スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄の王キム・スロ #9

2010/12/15 (水)  カテゴリー/韓国ドラマた行 鉄の王キム・スロ

#9
スロとアヒョの愛が深まる一方、母からの命令でファンオクに求愛したイジンアシは拒絶されてしまう。
イジンアシはさらにスロとアヒョの仲を知り、激しく嫉妬する。
タレはヘレを拉致して神託のお告げの主は誰か聞くが、ヘレは口を割ろうとしない。
そんな中、何年かぶりに鍛冶技術の競工大会が行われることになった。
その場でイジンアシの実力を民に示そうとチョンギョンは企んでいた。
イジンアシから侮辱されたスロは、競工に参加することを決意。
剣造りに打ち込む姿を見た母は、チョバンの形見の槌をスロに渡し、
スロは荒れた生活からようやく抜け出すことに。
大会当日。イジンアシの優勝が予想される中、遅れてスロも参加する。


やはりイジンアシは母チョンギョンには勝てなかったか。
決意を固めてファンオクを誘い求婚したのですが、あっさり断られてしまいました。
だってファンオクはスロに惹かれてるんですもの。
ひょいと現れてファンオクの心をかき乱していく…。
スロも罪作りな男よのぉ。

そのスロはアヒョとの仲が進展。
もう誰が見ても恋人同士って感じ。
アヒョの叔母が、浮かれてるアヒョを見て釘を刺すんだけど、
聞く耳を持たないって程スロにぞっこんです。
サロ国の密偵だと知られたら命も危ないというのに、
任務かスロかで葛藤する日が来そうです。

タレは密偵を使っていろんな国を調べてるそうな。
クヤ国に一生を捧げると言ってますが、どこか日和見的な感じがします。

嫉妬に狂ったイジンアシは、「父親の犠牲があって生きてる。」と、敵意むき出しでスロを非難。
痛いところを指摘されたスロは、「高慢な鼻をへし曲げてやる。」と、イジンアシに対して闘志が湧き立ったのでした。

遅れて競技場に現れたスロ。
白の衣装が似合いすぎです~。
今のところ互角に戦っているようですが、スロに軍配が上がるよね?
スポンサーサイト

鉄の王キム・スロ #8

2010/12/09 (木)  カテゴリー/韓国ドラマた行 鉄の王キム・スロ

#8
ホ・ジャンサンの商団がやってきて鉄鉱石を供給したためチョンギョンは危機を脱した。
チョンギョンとジャンサンはイジンアシとファンオクを政略結婚させようと考える。
ジャンサンの商団が襲われ、それをスロが救った。
そのときからファンオクはスロに惹かれ始める。
しかし、スロが好きなのはアヒョであり2人の仲は近づいていく。
黄漆がスロのアジトで見つかり、スロはイジンアシに捕まってチョンギョンから厳しい追及を受ける。


チョンギョンの命でスロは木につるされ拷問を受けることに。
止めさせたのはイビガ。
母が息子を拷問してるのよ!!
いつまで黙ってるつもり?

スロは、「黄漆は農具の手入れにも必要だから鍜治場が独占してはいけない。
イジンアシは民に謝罪すべきだ。民は、支配する王でなく、民の心を理解する王を求めてる。」と、イビガに訴えたのよ。
それを影でこっそり聞いていたチョンギョンは、その通りにイジンアシにさせるの。
「イジンアシ様が間違いを認め謝罪した。」と民は感激して大騒ぎ。
「王が立つならイジンアシ様だ。」とみなが思うように。
しめしめ、とほくそ笑んだチョンギョンでしたが、
スロは「俺がそうするよう仕向けた。」と、タレに話してました!!
チョンギョンが聞いてると思って話したのね~。すごいわ~!!

イジンアシ→アヒョ=スロ←ファンオクっていう関係になりそう。
天竺の後ろ盾が欲しいチョンギョンは、イジンアシとファンオクを結婚させようとしてるのですが、
アヒョを好きなイジンアシは反抗。
あの母にどこまで逆らえるのか。
アヒョが思い人だと知ったらアヒョの命が危ないかも。

神官のヘレからスロがお告げの子だと聞かされたトゥクソン(ユ・チョン)は、
「いい加減まともになれ!!」とスロに厳しくあたるのでした。

そうそう、スロのペンダントはファンオクが持ってます。

未踏の地祭壇に乗り込んでいったチョンギョン。
そこで、すでにお告げがあって、その子がイジンアシだと大喜び。
違うのにな~。
「スロがどうも苦手。」と言ってたからチョンギョンに言えないの?
いつまでも煮え切らないイビガに腹が立ちます。



