スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハリー・ポッターと死の秘宝

2009/09/20 (日)  カテゴリー/本

死の秘宝  一年前に図書館で予約したハリー・ポッターの最終巻。やっと読み終わりました。
 児童書だと思っているのですが、どの巻もさらっとは読めなかったなぁ。特に「死の秘宝」下巻、第35章キングズ・クロスは理解するのに何回読み直したことか。(ここには全ての真実が凝縮)
 難しくて読めないと言って、とうの昔にハリーを投げ出した娘たちは、あらすじを話してとせがんできます。どうなったかは気になるみたい。
 映画は前後編の2部作で公開予定。原作をカットしないためだとか。主役のラドクリフ君もハリーとともに成長し、立派な青年になりました。内容ぎっしりの完結編。ビジュアルになって観るのも楽しみです。
あらすじ
ハリー・ポッターはホグワーツの7年生。
ハリーは叔父さん叔母さん達と別れ、ヴォルデモート達から姿を隠すために隠れ穴 に避難する。マッド・アイ・ムーディやニンファドーラ・トンクスなど14人もの人数で作戦を実行する。犠牲者を出しながらもハリーは無事隠れ穴に到着する。この移動の際の犠牲はジョージがスネイプのセクタムセンプラで片耳を失い、マッドアイムーディーがヴォルデモートのアバダケダブラにより死亡。また、ヘドウィグも死喰い人の放った死の呪文が命中し死亡。
 しかし、前年(謎のプリンス)にアルバス・ダンブルドアがハリーに遺した仕事「ヴォルデモートを滅ぼす唯一の方法である分霊箱を破壊すること」を遂行するため学校には行かず、親友のロン、ハーマイオニーと共に旅に出た。しかし、困難な旅の中で仲間割れが起きてしまう。苛立ったハリーは謎の遺言や、中途半端なヒントしか残してくれなかったダンブルドアに対して疑念と不信感を強めていった。
 そして、影ではハリー達が旅をしている間にもヴォルデモートと彼の率いる死喰い人が着々と手を伸ばしていた。ヴォルデモート達によって魔法省は乗っ取られ、スクリムジョールが殺害される。それによって、ホグワーツはセブルス・スネイプが校長になるなど、数々の異変が起きる。また、各地で殺人が起きる。しかし、これらにヴォルデモート達が関わっていることを知っているのは不死鳥の騎士団を含めるごく少数だけだった。
 ハリーは、次々に起こる仲間の死に耐えながらも、ダンブルドアの驚くべき真実や、スネイプの知られざる過去、死の秘宝の秘密、分霊箱のありかなど、今までの6年間で明かされなかった全ての真実を解き明かしながら、避けることのできないヴォルデモートとの最終決戦に備え、準備を進めていく。
感想&ネタバレ

