スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとうございます

2008/06/04 (水)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 ありがとうございます

ありがとうございます放送年月日  2007.3.21
放送局  MBC
放送回数  16話
主要キャスト
ハートBチャン・ヒョク…ミン・ギソ  
ハートPコン・ヒョジン…イ・ヨンシン
ハートPソ・シネ…イ・ボム  
ハートBシン・ソンロク…
          チェ・ソクヒョン
ハートBシン・グ…イ・ビョングク
         ミスター・リー  
ハートPチェ・ガンヒ…チャ・ジミン  
On Air情報
 テレビ大阪5月30日~
視聴日  2008.6.4(LaLaTV)
評価
    10
作品紹介
 韓国放送前、期待度を問う視聴者調査で人気最下位だったが、放送後は「魔王」「魔女ユヒ」の強力タイトルを抑え、水・木ドラマの視聴率をほぼ制する結果となった。
 2006年
11月に除隊したチャン・ヒョクの復帰作。2003年「大望」以来のドラマ出演ということで高い注目を集めた。またこのドラマでエイズにかかった娘役を演じるソ・シネはCMなどで活躍し、パク・シニャンの新作映画「まばゆい日」にも出演するなど今最も活躍している子役俳優のひとり。映画「甘く、殺伐とした恋人」で知られるチェ・ガンヒがチャン・ヒョクの恋人役として1話限りの特別出演することも話題となった。「ごめん、愛してる」「このろくでなしの愛」を手掛けたイ・ギョンヒが脚本を担当するということで出演者だけでなくストーリーにも期待が高まる。ロケ地は全羅南道新安郡の曾島で撮影が行われた。
映画「僕の彼女を紹介します」でブレイクしたチャン・ヒョクと、デビュー以来初めてとなる母親役に挑戦しているコン・ヒョジンは、映画「火山高」以来の共演。

あらすじ
 傲慢だが天才外科医のギソと、同じ医師で末期ガンの恋人ジミン。二人は、ジミンの医療ミスでHIVに感染した子供に謝罪するためにその子が住む“プルン島(青い島)”に向かっていたが、ジミンは途中で息を引き取ってしまう。「もし会えなかったらあなたが伝えて」という言葉を残して・・・。
 自暴自棄となり医師を辞めたギソは、ひょんなことからプルン島に行くことに。そこで、8歳の娘ボムと認知症の祖父を抱えるシングルマザー・ヨンシン家の離れで居候を始めるが、ボムこそがあの子供だと知る。ギソは自分を天使だと信じるボム、お人好しなヨンシンらと優しい日々を過ごすが、ある日島中にボムの病名を知られてしまう。
感想
 無料の韓国ドラマガイドと1話を視聴しました。“HIV”“認知症”など重いテーマで、ガイドを見ただけで涙が出ました。「血が出たら人の世話にはならない。自分のハンカチで拭いてナイロン袋に入れて持ち帰ること。」 「ボムは天使だから、天使の血は人に見られてはいけないの」とコン・ヒョジンが真剣な表情で8才の子に教えてるシーンだけで・・406 きっと涙が枯れるまで泣くドラマだと思います。
 子役のソ・シネちゃんがとにかく可愛い。1998年生まれだから4年生ですが、もっと幼く見えます。大人顔負けの演技で、 その年のMBC演技大賞特別賞子役賞を受賞しています。
 テレビ大阪「コーヒープリンス」の後番だから吹き替えかなぁ・・。今から楽しみです芽

 予告篇をUPしました353 必ずドラマを観たくなります。

 

