スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女人天下 第130話

2009/01/31 (土)  カテゴリー/韓国ドラマや行 女人天下(ヨインチョナ)

第130話
希楽堂は軍士を使い、都や宮殿に「希楽堂を処刑しろ」という匿名文を貼り付ける。そして、公主が亡くなると、訃報を中宗に知らせに行こうとする御医を軟禁する。
希楽堂が世子に拝謁している間、ナンジョンに急かされた華川君らは灼鼠の変の再捜査を中宗に請願するが、中宗は腹を立て緘口令を命じる。そこへ希楽堂が現れ、匿名書で朝廷を騒がせた責任を取ると中宗に辞職を願い出る。「匿名書は王や宗社への挑戦だ」という希楽堂の言葉に同調した中宗は、希楽堂の辞職は認めず、匿名書を書いたものを調べるよう命令する。そして折りよく犯人を捕まえたとトチョングァンが入室し、華川君の息子が犯人だったと報告する。
華川君の息子が捕らえられたと知ったナンジョンは、王妃に公主が卒する前に公主が自白したと中宗に告げなければならないと言うが、王妃が便殿に来た時には既に御医が公主の訃報を告げていた。

希楽堂自作自演の匿名書。軍士を大勢動かしたんだから、ちゃんと調べたらバレるのでは。
しかも、御医を脅して公主の死亡時刻を誤魔化すだなんて、後々大変なことにならないのかなぁ。
公主様が自分を命がけで助けてくれたと、勝手なこと言って公主の死を喜んでるのが恐ろしいわ…。
匿名書については論議しないという決まりがあるのに、希楽堂の言葉にすっかりその気にさせられた中宗。困ったものですね~。
その上、犯人は華川君の息子?? あらら…。華川君はもうお終いですね。
ナンジョンももう成す術がないわね。希楽堂の策に落ちた2人でした。
ところで、朝廷の争いにウンザリした臣下の一部が、ウォンヒョンを訪ねてきました。一緒に天下を取ろうだなんて、危ない、危ないよ~。誘惑に負けず、科挙に受かってから徒党を組んでね、ウォンヒョン。
スポンサーサイト

美しい時代 第66話~70話

2009/01/31 (土)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 美しい時代

第66話
窃盗罪で留置所に入れられたギョンホは父イム・チュンサムから服従しないと刑務所に入れると脅される。ヒャンスクは結婚に向けての準備に追われる。ジェボムとお酒を飲み、胸の内を明かしたジンスクは、イム社長に会いに行く。
第67話
ジンスクは別れる条件でギョンホを釈放して欲しいとイム社長に頼む。大佐がヒャンスクの家族に挨拶に行くと言い出したため、ヒャンスクは母スネに電話し、娘のことを話したら死ぬと脅し、当日は娘を外出させて欲しいと頼む。
第68話
ヒャンスクは家族の協力を得て、滞りなく大佐とのあいさつを済ませる。釈放されたギョンホはジンスクに会いに行くが、ジンスクは恋愛より家族が大切と別れを告げる。オ一家は、ソウルでのヒャンスクと大佐の結婚式に参列する。
第69話
ジェヒョクはギョンホに最後までジンスクを見守って欲しいと頼む。イム社長は軍事保護区の土地買収のため議員に賄賂を渡し、軍の協力者がヒャンスクと結婚したことを知る。ジンスクを心配するジェヒョクは当事者の問題と言うジェボムと言い合いになる。
第70話
ヒャンスクは大佐から戦争で行方不明になった姉の子どもの存在を聞かされる。ギョンホは仕事が片付いたらソウルへ戻ると父に話す。酔っ払ったギョンホを見かけ、ジンスクは後を追う。酔いつぶれたギョンホを心配し、ジンスクはジェボムに頼み家まで送る。
#66~70
イム親子は警察を巻き込んで親子喧嘩。告訴するしない刑務所に入る入らないでもめて警察もいい迷惑。結局釈放されたギョンホですが、ジンスクにギョンホの家族にウンザリ、恋愛より家族が大切と言われ落ち込み立ち直れないでいます。酔っ払い人生がつまらない、心が寒いと言うギョンホ。別れを切り出したジンスクも辛いわね…。
どうやらジンスクは大佐の亡くなった姉の子どものようです。結婚式で大佐の姉がジンスクを見てしきりに「誰かに似てるわ」と言ってたから間違いないですね。
ジャヒョクから恋愛方面に冷淡と言われたジェボム。自分の感情に正直でいたら、この家で暮らせないと…。ジェボムはジンスクに対する想いを自覚していたのね。ジェヒョクが気付きそうだわ。
ヒャンスクの気持ちも理解できるけど、タジョンのことを考えたら大佐に正直に話すべきだったよね。いつバレるかと不安に思いながら暮らすのって幸せかなぁ。
イム社長がヒャンスクに目を付けたわ。狭い市場なんだから、ヒャンスクに子どもがいるってバレるのも時間の問題ね。
チョン医師の父が危篤状態になって、泣き崩れてる彼女にジェボムが「僕がいる」と励ましていたけど、その言葉に責任が持てるのでしょうかジェボムは。
ヒャンスクが結婚してしまって意気消沈のタルボン。エギョンに流れでプロポーズ。お似合いだと思います。
わがまま娘ギョンファが、兄ギョンホの愛は本物だと、ギョンホに協力してジンスクに伝言を伝えました。意外にいい子なのね。ジェヒョクへの思いも真剣なのかな??

