スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インスンはきれいだ 第6話

2009/04/14 (火)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 インスンはきれいだ

第6話
話題の地下鉄女の正体が分かり取材陣が家に殺到し、インスンは一躍時の人に。ソニョンはチャンスだとインスンのラジオ出演を決める。サンウの助けを断り、ラジオの生出演したインスンは、イタリア留学は嘘と話し、下手な歌を披露してしまう。逃げ出すように帰るインスンをサンウが追いかけ慰めようと取材に誘う。ジョンアは居酒屋でグンスを見かけ後を追う。ソニョンはサンウの父に内装の仕事を依頼する。サンウの食事を断ったインスンは、ウンソクのお遊戯会へ。家に戻ったインスンはラジオでの失態をソニョンに責め立てられる。しかし、予想外にも世間ではそのラジオが話題となっていた。
あの場面を誰か撮影してたんですね。
インスンは一躍有名人。
取材陣に囲まれ気をよくしたソニョンは「チャンスだ」といい始めます。
誰にとってチャンスなのかね~。刑務所に入ったインスンは注目されたくないと思うんだけど。
美容院に連れて行かれ、おばさんパーマになったインスン。美容師の腕を疑うわ。
生放送のラジオでイタリア留学は嘘とあっけらかんと言い、
ピザやパスタなら作れると、とんちんかんな返事をするインスン。
空気を読み取りもう話せないと出て行くのですが、
アシスタントに「私がクビになります~」と止められ、再チャレンジ。
話題を変えて、同名歌手インスンの話しが出ると、調子を外したままフルコーラス歌ってしまい…。
インスンは大恥をかいて逃げ出すように飛び出し、サンウが彼女を追いかけました。

サンウは慰めようとするのだけど、インスンの取材をしたいといったため、
かえってインスンを怒らせてしまいました。バカね~。

ウンソクのお遊戯会に行ったインスン。
お遊戯会は終わってて、保母さんにウンソクのママと言われちゃった。
ウンソクはインスンが大好きで、ママになってほしいとせがむのだけど、先生はそんなウンソクを叱るのよね。
話題の地下鉄女が自分だと先生に自慢そうに話すインスン。
先生は同僚の言葉で、インスンが自殺しようとしていたと分かっちゃったのよね。
「命を大切にしろ」とインスンは叱られてしまいました。

録音したラジオを家に帰って聞いたソニョン。
嘘をついたことをバラし、その上へたくそな歌を披露したインスンに怒りが爆発。
大声でインスンを怒鳴りつけました。
注目されるのが怖いと泣いて訴えたインスンですが、ソニョンは責め続け…。

ところが、落ち込んで部屋に戻るインスンに、ジョンアが「おめでとう」と声をかけました。
今度は下手くそな歌が話題になりネットでアクセス1位になってると。そんなばかな…。
「インスンをそっとしておいて欲しい」と上司に頼むサンウも、大反響だったと聞かされ驚きます。
何がウケるか分からない時代。
メディアにもてあそばれてるインスン、どうなっちゃうの??
インスンの先生 先生
スポンサーサイト

インスンはきれいだ 第5話

2009/04/11 (土)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 インスンはきれいだ

第5話
現場からそっと立ち去ったインスンは、祖母を思い出し故郷を訪れる。ソニョンと会ったサンウはインスンがソニョンの娘だと聞かされて驚く。ソ先生の所へ戻ったインスンだが、先生はインスンを女として受け入れるつもりはなく努力しろと言われる。インスンがいなくなり心配したサンウはソ先生の家にいるインスンを見つける。不意に現れ家出を咎めるサンウに干渉しないでと言い放ち、インスンはソニョンの家に戻る。世間ではホームで男を助けたと地下鉄女が騒がれるようになる。ソニョンはインスンを自分の娘と公表するも、イタリアでデザインの勉強をしていたと偽る。借金の取立てに困ったグンスはインスンを訪ねるが、お金の話ができず、家で雇って欲しいと話す。会社に戻ったサンウは地下鉄女がインスンだと知る。
結局またソ先生の所へ行ったインスン。
先生は自分は悪い夫だったからと話し、インスンには母の元で努力しろと。