スポンサーサイト

第16話  ありがとうございます

2008/06/04 (水)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 ありがとうございます

 ビョングクが他界してから食事をとろうとしないヨンシンを心配するギソだが、ギソが責任感から自分たちに近づいたと誤解するヨンシンは拒絶し続ける。ギソの説得で久しぶりに登校したボムは、自分がいなくても楽しそうに授業を受ける仲間たちの姿に寂しさを感じて逃げ帰ってしまう。島での生活に限界を感じたヨンシンは、ギソが診療に出ている間に家を引き払ってしまう。家財道具が無くなった家に戻ったギソは驚いて後を追うが・・・。
 ギソがチョコパイ配ったんですね。最期にミスター・リーギソとヨンシンたちにあいさつを・・。学校に行けないボムを思って引越しを決める・・その日のうちに?超早い!!ギソ間に合ってよかったよ!!自分はそんな程度の存在か?罪悪感でこんな所にこない。ソウルで会いたくて息が苦しかった。と。でも学校に行かせたいヨンシンは聞き入れません。私が、ハラボジの教えが悪かったと。でも島のみんなが引き止めにやって来る406 ソクヒョン母も息子にもチャンスをと必死にギソにすがる。それを聞いて、ソクヒョンにボムを授けてくれてありがとうと言いたかったという。・・このドラマ、登場人物みんな、それぞれの「ありがとう」だったんですね~。一年後、仲良く海で遊ぶボムとヨンシン。ギソを見つけ手を振る。奇跡を信じる?ボムとヨンシンが俺の奇跡だ。・・最後は生きる希望を与えてくれた「奇跡」にありがとうということでしょうか?久々にいいドラマを観ました。ボムが死んでしまう話じゃなくてよかったです。ハラボジも守護霊?になって登場してましたね。ノーカットでみなかったら、傷心のギソの気持ちがヨンシンに向かっていく過程がもう一つ理解しがたくなるのでは?と思うのですが・・。まぁ、とりあえずいいドラマを見せて貰いました。最後の締めくくりに、私から、「ありがとうございます」です。芽
 カットシーン…宿屋のおばあさんの家にチョコパイを入れると立てなくなる。食欲の無いヨンシンに御弁当を買ってきて食べようと怒る。ポスターに落書きしているボムを叱り学校へ行けという。ぐずるボムを叱り付けるヨンシン、見るに見かねてギソが学校へ送る。が、楽しそうに笑う教室に入れず家に帰り、学校に行きたくないと泣く。島のみんなが引越しを手伝う。ボーッと座り込むヨンシン。ソクヒョン母、何故父親と言わないのとソクヒョンを責める。もう遅いんだと答えるソクヒョン。

第15話  ミスター・リーの贈りもの

2008/06/03 (火)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 ありがとうございます

   
 ソクヒョンに抱きしめられたヨンシンはきっぱりと拒絶し、もう自分の人生に関わらないで欲しいと告げる。相変わらずヨンシンにつらく当るグクチャに心を痛めるソクヒョンは、過去の出来事は忘れて素直になるように説得する。ソクヒョンに子猫の家を造ってくれと頼んだボムは、自然にパパという言葉を口にする。
 ギソは、ミスター・リーの世話をしながら、この家族への愛情を確信しています。絶対同情なんかじゃないよ!!幸せそうな顔をしています。
 ヨンシン、ソクヒョンのことはもうなんとも思っていないのね。気持ちが揺らぐことはなさそうです。「アッパ~」とボムが冗談でソクヒョンに言うシーン、切ないね~。もう、ボムの父親にはなれないと感じたのかな?せっかく寄り添おうとしたヨンシンとギソだったのに、ギソはジミンのことを話してしまいました。やっぱり、簡単には許せないよね?ソクヒョン母、夫を許すことはできないと海へ・・。ミスター・リー、自分が変わりに逝くと・・。溺れ死んだかと思いました。でもソクヒョン母が罪深い私の代わりに御逝きになるから準備してと。えぇ~?目覚めたミスター・リー、チョコパイ100個買ってと言う。普通に歩いて元気だけど?翌朝、御世話になった人の家ノ前にチョコパイが・・。最期に御礼をして、逝ってしまったんですね・・406
 カットシーン… ギソ、ミスター・リーの髭をそってあげながら“ヨンシンを愛することは、HIV感染した娘と認知症の老人をも共に背負う道に進むということ”というソクヒョンの言葉を思い出す。「哀れみなんかじゃない...。何が哀れなんだ?毎日世間への感謝に溢れる人を...俺のような奴の方が千倍は哀れだね。勢いなんかじゃない、俺はもうそんな若さもないし。俺のどこがそんなに偉いんだ?母さんが少し金持ちで、他の人ができない勉強ができた。それ以外は別に...それがそんなに偉いこと?そうじゃないですよね、おじいさん?」と話しかけ、「はい、兄さん」と答えたミスター・リーに微笑む。ミスター・リーをお風呂に入れる。往診した家で、料理、掃除をし庭で薪割りをする。「俺の人生でありえなかった事を今している。ヨンシン、ボム、ミスター・リーが冷血人間だった俺を変えたんだ。自分がどんなに凄いか知ってる?クズの俺がおいそれとは近づけないほど凄い人なんですよ」とヨンシンに言う