続きを読む

スポンサーサイト

ダイイング・アイ

2008/07/13 (日)  カテゴリー/本

ダイイング・アイ 現在、図書館で370人待ちの「ダイイング・アイ」を読みました。東野圭吾の作品と言うだけで予約したのですが、1998年の作品でした。小説宝石1998年2月号から1年間連載され、2007年11月に単行本として光文社より刊行されたそうです。8年も前の作品を今更何故?と思いましたが、「ガリレオ」でのりに乗ってる東野圭吾の作品なら売れるという出版社側の読みでしょうか。
あらすじ
 雨村慎介は仕事帰りに何者かに頭を殴打され、瀕死の重症を負う。数日後、彼は意識を取り戻すがその中で重要な記憶の一部が欠落していることに気づく。それは自らが運転していた車で死亡事故を起こしたということだった。彼は記憶を呼び起こそうとするが、以前に自分が何をしようとしていたのかを思い出せないでいた。そして、彼の周りでは怪しい動きを見せる。同居していた女の失踪、そして、謎の女の登場。プロローグで語られるある女性の死亡事故。この女性が死ぬ間際に見せた目の力で、全てのものが支配されていく。
感想
 序章で、女性がいきなり交通事故で亡くなります。「肉体が滅んでも許さない」と最後の力を振り絞って、加害者の顔を見ようとします。タイトルのダイイング・アイがこれかな?被害者の死に際の描写がリアルで気分が悪いのに、ホラー?とちょっと読むのをためらいました。でも東野圭吾だからホラーではないだろうと思いなおし読み進めました。
 加害者である主人公は何者かに襲われ、記憶の一部分が失われている。記憶がないから係わってくる人物全てが怪しく思え、とにかく手がかりが出てこないかと夢中で読みました。断片的に記憶が取り戻され、すっきりするどころか、謎が謎を呼び憎い展開。さすが、と思ったのですが、途中から官能小説のようになり驚きました。裸で監禁されちゃったりして、東野圭吾の本ででこんなにエロイのは初めて。子どもより先に読んでよかったと胸を撫で下ろしました。
 ネタバレすると面白くないので、このくらいにして。最後は上手くまとめてあったのですが、あれは何故?と思うところがたくさんあって不完全燃焼ぎみ。最終的にはホラーでもミステリーでもなく、サイコって感じでした。東野圭吾の作品と、求められるものが大きいだけにちょっと期待はずれだったかな?
読み終えて、交通事故だけは絶対に起こさないように気をつけようと改めて思いました。

ヘキサゴンドリル

2008/06/21 (土)  カテゴリー/本

ヘキサゴンドリル ヘキサゴンドリルを購入しました。長女と次女(2人とも中学生)の3人で問題を読み上げて挑戦しています。12回まであって、9回まで済んだところです。いろいろなジャンルから問題が出ていて、面白いです。
 私、実はクイズマニアなんです。ネプリーグ、アタック25、Qさま、平成教育委員会予備校etc…殆どのクイズ番組を録画して観てたりしています。その成果あってか、ヘキサゴンドリルは平均45点(50点満点)と高得点で自分でも驚いています。案外、難しいよ~と聞いていたのですが、よく出題される問題ばかりなので、クイズ好きには簡単かも。子ども達は平均20点くらいです。○○に勝った~と毎回大はしゃぎ。教科書問題はできても、雑学の知識がやっぱりまだまだ足りないです。
 始める前は、問題が解けるかどうかドキドキしてたのですが、親の威厳も保たれ、子どもの前では、ちょっと天狗になっている私です413口笛1
 4月に発売された「ヘキサゴンドリルⅡ」も買う予定です。

地デジ完全コピーガイド

2008/06/13 (金)  カテゴリー/本

コピーガイド  地デジをコピーするガイド本を教えてもらいました。

地デジ完全コピーガイド
 (100%ムックシリーズ) (大型本)

  出版社:
晋遊舎 (2008/4/4)

  昔はなかったのに、DVDをコピーするというこの手の本、安価で書店にたくさん並んでいます。



  作業手順
 1.録画した地デジ番組をメディアにムーブする。ムーブしたDVDメディアがパソコンで読めるようファイナライズをする。
 2.relCPRMを使ってCPRMを解除する。CPRMを解除してリッピングする。VORファイルとしてパソコン内に保存。パソコンで視聴できる。
 3.VORファイルをDVD化するため、VORファイルを映像と音声に分離する。DVD-VR、DVD-Video2つの形式でDVD化が可能。VR形式はオーサリングという作業がいらないけど、対応機器が少ないため、Video形式でDVD化したほうが無難。
 4.分離した映像と音声をDVD-Video形式にオーサリングする。
 5.作成したDVD-Videoをライティングする。

 5段階もステップがあり、とても面倒そうですね。苦笑 




  

どこ?