サンウはインスンがソニョンの娘と聞いてビックリ。
いなくなったと聞いて先生の所へ行くのですが、ちょうど幼稚園バスが来てウンソクに出会います。
ウンソクからインスンがよく泊まると聞いたサンウはムッとして迎えに出たインスンに逆切れ。
電話にも出ず、お母さんのことを隠していたことを責め、いい年して家出するなと。
インスンもサンウに関係ないでしょとケンカ腰。
でもソ先生が出てきたら、サンウはすたこらと逃げ出しちゃった。子どもですね~。

先生に言われてソニョンの家に戻ったインスンは「これからは母親らしいことをしてもらう」と強気。
でもソニョンが悪かったと何度も謝るので怯んでしまってすっかり許してしまうインスン。
女優なんだから演技だと思わないのかな~。
妹のジョンアは戻ってきたことをすっごく喜んでくれてインスンは感激します。
ジョンアがいい子で本当によかったよ。
ソニョンはインスンに携帯と服を買って、自分の娘と公表しました。
喜ぶインスンでしたが、ソニョンがインスンはイタリアに留学してたと嘘を言い始め戸惑ってます。

またソニョンの付き人に戻ったインスンは、我がままなソニョンに振り回されっぱなし。
あちこちに行かされ、待たされで、お腹がすいてパンをかじったらこんな所でと叱られ、
運転も出来ない役立たずと言われ、散々と愚痴をこぼし…。
「何を期待して戻ってきたんだろう」と後悔するインスンに、「何か文句あるの」と睨むソニョン。
「前はお母さんが生きてくれるだけで良かったと思っていたけど、今は感謝も出来ない」と思い始めてます。

グンスは借金取りに捕まってボコボコに。
倒れたまま昔のことを思い出します。
インスンの家の前で座り込んでたグンス。
インスンのハルモニが見つけて一緒に暮らすことになったのね。
グンスはインスンにお金を借りに行くんだけど、ソニョンの態度を見て「みじめだ」とつぶやきました。

サンウ父はソニョンの大ファンで、ファンレターを書いていました。後で関係してくるのかな~?

サンウはずっと不機嫌で、母が気に入ってるアナウンサーと映画に見に行ったりするのですが、
実はインスンが気になって仕方がないみたい。
とうとう、飲んだ席で同僚に「あいつのこと本気みたいなんだ」と。
会社に戻ったサンウは、地下鉄女がインスンに見えてきて、かなり重症だとため息ついてたら、
編集長が地下鉄女の正体が分かったと喜んで入ってきて、本当にインスンが地下鉄女と判明。
ネットで画像を確認して驚くサンウで次回へ。
ジョンア ジョンア

インスンはきれいだ 第4話

2009/04/09 (木)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 インスンはきれいだ

第4話
帰宅したインスンは、ソニョンの会話を耳にし彼女の本音を聞いてしまう。母の付き人として働くことになったインスン。放送局でのサンウの会話のより殺人の前科があることを母に知られてしまう。泣きながら弁解するインスンだがソニョンは激怒し冷たい態度を取る。自分のせいでインスンが窮地に陥り罪悪感を抱いたサンウは、ソ先生に助けを求めるが、「君のしていることは自己満足に過ぎない」と拒絶される。家を出て母からの電話を待ち続けるインスンだが、一向に連絡がなく再び孤独感に襲われる。絶望し地下鉄のホームから飛び降りようとした一歩先に、酔っ払いがホームに転倒。とっさに飛び降りたインスンは彼を助ける。
ソニョンの会話を聞いてしまったインスン。
ソニョンの冷たい態度を見て、サンウが少年院のことを話したんだと勘違い。母のことよく分かってないのね。
翌朝、今後のことを聞かれたインスンは、母の勧めで付き人をすることに。
公表するまで「先生」と呼べだって。インスンは恨んだりせず、感謝しようと自分に言い聞かせてます。