鉄の王キム・スロ #7

2010/12/07 (火)  カテゴリー/韓国ドラマた行 鉄の王キム・スロ

#7
イジンアシは命を救ってくれたアヒョに惹かれ、アヒョはチョンギョンにも取り入って鍛冶場に出入りできるようになった。時が近づいたと思ったチョンギョンはイジンアシを王候補としてみなに認めさせようとし始める。それに危機を感じたシングィガン(テガン)は鉄鉱石の供給をストップさせ、チョンギョンに圧力をかける。一方、スロは喧嘩に明け暮れる日々を送っていた。そんな中、さび止めの黄漆が盗まれる事件が起き、スロが疑われる。

あれから5年も経ったのにまだ統一国家になってないのね。
相変わらずテガンは、イビガ、じゃない、チョンギョンの邪魔をしてます。
イジンアシを王にすることで頭が一杯のチョンギョンに対し、
イビガはスロがお告げの子だと思ってて、妻のようには息子の教育に熱が入らないよう。
スロを疎んじるチョンギョンを見て、母子が憎みあってはいけないとは思ってはいるものの、
頭角を現すことがなく、ならず者とつるんでるスロを見て、口に出せないでいるのです。

イジンアシを助けたアヒョ。
どこかの国の密偵だと思ってたけど、相関図を見たら新羅のお姫様でした。

インドからもお姫様がやって来ました。
こっちがスロの妻になるのか。

よく言えば自由人。悪く言えばうだつが上がらない男のスロ。
早く彼の活躍が見たいものです。

鉄の王キム・スロ 6話

2010/11/25 (木)  カテゴリー/韓国ドラマた行 鉄の王キム・スロ

第6話
何者かに襲われたチョバンはスロに真実を話し、実の母を探せと言い残して息絶えてしまった。チョバンがいなくなったため鍛冶場はマヒするが、スロの説得でイルソが鍛冶長を引き継ぎ危機から救う。負けを認めたタレは漢に旅立ち、テガンも時を待とうと考える。強くならなければと思ったスロはトゥクソンから武芸を習い始めた。5年後。イジンアシが何者かに襲われ、それをアヒョが救おうとするが、2人とも危機に立たされる。


チョバンが亡くなってしまうとは…。
「風の国」「エデンの東」と最近見るイ・ジョンウォン氏はどれも短命です。
結局スロの出生の秘密は有耶無耶になってしまったか。

スロは製鉄炉を直そうとしてチョンギョンに見つかり、
父を侮辱され彼女に暴言を吐いたため鍜治場から追放されちゃった。

そして、5年後。
スロは成長し、チソンに交代。

そうそう、子役たちは「エデンの東」のドンウクとミョンフンでした!!
どこかで見たことがあると思った。
大きくなったねー。

スロは武芸の達人みたく、武器を持った人でもあっという間に倒してました。
やんちゃな表情で茶目っ気たっぷり。
とってもカッコいいんだけど、声が…。
チソンの生声で観たいよ~!!
なんか一気に見る気が失せてしまいました。



鉄の王キム・スロ #5

2010/11/17 (水)  カテゴリー/韓国ドラマた行 鉄の王キム・スロ

#5
自責の念が強くなってきたチョバンは、スロはチョンギョンの子だとイビガに告白してしまう。迷うイビガだったが、チョンギョンがイジンアシを鍛える姿を見て、今はまだ伝えるときではないとチョバンに話す。一方、テガンは鍛冶場を造るという噂を飛ばしてイビガたちに圧力をかけてくる。しかし、タレはまだ製鉄炉を造れないでいた。困ったタレは最高の鍛冶職人と謳われるイルソの話を聞き、彼を探しに百済に旅立つ。


息子を奪われる覚悟でチョバンが打ち明けたのに、
どうも有耶無耶になってしまいそうな気配がします。
祭司長とあろう者が妻に真実を話せないなんて、
伽耶国の行く末を案じてしまうわ。

その頼りないイビガの妻チョンギョンは、漢の使者を過剰な接待でもてなしております。
将来息子を王として認めてもらおうとの魂胆が見え見え。
それに応えてか、漢の王もイビガを伽耶国の王のように扱うからテガンら部族長がカンカン。
鉄を作れないから上位に立てないんだと地団太踏むテガンに、
サチが鉄を作る噂を流そうと悪知恵を吹き込みました。

