スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妖婦 張禧嬪 #63

2010/09/06 (月)  カテゴリー/韓国ドラマや行 妖婦 張禧嬪

#63
ふいに禧嬪チャン氏の部屋を訪れた粛宗は就善堂の西側に中殿を呪った神堂があるのかと聞く。
そんなものはないと答える禧嬪だが、粛宗が足を運んでみると、そこには明らかに中殿を呪う神堂があったのだった。
東宮の上奏を受け考えた粛宗だったが、結局国と王室のためにも禧嬪に賜薬で命を絶つように命じ・・・。

続きを読む

スポンサーサイト

妖婦 張禧嬪 #62

2010/09/01 (水)  カテゴリー/韓国ドラマや行 妖婦 張禧嬪

#62
中殿ミン氏がついに亡くなり、粛宗はもちろん宮廷中が悲しみに包まれる。
一方、中殿の座に復位する可能性が出てきた禧嬪チャン氏の誕生日を迎え、東宮夫妻をはじめ、今まで顔も見せなかった淑媛たちまでもが祝いに訪れるが、粛宗だけは一向に禧嬪に会おうとしない。
そんな折、淑嬪チェ氏は粛宗に禧嬪の祈祷を見たことを申し上げるが・・・。

続きを読む

妖婦 張禧嬪 #61

2010/08/31 (火)  カテゴリー/韓国ドラマや行 妖婦 張禧嬪

#61
中殿ミン氏の前で7年ぶりに会った粛宗に辱められた禧嬪チャン氏は、すべてが中殿のせいだと考え、巫女を連れてきて中殿を呪う。
そのせいか、中殿の病は一向によくならず、むしろ日増しに悪くなるのだった。
そんなある日、禧嬪が祈祷をしている様子を見た淑嬪チェ氏は、その事実を粛宗に伝えてよいものか貴人に相談するが・・・。

続きを読む

妖婦 張禧嬪 #60

2010/08/30 (月)  カテゴリー/韓国ドラマや行 妖婦 張禧嬪

#60
中殿ミン氏が原因不明の腫れ物により病床にいるという噂を聞いた禧嬪チャン氏は、東宮夫妻を連れて6年ぶりに中殿の部屋を訪れる。
東宮の顔を立てようと病床から出て挨拶を受けた中殿だったが、禧嬪は中殿がかゆみをこらえているのを見逃さず噂が本当だったことを知る。

続きを読む

妖婦 張禧嬪 #59

2010/08/25 (水)  カテゴリー/韓国ドラマや行 妖婦 張禧嬪

#59
禧嬪チャン氏が東宮をひどく叩いたのを知って激怒した粛宗は、以後東宮を禧嬪から引き離すことにした。
粛宗はもちろん、誰1人として禧嬪の部屋を訪れなくなり、孤独と寂しさを募らせた禧嬪だったが、それでも東宮を信じて生きていくと固く決意する。
しかし、そんな中、淑媛チェ氏の懐妊の知らせを聞き・・・。

続きを読む

妖婦 張禧嬪 #58

2010/08/24 (火)  カテゴリー/韓国ドラマや行 妖婦 張禧嬪

#58
中殿チャン氏は禧嬪に降格され、廃妃ミン氏が中殿に復位し、かつて中殿と共に宮廷を追い出された貴人キム氏も再入宮する。
禧嬪チャン氏は自分の境遇に納得できず、怒りに震えていたが、そんな時、兄ヒジェの書いた禧嬪への返書が粛宗の手に渡ってしまう。
粛宗は真相を明かすようにと厳命を下し、ヒジェは厳しい拷問を受けるが・・・。

続きを読む

妖婦 張禧嬪 #57

2010/08/23 (月)  カテゴリー/韓国ドラマや行 妖婦 張禧嬪

#57
ミン氏を母と思って挨拶せよとの粛宗の言葉に、東宮はどうしてよいか当惑してしまう。
ひとまず父に従ったものの、心の底では母に対しての申し訳なさでいっぱいだった。
中殿チャン氏はずっと寝込んでいたが、内殿を空にせよとの王命に憤り、ミン氏の挨拶を受けるまでは絶対に内殿を動かないと粛宗に抵抗する。

妖婦 張禧嬪 #56

2010/08/18 (水)  カテゴリー/韓国ドラマや行 妖婦 張禧嬪

#56
廃妃ミン氏の家に粛宗が書いた手紙を持った承政院の官吏が現れて、ミン氏を別宮に移すようにとの言葉を伝える。
ところが、ミン氏は罪人であるゆえ外界との接触を断つと言ったまま、手紙を受け取ろうとしない。
焦った粛宗はミン氏の兄に命じて、何とか手紙の返書をもらわせようとするが・・・。

妖婦 張禧嬪 #55

2010/08/17 (火)  カテゴリー/韓国ドラマや行 妖婦 張禧嬪

#55
粛宗と争った中殿チャン氏は、東宮のためにも仲直りしようと先に折れるが、粛宗は中殿に会うことさえ拒む。
怒りと焦りを抑えきれない中殿は、巷で流行する中殿を侮辱し、廃妃ミン氏を称える歌と物語を広めたのが誰かを兄のヒジェから聞き・・・。
その頃、粛宗のもとに老論と少論が決起を計画しているとの告発が入る。