放送局で同僚とインスンを見かけたサンウ。
何を思ってか、インスンは有能でイギリスにも留学してると同僚に嘘をつきます。
話を合わせるインスンは、「留学させてくれてありがとう」と皮肉たっぷり。
「仕事をクビになったら父親が建設会社を経営してるから就職を世話するよ」と言うサンウに、
「それって金持ちだって自慢してるの」とケンカ腰。
弁解するサンウの話しが止まらず、「人を死なせて少年院に入った」と言う会話をソニョンに聞かれてしまいました。もっと後でバレるかと思ったけど展開が早いですね~。
ソニョンは自己中心的な人。学歴もないインスンを小間使いのように思ってたのよ。
泣いて事件のことを話そうとするインスンを無視し、
「娘が殺人犯だなんてもうお終いよ」と自分の身に降りかかった災難だけを悲観してます。
そんな母にインスンが一気に爆発。
「世間が背を向けても、母親は違うと思ってた。私を捨てたことも絶対に許さない」と。

一方、失敗したと焦るサンウ。ソ先生にインタビューをしたいと訪ねました。
先生に尻拭いをさせようだなんて、卑怯者ね。
しかも、先生から偽善者だと指摘されてムッとしてます。もうサンウにはガッカリだよ~。

家を出る前に、ジョンアに「私が殺人者だったらどうする?」と尋ねたインスン。
ジョンアは「私は毎日殺したいと思ってる」と過激な発言。
「元気で」と家を出るインスンを追ったジョンア。
バイクに轢かれそうになったところをグンスに助けられます。
グンスの携帯を弁償したジョンア。グンスにとってもインスンは姉貴だと!?
2人はどんな関係なの~??

事件のことは第三者に聞いたほうがいいとソニョンはインスン叔母を訪ねたけど、
何故だかはっきり教えてくれないのよ。詳しく知りたいなぁ。

刑務所の友だちが彼に振られたとかで彼女を慰めるインスン。
疲れ果ててまた自殺を考えました。
「誰からも必要とされず、誰からも愛されない」と…。

でもホームに飛び込もうとしたら、先に酔っ払いが転落。
とっさに彼を助けたインスン。その瞬間どこからともなく勇気が湧き上がってきたそうです??
「生きたい。力いっぱい生きてみよう誰かに死ぬほど愛されれる日まで。」と。
自ら危険な目に合って前向きに考え始めたインスン。頑張れ~!!
サンウ サンウ



インスンはきれいだ 第3話

2009/03/24 (火)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 インスンはきれいだ

第3話
ジョンアにも姉と紹介され母と一緒に暮らすことになったインスン。ソ先生とウンソクに食事をご馳走し、今までのように会えなくなると話す。ある日、携帯電話を忘れ母に届けに行ったインスンは、母とお茶を飲んでいたサンウに出会う。ソニョンから新しいスタッフだと紹介されたサンウは身元保証人になると口走って、インスンに睨まれる。ジョンアから遊びに行こうと誘われたインスン。ジョンアが酔っ払い母に女優の娘だという自覚を持って欲しいと注意される。サンウと食事に出たインスンは、ウンソクが行方不明になったと知ってサンウと共にソ先生の家に向かう。ウンソクの無事を確認し家に戻ったインスンは、電話で話す母の会話を聞いてショックを受ける。
女優の母は、意外にも妹や家政婦に娘だと紹介し、インスンをすんなりと受け入れました。
インスンは幸せいっぱいです。
友だちにもちょっと自慢げに話すインスン。この子に話したら後で面倒なことになるのでは??
先生親子にも焼肉をおごりハイテンションになっています。
娘として迎えてくれたのに物置で雨漏りする部屋って…。それでもインスンは嬉しそう。
ジョンアも心を開いてくれて仲良く出来そうです。

やはり出会ってしまったサンウ。ソニョンはスタッフと紹介したよ。スキャンダルは怖いのね。
身元保証人と口にしたり、母のことを気難しい叔母さんと言ったり、
先生のことを指名手配犯のようだとけなすサンウ。インスンはサンウの2面性を知り、疎ましく思うように。

サンウのほうはもう会わないと思っていたのに、女優のスタッフとして現われ、
子持ちの先生と付き合って、自分に興味がないインスンが気になるのよね~。

「正直あの子が憎くてたまらないのよ。よりによって仕事がスランプの時に現れるなんて」と電話で話す母。
自分のことだと気付いたインスンは慌てて花瓶をガチャン。
無条件で受け入れてくれたと思ったのに、やっぱり難しいのですね。
また辛い日々を迎えることになるのでしょうか…