第14話  おばあちゃんの涙

2008/06/01 (日)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 ありがとうございます

  ソクヒョンらの輸血のおかげで一命を取り留めたヨンシンは本土の病院に移送される。ソクヒョンはヨンシンがいない間、ビョングクとボムの世話をグクチャに託し、嫌々ながらも引き受けたグクチャはボムの健気さに心を動かされ始める。
 やり直したいと言うソクヒョンに、ギソは、もう遅い、俺が進み過ぎている。天国からの贈り物、奇跡だからと譲りませんでした。よかったぁ~。ギソ、病人にあんなキスはいけません!!ソクヒョン母、可愛くて健気なボムに涙、涙でしたね。絶対にエイズを治してやる~って。でも、2人とものぼせたのでは?真っ赤でした。まだ課題が残っています。ギソはジミンの言葉を伝えるのでしょうか?
 カットシーン…家で寝ているボムの横でミスター・リーがチョコパイの塔を建てている姿を見ているソクヒョン。呼吸困難になったヨンシンにギソが呼びかけ、だんだんと呼吸が整っていく。病院に着き、ストレッチャーで運ばれる。手術室の前で「俺も中に入ろうか?簡単な手術だから頑張って来い」とヨンシンを励ますギソ。術後ICU回復室で予防着を着て入室、ヨンシンの手を握る。チョコパイ塔を完成させ喜ぶミスター・リーとシムシム。湯加減を見ながら、エイズの資料を読むソクヒョン母。病室で髪を洗ってもらうヨンシン、ギソが看護師を叱る。ヨンシンに気付かれないように看護師と交代する。退院後、キスをしまくるヨンシンとボム。それを外で聞きながら微笑み、ヨンシンとボムの靴を揃えその横に自分の靴を置くギソ。

第13話  嵐の夜の悲劇

2008/05/31 (土)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 ありがとうございます

 友達に石を投げられたボムをかばったグクチャは診療所でギソの手当てを受ける。心配して駆け付けたヨンシンは、グクチャからひどく責められても言葉を返せない。耐えてばかりのヨンシンに業を煮やしたギソはつい怒りをぶつけてしまう。島に台風が近づく中、子猫を見に行ったボムとボラムが防空壕に落ちてしまう。2人を助けたヨンシンは命に関わる重傷を負い、ギソとオ医師は輸血者を探して走り回るが、島の人の反応は冷たく・・・。
 ヨンシン、ひどいことを言われても絶対に目上の人の悪口は言いません。ソクヒョン母も辛いのよとギソを怒る。できた人ですね。ギソは耐えてばかりいるヨンシンに腹が立ち、もう助けないと心にも無いことを言ってしまいます。ヨンシンが怪我をしてその言葉を思い出し、後悔するのよね~。出血が止まらないため父親に助け舟を求める。素直に「ありがとう」って言えました。これで和解ですね。峠を乗り越えたヨンシンに「ありがとう」とキスを・・。それをギソが見ていました。嫌、嫌、絶対に駄目~。身を引いたりしないで~!!
 カットシーン…保健所に向かうギソ。処置を受けないと駄々をこねるソクヒョン母。ギソが傷口を縫合する。壁のエイズのポスターを見るソクヒョン母。荒れて帰ったギソ、ボムが子猫を見に行くところへ出くわすが、ボムがとっさに嘘をつく。輸血提供者を探すパク氏に出会う。

第12話  偏見との闘い

2008/05/30 (金)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 ありがとうございます

 ギソを気遣って距離を置こうとするヨンシンに、ギソは想いを告白し、HIV感染者でも堂々とすべきだと教える。島にやって来たソクヒョンはギソに自分がボムの父だと告げるが、ギソは名乗り出ようとはしないソクヒョンを非難する。そんな中、島の人々がヨンシン一家を追い出そうと怒鳴りこんでくる。ヨンシンは堂々と事情を説明するが、聞き入れてもらえない。一方、ソクヒョンの日記を読んだウニは、ヨンシンとの関係を知ってしまう。
 きゃぁ~328キスしてもいいですか?だって!!チャン・ヒョクになら言われてみたいものです。告白してキスまでしているのに、ヨンシン、同情ととる??世間の偏見の目って恐いものです。昔は、結核や梅毒の人がこういう扱いを受けたんだよなぁ・・。浜辺で歌うボム、今までで一番愛くるしかった。(実はそんなに可愛くないと思っていました。)
   343美しい世界(サビ)
  チャグン カスム カスムマダ コウン サラン モア
  (小さな心と心に 美しい愛を集め)
  ウリ ハムケ マンドゥロガヨ アルムダウン セサン
  (皆で作りましょう 美しい世の中)

