スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拝啓、ご両親様

2010/02/21 (日)  カテゴリー/韓国ドラマは行 拝啓、ご両親様

拝啓、ご両親様放送年月日 2004.10.16~
                                   2005.6.5
放送局 KBS
全話数 68話
主要キャスト
ソン・ジェホ…アン・ジェヒョ(父)  
キム・ヘスク…キム・オクファ(母)
キム・ヒエ…アン・ソンシル   
ホ・ジュノ…パク・チャンス
On Air
 BS11 2月4日(木)19:00~
作品紹介
 結婚とは、家族とは?家族の間に起こる苦難を妻の視点から丁寧に描き、家族の大切さとは何かを訴えかけるヒューマン系ホームドラマ。
 韓国時代劇の常連ソン・ジェホ、日本で母親役人気NO.1 のキム・ヘスク、「私の男の女」で演技大賞を受賞したキム・ヒエ、『シルミド』のホ・ジュノなど実力派俳優が勢揃い。更に、日本でも大ブレイク中の注目若手俳優イ・ドンウクが、次男役を演じる。
脚本は韓国ドラマ界の大御所、キム・スヒョン。本作で第18回韓国放送作家賞ドラマ部門を受賞。最高視聴率36.2%を記録。平均視聴率は27.17%
あらすじ
  「良心に恥じないよう」が口癖のアン教頭と夫を尊敬するオクファ。彼らには4人の子供たちがいる。長女のソンシルはチャンスと結婚しスアとジュニをもうける。自閉症のジュニと悪戦苦闘するが、チャンスはその苦労を横目に浮気をしていた。
長男で銀行員のジファン(チャン・ヒョは大学の後輩のアリと交際しているが、貧しい家の長男であることが負い目になり、結婚に踏み切れない。次男のジョンファン(イ・ドンウク)は兵役を終えても大学に復学しようとはせず、5億ウォンを貯めることあけくれている。様々な問題を抱えるアン一家だが、家族は深い絆で結ばれていた。だか、夫の浮気を知って離婚すると言い出すソンシルに対してアン家の家族は…。
ひと言
2004年平均視聴率ベスト4に輝いたドラマです。
内容からして重そうだけど、観なくてはと思ってます。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。