/12/09 (火)  カテゴリー/韓国ドラマさ行 商道(サンド)

第44話 「謝罪」~チョン・チスの危機
 ファン・デホは城内で官軍に連行されながらサンオクにはぐれたタニョンを捜して欲しいと託す。乱が鎮まり湾商の運営が再開されるが、サンオクはタニョンの行方がつかめないまま、悲嘆にくれていた。そんな中、サンオクはパク・チュミョンの所有していた雲山の鉱山が松商の手中に入ったとの話を聞き、チョン・チスが鉱山を奪った全容を調べる。一方、金脈を掘り当てたチョン・チスはその資金力でイ商の商権を買い取る。ある日、獄中のパク・チュミョンとファン・デホに面会したサンオクは、パク・チュミョンから過去のすべての過ちについての謝罪を受けると共に、野望に狂い独走するチョン・チスを食い止めるよう頼まれる。サンオクによって金鉱の不正な取引を暴かれたチョン・チスは捕らわれ、その罪として松商の人参交易権は剥奪される。そんな中、サンオクは乱鎮圧の功労を称えられ、殿下から褒賞が下賜されることに。
 パク・チュミョンがサンオクに謝罪し、チョン・チスも大打撃を受け、とても痛快な回でした。唯一タニョンが見つからないのが心配です。
 チョン・チスが金脈を掘り当てたと聞いたときは、そんな馬鹿なと思いましたが、結局不正行為がバレ没収となりいい気味。多額の借金に加え、人参貿易の権利まで剥奪されては松商の都房たちが黙ってないよね。いい気味だわ。
 獄中のパク・チュミョン。自分の築き上げたものが儚いものだったと悟り、サンオクに深々と謝罪しました。体も弱って見えるけど、再起できるのでしょうか?哀れだわ…。
サンド44話 

商道 第43話

2008/12/05 (金)  カテゴリー/韓国ドラマさ行 商道(サンド)

第43話 ホン・ギョンネの乱 
 進軍を続ける反乱軍は義州の近くまで押し寄せてくる。そんな中、平安兵使に呼ばれ米と資金の援助を求められたサンオクとチョン・チスは、官軍が没収した反乱軍の帳簿に、タニョンの名で500両が反乱軍に渡った事実の記載があることを偶然に知る。サンオクは逆徒と内通した大罪を着せられたタニョンを救うため、タニョンを必死で捜す。一方、タニョンの危機を利用し、雲山の金鉱を奪い取ろうと企んだチョン・チスは雲山の郡守を訪ね裏取引をする。その頃、ホンギョンネ率いる反乱軍は安州城で大敗し、定州城に逃げ込む。タニョンが反乱軍により篭城戦の行われている定州城に連れ込まれたことを知ったサンオクは、タニョンを救出する手段として官軍に支援米を運ぶ名目で自らが城内に向かう。湾商からの2千俵の支援米により士気を高めた官軍は総攻撃に出る。反乱軍は敗北し、ホン・デスは命を失う。
 サンオクは米と薬を置いていくと言ってるのに、チスは米と薬を買占めまだ売るなと指示。パク・チュミョンの鉱山まで横取りし、本当に卑劣なやつです。早く天罰が下れ~。
 タニョンが逆徒に資金を援助したことがバレ、サンオクは必死でタニョンを探すのですが結局手遅れ。官軍に捕まったところに反乱軍が来て、タニョンは彼らに連れて行かれました。助けようがないサンオクは少しでもタニョンの近くにいたかったんでしょうね、自ら戦地に米を運ぶ役を買って出ました。総攻撃によってホン・デスたちはは破れたわけですが、タニョンの姿が見つかりません。どこに逃げたのでしょう?
それにしても、サンオクは頭の中はタニョンで一杯なのね。ミグムが哀れで仕方がないわ…。
サンド43話 

商道 第42話

2008/12/04 (木)  カテゴリー/韓国ドラマさ行 商道(サンド)

第42話 ホン・デスの正体
 その夜、タニョンはサンオクを訪ねホン・デスの正体を探るよう告げ、疑心が芽生えたサンオクはホン・デスの正体を調べ始める。ホン・デスが将棋をさそうとサンオクの部屋を訪れたある日、サンオクは恐れていた事態に直面する。
 第2の危機と感じたサンオクが和尚からの2番目の教えの袋を開けると、そこには「鼎」との文字が記されていた。一方、義州に現れたタニョンを目撃したチャン・ソクチュは、パク・チュミョンとタニョンが鉱山を営み、採掘した金で工芸品を作り、清国商人との商売の準備を始めていることを知る。チョン・チスは彼らの復帰を恐れ警戒するのだった。そして1811年、ホン・ギョンネの乱が勃発する。
 タニョンのお陰でホン・デスの正体を知ることができたサンオクですが、もう避けられない状態に。仲間にならなかったら命がないと思ったサンオクは和尚さんの袋を開けます。「鼎」の意味が解らずチェヨンの所に聞きに。三脚の器の意であるが、皇帝を指すと同時に3つの欲を意味し、均衡が保てなければ「鼎」にならないことを知ります。自分は他の欲を持たずに商道の道を進みたいとホン・デスにきっぱり断るサンオク。ホン・デスもそんなサンオクを殺すことができず、お金だけ奪って去っていきました。やれやれ。
 そして、ホン・デスの反乱が勃発。サンオクたちがいる義州の近くまで占領始めていると。サンオクは湾商が逃げ出したら民が動揺すると、米と薬は負傷者のために置いていき、他の荷物をまとめて待つよう指示。こんな時でも冷静に賢明な判断が下せるサンオク。若干32歳。すごい人物です。
サンド42話 

商道 第41話

2008/12/03 (水)  カテゴリー/韓国ドラマさ行 商道(サンド)

第41話 「身代金」~匪賊との取引
 山中で盗賊に塩を施した罪としてサンオクとホン・デスは官衙に護送されるが、更生した盗賊たちの訴えに免じて釈放される。その後、休暇をもらいホン・デスが向かった場所は山中だった。ホン・デスは鉱山を営んでいるタニョンを訪ね、山にこもった貧民と共に鉱山を営んでいる者だと偽り、金脈を探せず飢えに苦しむ民に力を貸してほしいと申し出る。以前盗賊に襲われた時に助けてもらったホン・デスに何の疑いも持たないタニョンは、パク・チュミョンの許可も得ないまま独断で500両を差し出す。しかしその頃、山中で逆徒たちの怪しい動きがあるとの噂を耳にしたファン・デホは、ホン・デスと逆徒との関係を懸念する。そんな中、新たに1万2千斤の人参交易権を獲得した湾商は、柳商ウ・ヨランを責任者として燕京に向かうが、急ぐあまり危険な近道を通り、匪賊たちに襲われることに。そして人質となった商団員たちを救うため、サンオク自らが匪賊との取引に向かう。
 
