スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特殊捜査日誌-1号館事件-

2008/10/31 (金)  カテゴリー/韓国ドラマた行 特殊捜査日誌

#4 「闇の真相」
 南北平和協定を目前に控えた大統領は、協定調印の成功を心待ちにする。一方科学捜査研究所からは、新たなる分析結果が続々と出る。ハンスは血液分析や事故資料の閲覧を通じて犯人を特定し、一方ヒヨンも警察のネットワークを駆使した分析から犯人の特定をしていく。そして遂に犯人が誰なのかという確証を得た二人は、共に青瓦台へと向かう。
ネタバレです。
 ハンスは、青瓦台専用の缶詰をみて、トラック事故を思い出します。その上、イノシシの血が検出されたと報告を受け、犯人を確信します。
 ヒヨンもまた警護室室長の過去を調べ、彼が脱北者で、北側に両親を殺されていることが分かります。
青瓦台に向かった二人は、それぞれ違う人が犯人だと思ってるよう。ヒヨンに言われ銃を構えて警護室に。室長は、北と協定を結ぼうとしている大統領を恨んでいた、カントリークラブ事件の主犯でヒヨンの父も殺したと素直に認め、青瓦台の連続殺人は私ではないと言い残して自殺。
 ハンスはすぐに大統領の部屋に。ちょうど料理長が夕食のスープを勧めているところで、料理長が犯人だと言い、無実ならそのスープを飲んでみろと言います。そこへ、「叔父さん!!」と銃を構えた女警護員ミジュが飛び込んできました。ヒヨンが盾となって大統領を守り、ハンスがミジュを押さえ逮捕しました。
 連続事件の真相…1.料理人ソッキュはトリカブトを育てていることを知られ殺害。先に睡眠薬で眠らせて首に縄をかけておき、アリバイを作ってから自分の部屋からウィンチで引き上げた。その後、自分で発見して縄をはさみで切って処理。2.副主治医は大統領の毒見役をするため邪魔だった。眠らせておいてイノシシの血を秘書官に見せて死んだと思わせて、死亡時刻の操作。3.警護員ジェヒョンは、料理長の部屋からロープがたれていることに気付き、料理長を脅迫していた。女警護員ミジュが捜査を撹乱させるために歯ブラシに毒を仕込む。
 なんと、女警護員は料理長の妹の子で、大統領の娘!!捨てられ死んだ妹(母)の復讐だったそうです。そんな個人的な恨みだったのね~。しかも、大統領夫人が裏で手を回し、大統領は娘の存在を知らなかったという虚しい落ち付き…。
 胃がんを患ってた大統領は協定調印後に辞任。記者会見で、はじめから事件を嗅ぎ回り、警護室室長により最高レベルの特ダネを掴んでいた記者の質問に、「できるなら掲載しないで欲しい。記者としてでなく、あなた個人にお願いする」と頭を下げ、編集長も寸前のところで出版を止めます。いい人でしたね~。
 ヒヨンは警視に昇進。辞任した秘書官が「ハンスの収賄は遺族が年金を受けれるように同僚の罪をかぶった」と告げます。そんな事情が…。ハンスは警察を辞め、カフェを開店。店を訪れたヒヨンは勲章の代わりと頬にキスしてThe end。
 短かったけど、謎解きも面白かったし結構楽しめました。ここで終わってしまうのはもったいない気がするのは私だけでしょうか??ヒヨンとハンスのコンビで、別の事件を観てみたいと思いました。
特殊捜査4 特殊捜査4-2
fc2.gif 64クリックお願いしますハート

スポンサーサイト

特殊捜査日誌-1号館事件-

2008/10/31 (金)  カテゴリー/韓国ドラマた行 特殊捜査日誌

#3 「新たなる事実」
 南北平和協定調印に向け大統領は、囁かれている不健康説を払拭するべくマスコミ公開のジョギングを行う事に。その警護を担当する第二チームのリーダーがその朝に自室のベッドで急死したまま発見される。ハンスとヒヨンは現場の捜査の結果、この密室事件も殺人事件であることを確信する。
 ムン課長は無情にもすぐ殺されちゃった…。
そして、またしても自殺を装った殺人事件が。しかも、怪しいと思った警護員。ハンスは部屋の様子と犯人の心理を読んで歯ブラシか歯磨き粉に毒が入ってると推理。鑑識の結果、トリカブトの毒が歯ブラシについていました。彼の推理力を見直したヒヨンは父のことをハンスに話します。尊敬していた父が、暴力団の妻と関係し、彼女を捜査に利用したことで傷ついていると。ハンスは自分は収賄行為を行い交通課に左遷され、3ヵ月後には退職されると打ち明けます。そうなんだ~!?彼の性格から収賄って結びつかないのになぁ。誰にでも事情がある。父親を信じてと言いました。
 そしてヒヨンはムン課長の死を知り、自身も危険な目に遭います。父を誘拐した暴力団組長に拳銃を突きつけられ運転をさせられます。ここでハンスの助言が役に立つんですね~。彼の言うように携帯番号を短縮で登録してあったので、足で(!!)携帯を操作しハンスを呼ぶことができたのです。犯人を追い詰め真相に近づいたとき、彼は狙撃されてしまいます。(娘たちは絶対この展開だと思ったと口々に言ってました)
 ヒヨンの父はすでに亡くなっていました。黒幕は大統領も狙ってると。警護室に向かったヒヨンとハンスは大統領が狙われていると警護室の室長に厳戒態勢をとるよう訴えるのですが、いつも24時間体制で警備してると軽くあしらわれてしまいました。
 トリカブトの毒に加えふぐ毒も検出。 もしかして、料理長もグル?
怪しいのはSPの室長なんだけどなぁ~。 
特殊捜査3話 特殊捜査3-2
 