ハングルの歌って耳に優しく聞こえるのは何故でしょう?この歌、頭から離れません。ウニ最後までいい人だった。ソクヒョンの日記を見て中2からヨンシンのことを思っており、ボムも彼の娘だと気付く。(賭けでヨンシンを落としたわけではなかったってこと!?)ソクヒョン母、ボムを庇った~!!青天の霹靂だ!!
 カットシーン…犬に文句を言うギソ。ボム、ギソに抱っこされて歩く。病人は罪人ではないと訴えると、生意気とヨンシンにつかみかかり家中めちゃくちゃにする島民。波と戯れるボム、ヨンシンからもう少し遅く帰って欲しいとギソに電話がかからる。片付け終えた時ミスター・リーが2段チョコパイをくれる。宿屋のおばさんが来て浜辺で昼寝をする。それをソクヒョン母とシムシムが見ている。ギソ、家で家庭教師をしご飯を一緒に食べた後歯磨きに行く。クマを背負い子守唄を歌うボム。ソクヒョン荷物を届ける。学校へ行くボムとソクヒョン母が出会う。

第11話  わたしの守護天使

2008/05/29 (木)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 ありがとうございます

  ギソからボムとの関係を問い詰められたソクヒョンは返答できず、ギソはボムを連れて島へ帰る。翌日、魔法のコートを信じるボムは学校へ行こうとする。ギソはそれを止めるために、自分は天使のボムを守る守護天使だと嘘をつき、これからは自分の言うことを聞くようにと諭す。一方、ボムのことが頭から離れないソクヒョンは休職願いを提出する。ソクヒョンの変化に気づいたグクチャは、ヨンシンを呼び出して釘を刺そうとするが・・・
 子ども相手だから本当のことが言えずウソを重ねていく。辛いですね・・。オ医師、腕は悪いけど医師の務めを果たそうと必死で好感持てます。ソクヒョン、子供服はボムのために買った?仕事まで辞めてしまってどうするの? 魔法のコート、ちょっと裏目に出ています。
 カットシーン…ギソの部屋にボムが戻ったと報告に。ギソ寝ぼけてヨンシンが部屋に戻す。出社後町で子供服を見てシャワーを浴びるソクヒョン。ウニが子供服を見て驚く。ボムのお使いに出るギソ、ヨンシンを診察して電話。ボムお姫様ごっこ。保健所で薬をもらう。畑でオ医師がエイズに対する偏見をなくそうと奮闘。宿屋のおばさん、ミスター・リーに会いに行こうとして息子に止められる。それをソクヒョン母が車から見る。急に飛び出しておばさんを轢きそうになる。

第10話  ボムの家出

2008/05/28 (水)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 ありがとうございます

 ボムの家出を知ったヨンシンはショックで倒れてしまう。ふらふらになりながらボムを探しに出かけたヨンシンをギソは叱咤激励しつつ共に探しまわる。本土行きの船上でボムを見かけたソクヒョンは、落ち込むボムを励ますために遊園地に遊びに行く。人との接触を恐れるボムに、感染を防ぐ魔法のコートだと嘘をついてレインコートを着させたソクヒョンは、優しい子に育ったボムに父性を抱くとともに、ヨンシンへの罪悪感で涙する。
 布団がうそつきのオンマに触れないようになおすシーン、細かい児童心理を読んでいると感心しました。ボムはみんなにエイズを移さないように家を出たんですね。ぼたぼた ソクヒョンが気付いてくれてよかったぁ。自分もエイズなんだとウソをつき一緒に過ごす。魔法のレインコートにも感動しました!!父性が目覚めているんだね。パジャマ姿で靴も片チンパでボムを探すヨンシンが哀れです。ヨンシンを支え一緒にボムを探すギソ、ますます素敵に見えるわ~。
 カットシーン…おたまじゃくしの歌を歌うボム。朝ギソがジョギングに出た後ボムが家を出る。ギソ、港でパク氏に会う。車中母からの電話をソクヒョン切る。家で母親と恋人が食事。宿屋のおばさん、ボムの家に来てミスター・リーが閉じ込められているのを嘆くが息子に連れ戻される。公園でヨンシンが倒れる。死んでしまったら治せないというギソ。家に着きヨンシンを寝かす。