タニョンは採掘した金で象眼の舎利瓶を作るため義州を訪れていた。偶然サンオクを見かけたタニョンは、鉱業主と名乗り民を救うための援助を求めたはずのホン・デスが、サンオクの隣に立ち、仕える姿を目撃し驚く。
 平壌に連行される途中で、民や盗賊たちがサンオクを助けてくださいと集まり、盗賊を更生させたからと釈放されました。もはやサンオクは仏様のように民に崇められて、すごい人徳の持ち主となっています。逆賊のホン・デスはそこに目をつけて自分たちを正当化しようといてるわけですね。
 人参取引で松商に遅れを取った湾商と柳商は、危険な道を通り盗賊に襲われてしまいました。身代金1万両を要求されたサンオク。多額の税を納めてるにもかかわらず朝廷は官軍を出してくれません。部下の命を助けるために要求を呑むのですが、盗賊相手に「人らしく生きるため宿場を建て、湾商の護衛をしないか」と取引を持ちかけました。盗賊たちも納得し、湾商の皆は助かるのですが、なんと、盗賊は既にホン・デスの一味が退治していて、部下たちが盗賊に成りすましていたのです。驚きだわ~。
 タニョンが偶然サンオクらを見かけて、逆賊の噂があるホン・デスと一緒にいるのに気が付きました。当然教えに行くよね!?
 サンド41話

商道 第40話

2008/12/02 (火)  カテゴリー/韓国ドラマさ行 商道(サンド)

第40話 高利貸し
 大金を貯めこんだ両班から金を借り、低利で民に貸し出すことを提案したホン・デス。サンオクは、常に民を思いやる彼の人柄と、社会に対する深い理解から生み出される戦略の数々に共感し、次第に信頼を深めていく。金持ちから莫大な金を借りた湾商は、民に低利で貸し始める。それまで高利貸しで苦しめられていた民は湾商に群がり、高利貸しで暴利をむさぼっていた松商は苦境に立たされる。追い詰められたチョン・チスはあっさり高利貸しから手を引き、次は生活必需品である塩の商売に手を出す。悪知恵を働かせて塩田の買い取りに成功したチョン・チスは、塩の価格を吊り上げて人々の生活を圧迫する。一方、塩の価格が上がって人々が困っていることを知ったサンオクは塩を大量に買い入れ、低価で民に施す。そして、ホン・デスの提案で山にこもって暮らす火田民にも塩を施すが、それが盗賊と内通したとの疑いを招き、サンオクとホン・デスが役所に連行されてしまう。
 へぇ~、両班たちがいわゆるタンス貯金をしていたからお金の流通が悪くなってたんだ。そこに気付いていたホン・デスは湾商の信用でお金を借りて低利で貸そうと提案。両班の家から隠し金がどっさり出てくるところには驚きました。
 チスは湾商が低利で金を貸し出したと聞いて、あっさり手を引き今度は塩の買占め。塩田は王室が所有しているため、王室の血を引く部下を養子にやり、松商の手のものに。
 サンオクは飢えている民に塩を配給しようとチスのところへ。3倍もの値をふっかけられたけど、大量に購入。サンオクは大損はしたけど、民を救うことができて商人になってよかったと満足。一方のチスは後から救済塩だったと聞き、大儲けしたけどこれほど惨めな思いをしたのは初めてだと後悔。その心を大事にしたらいいのにね~。
 あらら?この救済塩を盗賊にも配ったとサンオクとホン・デスは役所に連行されちゃいました。ホン・デスの仲間が平壌に移されたらまずいと救い出そうとしてます。どうなっちゃうんでしょう…。
サンド40話 

商道 第39話

2008/11/28 (金)  カテゴリー/韓国ドラマさ行 商道(サンド)

第39話 謎の訪問者
 ミグムとの婚礼の日が近づく中、どうしてもタニョンを忘れられないサンオクは、松都へ向かったタニョンの後を追う。しかし、タニョンはすでに松都にはおらず、松商大房パク・チュミョンと共に松商から追い出されたことを知る。それ以上タニョンの行方を捜すことができないまま、サンオクはミグムと結婚することに…。月日が流れ、ついに漢陽にも新しく店舗を構えた湾商は、漢陽を地盤とする京商と肩を並べるほどの利益を上げ、名実共に朝鮮一の商団に上り詰めていた。そんなある日、サンオクの下で商売を習いたいとホン・デスという者が湾商を訪ねてくる。ホン・デスにただならぬ才能を感じたサンオクは本店の書記として雇うことにする。松商を追いやられたパク・チュミョンとタニョンは鉱山を営み、金脈探しにすべてを賭けていたが、金脈は一向に見つからず、資金は底をついていた。その頃、朝鮮は凶作が相次ぎ、人々は米不足に苦しんでいた。そこへ京商による米の買占めが発覚し、人々はついに怒りを爆発。サンオクはこれを鎮めるため大量の米を漢陽へ運び、米不足の解消と価格の安定に貢献する。
 結局ミグムと結婚したのね。でも愛のない結婚だからサンオクは仕事に没頭し、家に帰らない日もあるとかで、チョレは子供を産んで幸せそうなのに、ミグムは可哀想…。
 ホン・デスという男が現れ、ずば抜けた才能で本店の書記にまで昇進。すっかりサンオクも信用してるけど、何やら徒党の長みたい。あとはサンオクを懐柔するだけと、何かを起こそうとしてるよ!!気をつけないと、巻き込まれそう…。
 チェヨンは調査に来たお役人と結婚してました。いい人とめぐり合えて良かったね。
 タニョンはパク・チュミョンに従い金脈探しに苦労をしていました。資金も底を尽き、雇用人の給料も3ヶ月未払いで、その上坑道が崩れ窮地に立たされたけど、崩れた坑道から金塊が発見されました。これでまた這い上がってきそうですね。
 チョン・チスらは民相手に高利貸しを始め、相変わらずの非道さ。民が飢えに苦しんでるのに朝廷も裏金を貰ってるから取り締まれないとか。サンオクはホン・デスにいい解決策があると言われたけど大丈夫かなぁ…。
サンド39話 