特殊捜査日誌-1号館事件-

2008/10/30 (木)  カテゴリー/韓国ドラマた行 特殊捜査日誌

#2 「青瓦台の陰謀」
 青瓦台の中で再び密室殺人事件が発生。連絡を受けたハンスとヒヨンは新たなこの事件の調査にあたる。そして警護チームの証言から、主席秘書官のチェ・ジュンを署に連行し取調べを行うものの、警察幹部からの圧力から捜査は空回りすることに。一方ヒヨンの父であるパク・ギョドン警部の拉致事件を捜査中だった市警のムン・インス課長は、この事件の裏に巨大な陰謀の影を感じる。
 2つ目の事件が起こったことで明らかに意図的に事件を起こしていることが分かりました。共通点は「自殺」「遺書」「睡眠薬」。遺書には誰かを恨んでいることが書かれています。
 それにしても、秘書は何故遺体を見たのに黙ってたのでしょう?ここが引っかかるよね。
ヒヨンの父、パク警部の部下は揃って重体だったり、国外へ逃げたりしています。パク警部が捜査していた三部会長の事件が関係してるらしいけど、事件のファイルが閲覧できないように「青瓦台」がパスワードを設定したって??なんで~??カントリークラブ事件てのも青瓦台が管理してるよう。この事件では警護室の室長が銃弾を胸に受けたとか…よく生きてたね。事件を調べていたヒヨンの上司ムン課長まで捕まって、拳銃を突きつけられています。彼は助かる?ヒヨン早く携帯に気付いて!!
 大統領夫妻の不仲の原因は、夫人の連れ子が刑務所に入ってて、大統領が助けないからだそうです。
平和音楽祭で、「あの青い草原の上で」の曲が流れてました!!でも歌手の口と合ってないから、日本用にすり替えたのかな?「あの青い草原の上で」にユン・テヨンが出てるからこの曲なんでしょうか?はっきり言ってこの場面に合ってませんでした―。このステージ上で大統領が倒れてしまいます。病気持ちなのかな?
南北平和協定の調印式のデモとかあって、これも関係あるのかな~?
ネットに青瓦台の殺人事件を流した記者は、脅されたけど1週間黙ってたら情報をくれると言われてました。やっぱり、警護室の室長が犯人??
少しずつ繋がり始めたけど、まだまだ謎が多いです。
大統領夫妻 ムン課長

特殊捜査日誌-1号館事件-

2008/10/29 (水)  カテゴリー/韓国ドラマた行 特殊捜査日誌

#1 「密室の謎」 
 南北平和協定を目前に控えた青瓦台。その調理場の奥の密室で料理人のチョン・ソッキュが死体で発見される。平和協定調印まで事を荒立てたくない青瓦台幹部は、内密に捜査本部を設置し、交通課に勤務するキム・ハンスとエリート女係長のパク・ヒヨンを召集する。確定的な証拠もないまま捜査が行き詰まりをみせる中、ヒヨンはある人間の証言からソッキュが青瓦台警護チームのジ・ヘヨンと親密な関係にあったという情報を得る。
 う~ん。さっぱり分からん。
4話しかないのに謎だらけです。まず交通課のハンスが捜査に加わったのは何故か? 青瓦台に勤務する人と何かの事件で知り合ってたということは、前は刑事だったのかな?
行方不明のヒヨンの父の捜査が何故形だけのものだったのか。
青瓦台から出てきたトラックの運転手が腹痛を起こしたのは事件と関係ある?
元気なクワガタがいたのに密室だった?
調理部のいざこざなのか?大統領の秘書を失脚させようとしているのか?もしかして大統領を狙ってる?大統領婦人、大統領の体調が悪いのに無視してるし―。
肝心要の警護部の室長や警備員がとても怪しく見えるのは何故でしょうね~。
BGMの効果もあってすごくスリリングでした。最後にまた犠牲者が…。
舞台が青瓦台ってことで緊迫感があってドキドキしました。早く続き観よっと。
特殊捜査1 
 

特殊捜査日誌-1号館事件-

2008/10/28 (火)  カテゴリー/韓国ドラマた行 特殊捜査日誌

特殊捜査日誌放送年月日 2006.9.13~9.21
放送局 KBS2
全話数 4話
主要キャスト
ハートBユン・テヨン…キム・ハンス
ハートPソ・イヒョン…パク・ヒヨン
視聴日 2008.10.29(BSi)
評価
    8
作品紹介
 1999年「ワンチョ」で百想芸術大賞新人演技賞を受賞したユン・テヨン主役の短編ドラマ。「恋するハイエナ」のソ・イヒョンが共演。韓国版「CSI:科学捜査班」と賞賛され人気を呼んだ。平均視聴率10.6%
あらすじ
 南北韓政府は遂に、「韓半島の永久的平和定着の為の南・北・平和協定」を締結することを決定。平和協定首脳会談に全てが集中しているところに、大統領官邸で連続殺人事件が起こる。犯人はいったい誰なのか?軍と警察の配備の中で、どうやって犯行を行ったのか?そしてその目的は?夢は食堂の経営という元刑事課所属の敏腕刑事ハンス。ワケあって交通課に飛ばされた彼が事件の核心に迫っていく。
ひと言
 「太王四神記」ホゲで大ブレイクしたユン・テヨンのドラマです。早くチェックしなきゃ~!!ソ・イヒョンも好きです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。