第9話 知られた病名

2008/05/27 (火)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 ありがとうございます

 ボムがHIV感染者だと知った島の人々はヨンシンの家族を避け始める。オ医師は簡単には感染しないことを説明するが、聞く耳を持ってもらえない。いたたまれなくなったヨンシンは島を出ることを決意し、ソクヒョンに家を探してもらう。引っ越し当日、ヨンシンはソウルに遊びに行くと嘘をついてボムとビョングクを連れ出すが、状況を感じ取ったビョングクに異変が起きる。そこにヨンシン一家を心配して島に戻ったギソが現れ・・・。
 韓国ではエイズに対する偏見が強いようです。そういえば米国牛肉のことでもすごいデモがあったばかりですね。ソクヒョンはヨンシンたちを受け入れるつもりだったのね。必要とされてないことに苛立ちをみせます。ギソ、ヨンシンに告白したのかと思ってドキドキしちゃった。心の中ではきっとそう思っていたよね。8歳のボム。パソコンで調べたんだ!うちの7歳の息子は自分ではまだ調べられないよ~!?ヨンシンの何も言えない表情、ボムの明るい顔と不安な顔、ソクヒョン、ギソの切ない眼差しに涙、涙の回でした。
 カットシーン…宿屋の息子にハラボジが閉じ込められる。それを知ったボムが文句を言いに行こうとするのをヨンシンが制する。宿屋のおばさんが出かけようとするのを必死で止める息子。三人でうどん作り。出来上がったうどんを食べる。ハラボジに朝食を用意し、引越しの話をすると怒って拗ねてしまう。荷物を運ぶソクヒョン。ミスター・リーを運び診察をする。ギソ、赤ん坊の診察をし、母親にエイズが簡単に感染したら、人類は滅びてると言う。ボムをお風呂に入れる。ソクヒョンが荷物を持ってくる。夜中にパソコンの前に座るボム。パク氏がボーッとしているのを横目で見て通り過ぎるギソ。

第8話  プルン島の長い夜

2008/05/26 (月)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 ありがとうございます

 ギソは農薬散布中に倒れたコの妻に応急手術を施すが、妻は死亡してしまう。コの土地を狙っての行動だと疑われて警察に連行されたギソは、殺人犯だと罵られてメスを置いた父の姿と自分を重ね合わせて殺害を認める。ヨンシンとオ医師は必死に無実を訴えかけ、ソクヒョンもコの真証言を得るべく雨の中で座りこみをする。コの証言により無実で釈放されたギソは、無気力のまま島を離れる。
 ソクヒョン、いいヤツでした。亡くなったおばさんの夫に、自分の罪を告白し、優秀な医師をつぶさないでと懇願。一日夜、雨に打たれて訴えました。絵文字名を入力してください どうも「四月のキス」のチョ・ハンソンを思い出します。役のイメージがダブるんだよなぁ。ギソ父は患者を安楽死させたんだ!!家族が非難を浴びて、離婚。娘は自殺したのかな?父とは和解できたのでしょうか?? ギソが去って1ヶ月経ったんですね。ボムは遅刻しないように頑張っています。とうとう島の人達がボムの病名を知ってしまいました。島を出るってギソが聞いたのはいつでしょう??
 カットシーン…朝ボムを起こし畑へ向かうヨンシン、ギソ達に出くわす。カルテを探し主治医に電話するオ医師。事情徴収を受けているときに後ろの若者に腹を立て殴りかかるギソ。それを見てるソクヒョン。留置所の中でボムとの会話を思い出す。雨の中を歩くヨンシンに堪らず傘を差し掛けるソクヒョン。チョコパイを食べるミスター・リーと会話するボム。ミスター・リーに絵本を読み聞かせ、部屋に戻るとボムがいない。アジマとギソが呼びかけたと思ったヨンシン。ギソ入浴中洋酒をあおるように飲む。