商道 第38話

2008/11/27 (木)  カテゴリー/韓国ドラマさ行 商道(サンド)

第38話 「下克上」
 約束の場所に現れたタニョンはサンオクを松商の建物に案内し、酒をすすめる。「一生を共にしてくれ」というサンオクにタニョンは、自分は夢の中でしか愛する人に会えない運命だと言い、サンオクのことは忘れるときっぱり告げる。その頃、サンオクの心が自分にないことを知るミグムは、サンオクの負担にならぬよう義州を去ろうと母に告げるが、ミグムの母は取り合わない。一方、都房たちの不審な動きに気づいたパク・チュミョンはチョン・チスたちに知られないように都房の動きを探り、水面下で進められる松房乗っ取り計画を知る。パク・チュミョンはすぐさま都房会議を招集し、収拾に乗り出そうとするが、それよりも一歩早く動き出したチョン・チス一派を押さえることができず、ついにタニョンと共に松商から追い出されてしまう。そんな中、長年チェヨンの行方を捜していたチェヨンの親族がようやくチェヨンの居所を捜し当て、松商を訪ねてくる。父親の名誉も回復し、晴れて両班となって漢陽へ戻っていくチェヨン。パク・チュミョンは寂しい気持ちでチェヨンを見送る。
 やはり結ばれない二人なのですね…。タニョンの方が「大業を成し遂げる方だから重荷になりたくない」と身を引きました。
 ミグムも自分がいてはサンオクの負担になると去ろうとするのよね~。商団のことを考えたらミグムと結婚するのがいいんだけど。う~ん、難しいね。
 チェヨンは身分も回復され親戚の所へ戻りました。パク・チュミョンは彼女のことを女として見てたのかなぁ。寂しそうでしたね。
 そして、チス。とうとうパク・チュミョンを追い出しました。松商に寝返ったときからこの日が来ることは分かってたんだけど、そんな生き方してたら天罰がくだるよね、きっと。
 前回、お役人が湾商は、朝廷の1年間の歳入の半分以上の税を納めたって言ってたから、商人として大成功したのよねサンオクは。でも和尚さんが言うにはあと2回危機が訪れるはず。残りはたっぷり12話。じっくり堪能させていただきます。
サンド38話 

商道 第37話

2008/11/26 (水)  カテゴリー/韓国ドラマさ行 商道(サンド)

第37話 「亀裂」
 人参取引で莫大な利益をあげた湾商は、朝鮮一の商団となり義州に戻ってくる。一方、原価にも満たない価格で人参を手放し、大きな損害を被った松商は、義州へ戻るやいなや、密貿易とホン・ドゥクチュ殺害の疑いで大房パク・チュミョンとチョン・チスが役所に連行される。幸い証拠不十分で釈放されるが、人参貿易の失敗で全国の松房は深刻な資金難に陥り、各松房の都房たちはパク・チュミョンへの不満を募らせていた。これを絶好のチャンスと見たチョン・チスは、パク・チュミョンの味方のふりをしつつ陰で反パク・チュミョン派の都房たちと手を組み、応じない都房たちは力づくで排除し、パク・チュミョンから大房の座を奪い取ろうと企む。その頃、湾商ではサンオクの結婚問題で持ち切りだった。人参取引で財産を築き、朝鮮一の大富豪になったサンオクが大商団を率いてやっていくにはそばで支えてくれる人が必要だという周囲の圧力の中、サンオクは再び自分の気持ちを告げるためタニョンを呼び出す。
 義州へ戻るやいなや、密貿易とホン・ドゥクチュ殺害容疑で松商のパク・チュミョンとチョン・チスが連行されたけど、グルの役人が自害しちゃったもんだから証拠不十分で釈放されちゃいました。人参貿易で大損害を受けた松商のパク・チュミョンの責任問題を問われて、チュミョンも退くべきなのに、チスに都房たちが変な行動を起こさぬよう見張れと命令します。そのうち飼い犬に噛まれるのよね。このご老人。
 商団に調査まで入って帳簿も合わせなかったから、いよいよ松商もお終い?と思いましたが、このお役人、とても好感の持てるいい人で、商団の悪い所を指摘し、きちんと指導をしていきました。なんとチェヨンの父を知ってるようよ。
 サンオクのオモニがミグムとの結婚を強く望んでます。ミグムもサンオクに惹かれている様子。でも当のサンオクはタニョン一筋だからミグムに冷たいのよ。何だかミグムが可哀想。タニョンにもサンオクが結婚するとの噂が届き、タニョンも動揺してます。タニョンを呼び出したサンオク。どう話を持っていくのかな~。
商道37話 
 

商道 第36話

2008/11/21 (金)  カテゴリー/韓国ドラマさ行 商道(サンド)

第36話 「大勝負」
 サンオクのバカげた行いを不審に思いながらも、じきに終わる薬材市を前に、松商は帰り支度を始める。タニョンはサンオクの無謀な態度を心配し、説得しようとするが、サンオクは取引で頭がいっぱいだからと面会を断る。強情なサンオクを見るに見かねた燕京の薬材商ワン商人がやってきて人参価格を下げるよう説得するが、サンオクの決心は揺るがない。そして、とうとう清国産の紅参が40両で売りだされる。これで一巻の終わりと絶望した湾商の仲間たちはサンオクにつめ寄ると、サンオクは清国産の人参を買ってこさせ、それがいかに粗悪品であるかを皆に説明する。清国産人参の実物を見て自分たちの商品に自信を持ったサンオクは、人参価格を160両に吊り上げる。清国商人はさらに反発し、湾商と取引したら清国商界から追放するとのお触れまで出る。このまま1つも取引できなければ湾商はつぶれる。頑固な清国商人たちの談合をどうやって崩したらいいのか。絶体絶命の危機に陥ったサンオクは、山寺の和尚に授かった布袋を思い出し、開けてみる。
 すごい!!すごい!!見ごたえたっぷりの1話でした~!!
清国産の人参は粗悪品でとても朝鮮人参に太刀打ちできる物ではなかったのです。サンオクは現地に行って確信してたのね。清国ではアヘンで健康を害した人が多く、朝鮮人参の需要が高いからと堂々の値段をつけるのですが、清国商人の談合が崩れず、ワン大人の110両でとの和解案も断ります。それでも薬材市の終了日が迫り、困り果てたサンオクは和尚さんから貰った袋を取り出しました。中には「死」との文字が。明け方になってピンと来たサンオクはその紙を燃やし、薪を持ってこさせ、店の前で人参を焼きだしたよ~!?瞬く間に周りは人だらけ。清国商人も慌てて飛んで来て、人参を次から次へと燃やすサンオクを止めにかかります。160両で買うと言い出す商人たちに、「談合のせいでこんな事態になったんだ。燃やした分も弁償しろ!!」と強気なサンオク。結局200両で買い取ってもらうことに!! 
 この騒ぎを松商も見ていて、唖然とする松商の皆さんのお顔が見ものでしたよ~。
大事な人参を燃やしてしまう大胆さに、先のことも見据えて絶対安値では売らないサンオクの信念。いや~、感動しました。本当に奥が深くって面白いわ、このドラマ。
サンド36話 サンド36話-2
fc2.gif 64クリックお願いしますハート