妖婦 張禧嬪 #6

2010/04/26 (月)  カテゴリー/韓国ドラマや行 妖婦 張禧嬪

#6
チャオクが何者かに拉致されたと知り、チャオクの実家は大騒ぎになる。
その頃、チャオクはホ丞相の息子に捕まり、乱暴されていたのだった。
一方、宮中では粛宗がオクチョンに元気な息子を産んでほしいと告げ、医師に特別に作らせた煎じ薬を用意させる。
それを知った中殿は、オクチョンには負けられないと回復に向けての努力を始める。

妖婦 張禧嬪 #5

2010/04/21 (水)  カテゴリー/韓国ドラマや行 妖婦 張禧嬪

#5
中殿は娘を産むが、子どもは生まれてすぐに亡くなってしまう。
すっかり気を落とし何も口にしないた中殿を心配した粛宗は、元気になるまで一緒に夜を過ごすことにする。
オクチョンはそれに嫉妬し何とか粛宗の気を引こうとするが、偶然風呂場から聞こえたオクチョンの笑い声を聞いた粛宗は、その不謹慎さに激怒する。

妖婦 張禧嬪 #4

2010/04/20 (火)  カテゴリー/韓国ドラマや行 妖婦 張禧嬪

#4
淑媛に任命されたオクチョンは宮中に挨拶に向かうが、大妃と中殿はなかなか部屋に入れてはくれない。
中殿がオクチョンを一日中部屋の外に立たせたため、オクチョンは出迎えてくれた粛宗の前で倒れてしまう。
ところがこれはオクチョンの芝居だった。
目を覚ましたオクチョンは粛宗に「中殿をもっと愛してあげてほしい」と言うが・・・。

妖婦 張禧嬪 #3

2010/04/19 (月)  カテゴリー/韓国ドラマや行 妖婦 張禧嬪

#3
宮廷での自分の力を高めるために、大王大妃は自分の推すオクチョンを粛宗の側室にしようと考える。
計略通り、粛宗はオクチョンのことが気になり始め、何度か密会するうちにすっかり心を奪われていく。
それを知った大妃は、中殿(粛宗の正室)に伝えるが、衝撃を受けた中殿は突然腹痛を起こして倒れてしまう。

続きを読む

妖婦 張禧嬪 #2

2010/04/14 (水)  カテゴリー/韓国ドラマや行 妖婦 張禧嬪

#2
粛宗と大臣たちの謁見の場で、福昌君に罰を与えないことに抗議する大妃の泣き声が響き渡り、大臣たちは動揺する。
福昌君の淫らな行いの証拠となる恋文を粛宗は燃やしてしまっていたが、大妃の頼みにより福昌君とサンオプは取り調べられることになる。
そんな折、サンオプが自害したとの知らせが入り・・・。

続きを読む

妖婦 張禧嬪 #1

2010/04/13 (火)  カテゴリー/韓国ドラマや行 妖婦 張禧嬪

#1
第19代王粛宗の叔父にあたる福昌君がサンオプという女官と情を交わしていると聞き衝撃を受けた大妃(粛宗の母)は、粛宗に告げ口する。
一方、幼いころに入宮したオクチョン(後の張禧嬪)は、大王大妃(粛宗の曽祖母)に仕えながら、いつかは母たちを楽させてあげたいと考えていた。

続きを読む

妖婦 張禧嬪(チャン・ヒビン)

2010/04/13 (火)  カテゴリー/韓国ドラマや行 妖婦 張禧嬪

妖婦 チャン・ヒビン放送年月日1995.2.20~9.26
放送局 SBS
全話数 63話
主要キャスト
チョン・ソンギョン…チャン・ヒビン
イム・ホ…肅宗
キム・ウォニ…イニョン王后
On Air
4月13日(火)13:00~
 BS11(月~水)
 ノーカット放送
作品紹介
 三大妖婦の一人として知られる韓国史上、稀代の悪女“張禧嬪”の栄光と挫折を描いた傑作。これまでにも彼女を主人公にしたドラマ、映画が何度も作られてきたが1995年にSBSで放送された「妖婦 張禧嬪」は、その中でも最高の評価を獲得し、1992年~2007年の韓流時代劇歴代最高視聴率ランキングで第8位の42.9%を獲得した大ヒットドラマ。演出イ・ジョンス(愛は簡単じゃない)脚本イム・チュン(洪國榮ホン・グギョン)
あらすじ
 オクチョン(後のチャン・ヒビン)は、父の死後、母と兄とともに伯父チャン・ヒョンの家で暮らしていたが、実の娘のように可愛がってくれた高級官吏の伯父が、謀反に資金を提供したことで死刑となってしまう。命からがら逃げ出したオクチョンは、どん底の生活のなか、兄が起こしたいざこざにも巻き込まれ追われる身となっていた。窮地に追い込まれた彼女にある男が手を差し伸べた。それこそが朝鮮王朝第19代王粛宗(スクチョン)だった。粛宗との出会いは、彼女に一筋の光を与え、運命さえも変えてしまう。粛宗は、皇后の死後、宮女となったオクチョンを他の女には目をくれないほど寵愛する。心配した実母の明成皇后は彼女を宮中から追放し、その間に新しく仁顕皇后を迎えるが、粛宗はどうしても彼女が忘れられずにいた。
ひと言
 キム・ヘスの「チャン・ヒビン」を先月見終えたところです。
 記憶に新しいので、比較しながら観るのも楽しみの一つとなりそうです。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。