2008/06/04 (水)  カテゴリー/本

 最近、息子がハマっている絵本です。本
少し前まで「ミッケ」に夢中でしたが、シリーズ制覇途中で「どこ?」の新刊を本屋で発見し、図書館で予約して借りました。昔は探し出せなくて、怒ったり、泣いたりしていたけど、1人でほとんど見つけられるようになりました。姉達も「ナツイ~(訳:懐かしい)」と言って、競って見つけています。笑
どこ?
著者:山形明美
撮影:大畑俊男
発行年月日:2008/03/28
サイズ:L判
定価(税込):1,470円
対象年齢:3歳から

内容紹介
 さんぽの途中でのぞきこんだ水たまり。その向こうには不思議な町がひろがっていた。子どもはじっくり、おとなはうっとり、夢中になったらとまらない、大人気のさがしもの写真絵本・第4弾 


特集
 さがしものゲーム「どこ?」に挑戦!
4つの「どこ?」が体験できます。
ひと言
「ミッケ」より見つけやすいと思います。かわいいジオラマの世界。
子どもと一緒に探してみては?

韓国およめいり

2008/05/26 (月)  カテゴリー/本

韓国およめいり 先日、チングに「韓国およめいり」という本を借りました。
 2002年NHK教育「ハングル講座」のキャスターを務めていた阿部美穂子さん。番組の卒業試験がわりとして、韓国代表(当時)のサッカー選手・チェ・ソンヨン(崔成勇)選手のインタビューに臨み、それがきっかけで交際、結婚したそうです!! その頃はまだ韓国に興味がなかったので、話題になった(?)にもかかわらず全く記憶にないのですが、写真を見るとTVで観たことある方でした。私も4月からハングル講座を録画して観ているので、そんな人がいるんだ!!と驚きました。
  韓国およめいり
 
やまとなでしこ 美穂子のセキララ新婚奮闘記

 発行年月:2005年01月
 発売元:ワニブックス
 販売価格:1260円 (税込)

内容紹介
 「私、韓国におよめにいきました」
ごくごく普通の日本の女の子が、全く未知の世界だった韓国のお嫁さんになりました。一見日本人とそう違わない気がするのに、実は何もかもが「!?」なワンダーランド韓国。本書は、毎日が「アイゴー!!(なんなの!?)」な中、たくましく奮闘する姿を彼女自身がたのしくつづったハッピー&コミカルエッセイです。

感想
 面白かったです。ドラマを観ただけでは知りうることのできない韓国の諸事情が細々と綴られており、へぇ~と異文化に関心を持ちながら読むことができました。文章の合間に、4コマ漫画や写真がはさんであり、退屈することなくさらりと読めます。文章から読み取れる、おっとり、ふんわりした可愛いイメージの著者。アグレッシブで情の深い韓国の人たちに囲まれ、奮闘しながらも幸せに暮らしているのだなぁと思いました。

ステップファザー・ステップ

2008/05/05 (月)  カテゴリー/本

206216-1[1] 
 姫路の菓子博の待ち時間に読みました。 

 著者  宮部みゆき
 講談社
 1993年3月 発行
 1991年2月~小説現代にて掲載
 2005年10月 講談社青い鳥文庫
     「ステップファザー・ステップ 屋根から落ちてきたお父さん」刊行
あらすじ
 ひょんなことから双子の父親役をやることになった泥棒と双子を巡るユーモア・ミステリー連作短編集。