商道 第35話

2008/11/20 (木)  カテゴリー/韓国ドラマさ行 商道(サンド)

第35話 「談合」
 人参が売れない理由は、清国商人たちが朝鮮の人参は買わないとの談合を行ったからだった。清国でも人参の栽培が始まり、朝鮮産を買う必要がなくなったのだ。危機感を感じた松商大房パク・チュミョンは各商団の代表者会議を開き、清国商人たちの談合を打ち破るための手段としてすべての商団が70両に価格を統一し、清国商人との交渉に臨もうと提案する。しかし、サンオクは原価にも満たない価格で売ることはできないと拒絶し、清国産の紅参の実態を確かめようと一人旅立つ。その間、柵門のチン商人が紅参を50両で売り裁いたことをきっかけに、朝鮮商団はなだれを売って安値で人参を手放しはじめる。取り残された湾商の仲間たちの焦りは募るばかりだが、サンオクが帰らないことには何もできない。そして、ようやくサンオクが燕京に戻ってくる。湾商の宿に戻ったサンオクは人参の値を下げるどころか150両に上げ、しかも松商や京商の人参までもすべて買い取る。
 自分たちの人参に自信があるサンオクはそんな値段では売れないと、松商の提案を断り、一人で清国の人参を調べに出て行ってしまいます。その間に柵門の商人が人参を50両で売ってしまったと聞き、他の商団は慌てて売ろうとします。チスだけは清国の人参を見てからと反対してたけど、チュミョンには逆らえず結局65両で売り裁きました。
 サンオクが帰ってきて周大人となにやら取引を。そしてサンオクの湾商の宿に大量の人参が…。えっ、他の商団の人参を清国人を使ってサンオクが買い占めた??何~、今度は150両で売る???この尋常でないサンオクの行動に周りの者はハラハラし通し。ちょっと説明してやってよ~、みんな心労で倒れちゃうよ!!
 実は35話はDVDで観たのですが、メインテーマや挿入歌が全く違ってて驚きました。「商道」といえば、あのもの哀しい笛の音がテーマ曲なのに~。すごく気に入ってて、子どもたちと縦笛で練習しました(笑)「天国の階段」もそうでしたが、そのまま曲を使わないのは何故でしょう??著作権の問題なのかなぁ。手間がかかるのにね。誰か明確な答えを教えてください!!
サンド35話 
fc2.gif 64クリックお願いしますハート

商道 第34話

2008/11/19 (水)  カテゴリー/韓国ドラマさ行 商道(サンド)

第34話 「薬材市」
 チョン・チスは、清国商団との取引を断念した湾商が戸曹から3万両の融資を受けていたことを知り、湾商の企みを探りはじめる。その頃、人参貿易の申請のため松都の役所を訪れたタニョンは、サンオクと紅参作りの名人パク・ユチョルが共にいるのを目撃し、さらに5千斤の人参取引を準備していることを知る。タニョンは漢陽松房へ報告し、それを聞いたチョン・チスは、かつて学友だった戸曹正郎イム・ミョンウを通じて、燕京で薬材市が開催されることをつきとめる。松商もすぐさま人参取引の準備に取り掛かり、遅れを取り戻すため無謀な方法に出る。
 一方、柳商にも協力を要請して紅参製造に全力を注ぐ湾商のもとへ命拾いしたキム・ドゥグァンが戻ってくる。ドゥグァンから、柵門での密貿易もホン・ドゥクチュの死もすべて松商の仕業であることを知らされたサンオクは、今すぐ役所に告発したい気持ちを抑え、薬材市へと向かう。燕京に到着した湾商は、密貿易によって抑えられていた人参価格を上げる好機を考え、これまでの90両から大幅に上げて110両を提示する。ところが、何日が過ぎても湾商の宿には清国商人が1人も現れず、不審に思ったサンオクは松商や京商の様子を探らせるが、状況はどこも同じだった。

 一歩出遅れた松商は、全ての蒸包所をサンオクに押さえられていて使えなくって、自ら蒸包所を建てちゃった!!すっごい執念。でもその蒸包所が火事にあって、松商の商運も尽きてきたみたい。大金をつぎ込んでやっとサンオクと同じ量を確保したよう。
 そんな中、キム大行首が湾商に帰ってきました!!密貿易は松商の仕業で役人もグルだと聞いた湾商のみんなは怒り狂うけど、証拠もなく今は薬材市に専念すべきと一行は燕京へ。今回は人参貿易の商団が限られてるのでどこも高値で売るだろうと予測し、名人が作った人参だからと110両の値をつけたサンオクでしたが、さっぱり人がこなくてどうなってるの?状態。そこで、急いでワン大人に状況を聞きに。なんと、清国の薬材商らが談合して朝鮮の人参は買わないことにしたんだって!?早く教えて~な!!湾商の命運を賭けた取引なのに、サンオク大ピンチ~!!
サンド34話 

fc2.gif 64クリックお願いしますハート

商道 第33話

2008/11/18 (火)  カテゴリー/韓国ドラマさ行 商道(サンド)