第7話  キスと酔っ払い

2008/05/25 (日)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 ありがとうございます

 お見合い相手の前でギソにキスされたヨンシンは放心状態になり、その様子を陰で見ていたソクヒョンは動揺を隠せない。翌日、コの家を訪ねたソクヒョンは容体が悪化したコの妻を発見して診療所へ運ぶ。コの妻はギソの応急処置によって一命を取り止め、その話を伝え聞いたヨンシンはギソを見直す。一方、ソクヒョンとヨンシンの関係を知らないウニはビョングクとボムをグクチャの家に招き入れ、賢く心優しいボムをかわいがる。
 ギソ、見合い相手だけでなくソクヒョンにも諦めさせるように演技をしました。恋人に子どもができたことをしてるからですね。やるぅ~。朝、ばつの悪いギソがいい訳を考えたり、カットシーンだけど、キスを思い出しているヨンシンを影から見て、嬉しそうに微笑む姿が可愛いかった目がハートあれカットしたら駄目でしょ!!ソクヒョン側はみんなボムが好きなっていく・・。嫌な予感がするなぁ。ギソ、ジミンとの思い出のライターを海に落としちゃった。これは、気持ちがヨンシンに向かっているという制作側の意図ですね?ギソ、少しずつ笑うようになりました。畑で倒れたおばさんの喉を切って気道確保。ラブストーリー・イン・ハーバードと同じですね。裁判ざたになるのかな?
  カットシーン…歯磨きを一生懸命にするヨンシン。ライターを持ちながら物思いにふけるギソ。朝、宿のおばさんと話すヨンシン、見送った後唇を消毒する。その様子を見るギソ。保健所の前でオ医師電話そこへソクヒョンの車。ギソがまた人を助けたと看護師から電話。ソクヒョンの恋人がボムとミスター・リーに家の中へ入るようにすすめる。ソクヒョン母、トイレの中でボムの計算力に感心する。店で買うものがなく出てきたギソは酔っ払ったヨンシンを見つけ後をつける。家に無事たどり着いたところで声をかけ、バカ丁寧に返事をするヨンシンを不思議に思う。酔っ払ったヨンシンの頬をなでながら微笑む。そこへボムからの電話を取らずに切る。ボムはソクヒョンの恋人にオムライスを作ってもらい、ソクヒョンはハラボジを送りに。

第6話  ヨンシンのお見合い 

2008/05/24 (土)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 ありがとうございます

   妊娠の兆候を見せたウニは産婦人科を訪れるが、逆に子供が出来にくい身体だと宣告される。何も知らずに島に戻ったソクヒョンは、コの土地の権利書を手に入れるためにギソにイカサマ賭博をするように命じる。コの家庭環境を知ったギソは最後の最後で賭博を放棄するが、その直後、コの妻が自殺未遂を図る。ギソがコの家族を追い詰めたと誤解したヨンシンはギソを非難して追い出すが、ギソは不器用に生きるヨンシンを放っておけず・・・。
 イカサマ賭博ってこうやるんだ~と感心しました。賭け事好きな人って熱くなると見境がなくなるのね・・。野心のために子どもも捨てるのかと言うギソ、いろんなことを聞いてソクヒョンが父親だと思っているのね?賢いなぁ。カットされてたギソのシャワーシーン。後姿が見事な逆三角形!!兵役に行って絞り込んだって感じで惚れ惚れしちゃいます。・ハート ソクヒョン母は見合い相手が悪いやつと知って、ヨンシンにもう会わないでと言いました。案外良心のある人なのね。見直しました。ギソ、ヨンシンが気になって戻ってきた?悪いやつと知っているから、助け舟のキスですね。それをソクヒョンが見ていました!!
 カットシーン…ギソ、保健所に消毒に来て、オ医師が反省してるから声をかけてと看護師に頼まれる。ギソのシャワーシーン。シャワーにきたヨンシンをからかう。見合いに出かけるヨンシンと一緒になり、またもやからかうが、昨夜のソクヒョン母とのやり取りを思い出す。船着場でヨンシンの見合い相手と出くわす。現地案内するギソ。見合い相手が花束を渡す。ヨンシン踵に絆創膏を貼りながらボムとリーの会話に微笑む。