#1ステップファザー・ステップ
 主人公のプロの泥棒は、東京の郊外のとある住宅に忍び込もうとして落雷に遭い、一件隣の双子の家に落ちてしまう。双子の父母は、それぞれ恋人を見つけて出ていってしまって、生活費がない。半ば脅迫され二人の父親役になる。隣が遺産が入ったばかりの未亡人ということで早速忍び込む。ところがそこは鏡がやたら多い変な家だった・。
#2トラブル・トラベラー
 双子が遊びに行った観光地は、町おこしのために、町全体が倉敷市のコピーと化していた。そこの美術館に強盗が押し入る。偽造の天才「画聖」が登場する話 。
#3ワンナイト・スタンド 
 授業参観に父親として出席すると、なんと直と哲が入れ替わっていた。入れ替わっていたのは彼らだけではなかった・・。
#4ヘルター・スケルター 
  近くの湖から車が引き上げられ、中には男女の白骨死体。身元不明だが、主人公は双子の両親ではないかと心配になる。ひょっとしたら双子が殺したんじゃないか、と考えはエスカレートしていく・・。
#5ロンリー・ハート 
  文通をしていたマダムが、相手から「亭主に知られたくなかったら金を出せ。」と脅迫され、金を払うが取り返してほしいという相談に巻き込まれる。恐喝した見知らぬ男は事故死したが、その男はなんと亭主だった・・。
#6ハンド・クーラー
 銀行員を父に持つ双子の友だちの家に時々投げ込まれる山形新聞。その謎を解いていく話。
#7ミルキー・ウエイ
 双子がそれぞれ誘拐される。双子の父と名乗る人物も登場してステップファザーも役目を終えるのか・・。画聖再び活躍。

感想
 「ステップファザー」って継父のことでしたね。ひと昔前に読んだのですっかり忘れてました。ミステリーと言えばミステリーですが、謎解きよりも人情的要素が印象に残る話です。血生ぐさい事件もなく短編なので、軽く読めます。各話の謎解きは、?で、さほど面白くありませんでした。でもキャラクターがいいんですよね~。双子は小憎たらしいけど人懐っこくて可愛い。1つの文を交互に喋るあたりも面白い演出。両親に捨てられ、健気に生きていく姿も母性本能をくすぐります。泥棒さんも「擬似お父さん」を演じるにつれ、情が湧き父性に似た感情が生まれてきます。そしていつか終わりが来ることを畏れるように・・。泥棒なのに妙な正義感とかあり、探偵のような推理力もある。容姿や過去が描かれていないところも想像が膨らみます。元締めの泥棒さんも人情味があっていい味出していました。続きが出るような終わり方だったけど、続編は出ていないみたい。それよりも、ドラマ化したらいいのになぁわほー と思うのですが、みなさんはどう思われますか?
 

 



長い長い殺人

2008/04/21 (月)  カテゴリー/本

長い長い殺人
書籍紹介
   宮部みゆき著
   光文社
   1992年9月発行
   1989年別冊小説宝石にて「刑事の財布」掲載
   1990年~1992年に渡って9編の短編が掲載

あらすじ
 ある晩、一人の男が車に轢き殺される事件が発生する。被害者の妻には愛人がおり、三億円もの多額の保険金がかけられていることから、世間ではたちまち疑惑の目がむけられ、連日マスコミらによってセンセーショナルに騒がれる。しかし、彼らにはアリバイがあり、捜査は難航する。
 語り部は登場人物の財布という異色の作品。ある事件に巻き込まれた10人が持つ財布の視点から語られる10篇の物語が次第に繋がっていき、登場人物の人間模様と事件の真相が描かれていく形式となっている。
感想
 過去に読んだことがあったのですが、改めて読んでも面白かったです。宮部みゆきの小説って読みやすく、後味が悪くないから好きです。たぶん出版された小説は全部読んでると思うのですが、「あぁ面白かった」で終わってしまい、読んだ後すっきりしてあまり余韻が残らないから、宮部みゆきの小説はすぐ内容を忘れてしまうのかぁと思っています。苦笑
 この小説は登場人物の財布の視点によって物語が進行していく、一風変わった小説です。(過去にも、犬のマサが語り部になっている小説があったので宮部みゆきお得意の分野かも・・。)最初は少し受け付けないかもしれません。ですが、財布って基本的にバックの中やポケットの中に入っているから、目隠し的な部分を持ったままストーリーが展開していくところが面白いです。というか、感心すべくところでした。財布の性格も持ち主によって個性が反映されています。最も犯人らしい人物がいて、こいつが本当に犯人?と読み進んでいって最後のほうで第三者が現れるちょっと残念な結果ではありましたが、全体を通して面白い運びでした。名作とは言いがたいですが、未読の方は一度読んでみてください。芽