第33話 燕京からの手紙
 ホン・ドゥクチュの死のショックから立ち直れないサンオクは部屋に引きこもったままだった。一方、義州に向かう途中、松商チャン・ソクチュの差し金により盗賊に襲われたキム・ドゥグァンは、意識不明のまま朝鮮の農民夫婦に助けられていた。ある日、ホン・ドゥクチュの娘ミグムは引きこもったままのサンオクを訪ね、湾商を立て直すのが父の遺志だと勇気づける。ミグムに励まされたサンオクは湾商の行首を集めて会合を開き、湾商の組織を刷新させると宣言する。そして朝鮮を訪れた清国商団との取引のため漢陽に向かおうとした矢先、燕京のワン商人からの手紙を受け取り、近々燕京で大規模な薬材市が開かれることを知る。他の商団が清国商団との取引に向け品物の確保に専念する間、湾商は薬材市に向け人参取引の準備を進めることにする。そして、最高級の紅参を作るため、サンオクは朝鮮一の紅参職人パク・ユチョルを訪ねる。
 最初の印象が悪かったからミグムのこと好きじゃなかったけど、すっごいいい子だわ~。
塞ぎこんでいるサンオクに湾商を強固にすることが父の遺志だと伝え、サンオクを奮い立たせました。
 清国との取引は松商が既に掌握していると睨んだサンオクは、取引に参加すると見せかけ、燕京での薬剤市に向け準備。柵門での失敗を踏まえ最高級の人参を用意することに。資金のない湾商は役所から融資を受け、紅参作りの職人を説得。この職人、商人は信用できんと断るのですが、サンオクの商売は人を残すものという信念に打たれ協力をすることに。でも役人が蒸包所を使わせてくれません。役人の指名した職人を連れてくれば使用させると約束させたサンオク。その職人は偶然にもサンオクが説得した職人でした。
 とんとん拍子に話が運んでますが、松商を出し抜くことができるのでしょうかね~。キム大行首は助かって柵門に戻ってきましたが、またもや命を狙われました。無事義州へ帰れるのでしょうか。心配です。
 タニョンは謀略にまみれた松商を立て直すために都房の地位に戻りました。
サンド33話 

商道 第32話

2008/11/15 (土)  カテゴリー/韓国ドラマさ行 商道(サンド)

第32話 口封じ
 密貿易犯を捜すため、義州府は松商や柳商も家宅捜査するが、事件の手がかりはまったくつかめない。そんな中、松商大房パク・チュミョンとともに義州を訪れたチェヨンは、サンオクに近々清国から使節団と共に大規模な商団がやってくるとの話を伝える。一方、パク・チュミョンから柵門での密貿易に心当たりはないかと問われたチョン・チスは、初めて密貿易の真相をパク・チュミョンに報告する。そして密貿易の犯人を暴けない役所に焦燥感を抱いたサンオクは、柵門にいるホン・ドゥクチュに協力を求める手紙を送る。サンオクからの手紙を受け犯人捜しを始めたホン・ドゥクチュとキム・ドゥグァンはとうとう人参密貿易が松商の仕業という物的証拠を握る。事実をいち早くサンオクに知らせようとキム・ドゥグァンは義州に向かい、ホン・ドゥクチュは柵門に派遣された差使に事件の真相を伝えに行くのだが…。
 え~、そんなぁ…。
密貿易は柵門側の役人もグルでした。松商の仕業と判ったホン・ドゥクチュは、柵門の役人に殺されてしまい、キム大行首も襲われ…。
 知らせを受け葬儀を行う湾商。悲しみに暮れているところへ松商パク・チュミョンとチョン・チスが現れ、入り口でもめるのですが、サンオクは焼香を許すのです。さすがのチョン・チスも「許してください」と泣き崩れてました。
 松商も落ちる所まで落ちたものです。パク・チュミョンも思うところがあるのでしょう、チョン・チスのようなやつも商団を大きくするには必要だけど、これからはタニョンのように商道を貫く人材も必要だと言ってました。改心する心も持ってるのね。
 湾商の巨匠を失ったサンオク。再起して師のあとを継ぎ、湾商を盛り上げなくっちゃ。
サンド32話 

商道 第31話

2008/11/13 (木)  カテゴリー/韓国ドラマさ行 商道(サンド)

第31話 一番乗り
 サンオクは柵門に出発する前夜にタニョンを訪ねるが、サンオクがひどい目に遭うのを恐れたタニョンは冷淡な態度をとる。二人の姿を偶然見かけたチョレは、ボクテにサンオクの好きな人はタニョンではないかと告げ、それがサンオクの母の耳にも入る。翌日、人参500斤を携えて柵門へ向かった湾商の団員たちは、禁門を通る際、湾商が人参密貿易禁止後、初めて人参を運ぶ商団だと聞かされて舞い上がる。ところが湾商の期待とは裏腹に、取引相手のチン商人は湾商が1斤120両で売ろうとした人参を原価にも満たない90両でしか取引できないと言う。品薄で高値を期待していたサンオクたちは憤ってその場を後にするが、柵門では国法で固く禁じられているはずの密貿易によって、すでに大量の朝鮮の人参が出回っている事実を知らされる。大損を被って義州に戻ったサンオクは、密貿易があった事実を府尹に報告する。報告を受けた義州府は密貿易犯を暴くため、調査に乗り出す。
 サンオク出鼻をくじかれ意気消沈。役所に訴えて調査が始まるけど、チスは自分の所も困るのにそんなことをするわけがないと言い張ります。証拠も出てこないんだろうな。困ったね。
 柵門にいるホン氏からミグムが気がかりだと言われても、嫁に貰うわけにはいかないサンオク。母親からもミグムをすすめられこっちも弱った状態。義州の商売は波に乗ってきたみたいだけど、人参はどうする?燕京に行くのかな?まだまだ苦難は続きます。
サンド31話 

商道 第30話

2008/11/12 (水)  カテゴリー/韓国ドラマさ行 商道(サンド)

第30話 湾商の巻き返し
 サンオクを都房に任命した湾商都房ホン・ドゥクチュは、湾商を離れキム・ドゥグァンと共に柵門へと旅立つ。一方、松商ではチョン・チスが本店都房となり、手下を固める。人参交易権獲得のため多くの資金を使った松商は厳しい資金難に陥り、パク・チュミョンはチョン・チスに義州の大定江運営権を売却するよう命じる。そして、劣勢になった人参交易を何としても挽回すべく、京商が手配するはずの人参畑を横取りし、京商が獲得した人参の割り当てを譲れと脅す。人参交易権を獲得し、商団再建の大きな機会を手に入れた湾商は、人参取引に向け着々と準備を進める。まずは湾商の基盤となる大定江の商権を松商から取り戻すため、柳商の行商人に義州で商売をさせる一方、龍岩浦での運営にも力を注ぐ。龍岩浦に客をとられた大定江は閑古鳥が鳴く状態となり、窮地に追い込まれたチョン・チスは、国法で厳しく禁じられた人参の密貿易に手を染める。思惑どおり松商から大定江船団の運営権と義州の店舗をも取り戻したサンオクは、人参交易権獲得後、初の人参取引をすべく柵門へと向かう。
 ずるいね松商。京商の人参畑を取り上げておいて、能力がないからと役人に告げ口。まんまと4千斤手に入れサンオクたちと同じ量を確保。大定江船団の運営権と義州の店舗もサンオクたちが裏で手を回していると知ってて高値で売りつけたのね。その上、密貿易まで!?バレたらやばいんじゃないの??自分の首を絞めることになるような気がします。
 全てを取り戻し、意気揚々としているサンオクですが、チョン・チスの魔の手が伸びてます。タニョンの絹屋へ入る所をサダンペの人に見られちゃった。これでオモニの知るところとなるのね。
サンド30話 

