スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽人イ・ジェマ 第2話

2009/01/29 (木)  カテゴリー/韓国ドラマた行 太陽人イ・ジェマ

第2話
ジェマは、愛する弟を失ったうえ、出生の秘密が明らかになり庶子に落ちたことで悲しみに追い打ちをかけ絶望する。しかし、巫女の娘ソリの励ましや、祖父忠元公の遺言を胸に再び立ち上がる。
時を経て青年になったジェマは、武芸大会で再びボンスと対決するが、矢に細工をされたためにボンスに敗北してしまう。有頂天になったボンスはソリを自分のもにしようとするが、ジェマに邪魔をされる。怒ったボンスは手下にジェマを襲わせ、突然具合が悪くなったジェマはソリの家に逃げ込む。

実母を知り下男として働かされ絶望のどん底に落ちたジェマ。
そんなジェマを見てソリは「皆を公平に扱うジェマ様を慕ってた。こんなに未熟だったとは見当違いだった」と叱咤。祖父からも「試練を乗り越え家門を再興して欲しい」との言葉を貰い立ち直ったようです。
そして、何年経ったのでしょう。ジェマはチェ・スジョンに交代しました。
視聴率男のチェ・スジョン氏。何本かドラマで観ましたが、どうも好きになれません。特にとぼけた顔が嫌いです。(ファンの方ごめんなさ~い。)
ソリとは恋仲みたい。正妻に子どもができ、祖父も亡くなったから?ジェマは庶子として扱われるようになったのね。
ジェマの母はジェマが戻ってきて正気に戻ったよう。イ家で一緒に住んでるのかな。
武術大会に出場するのですが、決勝戦でボンスと競ったのですが、村長らが矢に細工し、ジェマは敗北。それを知って、怒ったジェマは村長らに矢を向けるですが、父親が止めに入って我慢します。庶子として育ったためか性格が荒っぽくなってますね。
イ家の息子はまた病弱な子で、一生寝たきりと医者に言われてました。占い師によると誰かが墓を荒らしてるから祟られているそうです。
ジェマに勝って勝利に酔ってるボンスは、ソリに手を出します。いいところでジェマに邪魔をされ、腕を怪我して逃げていくのですが、夜になって手下を使って復讐を始めます。ジェマは腹を殴られ様態が悪くなりソリの家に逃げ込みました。ソリの母も正気に戻ってるわ。父?に医者を呼びに行ってもらうのですが、ろくでもない男でソリから貰った治療代で博打を始めちゃうのです。宿に居合わせた人が飛び入り参加し、その男の一人勝ち。困ったソリ父がその男を襲い、事情を知ったその男が鍼でジェマを治療しました。村長を襲った「義」の賊だと思うけど医者だったのね。
そこへボンスの手下がやってきたけど、間一髪ジェマは逃げた後。重症だったのに回復したんだ!?
暗くてどこかよく分からないけど、ソリの家が火事に??
まだまだ医術を学ぶところまで到達してません。
ジェマ 青年になったジェマ
スポンサーサイト