美しい時代 第61話~65話

2009/01/31 (土)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 美しい時代

第61話
仲間から裏切り者扱いされショックを受けたギョンホは、ジンスクの家に行く約束の時間に遅れてしまう。ヒャンスクと大佐との結婚記事が新聞に載る。スネの元に債権者が突然現れ、家を処分すると告げる。
第62話
実際の債権者がイム社長と知ったスネはミド劇場を訪れるが、イム社長に娘の交際に反対しないからだと言われる。母から事情を聞いたジンスクはギョンホに別れを告げる。ヒョンスは、モデル契約の相手が訴訟を起こし、弁償額を払うには大佐と結婚するしか方法はないと、ヒャンスクに言う。
第63話
ジンスクから別れる理由を聞いたギョンホは父を責めるが、イムは従わなかったら親子の縁を切ると言う。ギョンホはジンスクに一緒に春川を出ようと話し、イムにはジンスクと別れると告げる。
第64話
春川に戻ったヒャンスクは、タジョンの存在をしばらく伏せて欲しいと話し、ソウルに戻って大佐の求婚を受ける。ジンスクの家が担保から外されたのを確認し、ギョンホとジンスクは春川を後にしようとするが、イムが気付きギョンホを警察に捕まえさせる。
第65話
ジェボムはスネにジンスクが実の子でないことを知っていると話し、それをジェヒョクが聞いてしまう。家の金を結んだとイムはギョンホを訴える。
#61~65
自分勝手なヒャンスク。娘の存在を隠して結婚するって恐ろしくないのかしら。
ジェヒョクはタジョンを自分の戸籍に入れると、姉思いです。
ジンスクは今回のことで身分の差を嫌と言うほど知らされます。ギョンホが駆け落ちしようと言ってくれて家族を捨ててギョンホについて行こうと決心したのですが、イム社長がそうはさせまいと警察を動かして阻止しました。
スネはジェボクから「拾い子のジンスクを差別して辛く当ってる」と言われ、気付かぬうちに差別してたのだろうかとショックを受け考え込んでます。
市場の人はイム社長をいい人だと思ってるみたい。オ一家は今回のことで、イムが実は卑劣な人間だったと分かったよね。父ビョンマンとの因縁も近々明かされるのかな?
病院長の様態が思わしくなく、父を安心させるためチョン医師はジェボムに恋人の振りをしてくれと頼みました。ジェボムはチョン医師が自分のことを好きだって気付いてないのかなぁ。

女人天下 第129話

2009/01/31 (土)  カテゴリー/韓国ドラマや行 女人天下(ヨインチョナ)