商道 第29話

2008/11/11 (火)  カテゴリー/韓国ドラマさ行 商道(サンド)

第29話「不倶戴天」
 サンオクのおかげで失権の危機を免れたパク・チョンギョンは、今後も後ろ盾になる代わりに裏取引を提案するが、サンオクはこれを断る。一方、人参交易権のショックに沈む松商では、松商大房パク・チュミョンの失敗に不信感を抱いた松房の各都房らが大房を追い出そうと決議するが、これを知ったチョン・チスが首謀者を痛めつけ、パク・チュミョンに謝罪させる。この現場を目撃したタニョンはショックを受け、これ以上大房のやり方にはついていけないと自ら本店都房を辞退し、義州へ戻って絹屋の店主になる。その頃、義州ではミグムの母がサンオクの母にミグムとサンオクの結婚を持ちかけ、ミグムに好感を持つサンオクの母はサンオクに気持ちを確かめるが、サンオクはすでに心に決めた人がいると打ち明ける。見事人参交易権を獲得し、湾商本店の屋敷を取り戻したサンオクは、柵門のホン・ドゥクチュを迎えにいく。ドゥクチュはサンオクから結果を聞いて心から喜び、都房の座を託すと告げる。
 サンオクは、朝廷の勢力を取り戻したパクとは手を組みませんでした。裏金を要求するに決まってるもんね、商道から外れることは絶対しないんですよ。偉いな~。
 人参交易権を獲得し、湾商を復活させたけど、ホン氏は退くのよね。サンオクはまだ経験が浅く、まだまだホン氏に仕えたかったのにね。商人は引き際が肝心と都房の座をサンオクに譲りました。もちろん誰も反対しません。
 サンオクにそろそろ嫁をとオモニは考えるんだけど、サンオクの思い人がタニョンと知ったら間違いなく反対するよね。
 人参交易での失敗で、松商大房パク・チュミョンは大房の座を追われることに。でもチョン・チスたちが暴力でこれを阻止し、タニョンはもうついていけないと都房を辞めて、経営には関与しないと言ってます。家を出るわけにはいかんのかな~。
サンド29話 
 「不倶戴天(ふぐたいてん)」ともにこの世に生きられない、また、生かしてはおけないと思うほど恨み・怒りの深いこと。また、その間柄。「―の敵」

商道 第28話

2008/11/10 (月)  カテゴリー/韓国ドラマさ行 商道(サンド)

第28話 人参交易権
 人参交易権の獲得に乗り出したサンオクだが、朝鮮中の商団が獲得に向けてしのぎを削る中、湾商はあまりに実力不足だった。しかも、人参交易権の獲得には人参畑や人参を栽培する技術者の確保よりも朝廷の権力家を味方につけることが不可欠と知り、サンオクは暗澹とする。そんな時、漢陽松房にいるチェヨンがサンオクのもとにやってきて、今、朝廷ではキム・ドゥシクとパク・チョンギョンが権力を二分していると教えられる。さらに、パク・チョンギョンは実権を失いかけており、いち早くその情報を手に入れた松商と京商はパクを見限り、キム・ドゥシクに莫大な裏金を渡して関係を深めていた。これを知ったサンオクはパク・チョンギョンに近づき、パクに権力を取り戻すための手段を助言すると同時に、人参交易権の審査が公正に行われるよう協力を要請する。そして数日後、人参交易権の配当が発表され、最高得点で1万斤の人参を獲得した京商に続き、湾商は7千斤を獲得する。サンオクの作戦が成功し奇跡の大逆転に大喜びする。一方、莫大な裏金を使ったにもかかわらず3千斤の獲得に終わった松商は愕然とする。
 実に面白かった。湾商の名前を読み上げたときは思わず声を上げたよ~。
朝廷の実力者であるパク氏の父の香典に、松商と京商がわずかな金額しか出さなかったことに不振を抱き、チェヨンからパク氏の衰退を聞かされたサンオクは、白紙の小切手を香典代わりに出し、伝手もないパク氏との面会に成功し、パク氏に復権する策を与えます。その結果、公正に審査が行われて人参交易権に貢献してきた湾商が松商に勝ったのです!!いや~気持ちいいね~。
サンド28話 

商道 第27話

2008/11/10 (月)  カテゴリー/韓国ドラマさ行 商道(サンド)

第27話 再結集
 燕京の薬材商ワン商人に会うと決めたサンオクは、サムボと共に再び燕京に向かう。薬材商の店主はサンオクとの再会を喜び、実は燕京の商界を牛耳る豪商がサンオクを捜していると教えられ家に案内される。戸惑うサンオクの前に一人の女性が現れる。それは昔、サンオクが遊郭で救った妓生 張美齢だった。一方、サンオクが燕京に旅立った後、柵門でチン商人の世話になっていた湾商都房ホン・ドゥクチュが義州に戻ってくる。ホンは柵門での密貿易を再開させるため湾商の商団員を結集させる。義州府に頼み込んで柵門で人参の密貿易をする許可を得るが、喜びもつかの間、湾商は柵門へ行く途中の検問で人参を没収されてしまう。これまで黙認されていた人参の密貿易が国法で厳しく禁止され、朝廷が選んだ4商団のみが独占的に人参取引を行うことになったのだ。このため、朝鮮中の商団が人参交易権の獲得のため必死になるが、落ちぶれた湾商だけが取り残されてしまう。そんな時、サンオクが燕京から戻り、ホンと再会する。ホンはサンオクに「湾商の再起をかけ人参交易権を獲得しろ」と言い渡す。
 人助けってするものですね。
サンオクが助けた妓生は、燕京一の金持ちの息子を産んで正妻として迎えられたそうです。夫・周からの援助を断ったサンオクでしたが、張美齢がどうしても恩を返したいと、手紙の中にこっそり天銀2千万の換(今なら小切手4千万!!)を入れていました。
 サンオクと入れ違いに義州へ戻ったホン氏は、湾商の仲間を集結させ再起します。でも人参取引が国法で取り締まれることになり、力のない湾商は蚊帳の外。でも再起するにはこれに賭けるしかないと、審査を受けるためぎりぎりで駆け込み書類を提出しました。
サンド27話 
fc2.gif 64クリックお願いしますハート