再び製鉄所に忍び込んだタレ。
チョバンに見つかり、どうしても鉄作りを学びたいと直訴するのですが、
危険な野心がある限り教えることは出来ないと拒絶されてしまうのです。

手に入らないと余計に欲しくなるのが人の性というもの。
製鉄技術取得に執着する息子を見かねた母がイルソのことを教えました。

このイルソっていう人は、チョバンの父に見込まれるほどの腕前で、鍛治長になる予定だったのよ。
だけど、何か行き違いがあって、チョバンが鍛治長になると思っちゃって村を飛び出したみたいなの。
そんな人がタレの説得で伽耶国に戻ってきたからさあ大変。
テガンの鍜治場が本当に出来るとの噂でもちきりに。

この噂を聞きつけたチョンギョンは怒り心頭で、チョバンを叱りつけ、
鍜治場の管理を自分がすると言い出しました。

チョンギョンにそんな権利があるのかなぁ。
イビガの妻で跡継ぎを産んだからってこうも高飛車になれるのが不思議。
不幸な運命にも負けない立派な女性だと思ってたんだけど、
言うことが鼻につくというか、どうもいけ好かない女なのよー。

チョバンはイルソの誤解を解いて自分の鍜治場に戻ってきてもらおうと説得しようとするのですが、
恨みで一杯のイルソはろくに話を聞こうとせず、
テガンの鍜治場を作って俺が伽耶国の鍛治長だと証明すると宣言したのでした。

何もかも上手くいかないチョバンです。
製鉄技術を習得していくスロの成長が唯一の慰めでしょう。

鉄の王キム・スロ #4

2010/11/11 (木)  カテゴリー/韓国ドラマた行 鉄の王キム・スロ

#4
チョバンは捕えられたスロを助けるためにテガンに許しを請う。すると、テガンは代わりに製鉄炉の図面を貸すよう要求してきた。それは技術を取られることであり、チョバンを信頼しているイビガを裏切ることでもあった。チョバンは悩んだ末に図面をテガンに渡し、スロは解放される。シングィガンが製鉄炉を手に入れたら狗耶国の勢力図は変わることになる。製鉄炉作りを任されたタレは喜び勇んで作業に入る。

図面を渡しちゃったから大変なことになると思ってましたが、
図面だけではちゃんとした製鉄炉が作れないようにしてあったのね。

タレがヨム・サチと組んでテガンの所に出入りしてるのが不思議です。
製鉄技術を学びたかったのに受け入れてくれなかったからチョバンを恨んでるのかなぁ。
それにしては、スロを弟のように可愛がってるからよく分かりません。

記憶をなくしたユ・チョンがスロを励ましたりしてるのも妙な気分ですねー。
もともとはいい人なのかなぁって思っちゃう。
ユ・チョンが手に持ってたのは、スロ父のあの紋章??
赤ん坊に渡ったのではなく二つあったのかしら?

ここにきて13年前の難破した船の生存者が登場。
しかも、海岸でチョンギョンの子どもを男が連れ去ったところことを見たって!!

図面だけでは鉄が作れないと報告を受けたテガンは、その子がスロだとすぐ勘付いて、
そのことをエサにチョバンを仲間に入れようとしました。
でも、チョバンは、スロは妻が産んだ子だと主張し、
「製鉄技術を独占しようとしてスロを許した。と、他の部族長が知ったら?」と、逆に脅しをかけたのでした。
やられてばかりのチョバンじゃないのよ。痛快だったわー。

同じ頃、その生存者がチョンギョンと会って、
子どもが生きてることを知らせるのでした。
取り乱したチョンギョンが鍜治場に確認しにきたのですが、
副鍛治長もチョバンも「そんな子はいない」と答えました。

いつまでも隠し通せないと感じたのか、
「スロがいなくても生きていけるか?」と、妻に質問したチョバン。
愚問であることは自分でも分かってるのよね。

その日からチョバンは製鉄炉の作り方をスロに叩き込むように。
ヨニを救えなくて落ち込んでたスロですが、
「世の中を動かすには力を持たなくては」とのタレの言葉が胸にあって、
一生懸命取り組むのでした。
何度も失敗を重ね、感覚と技術を磨いたスロは、
ついに自分の設計図を完成させ、チョバンの認印を受けました。

