スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四月のキス

2008/05/11 (日)  カテゴリー/韓国ドラマさ行 四月のキス

四月のキス放送年月日  2004.4.21
放送局  KBS
放送回数  24話
主要キャスト
ハートPスエ…ソン・チェウォン  
ハートBチョ・ハンソン…カン・ジェソブ
ハートBイ・ジョンジン…ハン・ジョンウ
ハートPソ・イヒョン…チャン・ジナ
視聴日  2007.6.30(DVD)
評価
    6
作品紹介
 ヒロインには「海神」のスエ。彼女が恋に悩む相手には映画「連理の枝」「オオカミの誘惑」で大ブレイクし、韓国のみならず日本でも多くのファンを持つチョ・ハンソン、「マルチュク青春通り」のイ・ジョンジンを配した注目ドラマ。タイプの全く異なる2人の男性との三角関係に悩むある女性の恋を描き、愛の本質とは何かをテーマにした話題作。共演者には、「復活」で日本でもブレイクし、“チェ・ジウ2世”との呼び声が高いソ・イヒョン、伝説的ユニット「CLON」のク・ジュニョプなど豪華メンバーが揃っている。
あらすじ
 絵を描くことが好きなチェウォン(スエ)は芸術大学を卒業し、美術講師として働いていた。チェウォンには中学時代の同級生ジェソプ(チョ・ハンソン)という恋人がいた。ジェソプは貧しい家庭で育ちながらも努力家で、学級委員を務める優等生でもあった。幼なじみのジェソプの献身的な愛を受け、幸せな毎日を過ごす彼女だったが、彼との結婚には踏み切れていなかった。そんなある日、ふたりの前に中学校の同級生だったジョンウが13年ぶりに姿を現す。突然の初恋相手との再会に、戸惑いを隠せないチェウォン。以前と変わらぬジョンウの愛情に触れた彼女の気持ちは、やがて激しく揺れ始め…。
感想
 DVDレーベルからイメージされる爽やかな感じと、出演者陣も次世代の役者さん達が揃ってるとあって期待したドラマでしたが、想像していた感じとは違い、意外にドロドロしていました。苦笑い いわゆる韓国ドラマの王道パターンを走っていたと言えます。交通事故2回、病気3回、転落事故で記憶喪失と信じられない展開で面白く観ていたのですが、最後がどうも納得いきません。あんな終わり方では、チョ・ハンソンがあまりにも報われなさ過ぎで、怒りさえ感じました。怒り 私の中で、ラストが納得いかない韓国ドラマベスト3にランクされています。(1位バリでの出来事、2位香港エクスプレス)
 チョ・ハンソン演じるジェソプは、最初は感情を表に出さないクールな感じでGOOD でしたが、チョンウが出現してから影でこそこそする卑劣なやつに変わり、イ・ジョンジンの方がカッコよくなってきます。チェウォンは、可憐で、おとなしくて男性に尽くすタイプと思いきや、意外とはっきりしたタイプでジェソプに対して傷つけるような言葉をずばずばと言ってしまうきつい性格。可愛い顔してあっちに行ったりこっちに行ったりで迷惑なキャラでした。ジェソプが尽くしているのに、あまりにもひどい態度で、途中からは胸が痛みました。ジェソプもこんなに嫌われているのにチェウォンを諦めず影から見つめたりして、だんだんストーカーっぽくなってきてちょっとひきました。苦笑 
 21話あたりで終わってくれたらもっと評価が高かったのに、ホントにありえない最後でオススメできません。スエのきつ~い印象、ソ・イヒョンのキュートさ、イ・ジョンジンの爽やかさ、チョ・ハンソンの暗~いイメージが強く残ったドラマでした。
 そうそう、文鳥って10年以上も生きるものでしょうか??

   4月のキスOST341

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。