商道 第26話

2008/11/09 (日)  カテゴリー/韓国ドラマさ行 商道(サンド)

第26話 衝撃の告白
 山寺で再会したサンオクとタニョン。商人への志を捨ててはいけないと励ますタニョンに、サンオクはタニョンを忘れることができないと吐露する。そんなサンオクの切実な想いにタニョンは衝撃の告白をする。その日、ウ・ヨランから燕京一の薬材商の店主ワン商人が懸賞金をかけてサンオクの行方を捜していること聞く。一緒に燕京へ行こうという誘いを断るが、そんなサンオクの姿を見た山寺の和尚は「仏は寺にだけいるのではない。市場にもいる」といって町に帰るよう促し、「お前は将来商人として成功するが、それまでに3度大きな危機に見舞われる」と告げ、絶体絶命の危機が訪れた時に開けてみるようにと布袋を渡す。山を下りたサンオクはタニョンを訪ね、タニョンの過去を聞いても自分の気持ちに揺らぎがないことを告げる。ところが、2人の密会を知ったパク・チュミョンは人を使ってサンオクを袋叩きにし、タニョンにもサンオクと近づくとサンオクに禍が降りかかると警告する。
 なんと、びっくりだわ。タニョンは娘ではなく、チュミョンの息子の嫁だったって~??
松商の行商人だった父が亡くなり、タニョンが人参畑で働き生計を立てていたそうな。そこへ、松商の息子との縁談が転がり込んできて、卑しい身分なのに何故?とは思いつつも、家族を助けるために嫁ぎに行きます。でも、婚礼の日にいきなり婿が吐血。未婚のまま逝ってしまう息子が不憫で嫁を与えたらしい。息子はとてもいい人でタニョンを気の毒に思い初夜も迎えず、婚礼後10日で亡くなったとか。無理をさせたタニョンに、チュミョンが商人になる願いを叶え、娘として扱ってくれてるとのことでした。いや~衝撃的でした。
 住職にお前の道は市場で探せと追い出されて、家に戻ったサンオクは、タニョンに対する気持ちは変わらないとタニョンに告げ、二人はひしと抱き合ったのですが、松商のチャンがサンオクを尾行しててタニョンと会ってることをチュミョンに報告します。サンオクは松商に痛めつけられ、タニョンもサンオクが痛い目に会うぞとチュミョンに脅されます。上手くいかないね~。タニョンが松商を去るしかこの恋は成就しないよね。むしろ嫁でよかったのかも。
サンド26話 
fc2.gif 64クリックお願いしますハート

商道 第25話

2008/11/08 (土)  カテゴリー/韓国ドラマさ行 商道(サンド)

第25話 ゼロからの再出発
 1年後、柳商に引き取られたサンオクは行商人として全国を旅していた。ある日サンオクは、新しい行商の販路を提案し、古参の行首の反感を買うが、柳商大行首ウ・ヨランの指示でサンオクの提案どおり咸鏡道へ行商に行き、大成功を収める。これをきっかけにサンオクは柳商の仲間として認められるが、サンオクは湾商の再起を図りたいと義州に戻る。義州では、松商が義州商界を牛耳り、柵門での密取引も好調で大儲けしていた。家に戻り、湾商の仲間たちの消息を尋ねると、みんな散り散りになって不安定な生活を送り、都房ホン・ドゥクチュは行方をくらましていた。サンオクは自分の気持ちを整理するため山寺にこもることにし、サンオクが義州に戻ったことを知ったタニョンはサンオクの後を追って山寺へ向かう。
 柳商では新参者の行商人として働いていたのね。1年働いて柳商の悪い所を把握し、新しい販路を提案するけど、一番の古株の行首がへそを曲げちゃいます。でもサンオクが湾商の行首だったとヨランから聞き、納得して行商に出かけたら大儲け。すっかりサンオクを気にいって、義州へ戻るというのに柳商の証の札までくれました。サンオクは湾商ホン・ドゥクチュの教えを守り、人との繋がりを大切にしてるから、どこにいっても大事にされますね。
 1年後に湾商を再起するとホン氏は約束してたんですね。でも、仲間はバラバラ、ホン氏は行方知れずでどうしたらいいか分からなくて、寺にこもりました。そこへタニョンが訪ねて行くのですが、サンオクの元気な姿を確認しただけで帰っていきます。帰り道にヨランとすれ違い、ヨランからタニョンが来ていたと聞くと、サンオクは猛ダッシュでタニョンを追いかけました。話はとても面白いんだから、もっとラブストーリーも混ぜてくれないとね。次回に期待します。
サンド25話 
fc2.gif 64クリックお願いしますハート

商道 第24話

2008/11/07 (金)  カテゴリー/韓国ドラマさ行 商道(サンド)

第24話 湾商の命運
 サンオクを救うためパク・チュミョンを訪ねたチェヨンは、松都へ行く見返りにサンオクの釈放を願い出る。救援米に細工をした犯人がチョン・チスたちであることを知り、その発覚を恐れていたパク・チュミョンはチェヨンの頼みを聞き入れつつ、自分たちの危機も免れる方法を考え出し、義州府尹を訪ねる。義州府尹は、まず湾商都房ホン・ドゥクチュにサンオクを釈放する代価として裏金を要求し、そのうえで救援米の責任を追及して使節団の随行商団から湾商を除外する。あまりに非情な仕打ちにホン・ドゥクチュは絶望し、ついに湾商を畳む決心をする。
 サンオクが釈放されたのを見届けたチェヨンは義州を発つとサダンペの仲間たちに告げる。驚いたチョレはサンオクにチェヨンを引き止めるよう言うが、サンオクは心に決めた女性がいると断る。その話を立ち聞きしていたチェヨンは傷心のまま義州を後にする。
 