太陽人イ・ジェマ 第1話

2009/01/27 (火)  カテゴリー/韓国ドラマた行 太陽人イ・ジェマ

第1話
1837年、咸興。李王朝の子孫である忠元公は、颯爽と白馬が駆け抜ける吉夢を見た晩に産声をあげた初孫を李済馬(イ・ジェマ)と命名する。忠元公の期待に応え、聡明で武技の腕前にも優れた少年に育ったジェマ。ある日、病弱な弟ジェジュンの代わりに、ムナンとボンスを決闘で破ったジェマだったが、面白く思わないボンスは川岸に隠れて、ジェマとジェジュンに姑息な仕返しを仕掛ける。川に落ちたジェジュンは高熱を出し、この世を去る。我が子を失い取り乱した母は、祖父や父の愛情を独り占めしたジェマを恨み、ジェマに卑しい妾の子と真実を告げてしまう。
イム・サンオク(1779~1855)が活躍した時代と重なるんですね。
ジェマの母はソン・オクスク。側妻というよりも行きずりの女っていう感じ。正妻には子どもができず、ジェマの戸籍をごまかして長男として育てられました。大金を貰った祖母と共に生みの母はイ家を追い出され、気が触れたよう。その後正妻は男の子を産んだのね。義母はヤン・グムソクです。
12歳になったジェマは、郷試に主席で合格。祖父に連れられてお偉いさんの誕生祝に出席。
民は凶作で苦しんでるのに、贅沢三昧の宴に祖父もジェマも呆れます。
そこへ、賊が侵入。宴をめちゃくちゃにしていくのですが、賊の後を追ったジェマは、ある人とすれ違います。その人はジェマに「いい目つきをしてる、私たちは再会するだろう」と言い、義と書かれた布を落として去っていきました。その人が賊と悟ったジェマはその布を拾い、役人にも誰も通らなかったと嘘をつきました。誰でしょう?
その後、祖父と川岸で涼んでいる所へ気の触れた巫女?が現れ、ジェマを見て「王座に就く者なのにドブで生まれたからそこへ戻っていく哀れな運命」と語りかけます。この女の娘が、以前野原でぶつかったソリでした。
弟思いのジェマ。弟を川に落としてしまい、母親から罰を受け納屋に閉じ込められます。
高熱を出すジェジュンですが、祖父は子どもよく熱を出すものと見舞いません。
弟の夢を見て不安になったジェマは下男に出してもらいジェジョンの部屋へ。でも母が許さず、下男を厳しく罰します。この下男はジェマの味方をし、守ってくれるようです。
そんな時にジェジュンの様態が悪化。ジェジュンはジェマを見て安らかな顔で息を引き取りました。(ジェジュン、近所の子によく似てるのよ)息子が亡くなって母が怒りを爆発。ジェマの出生の秘密を暴露し、ちょうど現れたジェマの生母に挨拶しなさいと…。気が触れた女を母だと告げられたジェマ。驚きを露にします。
子ども時代のジェマは、「天国の階段」ソンジュ役のペク・ソンヒョン君。「海神」でもチェ・スジョンの子役を務めましたね。大業を成す人は身分の低いが多いですね~。なかなか面白そうです。
幼少のジェマ ジェマ

太陽人イ・ジェマ~韓国医学の父~

2009/01/26 (月)  カテゴリー/韓国ドラマた行 太陽人イ・ジェマ

イ・ジェマ放送年月日 2002.7. 24~10.31
放送局 KBS
全話数 30話
主要キャスト
ハートBチェ・スジョン…イ・ジェマ
ハートPキム・ユニ…ソリ
ハートPユ・ホジョン…ウニョン
ハートBイム・ホ…チェ・ムナン
作品紹介
 「初恋」「海神」「大祚榮」と出演ドラマが軒並みヒットした“視聴率男”チェ・スジョン主演の注目作。共演は「サイボーグでも大丈夫」のユ・ホジョン、「商道」のキム・ユミ。  2002年KBS大賞でチェ・スジョンは人気賞を、キム・ユミは新人賞を受賞。平均視聴率24%を記録し、その年のドラマ視聴率争いで4位を獲得する。
 ホジュンと並び称される韓国医学の父イ・ジェマ。1894年に執筆された「東医寿世保元」は、現在でも韓国医学の原点とされている。
あらすじ
ホジュンが執筆した「東医宝鑑」をもとに四象医学を確立し、韓国医学の父と称された偉人イ・ジェマ(1836-1900)。妾の子として生まれ、重い持病を克服し、官職を辞してまで四象医学の確立につとめた波乱万丈の生涯を描く。
ひと言
 史劇ブーム?で軒並みDVD化されてますね。話しが長いので敬遠してしまうのですが、今の所ハズレはないです。30話が短く感じるから恐ろしい。頑張って観ます。

fc2.gif 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。