スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホ・ギュン~朝鮮王朝を揺るがした男

2010/03/24 (水)  カテゴリー/韓国ドラマは行 ホ・ギュン~朝鮮王朝を揺るがした男

ホ・ギュン放送年月日2000.10.18~2001.4.12
放送局 KBS2
原題 雷鳴
全話数 50話 
チェ・ジェソン…ホ・ギュン
チョン・ドンファン… イ・ダル
チェ・ジョンユン…ソンオク
ハ・ダソム…ホ・チョヒ
On Air
 3月25日(木)12:00~
  BS朝日月~金 58話オリジナル
作品紹介
 17世紀、ハングル文字で書かれた最古の小説『洪吉童(ホンギルトン)伝』の作者であり、政治家として民衆のために王朝に立ち向かったホ・ギュンの波乱の人生を描く。
主演は、「千秋太后」「淵蓋蘇文-ヨンゲソムン」「不滅の李舜臣」など数多くの出演作を持つ今後大注目の主演チェ・ジェソン。 
あらすじ
17世紀 李氏朝鮮王朝時代―― 当代最高の名家に育ち、類まれなる文才を持ちながら、庶民のために革命を起こし志半ばで処刑場の露と消えた歴史上の偉人ホ・ギュン(許筠、1569年-1618年)。社会から疎外されていた庶子や賎民、男尊女卑の時代に女性たちも社会の一員として認める万民平等の新しい社会を提唱し、身分社会と派閥争いの耐えない腐敗政治に苦しむ民衆のために、己を犠牲にしてを王朝に立ち向かった実在の文人であり政治家 ホ・ギュンの波乱万丈の半生を描いた骨太の時代劇!
ひと言
ホン・ギルドンの作者の話とは興味深いです。
ちなみにハングルの制定は世宗大王(1397~1450)でした。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。