スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタズラなKiss

2012/01/11 (水)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 イタズラなKiss

イタズラなKiss 
★MBC 2010.9.1~10.21(全16話)
★原作 多田かおる
★演出 ファン・イレ「宮」、キム・ドヒョン
★脚本 コ・ウンニム「輪廻」 「紅の魂」
★主要キャスト
キム・ヒョンジュン…ぺク・スンジョ
チョン・ソミン…オ・ハニ
イ・テソン…ポン・ジュング
イ・シヨン…ユン・ヘラ

★作品情報 
 1990〜99年別冊マーガレットに連載された日本の漫画を原作としたロマンス劇。
「宮」「花より男子」等、コミック原作のドラマ化に定評があるグループエイトが手がけ、日本でもDVDが累計販売17万セット超えのドラマ「宮~」のファン・インレ監督が演出を手掛けている。
 主演には、「花より男子」でF4の1人を演じた<SS501>のリーダー、キム・ヒョンジュン。相手役には新人女優のチョン・ソミンが抜てきされた。また、ベテラン俳優たちも随所にちりばめられ、ドラマを明るく盛り上げている。
 しかし、大ヒットドラマ「製パン王キム・タック」の裏番組であったためか平均視聴率4.91%で終わった。
 視聴率は振るわなかったものの、全16話の本編終了後にその後のエピソードとして番外編全7話が作られ、You Tubeで配信するという世界初の試みが行われた。公開2日間で52万の再生回数を記録し、YouTubeサイト内エンターテインメント分野で最大スレッドを記録するなど、ネット社会の韓国ならではの大きな反響を見せてた。

★あらすじ
 パラン高校に通うペク・スンジョ(キム・ヒョンジュン)は、IQ200の天才。そんなスンジョに片思いしているオ・ハニ(チョン・ソミン)は、思いを寄せてくれるジュング(イ・テソン)には目もくれず、スンジョひとすじ。ついに告白を決心したハニは、スンジョにラブレターを渡す。ところがスンジョは手紙の誤字にあきれ、「D-」と書き入れてハニにつき返し、「頭の悪い女は嫌いだ」と冷たく言い放つ。落ち込むハニに、さらなる不幸が。新築の自宅が震度2の微震で倒壊してしまったのだ。家を失ったハニと父は、父の親友宅に居候させてもらうことに。しかしそこはスンジョの家で…。

★感想
 復讐系を何本も見てた中での「イタKiss」。
 ハマったわよ~。
 
 とにもかくにも、ペク・スンジョがカッコいいのよ!!
 「宮」のシン君以来(私にとって)のツンデレ王子ぶりにノックアウト。
 彼のセリフにキュンキュン来まくりでした。

 ヒロインのオ・ハニは、「この子が相手役?」と最初は複雑な気持ちで静観してましたが、
 このチョン・ソミンちゃん、めっちゃ表情がいいんです!!
 特に好きなのが、笑顔。
 彼女が嬉しそうに微笑むと、こっちまで幸せな気分になるんですよね。いいわ~。
 
 ハニを盲目的に愛するジュングやスンジョン母、兄を敬愛する弟君など、
 二人を取り巻く家族や友だちも、とても愉快に描かれていて魅力的。
 ストーリーは少し幼稚に思えるかもしれませんが、
 ドキドキしたと思ったらハラハラと、グイグイ引き込まれていく要素がたっぷりで、
 あっという間の16話でした。
 
 もう少し二人のラブラブぶりを観た~い!!
 と、思わせる作品だなと思ってはいましたが、
 You tubeでその後が配信されてたんですね!?
 
 

 二人の甘~い新婚ぶりも最高です~。
 たぶん私、顔が緩みっぱなしで観てたと思う。

 DVDは発売されたけど、レンタルはあるのかな?
 全7話10分ちょいの映像なので気になる方はYou Tubeをチェックしてください
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。