代々そうやって受け継がれてきたようですが、
こんなに早く鉄作りを伝授したチョバンの意図は??
続きが気になります。




鉄の王キム・スロ #3

2010/11/05 (金)  カテゴリー/韓国ドラマた行 鉄の王キム・スロ

#3
スロはヨイを連れてソドに隠れる。そこは神殿がある神聖な場所で罪人も捕まえることができないところだった。やがて、ヨイを捕えたいテガンとスロを助けたいチョバンも2人がソドに隠れていると知る。テガンはヨイを捕えに兵士を引き連れてソドに入ろうとするが、神官のナチャルリョが行く手を阻んで2人の引き渡しを拒否する。すると、テガンはヨイの兄を人質にして、ヨイに出てくるよう呼び掛けるのだった。

「死んだ者のために生きている人を殺すだなんて間違ってる!!」
スロの言葉は、祭司長イビガの心にも響き、「悪習は正さねば。」と考えを改めさせました。
そして、この件で恐縮しまくってるチョバンに「スロは只者じゃない。」とも。

そうは思っても、この事態を今すぐ収拾することは難しく、
結局は、テガンに脅されたヨイが自ら戻っていき、人身御供となったの。
儀式を台無しにしたスロも投獄されることに。

悪しき慣習に一石を投じたスロでしたが、その代償は大きなものとなりました。
テガンの許しを得るために頭を下げに行ったチョバン。
息子を許す見返りとして、代々伝わる製鉄炉の図面を貸すよう要求されました。

この図面を渡してしまったらテガンたちにも強い武器が作れるようになってしまうのよね?
さて、チョバンはどんな決断を下すのでしょうか。

鉄の王キム・スロ#2

2010/10/30 (土)  カテゴリー/韓国ドラマた行 鉄の王キム・スロ

#2
イビガの妻になったチョンギョンはやがて子を産む。彼女はその子をイジンアシと名付け、クヤ国の王に育てる決意をする。13年後。イジンアシと鍛冶長チョバンの息子になっていたスロは成長し、ともに鍛冶場で技術を磨きライバル意識を燃やしていた。部族長のひとりシングィガンの父が死に葬式が行われる。殉葬の風習で、少女奴隷のヨイが殺されることになった。おかしいと感じ、黙って見ていられなくなったスロはヨイを連れて逃げだす。

チョンギョンを追いかけてきたユ・チョンは記憶をなくしていました。
とりあえず安心ね。

死ぬことができないなら王佐の才の役目を果たそうとチョンギョンは生きることを決意。
占い師に、王の母となり王を補佐する能力があると言われたことがあったのね。
まだまだ道のりは遠いけど、将来スロを補佐するってことになるのか。へえ~。
でも、弟を産んじゃったってことは、その子が王になると思い違いをするのかな?
この弟、スロとの勝負に負けた馬を叩いたりする性格のとっても悪い子。
この先もスロと衝突しそうです。

ソク・タレはスロの良き兄貴分。
スロの出生の秘密を知る産婆さんに育てられましたが、
海から流れてきた捨て子だそうで、元はいい身分の子みたい。
その内身元が分かるのかなぁ。

今にも死にそうだったテガンの父は、13年も生き延びたのね。
とうとうお亡くなりになって、葬式をだすことに。
その儀式で、亡くなった人に仕えた者も生贄として殺されるんだ!!
スロは、「死にたくない」と叫んだ少女を助けようと…

女の子みたいな顔なのに大変なことをしでかしたわ。
父の立場もなくなるし、一波乱起きそうです。

鉄の王キム・スロ #1

2010/10/23 (土)  カテゴリー/韓国ドラマた行 鉄の王キム・スロ

#1
後漢に攻められた北方民族の族長キム・ユンは負けを悟り、血統を守るために臨月を迎えた妃チョンギョン妃を逃亡させる。後漢の将軍ユ・チョンに追われた彼女は船に身を隠し、そこで子供を産む。しかし、船は難破して子供を見失ってしまった。子供が死んだと思ったチョンギョンは身投げするが狗耶国の祭司長イビガに救われ、彼から求婚されてとまどう。一方、浜に流れ着いた子供はまだ生きていて、鍛冶職人に拾われていた。

歴史がよく分からん~~!!
狗耶国っていう国が周辺国を統一して伽耶になるってことかなぁ。

ペ・ジョンオクssiって私より年上なんですけど、娘役ってキツクないですか??