第129話
孝恵公主の危篤を知らされた希楽堂は態度を翻す。ナンジョンは公主が卒する前に再捜査を急がせるよう華川君に話し、ウォンヒョンにも希楽堂に対する民心を王に話すよう指示する。
ウォンヒョンが便殿に行くとウォンロが王と拝謁しており、王の前で兄弟は仲違いをし王に追い払われる。その後王妃を訪ねた兄弟だが、王妃やナンジョンに責められウォンロは縁を切ると憤慨する。
上訴が上がったにもかかわらず動こうとしない希楽堂に業を煮やした判府事は今までのいきさつを希楽堂から聞いて驚く。ついに孝惠公主が最期の時を迎え、希楽堂は軍士を動かす。
公主様が危篤状態になるとは、ナンジョンの計算違いでした。
証人がいなくなると思った希楽堂は一転強気な態度でナンジョンを追い返しました。
焦ったナンジョンは華川君やウォンヒョンに指示しましたが、間に合わなかったよう。
ことのいきさつを全て聞いた判府事は嫁の命まで利用しようとする希楽堂を恐ろしい人だと思い始めます。
そこへ、何故かカッパチが現れて、都を去れと希楽堂に言いました。死を覚悟で来たようだけど??自分の言葉に影響力があると思っての行動でしょうか。よく理解できません。
王妃は世子に王を信じて朝廷のことに口を出すなと諭し、ヒ嬪にはキョン嬪の二の舞にならぬよう忠告を。王妃様もあちことに釘を刺し忙しいですね。
兄ウォンロは希楽堂の肩を持ち、とんちんかんな行動を。大勢を読めてないのはウォンロなのに、逆ギレ。縁を切ると言うなら家を出て行きなさいって。ほとほと困った兄です。
公主様がいよいよお亡くなりに?華川君たちを捕まえようと?禁府の軍士が町中に…。ナンジョンはどう切り抜けるのでしょうか??

19歳の純情Vol.22 第127話~132話

2009/01/31 (土)  カテゴリー/韓国ドラマさ行 19歳の純情

第127話 2人でUTに復帰
ドングクはユヌに公私の区別をつけて行動するよう注意する。ユヌは会社では以前のように企画室長として厳しくグッカに接する。ホン家では大根の収穫を手伝ってくれる人たちに、ユンジョンが差し入れを持っていき、お酒飲んで酔っ払い、歌を歌って大騒ぎしオックムは恥をかく。UT社にユヌが復帰したと聞いたミョンヘは喜ぶが、グッカも一緒に復帰したと聞いて納得がいかない。
第128話 青酸カリ事件
どうしても2人を別れさせたいミョンヘは、自宅にグッカを呼んで、ユヌと別れないなら青酸カリを飲んで死ぬと言う。グァンマンから最後の切り札の話を聞いていたグッカは私が死にますとその水を飲む。その頃、ホン洋服店にはアサガオがホン氏にプングと結婚させて欲しいと話す。グッカの夢が幼稚園の先生と聞いて、グッカを大学に行かせよう予備校に通わせる。買い物に出かけたユンジョンは、ヘスクが見知らぬ男性と一緒にダンスクラブのある建物に入っていくのを目撃。
第129話 受験勉強 始めました
ドングクは元秘書のイ・ソナから電話があり会うことに。ミョンヘに通夜と偽り出て行くが、うっかりピンクのネクタイのまま帰宅し、浮気していると勘違いされる。グッカは仕事帰りに予備校に通いだし勉強に励む。ユヌはさらに英単語のテストまでしてグッカを特訓。その最初のテストで55点しか取れず、グッカは落ち込む。
第130話 私は受験生
ユンジョンはヘスクを心配し家事が疎かになりオックムに叱られる。訪問教師の職を得て、仕事に励むユンジだが、夫の苦労を初めて知り、今までのことをグァンマンに謝る。戸籍謄本を見てヘスクがまだ入籍していないと知ったムングとオックム。ミョンヘはユヌの見合い相手の写真をグッカに見せるためUT社へ行く。
第131話 菊の花を飾って
ミョンヘはユヌの見合い候補がいかにすばらしい女性たちかを見せにくるが、グッカも負けじと予備校の受講証や三好学生の賞状などを見せ、将来ユヌにふさわしい女性になると宣言する。ユンジョンとウギョンは喫茶店で若い男性と話をしているヘスクを目撃。ユンジョンはヘスクが浮気をしているとウギョンに打ち明ける。
第132話 お姑さんの誕生日
ヘスクが心配になったウギョンは、ダンスクラブの前で偶然ヘスクに会い、宅建の講座に通っていることを知る。ホン家で誤解されていたことを聞きショックを受ける。一方、シニョンの弟コニョンが兵役を終えて除隊し、UT社の姉に会いにくる。ミョンヘは誕生日を迎えたが、家族の誰も覚えておらず虚しくなる。仕事で母の祝いができなくなったユヌの代わりにグッカがケーキを買ってパク家を訪ねる。
#127~132
 グッカ、本当に強くなりました。ミョンヘからも逃げずに自分の良さをアピール。最初の頃のたくましくて笑顔の可愛いグッカに戻っていい感じです。ミョンヘの青酸カリを代わりに飲んだのには驚いたけど、グァンマンが水と教しえてくれてたのね。ドングクにも菊の花をプレゼント。タイミングが悪かったけど、その調子で積極的に行けばいつかは理解してくれるかも。大学にも受かってね。
 ユンジョンはヘスクが浮気してると勘違い。浮気が遊び癖という和訳になっていてすごく違和感があったから、直で韓国語が理解できたらいいのにと思いました。(韓国語講座もサボりっぱなしです)まぁ、いろいろとヘマしてくれるけど、明るくて可愛いから家族に大事にされると思います。
 アサガオはホン氏、ペ・チュニはオックムに取り入ってます。風の息子プング氏、もてる男は辛いね~。いつまでバトルは続くのかな?
 厳格な父というイメージのドングクの意外な面を見ました。元秘書に若く見せようとピンクのネクタイを着けに帰るなんて。ドングクの携帯を盗み見たミョンヘが騒ぎそうです。
 ミョンヘの誕生日。わかめを用意してあったのにグァンマンは気付かないし、夕方になっても誰も帰らずで寂しくなるミョンヘ。そこへグッカが。ミョンヘの偏った心を溶かすチャンス到来かな??続きが早く観たいです。

