スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チョアチョア(インターナショナル・ヴァージョン)

2008/03/08 (土)  カテゴリー/韓国ドラマた行 チョアチョア

チョアチョア放送年月日  2000.4.30
放送局  SBS
放送回数  22話
視聴日  2007.12.4(DVD)
評価
    5
作品紹介 玩具会社の開発室で働くパク・ジソプ(ソ・ジソプ)は、同僚のウン・チョア(キム・ソナ)に密かな思いを寄せている。ある日、ジソプの高校の同級生だったクォン・オジュン(クォンオジュン)が入社してきて、再会を喜び合ったのも束の間。オジュンの下宿先がチョアの自宅だと知り仰天。恋のライバル登場!とばかりに自分もチョア宅を訪れ、巧みな話術で同居の許諾を得る。こうして同僚3人の奇妙な生活が決まり、先の読めないラブゲームが始まるのだが・・・・韓国では日曜のドラマとして人気を集めたホームドラマです。
感想 ソ・ジソプが主役のようにみせかけて、これも脇役だったと思います。7時、8時始まりのホームドラマは何故、役名がそのままの名前で出ているのでしょう・・?オジュン氏は順風産婦人科に出演していた人ですね。笑い方に特徴があって、イイ人そうですがイマイチでした。チョアをめぐる三角関係なのですが、ジソプはいつもいいところでオジュンに持っていかれる三枚目でした。個人的には明るく笑うジソプ氏の方が好きです。ハート裸体を見せるシーンが何回かあったのだけど、ムキムキというよりは、ムチムチでした苦笑い 短パン姿も似合っていないと思うのだけど。どうかな~?ジソプファンなら見たいかな? キム・ソナさんは細くてきれいだなと思っていましたが、だんだんサムスンに見えてきます。そうそう、8話ぐらいにチュモンのダメ王子、ヨンポが出てきました237このドラマでも詐欺を働こうとする悪者でした。人相が悪いのよねぇ。今まで見かけた記憶がないのですが、いろんなドラマに出てるのかな? この玩具会社の社長さん、子どもになりましょうが口癖で、社員にサバイバルゲームをさせたり、人形劇をしてたり、個性的で面白かったです。
 時々見かけるインターナショナル・ヴァージョンというのは、「著作権上の都合により、本編をカット・再構成をしています。」という意味だそうです。玩具会社なので、周りはぬいぐるみやおもちゃだらけで、頻繁にボカシがはいっていて、このおもちゃは何?と、気になって仕方がなかったです。
脇役陣も明るく楽しい人たちばかりで気楽に見れて良かったのですが、最後が納得いきません。怒る 韓国ドラマってなかなか良いなと思っていても、突然最終話で裏切られるパターンよくあると思いませんか?このドラマもそうでした。あぁ残念239

 

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。