 ドゥクチュは残った金を団員たちに分け与え、サンオクを柳商に託す。
 チュミョンはずる賢いね。
松商に疑いがかかる前に対処し、その上湾商の使節団の分まで取り上げちゃうんだから。
この処置に湾商のホンはすっかり諦め店をたたんでしまいました。これも松商の仕組んだ罠だったと分かったら悔しくてどうにかなりそうね。
 チェヨンがサンオクを救ったってタニョンしか知らないよね。サンオクの心が別の人にあると聞いたチェヨン。可哀想に一人義州を出て行きました。
 どうやら手放した店やら権利は松商がそっくり頂くってことになってるようよ!?チスの顔を見るだけで嫌~な気分になるわ。湾商のみなさん、早く再起してくださいね。
サンド24話 

商道 第23話

2008/11/05 (水)  カテゴリー/韓国ドラマさ行 商道(サンド)

第23話「救援米の罠」
 湾商が燕京遠征の構成員を決め、本格的な準備に取り掛かろうとした矢先、都房ホン・ドゥクチュとサンオクが役所に連行される。湾商の船で運ばれた救援米が水でふやけ、砂と糠が混入していたのだ。見に覚えのないことに当惑する二人。真相究明に向け湾商の団員らが必死に調査するが、事件の手がかりがつかめない。獄中のサンオクは、このままでは遠征に支障が生じ、湾商が潰れてしまうと判断し、ホン・ドゥクチュだけでも救おうと自らが罪を被りドゥクチュを釈放させる。一方、救援米に小細工をしたチョン・チスとチャン・ソクチュは、湾商にとどめを刺そうと湾商が救援米を悪用したとの噂を義州中に流し、怒った民が湾商の店舗で大暴れする。民衆の怒りを鎮めるため、ホン・ドゥクチュは遠征の準備に使うはずの資金で米を購入し、民に無償で配る。おかげで救援米騒動は収まるが、サンオクの濡れ衣は依然として晴れず、義州府に護送されるのを待つばかりだった。そんな時、サンオクの身を案じたチェヨンが彼を救いたい一心で松商大房パク・チュミョンを訪れる。
 チャン・ソクチュもチスに負けまいと悪知恵を働かします。サンオクたちに罪をかぶせた上に暴動を起こして、湾商をさらに窮地に立たせます。湾商は民にお米を配って何とか治めました。松商のジュミョンがチャンの仕業だと聞いて、救済米を利用するとは愚かなと激怒。ジュミョンもそこまで悪い人じゃないのね。真面目な役人がいて、湾商が犯人ではないかも…とさらに調べるようで松商にも疑いがかかりそう。チェヨンまでジュミョンを頼ってきて、このご老人はどう対処するかな?
サンド23話 

商道 第22話

2008/10/29 (水)  カテゴリー/韓国ドラマさ行 商道(サンド)

第22話 起死回生の賭け
 漢陽でタニョンと再会したサンオクは、タニョンに対する想いを打ち明けるが、タニョンはサンオクの気持ちを受け入れられないと拒絶する。そんな中、使節団に随行する商団への割り当てが発表され、最高量を割り当てられた松商に対し、大幅に削減された湾商は再び苦境に立たされる。その頃、チョン・チスが中江での密貿易を成功させて帰ってくる。柳商の命綱を奪われ激怒した柳商の女大行首ウ・ヨランは松商を訪ね抗議するが、むげにあしらわれる。一方、湾商都房ホン・ドゥクチュは湾商が生き残るためには何としてでも燕京への遠征を成功させるべきとの一念から、柳商と京商の割り当てを譲り受け、そのための資金をかき集め、大胆な賭けに出る。湾商の団員らはサンオクの指示に従い燕京遠征の品物の確保に全力を注ぐ。ところが、義州府から救援米運搬任務を任された湾商に、またしても松商の陰謀が待ち受けていた。
 サンオクもタニョンのことが好きだったんですね!?
パク・チュミョンへの恨みは忘れた、タニョンへの思いを諦めたくないと告白。
でもタニョンは父のしでかした罪を考えると、自分には資格がないと泣きながら去っていきました。
 このままやられるわけにはいかないと、湾商ホンは冬の使節団を嫌う商団から品物の割り当てを譲ってもらって、大定江運営権と義州の全店舗を担保に資金をかき集め賭けに出ました。サンオクも大行首も止めるけど、平常心を失ってます。こうなったらやるしかないと、準備を始めるのですが―。
 またしても、松商が悪巧みを働きます。チャン行首が湾商に任された救援米を砂に換えて運ばせたら、湾商の息の根を止められるとチョン・チスに提案します。飢えてる民のための救援米に細工をするのには、さすがのチスも気が引けるのでしたが、チャンスと思って決行します。そして、何も知らないサンオクとホン・ドゥクチュは義禁府に捕まってしまいました。
サンド22話 
fc2.gif 64クリックお願いしますハート

 

商道 第21話

2008/10/28 (火)  カテゴリー/韓国ドラマさ行 商道(サンド)

第21話 危機一髪
 義州松房へ支払う換(小切手)の期日を守るため、湾商の商人たちはお金を工面しようとあちこち走り回っていた。しかし周囲の反応は冷たく必要額に及ばない。その上、松商大房パク・チュミョンの差し金により義州府からも換の返済を催促され、湾商はますます窮地に立たされる。松商への支払い当日、湾商都房ホン・ドゥクチュは大定江船団の運営権を松商に渡す覚悟で松商を訪ねる。しかしちょうどその時、天銀600両を持って戻ったサンオクのおかげで湾商は絶体絶命の危機から逃れ、ホン・ドゥクチュはサンオクを本店行首に任命する。一方、行商を終え松商に戻ったチョン・チスは湾商に全土進出の機会を与えたとパク・チュミョンに叱咤される。汚名を返上するためチョン・チスは柳商の命綱である中江での密貿易に手を出そうと企む。その頃、燕京への使節団に随行する商団が組まれるとの知らせを受け、漢陽を訪れたサンオクはタニョンと再会する。
 危なかった~。サンオクは松商への返済分は稼いできたのですね。
こんどは行首を任されることに。タニョンも義州の都房に任命されちゃった。タニョンの告白に対しての返事をしようと会う約束をしたけど、タニョンはすっぽかしました。サンオクにはチェヨンがいると思って、拒絶されるのが怖いのかな?
 一緒に行商に出たサダンペたちにも報奨金が出て、チェヨンはサンオクに防寒服をプレゼントするのですが、サンオクは硬い表情で受け取りました。チェヨンのことはそういう対象ではないみたい。
 ミオクはチスのことが諦めれないよう。松商まで会いに行きました。チスは愛に命をかけるほど純情ではないときっぱりミオクに告げました。だって昇進のために近づいたんだもん。後ろめたさはあっても、彼女に未練などないよね。
サンド21話 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。