女人天下 第128話

2009/01/30 (金)  カテゴリー/韓国ドラマや行 女人天下(ヨインチョナ)

第128話
王妃に考える時間を貰った希楽堂だが、名ず術がなく置簿冊が無用の長物となったことを嘆く。またウォンヒョンにも侮辱され政治資金を返すことに。
世子は王妃に孝恵公主のことで声を荒げ詰め寄ったため、王妃に仕置きをされる。そのことで王が問いただすと、王妃は「聖君になる資質を持ちながらも、情にほだされ弱くなった世子を戒めるためにしたこと。自分も辛いのだ」と泣きながら訴える。
華川君らは希楽堂を追放しようと、灼鼠の変再調査の上訴を集める。
ナンジョンは希楽堂を訪ね、置簿冊を渡したら家門を助けると約束するが、そこへ孝恵公主が危篤だという知らせが入る。
世子に詰め寄られ返事に困った王妃は、母に対して声を荒げたと仕置きをしました。妻までいる世子のふくらはぎを叩くって…。王にこのことで問い詰められるけど、「強い王にしたいのだ、自分も心で泣いていたのだ」と泣きながら語ってました。―すごい演技力です。これまたその様子を外で世子が聞いてて、王妃の深い愛情に世子は感動するのですよ。腹黒い王妃の本心を世子が知った時のことを思うと…、いっそこのまま騙され続けて欲しいと願います。
希楽堂はナンジョンなんかに不意打ちを食らったと地団太を踏んで悔しがりました。ウォンヒョンにも、「朝廷や民のために何もしていない。自分の勢力を増やすために党を組み、女子を監禁しただけ」と馬鹿にされ銀50万両も返すことに。ウォンヒョンが言うところが痛快ですね~。その後のこのこ来たウォンロに「ナンジョンがいる限り出仕はさせぬ」と八つ当たり。解決策も思いつかず、ナンジョンの「家門を助けてやる」という誘いに置簿冊を差し出そうとしましたが、タイミングよく公主が危篤との知らせが…。立場が逆転し、また希楽堂が強気で出てきそうですね。


チャン・ヒビン 第2話

2009/01/30 (金)  カテゴリー/韓国ドラマた行 張禧嬪(チャン・ヒビン)

