スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広開土太王

2012/08/23 (木)  カテゴリー/韓国ドラマか行 広開土太王

広開土太王 
★KBS 2011.6.4~2012.4.29 (92話)
★演出 キム・ジョンソン「大祚榮」
★脚本 チョ・ミョンジュ「ブドウ畑のあの男」、チャン・ギチャン 「不滅の李舜臣」
★主要キャスト
イ・テゴン…タムドク
キム・スンス…コウン
イム・ホ…モヨンボ
オ・ジウン…トヨン

★作品情報
 4~5世紀にかけて高句麗の最盛期を築いた広開土大王の一代記。
「淵蓋蘇文(ヨンゲソムン)」で青年期の淵蓋蘇文を演じたイ・テゴンが主人公の広開土太王を演じる。朱蒙のキム・スンス、「善徳女王」のイム・ホ、ホン・ギョンインなど、時代劇ファンに馴染み深い中堅俳優が脇を固める。
平均視聴率16.48% イ・テゴンはKBS演技大賞長編ドラマ部門の優秀演技賞を受賞した。

★あらすじ
 高句麗の王の2番目の息子タムドク(イ・テゴン)は高句麗の平安のために辞任し、王子のぜいたくな生活の代わりに商人の道を選び、遼東城の一介の商人として生きて行く。一方、中原征服の野望を抱いた末裔の皇帝モ・ヨンス(キム・ドンヒョン)は高句麗の征伐を決心する。モ・ヨンスは息子のモ・ヨンボ(イム・ホ)を先発隊15万の大軍の先鋒将と決め、高句麗の西部方要衝の地、遼東城を攻撃することにする。商人として偽装し、情報を伝えてくれた息子ゴウン(キム・スンス)の活躍のおかげで、国相ケ・ヨンスはモ・ヨンスが別に出征するという事実に気付き、遼東城の君主ゴム大将軍に北側の道から迎撃を指示するが、タムドクはこれが嘘の情報なのではないかと疑い、独自に内密に行動を開始するが…。

★ひと言
 タムドクといえばヨン様。どうしても「太王四神記」と比べて見てしまいます。
まだ20話しか進んでません。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。