 5月31日から2週間限定で「長い長い殺人」のロードショーjumee☆movie1b が公開されるそうです363
   出演者・・・中村トオル、長塚京三、谷原章介、平山あや

     詳しくは 映画「長い長い殺人」オフィシャルサイトまで

メタボラ

2008/03/25 (火)  カテゴリー/本

 朝日新聞の朝刊に連載されていた小説です。桐野夏生氏の連載ということで、最初は張り切って毎朝読んでいたのですが、コラム程度の文章しか載らないため、話が少しも進まず嫌になり途中で挫折したのはつい最近のことのように思えます。葉 
メタボラ 
 記憶を失い、沖縄本島の漆黒の森を逃げ惑う青年。主人公は人生を1度リセットされ名前も金銭も持たない状態で登場します。そんな彼が宮古島出身の若者・昭光と出会い、ギンジという名を得て、奇妙な現実にのみ込まれていきます。ふとよぎる過去にさいなまれるギンジが影なら、能天気なプレーボーイ、昭光は光。2人が織り成すドラマは、現代の若者の鬱屈した姿を鮮明に伝えています。 
 沖縄はリゾート地で華々しいところのように思っていましたが、本土からの移住者と現地の人々の軋轢、政治がらみの基地問題、公共事業頼みの離島の現実など沖縄の裏の部分を垣間見た感じがします。また、集団自殺サイト、低賃金の派遣労働者、ニート、DV、ホスト業にゲイと現代社会におけるありとあらゆる問題を詰め込んだ、ちょっと詰め込みすぎ!!とも思える重くて暗い社会派小説でした。唯一、昭光の宮古弁が明るく感じさせてくれました。余談ですが、私の中で昭光は、色黒にした上地雄輔でした。苦笑 沖縄出身でもないのに何故だろう・・???
 桐野夏生さんの小説は、「柔らかな頬」「OUT」「グロテスク」と読んでいますが、どれも現代社会のゆがみを描いており、「メタボラ」も、う~ん、やっぱり桐野夏生だ!!と思わせるものでした。ちなみに、「メタボラ」は新陳代謝という意味です。
 欲を言えば、最後はもっと明るく希望に満ちて終わらせてほしかったです。昭光はどうなったのかなぁ・・?
 
  メタボラ  2007年5月 朝日新聞社出版
    
桐野 夏生(きりの なつお) 1951年生まれ、成蹊大学法学部卒
  1993年 『顔に降りかかる雨』で第39回江戸川乱歩賞
  1998年 『OUT』が第51回日本推理作家協会賞を受賞、ドラマ・映画化
  1999年 『柔らかな頬』 第121回直木賞を受賞
  2003年 『グロテスク』 第31回泉鏡花文学賞を受賞
  2004年 『残虐記』 第17回柴田錬三郎賞を受賞
  2005年 『魂萌え!』 第5回婦人公論文芸賞受賞、映画化

      
    

bonmerci!(ボンメルシィ)

2008/03/24 (月)  カテゴリー/本

 下二人が食が細く、野菜嫌いもあって悩んでいた頃、執拗に来るベネッセからのDMの誘惑に勝てず「bonmerci ! school」の購読を始めました。あれから早5年。お世話になりましたが、次女も小学校を修了したのでこの雑誌からも卒業しようと退会届を出しました。桜散っちゃった
bonmerci 
 食育という言葉をよく耳にしますが、bonmerci !はそのテーマを第一に考え取り組んでいる雑誌です。
適切な栄養摂取量・バランスの知識や調理法はもちろんのこと食習慣やマナー、添加物、学校給食などなど様々な情報を提供してくれ、とても参考になりました。
 中でも、親子でクッキングが途中で小学生クッキングと変わり、小冊子と付録が付いてくるようになってからは子どもが一人で料理をするようになり、長女と次女が交代で付録を使うようになりました。手順を細かく書いてあるので、私からは一切口出ししませんでした。