第2話 謀反
謀反をたくらむ南人派は、貿易で巨万の富を築いたオクチョンの伯父チャン・ヒョンに資金を提供するよう話を持ちかける。両班にたかられるだけの地位の低い立場から抜け出したいチャン・ヒョンは、提供を決意し、オクチョンもこれに同調する。一方、王室では粛宗と大妃の対立が本格化するなか、南人派による謀反の噂が飛び込んでくる。王権を揺るがす行為に怒った粛宗は、叔父である西人派のキム・ソクチュを呼び出し、制裁に向け秘密の約束を交わす。
久しぶりに大妃に挨拶した粛宗。剣の稽古に励む粛宗に、「剣は下品な武官がすること」だと大妃は叱りつけます。ですが、「武官を知ることも王の仕事」と話し、母が政治に関与することを皮肉ります。それを聞いた大妃は怒って「隙を与えるから謀反を企てる者が出てくるのだ」と声を荒げました。実の親子じゃないみたいに対立しています。
粛宗は、「命を懸けて謀反の証拠を得てくる」と言うソクチュに対し、ねちねちと厭味っぽく「頼りにしてるぞ」と言いました。忠臣そうに見えるソクチュでさえ、大妃の息がかかってると警戒してるよう。彼の言葉を信用できず、こっそり内侍に調査させていました。このパク内侍は王の信頼を得ているよう。稽古の相手もしてました。
福善君は小者だったみたい。綿密に謀反の計画を立ててたようなのに、あっさり捕まってしまいました。
福善君に資金を提供したオクチョンの叔父も捕まるようです。役人が家に押しかけてきました。このままでは家門が滅びるよね?オクチョンがどう這い上がっていくか見ものです。
オープニング 
オープニングは「イ・サン」のようです。美術さんが同じなのかなぁ。

チャン・ヒビン 第1話

2009/01/29 (木)  カテゴリー/韓国ドラマた行 張禧嬪(チャン・ヒビン)

第1話 王と大妃
朝鮮第19代国王粛宗 (スクチョン)の妻、王妃・仁敬王后が若くし崩御した。大妃は粛宗に王妃の死を知らせぬばかりか、国葬をも簡単に済ませろと命じ、これを知った粛宗は、大妃の冷たい言動に心が離れていく。王妃の死は、派閥争いに揺れる朝廷にも大きな影響を及ぼした。大妃と結びつき朝廷内で勢力を伸ばす西人(ソイン)派に対し、これを阻止したい南人(ナミン)派は、王族の一人である福善(ポクソン)君とともに謀反の準備を進める。しかし、この動きに気づいた西人派キム・ソクチュは、これを機に南人派の追放を企てる。
一方チャン・ヒョン宅では、チョ・サソクの妻貞夫人が夫と密通したオクチョンの母ユン・イレを捕らえようと人を使って押し入る。帰宅したチャン・ヒョンは義妹イレを助けるため貞夫人の屈辱に耐えながらも許しを請う。
そんな折、福善君が謀反を企てていると粛宗の耳に入る。
人物が把握できなくて、何度も止めては巻き戻ししながら観ました。疲れました。
王妃様は天然痘でお亡くなりに。世継ぎも産めず、大妃は王妃を冷遇してたのかな。王妃の死を知らせなかったと粛宗は大妃に腹を立て1ヶ月も挨拶してないとのこと。父も孤独に死んだこともあって、大妃を恨んでいる様子。大妃にしてみたら、粛宗が立派な王となれるようにと、情に流されず厳しくしているだけみたい。
曾祖母の荘烈王后(カン・プジャ)は南人派。福善君も「女人天下」の福城君と同じ「ボクソングン」と発音するんですね。福善君には機会を待てと言ってるけど、粛宗には「いいおばあ様」の振り??をしてます。
チャン・ヒビンとなるオクチョンは商人の叔父の家に住んでいます。
母が南人派のチョ・サソクと内通してしまい、怒った夫人が押しかけてきました。チョ・サソクは「女人天下」のユンギョムです。荘烈王后のまたいとこだから高貴な方なのかな。
身分は低いけど、オクチョンは聡明で気品に満ちたお嬢様のよう。毅然とした態度で夫人に接し、その気迫に押されぎみの夫人でしたが、負けずと家の中を探させ、イレを捕まえました。何故か下女だけが罰を受けてました。叔父夫婦はオクチョン親子を可愛がってるのね。イレを庇い、夫人の侮辱にも耐えて高価な飾りを渡し許してもらいました。母の非を謝るオクチョンに、世の中と身分制度が悪いと言う叔父夫婦は善人ですね。
福善君が資金提供をせびっているのはオクチョンの叔父かな?
福善君は私兵を育てて謀反を企んでいます。キム・ソクチュが逆賊の頭を買収?
前王が亡くなったのも南人派のせいらしく、福善君の謀反の企てを聞いて、粛宗は父の位牌の前で許さないと心を決めたようです。
粛宗 粛宗