第5話  奇妙な居候

2008/05/23 (金)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 ありがとうございます

 しばらくプルン島に留まることを決めたギソは、ヨンシンに宿泊費を前払い。ギソにすっかりなついたボムは大喜びする。リゾート開発の用地を買収するために動き始めたソクヒョンはライバル組織と乱闘になり、助けに入ったギソが刺されて怪我を負ってしまう。自ら刺し傷を縫い合わせるギソを見て、ソクヒョンはギソが医師であると知る。親友のソランからギソの恋人が亡くなった経緯を聞いたヨンシンは、熱を出したギソを一晩中介抱する。
 ソクヒョンの恋人って、天然ボケ入ってる・・。あの格好でたこ取りする?可愛らしくて憎めない人のよう。ギソ、あんなにひどい傷だったのに気付かない??何故保健所の先生を無視するの?侮辱されて起こるの当たり前です。
 ソクヒョンの母の言葉にも耐えるヨンシン。寝ながら泣き出した。それを見たギソは涙を拭いてあげました。
 カットシーン…朝夕べの酒の席のことを思い出しながらバスケをするソクヒョン。それを見るギソ。大金をもらって態度を変えるヨンシン。車中で恋人に歌を歌ってあげるソクヒョン。そこへギソが乗り込みヨンシンは女なのかと尋ねるが否定しカーフェリーに向かう。たこ取り場に下宿屋の息子とミスター・リーが来てけんか。ソクヒョンの恋人熱を出し、電話で母親が知らせる。帰宅して恋人の横に添い寝。ギソ、傷口を自分で麻酔。ミスター・リーの歯磨きをしているところに看護師から電話。パク氏が騒ぐが服毒はうそと言う。ボムを寝かしつけながら、自分は強くなきゃと言うヨンシン。

第4話  子守唄がききたい 

2008/05/22 (木)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 ありがとうございます

 ヨンシンがボムに一人で鼻血を拭きとらせているのを見かけたギソは、ボムこそがジミンの輸血によってHIVに感染した少女だと気付く。一方、ソクヒョンもヨンシンの不可解な行動が気にかかり、恋人のウニが島に訪ねてきても心ここにあらずであった。そんなある日、ソクヒョンと遊んでいたビョングクがふとしたことで海に落ちてしまう。診療所に運んだソクヒョンは駆けつけたギソと出くわし、ギソがヨンシンの家に住んでいることを知る。
 ヨンシン、ソクヒョンにはっきりと否定しました。でもボムを見ると胸が痛いと言うソクヒョン。ヨンシンが落ちるかチングと賭けてた割りに良い人です。甥と遊んだり、子どもが好きそうです。ギソは民宿では眠れずヨンシンの家に。ボムの子守唄を聞いて寝てしまいます。クレメンタインのメロディーは日本では「雪山賛歌」ですね。
  343愛しのクレメンタイン
ノルブナ パダガイェ オマクサリ チバンチェ
(広い 海辺に あばら家 一軒)
コギチャプヌン アボヂワ チャルモルヌン タラッナ
(漁を取る お父さんと 物心つかない 娘がいるよ)
ネサランア ネサランア ナエサラン クレメンタイン
(愛しや 愛しや 愛しの クレメンタイン)
ヌゥグンナビ ホンヂャドゥゴ ヨンヨンオディ カッヌヤ
(老いた父 一人にして 永久にどこに 行ったのか)

ジミンがふざけてシャワーをかけるシーンで、彼の妄想なんだけど、嬉しそうに笑った顔が忘れられません。
カットシーン…ソクヒョン、バスケの帰り道、車で恋人がクラクションを鳴らしたのに気付かない。玄関の呼び鈴を鳴らすところへ恋人参上。キスをする2人を家のモニターで観てる母。宿で1人空に向かってジミンと話をする。ソクヒョン、早朝サイクリング。途中でミスター・リーと出会う。蜂蜜水を作るボム。ハラボジがいないと気付きあちこち探す。医師到着。看護師既に泣き喚いている。ソクヒョン、シャワー中母に叱られる。飲み屋で、保健所の先生と見合い相手が話をする。