そうそう、イ・ワン君が登場しました。「ルナ」って弟なの??
インスンの母 インスンの母

インスンはきれいだ 第2話

2009/03/21 (土)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 インスンはきれいだ

第2話
母に娘と気付いてもらえなかったインスンは、ヤケ酒し酔った勢いで先生にプロポーズするが、人生を放棄するなと説教されてしまう。サンウから何度も電話があり、意を決したインスンは、教師でもなく、殺人罪で少年院にいたことを正直に話す。本心とは裏腹にインスンを励ますサンウは、迷いながらもマジックショーを見る約束を守る。一方、インスンの叔母はソニョンに会い、インスンのことを話す。先生が自分に関心がなく就職を進め、友だちの部屋に彼氏が来ていて行くあてがなくなった母の劇場へ向かう。陰から母の姿を見ていたインスンは駐車場で倒れたソニョンを病院に運ぶ。目が覚めたソニョンは、インスンが娘と気付き病院を飛び出しインスンを探す。インスンを見つけたソニョンは「インスン、母よ」と泣きながらインスンを抱きしめる。
娘と名乗る勇気がなかったインスン。
サインをもらいながら自分の名前に気付くのを期待してたんですね。
でも実は母は自分の娘の名前を知らなかったのよ~。
ちょうど叔母から電話があって、「私の名前は母が付けたのよね?」と確認して落ち込みました。
やけ酒したインスンは先生にウンソクを立派に育てるからとプロポーズ。
でも先生は「俺たちを利用するな」ときついお言葉。
反省するインスン。ウンソクの「お姉ちゃんは怖くない」という言葉を受けて?サンウと会うことに。

サンウはインスンをお嫁さん候補にとまで考えてウキウキ気分。
でも、唐突にインスンから教師でもなく、少年院に入っていたと聞かされ固まっちゃった。
な~んだ 。普通の男の反応ね。
でも報道関係者でもあるサンウは偽善者ぶってインスンを励まします。
本当は距離を置きたいのに、マジックショーに誘っちゃったから後で悩むのよね~。

インスンの方は正直に話せてスッキリ。しかもサンウは応援してくれるので上機嫌に。
いつもピントがズレているインスンです。

叔母さんがインスン母にインスンのことを話したけど、サインをしてあげた子とは気付かないんだ。
でも、娘を思い出して涙し、セリフも言えなかったりして娘への愛情は強いみたいよ。
再婚相手との間にできた娘。反抗期なのかなぁ。人形のようで生気が感じられません。

マジックショーにウンソクを連れて来たインスン。これにもドン引きするサンウ。
インスンは「少年院にいた時にお世話になった恩師の子どもなの。私の一番大切な人よ。」と正直に話します。ちょっと安心したサンウは、「これから仕事が忙しくて会えなくなる」と嘘をつきました。

就職を勧める先生にとうとうインスンが爆発。もう白い目で見られるのが耐えられないのよ。
友だちの家も彼氏が来ていて行く当てのないインスンは母の劇場へ向かいました。
偶然母が倒れるのを見たインスンは、母を背負って病院へ。
妹が来て病院を後にするインスン。母が目を覚まし、インスンを追いかけました。
そして感動の再会、抱擁。なんて展開が早いのでしょう。

スキャンダルが命取りの女優が娘として迎えてくれるのか、父親が違う妹との関係は?
少年院に入っていたと知ったらどんな態度に出るのかが見所ですね。
そして母繋がりでサンウとも再会するのだろうなぁ。
インスンに明るい未来が待ってると良いのだけど…。

そうそう、子ども時代のインスン役の子、キム・ヒョンジュにそっくり。よく見つけたよね~。
一瞬本人が学生服着てる?と思ったほどよ。
子役 

インスンはきれいだ 第1話

2009/03/13 (金)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 インスンはきれいだ

第1話
殺人の罪で服役し、出所後は前科者という偏見のため、安定した仕事にも就けなかったインスンは、地下鉄の線路に身を投げ自殺をはかろうとしたその時、中学校の同級生のサンウと出会う。自身の事情を正直に告白できなかったインスンは、サンウに高校の教師であると嘘をつき、でたらめの電話番号を教える。高校時代の先生が紹介してくれた職もクビになったインスンは叔母の所へ。叔母から実の母が生きていることを知らされたインスンは演劇俳優である母イ・ソニョンに会いに行く。そこで放送局文化部の記者であるサンウと再会する。

