スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウェディング

2008/04/24 (木)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 ウェディング

ウェディング放送年月日  2005.8.23
放送局  KBS
放送回数  18話
主要キャスト
 ハートPチャン・ナラ…イ・セナ  
 ハートBリュ・シウォン…ハン・スンウ  
 ハートPミョン・セビン…シン・ユンス  
 ハートBイ・ヒョヌ…ソ・ジニ
On Air情報
 4月28日~
    TBSチャンネルにて放送予定363
視聴日 2006.10.10
評価
    10
作品紹介
 「冬のソナタ」「秋の童話」の作者オ・スヨンが贈る、新たな愛のドラマ。「美しき日々」のリュ・シウォンと、「明朗少女成功記」のチャン・ナラ他豪華キャストが出演。 韓国放送時「ウェディング麻酔」と呼ばれる熱狂的なファンを生んだ。また、リュ・シウォンとチャン・ナラの新婚旅行が日本という設定で、宮崎の日南海岸でロケが行われたのも話題になった。宮崎ロケに決定したのは、地元宮崎県の積極的な誘致活動があったから。宮崎県は2年前にソウルに事務所を構え、観光客誘致のためドラマや映画の撮影誘致など積極的に広報活動を行ってきた。当初の脚本では、パリに新婚旅行に行くことを念頭にして書かれたとのこと。それが素晴しい自然にあふれる宮崎に変更になった。
あらすじ
 外交官のスンウ(リュ・シウォン)と音大出身でコンサートホールで働くセナ(チャン・ナラ)は、お見合いで出会う。お見合いの席でスンウはセナに「結婚で一番大事なことは何か」を尋ねるが、セナは答えられない。裕福な家庭で何一つ不自由なく育ったお嬢様のセナと、それとはまったく違った環境で育ったスンウ。環境の違いを感じながらも、小学校の頃に好きだった男の子に似ているスンウのことをセナは気に入るが、スンウは乗り気ではなかった。実はスンウの心の中には幼なじみで家族のように育ってきた女性、ユンス(ミョン・セビン)がいた・・・。
感想
 とにかくチャン・ナラが可愛い。266 はじめはピンク好きのむかつく女の子かと思いましたが、くるくる変わる表情と大きな瞳がとても魅力的で、回が進むごとに彼女を守ってあげたくなってきました。裕福な家庭で仲の良い両親の愛情をいっぱい受け、純真で明るく素直で優しいセナ役が彼女にぴったりだと思いました。リュ・シウォンは物静かで生真面目な外交官役。「美しき日々」の少年ぽい彼も良かったけれど、今回は大人の雰囲気が出てて素敵でした。笑った顔が一番好きなのですが、途中からは悩んで眉間にしわを寄せる表情が多かったのが残念でした。
 ストーリーですが、ドラマの序盤で結婚してしまうパターンは今までに見たことがなかったのでとても新鮮でした。お見合い結婚ってこんな風に進むものなのでしょうか?セナは、スンウへの思いを募らせて結婚したのですが、彼には別に思いを寄せてる人が・・。チャン・ナラの切ない演技に何度涙したことか。ユンス役のミョン・セビンは芯が強そうなのに、男の人の前ではか弱そうにみえて男がほっとけないタイプ?タイミング悪く病気になったり、スンウの実家に来たりして・・はっきり言ってあなた邪魔です197すご~くイライラさせられました。
 結婚してから二人の心が近づくにつれて、二人の距離も縮まって・・。二人がイチャつくシーンをドキドキわくわくしながら観てました。345 ついに問題のキスシーン。はぁ~とため息つくしかないですポッ リュ・シウォンファンの友だちは絶対に見たくないと言っていたけど、このシーン彼女はもう観たかしら?
 なんやかんやあったけど、最後はハッピーエンド。結婚で一番大事なこと・・「相手への信頼」かなぁと思いました。
 そうそう二人でカラオケをするシーンがあったけど、さすが歌手です。二人とも歌がお上手。この二人ならではのサービスシーンでしたね。289
 宮崎ロケのことは友だちから聞いたのですが、ファンが殺到してたいへんだったとか。何故新婚旅行が宮崎?と思ってましたが、県が勧誘したんですね~。ロケ地にもいつか訪れてみたいです。

  宮崎ロケ地情報 

  チャン・ナラとリュ・シウォンのデュエット「君を守ってあげる」342

  チャン・ナラ「It's Alright」341      聞いてみてね343


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。