イ・ジョンウォンssiは「風の国」のヘミョン太子のまんまで、
歴史的にも近いので勘違いしてしまいそう…

戦闘シーンは3Dっぽく、血がドヒャーってこっちまで飛んできそうなくらい鮮明だったのですが、
お告げの岩はどうしてあんなにショボイのでしょう。
思わずプッと吹き出しちゃったわ。

チョンギョンの子どもは鍛治職人に拾われ、
三人目の子どもも死産してしまった鍛治長の元へ届けられ、
妻のショックを考え、鍛治長の子として育てられるのね。
その事実を知ってるのは、鍛治長と部下と産婆のみ。

チョンギョンはイビガの家で療養することになったのですが、
産婆はチョンギョンが赤子の母だとすぐ気付くのよ。
そして、回復したチョンギョンを鍛治長夫妻に紹介した時に、
鍛治長もハッとするのでした。

チョンギョンを追っていたユチョンはどうなったんだろう?
生きてるのがチラリと映ったけど。
チョンギョンの夫の紋章を持ってたんだけど、難破に遭ったために
それがうまいこと赤ん坊に渡ったのよねー。
あ、だからこの人も真実を知ってるんだ。

敵役になるテガン。
王を立てるならイビガが有力候補らしく、
部族長の父はイビガに逆らうなと言ってるのですが、
なにせもう天に召されそうなほど衰弱してて、
欲の塊のような息子は父の命令など聞きやしない。
9つの部族長を言葉巧みに操って、じぶんが王にと思ってるよう。

「北方から来る子が王になる」とのことでしたが、
それがスロだといつ気付くのでしょう。
日本語でもなかなか面白かったです。

鉄の王キム・スロ

2010/10/22 (金)  カテゴリー/韓国ドラマた行 鉄の王キム・スロ

鉄の王キム・スロ韓国放送日 2010.5.29~9.18
放送局 MBC
全話数 32話
演出 チェ・ジョンス
脚本 キム・ミスク
主要キャスト
チソン…キム・スロ
ペ・ジョンオク…ユ・オソン
チョン・ギョンビ…シングィガン/テガン
ソ・ジヘ…ホ・ファンオク
コ・ジュウォン…イジナシ
カン・ビョル…アヒョ
イ・ピルモ…ソク・タレ
On Air
 BSフジ
 10月19日(火)19:00~
(再) 10月21日(木)10:00~ 
 日本語吹き替え
作品紹介
 王になると予言されたキム・スロが、数々の試練を乗り越えて
 伽耶(カヤ)の初代王となる歴史大作ドラマ。
 主人公キム・スロはドラマ『王の女』で王を演じたことがあるチソン。チソンは役作りのために武術と馬術、剣術の特訓を行い、演技面では初期の明るくやんちゃな青年から次第に王になるカリスマを身につけていく過程を演じ分けてみせている。
 スロの母でありながら敵という難しい役にはドラマ『花よりも美しく』のベテラン演技派女優ペ・ジョンオク。正面の敵役には映画『友へチング』でチャン・ドンゴンとダブル主演したカリスマ俳優ユ・オソン。ドラマ『王と私』で王を演じたコ・ジュウォンは、スロと王座を争うライバルとして登場。インドから来てスロを助け王妃になるファンオクは、ドラマ『シンドン』でも他国から来て王妃になる役を演じたことがあるソ・ジヘ。スロと大悲恋を演じるカン・ビョルは新人女優だが、このドラマを通じてニュースターに躍り出た。出演するドラマがすべて高視聴率のイ・ピルモは時代劇初出演。味方なのか敵なのかわからない屈折した役を演じ切ってみせた。
 制作費200億ウォンを投じ、かつて伽耶が存在していた地域である金海市、馬山市がロケ地提供など全面的に支援した。高視聴率のドラマの裏番組としてスタートしたが、平均視聴率11.15%と健闘した。
あらすじ
 紀元1世紀の初め。朝鮮半島の北部ではドラマ『朱蒙』の主人公チュモンが建てた高句麗が、『風の国』の主人公ムヒュルの代に入って急速に強大な国に発展していったころ。朝鮮半島の南部ではまだ小さな部族がバラバラに存在し、互いに牽制しあっていた。主人公キム・スロはそんな小部族をまとめ上げ、優秀な鉄器製造技術と海洋貿易で名を馳せる国家、伽耶(カヤ)の初代王となる。
ひと言
 日本語吹き替えだから観るのはやめようと思いましたが、MBCのHPを覗いてみたらチソンが格好良過ぎて…
日本語でもいいから観ようかなという気になりました。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。