 2ヶ月に1回の発刊でしたが、来年からは毎月届くようになるそうで す。現在の購読値段は6号分で7920円(1号1320円)です。横で次女 にっこり  が「毎月来るなんていいなぁ」と言っています。
 今までに作ったものは、柏餅、マフィン、ゼリー、うどん、メロンパン、クレープ、中華まんなどなど、教えることが嫌いな私にはとてもありがたい教科書でした。女の子がいる家庭にオススメです。ハート

    シフォンケーキ 肉まん クレープ

     bonmerci!HP

韓国語 はじめの一歩まえ

2008/03/05 (水)  カテゴリー/本

 今日、友だちに「韓国語はじめの一歩まえ」という本を借りました。本
彼女いわく、韓国語を覚えたいなと思って本を借りに行ったけど、この本が目に付き、中を見たら、日本人と韓国人の違いみたいなことが書いてあって、韓国語の勉強を始める前に知っておいたらいいかなと思って借りたそうです。それでとても面白かったからと、勧められました。352

韓国語 私もここ数年で韓国のドラマや映画に関心が深まり、テレビで韓国の話題が出たりしたら、なになにと興味をもって観たりしています。ドラマの中で俳優さんたちが話している韓国語も、何度か繰り返して出てくる定番の言葉なんかは聞き取れるようになり、きちんと韓国語を勉強したいなと思っていました。 
 著者の 金 裕鴻(キム・ユホン)氏は、ソウル出身で、大学時代から長年に渡って日本に住み、NHKのアナウンサーを勤め、現在ある多数のハングル講座の草分けとなった人物みたいです。 この本の出版が1996年ということもあり、10年以上経った、今現在の韓国人は、どうかなぁ?とも思いますが、韓国人の気質や風習などを韓国語を混ぜながら紹介してあり、とても読みやすく、韓国人は犬で日本人は猫だと例えたりするところも、面白くあっという間に読破してしまいました。(日本批判が少しあるのかなぁと思えるようなふしもありましたが、それはまぁよしとしましょう。) 日本人と韓国人、似ているようで全く異なった文化を持っているようです。このような本を読んで、お互いを理解しあえたら日韓の交流も深まっていくのでしょうね・・。clover

 余談ですが、先日、あるクイズ番組で、韓国芸能人のヘリョン氏がオンドル(韓国式床下暖房)を知らなかったことにとても驚きましたえぇ 韓国でも昔ながらの文化が忘れ去られているんだなと寂しく思いました。241

チーム・バチスタの栄光

2008/02/15 (金)  カテゴリー/本

チーム・バチスタ 
映画公開で話題の「チーム・バチスタの栄光」を読みました。竹内結子扮する田口医師、原作では男なんですね~チーム・バチスタとは心臓移植の代替手術であるバチスタ手術の専門チーム。次々に成功を収めていったが、三例続けて術中死が続いた。前半は、この田口医師にバチスタチームの内部調査が依頼され、一人一人に聞き取り調査を始めるのですが・・・。イマイチだぞ、と読むのが苦痛に感じる頃に、厚生省から破天荒の切れ者役人、白鳥(阿部寛)なる者が出現し、俄然ストーリーは面白くなるのです元医療従事者の私としては、チームを導く天才外科医、桐生(吉川晃司)に怒りを感じたのですが、ストーリー的には高評価できる内容でした。映画もぜひ観てみたいです!


  第4回「このミステリーがすごい!」大賞受賞
      
著者:現役医師・海堂尊(かいどうたける)


 


 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。