殺人を犯した割には明るくておっちょこちょいのインスン。
事故だったみたいだけど、詳しくはまだ分かりません。
高校時代の恩師が、彼女に自信を付けさせるために、
「インスンはいい子で、きれいで、立派だ」と一日に何回も唱えなさいと教えたよう。
おまじないのお陰で前向きに頑張ってましたが、現実は厳しくて、彼女は自殺を考えます。

ところが、ホームに入ってくる電車に飛び込もうとしたときに「インスン!?」と声をかけられてしまいます。
声をかけた相手は中学の同級生。サンウはインスンが好きだったみたい。
借金のために一家揃ってカナダに移り住んだサンウはインスンの事件を知らないのね。
「手紙を待ってたんだぞ」と拗ねるものの、再会を嬉しそうに喜んでます。
サンウ役のキム・ミンジュン氏、どのドラマを見ても同じ印象だな~。カッコいいけどね。

サンウとの再会で、すっかり自殺する気が逸れたインスンは恩師の元へ。
先生は離婚?死に別れ?奥さんがいなくて幼稚園の男の子と暮らしています。
インスンは一緒に住みたいとまで思ってるけど、先生は一線を置いてインスンと接するのです。
そして、先生に高校の調理係の職を紹介してもらうのだけど、少年院に入っていたことを正直に話してしまい、その上、いじめにあってた生徒を助けようとして問題に…。殺人罪だったということもバレてすぐクビ。
出所後、「他人の揉め事には口を出さない」と決めてたのに、知らん顔ができないインスンなのです。

先生に迷惑をかけたインスンは叔母の所へ。
叔母は夫に暴力を振るわれててインスンを面倒みる余裕がなさそう。
しかも、こうなったのはインスンのせいだって…。
で、数日前にテレビでインスンの母が離婚したと知った叔母さんは、
「実は母親が生きてるのよ。母を頼ってみたら?」と言い出すのです。

女優だと聞かされて、舞台を見に行ったインスン。
ダブルキャストと知らず、もう一人の女優を母だと思って泣くのよね~。かなりのドジっ子。
そこでサンウに再会したけど、母親を目の前にして逃げて行っちゃった。
舞台が終わって楽屋に向かう母を追いかけ、声をかけたところで次回へ。

最初はどんより暗くって、耐えられるかなぁ…と不安に思いながら観てましたが、
インスンのキャラに助けられたって感じです。
いいところで終わったので続きが気になるわ~。
インスン インスン



インスンはきれいだ

2009/03/13 (金)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 インスンはきれいだ

インスンはきれいだ放送年月日 2007.11.7~12.27
放送局 KBS
全話数 16話
主要キャスト
ハートPキム・ヒョンジュ…パク・インスン
ハートBキム・ミンジュン…ユ・サンウ
ハートBイ・ワン…チャン・グンス
ハートPイ・インヘ…ハン・ジェウン
視聴日 2009.7.9(衛星劇場)
評価
    7
作品紹介
「君はどの星からきたの」でタッグを組んだ「フルハウス」のピョ・ミンス監督と「秘密」の脚本家チョン・ユギョンが1年ぶりに手を取ったドラマ。
インスンを取り巻く厳しい現実を淡々と描き、静かな感動を与える。ドラマ出演は久しぶりとなるキム・ヒョンジュも、奥行きのある演技で期待に応えている。平均視聴率6.5%
あらすじ
 殺人の罪で服役し、出所後は前科者という偏見のため、安定した仕事にも就けなかったインスンは、地下鉄の線路に身を投げ自殺をはかろうとしたその時、中学校の同級生で初恋の相手でもあったサンウと運命的に会うこととなる。自身の事情を正直に告白できなかったインスンは、サンウに高校の教師であると嘘をつき、でたらめの電話番号を教える。もう2度と会うことはないと思っていたインスンは、サンウを偶然にも再会してしまう。放送局文化部の記者であるサンウは、演劇俳優イ・ソニョンにインタビューをすることとなり、インスンはソニョンが実の母親であることを知る。
ひと言
う~ん…。何だか暗そうなんですけど…。とりあえず観てみます。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。