スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北の駅から

2008/04/14 (月)  カテゴリー/韓国ドラマか行 北の駅から

北の駅から
放送年月日  1996年
放送局  MBC
放送回数  42話
主要キャスト
 第1部 25話
      パク・インファン・・チェ・スンドン
      イ・ジョンウン・・ジョンイン
      チョン・ドヨン・・ケスン
      イ・ヨンエ・・キム・チェウォン
 第2部 17話
      チョン・ウン・・チュ・ドッキ
      チョン・チャン・・パク・チャンギュ
      キム・シウォン・・イ・キョンソン
      イ・ヘウン・・チュ・ウネ
視聴日  2008.4.11(GyaO)
評価
   6
作品紹介
 2部構成・全42話のドラマで、片田舎の小さな駅を舞台に、定年間近の一人の駅員とその家族の人間模様を描いた名作ヒューマンドラマ。第1部は「チャングムの誓い」のイ・ヨンエ、映画「シークレット・サンシャイン」で2007年カンヌ国際映画祭女優賞を受賞したチョン・ドヨン、「悲しき恋歌」のイ・ジョンウォンなど、実力派俳優たちのブレイク前の姿にも注目!! 第2部では、「冬のソナタ」のイ・ヘウン、「黄金のリンゴ」のチョン・チャンらが笑いと感動をお届けします。
あらすじ
 第1部・・妻を亡くし、男手一つで4人の子どもたちを育ててきたスンドン。30年間駅員として働いてきた彼は、曲がったことが大嫌いで、地位や名誉にもまったく興味がない。そんなある日、ソウルに嫁いだはずの長女ヨヌが夫と別れ、子どもを連れて実家へと戻ってくる。家族が増え、さらに賑やかとなったチェ家で、次々と新たなドラマが展開してゆく…。
 第2部・・京畿道にある小さな駅・チビョン(砥平)が舞台。祖母に会うためにソウルから一人で列車に乗ってやってきたヨンス少年。駅長の娘のウネは列車で会った医師のセジンに一目惚れ。
ちょっぴり頑固で思いやりのある駅長と、そこで働く駅員たちの人間模様を描いた、笑いと感動のヒューマンドラマ。
感想
 今や押しも押されぬトップスターたちの、初々しさ溢れるお宝映像満載ということでしたが、なにせ古臭い。第1部は、チョン・ドヨンやイ・ジョンウンの恋の行方やパク・インファンは駅長になれるのか気になり観ていましたが、結局誰も結婚するわけでもなく、駅長に昇進したのに病気が見つかって・・と、中途半端で第2部になってしまいました。苦笑い 第2部は路線がコロッと変わって、コメディ的要素が多かったです。第2部は第2部なりの味があって、面白いといえば面白いのですが、だんだんどうでも良くなって観る気がしなくなりました。苦笑 最終回は、「チピョン」の「チ」は「砥石」の「砥」。砥石は、自分の身を削って金属を研磨する。チピョンは、砥石のような町なんです・・と、駅長のまとめの言葉で幕を閉じました。振り返ると、心洗われるような話もあって涙したこともあったかなぁ?でも正直、観るのがしんどかったです。葉


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。