第3話 天使の血

2008/05/21 (水)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 ありがとうございます

 ソクヒョンと連絡が取れず、行く宛が無くなったギソは、成り行きでヨンシンの家に泊まることに。ソクヒョンは甥のヨンジュに会いに来たボムがグクチャに嫌われている様子を目の当たりにして心を痛める。グクチャはソクヒョンの気持ちがヨンシンに揺れるのを恐れ、再びヨンシンにお見合い話を押しつける。一方、ソクヒョンとヨンジュがバスケットボールで遊ぶのを側で見ていたボムはボールに当たって鼻血を出す。
 噂を聞いてやってきた人たちをひどい言葉で追い返すギソを子どものように叱りつけるヨンシン、立派です。出て行ったギソは、ミスター・リーに付きまとわれ、結局家に連れて行ってあげる。優しいところあります。ジミンを思い出すギソの表情はとてもいいですハートソクヒョンはボムが気になるのね~。自分の子かもしれないと疑ってる。でも母親の言うことも一理ありと、近づかないようにもしている?転んで声が聞こえるのに助けに行かなかったね。 それにしても、ソクヒョンの母親のウソ話、ヨンシンは信じた?
カットシーン…社長からの電話。トイレで保健所の先生と看護師がそれぞれ昨日の事故について電話をする。ギソ眠れず睡眠薬を飲もうとしたがやめる。ミスター・リーのことを好きなおばあさんが彼に紐をつけて一緒に散歩をする。そのおばあさんが昼寝しているのにあいさつを続けるミスター・リー。

第2話 クマ泥棒

2008/05/20 (火)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 ありがとうございます

  認知症の祖父ビョングクと幼い娘ボムを抱える未婚の母ヨンシンは、初恋の人ソクヒョンの母グクチャからしきりに再婚を勧められるが気乗りしない。一方、ジミンの死により自暴自棄になったギソは問題を起こして病院を辞職し、母の経営する会社で働き始める。リゾート開発事業の調査のために、母の部下ソクヒョンとプルン島を訪れたギソは、ジミンの持っていたクマのぬいぐるみを背負う老人ビョングクを見かけて後を追う。
 チャン・ヒョク、もともと好きな俳優さんでしたが、年齢を重ね渋みが出てきて一段と素敵になっています・ハート医師としての約束が果たせなかったから、あっさりと病院を辞めてしまいました。自暴自棄になっている様子。ジミンが探していた子に会えたと気付かなかったんですね。クマのぬいぐるみをボムから取り上げました。外科医として優秀だったみたい。難しい大動脈をとらえました。ギソの父は医者だったのに今はタクシーの運転手。何があったのでしょう。
 カットシーン…葬儀場で小坊主にタバコを注意されその子に慰められる。同僚に大丈夫かと聞かれ大丈夫じゃないと答える。ジミンの病状についてケース発表をする。ヨンシン、ねぎの収穫しながらおばさんたちと話す。そこへ使いの者が来る。弟が祖父の下の世話をする。ソクヒョン車の中でキスしてるところへ電話。ギソ行きずりの女とホテルへキスして思いとどまり帰る。ヨンシン、倒れたギソのため病院に駆けつけたが事故があり看護婦と一緒に現場へ向かう。ギソ事故現場を無視して通り過ぎ、事故にあった人の娘と出会い、ボムになじられる。

第1話 あなたがボム?

2008/05/19 (月)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 ありがとうございます


 有能な外科研修医のギソは、2年前に起きたある出来事がきっかけで父に反発し、冷淡な医師となっていた。そんなある日、ギソは恋人で医師のジミンが末期のすい臓がんであると知る。死期を悟ったジミンは、最期に自分の施した輸血が原因でHIVに感染してしまった少女に謝罪をしたいと告げ、成す術がないギソはジミンと共に少女の住む“プルン島(青い島)”行きの船に乗りこむ。ジミンは偶然にも船に乗り合わせた少女ボムと出くわすが…。
 2年前に何が起きたのでしょう?ギソは病気の子どもにも患者の家族にもすごく冷たい。末期のすい臓癌のジミンをハワイに連れて行こうとしたのに、船の上では「話すな。死んでしまう」って~。そんなに悪かったの?だって飛行機に乗るほうが会話するより負担がかかるよ?と思わず突っ込みたくなりました。ボムはソクヒョンの子ですね!?祖母にあたる人がボムとそっくり。ホクロまで!!ヨンシンは心の優しい人です。家族への愛情があふれ出ています。LaLaTVで観た後に、「インターネットで観るドラマ」でカットシーンを観ています219ハート 
 カットシーン・・手術を受ける患者の家族への説明。手術シーン(開腹したら出血多量で足に血がつく)。ボムとヨンシンの会話。ジミンの診療所に急患が来てギソが治し、ソウルに行って自分が手術をすると説得。ヨンシン一家、みかんの選定をしてシールを貼る作業をする。ソクヒョンが電話で母親にボムのことを聞く。ボムがハラボジを一緒に探しに行くと港に来る。ギソが旅行の用意しジミンを待ち伏せ。ボムが事故で病院に運ばれた。・・・こんなにカットしてあると考え物です
困った(照)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。