女人天下 第127話

2009/01/29 (木)  カテゴリー/韓国ドラマや行 女人天下(ヨインチョナ)

第127話
華川君は灼鼠の変の犯人を孝恵公主と名指しし背後に希楽堂がいると中宗に再調査を申し出る。
王妃は体調を崩して床に臥せっている孝恵公主を呼び出し、事件のことを問い詰める。罪を認めた孝恵公主は世子に会い謝罪をしようとするが途中で倒れてしまう。
華川君から三司の公論を集めるよう指示されるが、ウォンロに脅され希楽堂との板挟みに合い悩む。
孝惠公主が王妃に呼ばれたと知った希楽堂は慌てて王妃に拝謁するが、ナンジョンから「孝惠公主が自白した。都を離れるなら命だけは助けてやろう」と言われ激怒する。
孝惠公主が可哀想でした。
気の弱い孝惠公主は自分の犯した罪の重さに耐えられず、心の病に罹り床に臥せっていました。
でも王妃に呼ばれたため、無理を押して入宮。なんて義理堅いの…(涙)。思いがけず王妃に事件のことを聞かれ必死に否定します。でも、ナンジョンの登場で観念し、自分がしたと泣き崩れました。
今にも命が尽きてしまいそうなほど弱っているのに責め立ててしまって、王妃は気が咎めるんだけど、情に流されては生き残れないとナンジョンにたしなめられました。
天下の半分を手に入れたと有頂天になっていた希楽堂。孝惠公主が王妃に呼ばれたと聞いて、顔が青ざめました。今までの苦労が水の泡に…と急いで王妃に会うのですが、時は既に遅し。孝惠公主が自白した後でした。怒りまくる希楽堂。ナンジョンを生かしておいたのが間違いだったと悔しがり、自分だけでは死なない。お前も道連れにすると罵倒しました。
判府事と手を組んだヒ嬪は、中宗に「華川君は義理に欠ける人」と中傷。人の意見に流されやすい中宗は、またしても洗脳されてしまいます。
ナンジョンの兄、チョンニョムが久しぶりに登場。そういえば、ナンジョンの父ユンギョムの存在を忘れていました。何しにナンジョンを訪ねてきたのでしょう??
判府事は希楽堂を警戒し始め、世子に取り入り始めました。判府事夫人は、わが夫ながら移り身の早さに呆れています。夫人は思ったより誠実な人で好感が持てます。



人魚姫 第4話 母の過去を知る人

2009/01/29 (木)  カテゴリー/韓国ドラマな行 人魚姫

第7話 母の過去を知る人
引っ越しを終えたイェヨンの家族は新居祝いにジュワン一家を招待する。スジョンは冷めきったジュワンの両親の仲を盛り上げようと夫婦同士でのダンスタイムを企画。しかしジュワンの父ソンスはスジョンのダンスに目を奪われ、妻シルラとのダンスを頑なに拒否。シルラは夫の言動にひどく傷つく。一方、アリヨンから連絡を受けたスアは、すぐにでも会って話がしたいと伝える。
第8話 スアのもくろみ
スアと会ったアリヨンは、彼女が母の幼い頃からの知り合いだと知る。しかし、スジョンと親交がある彼女を警戒し、アリヨンは母に会いたいという申し出に即答を拒む。その様子を見たスアは、アリヨンが帰国している事を誰にも口外しないと約束する。アリヨンは、ジュワンの新聞社を訪ね取材を開始。そこで父ジンソプのデスクに飾られている家族写真を見て怒りがこみ上げる。
なかなか先に進みません。
アリヨンの幼い頃を知ってると言ったスアにアリヨンは交通事故(自殺?)で整形手術をしたと話してました。そうなんだ。上品で知的なアリヨンにスアは好感を持ったようです。アリヨンはスジョンとも親交のあるスアを警戒してますが、アリヨン母はスアの事を聞いて再会を楽しみにしています。スアをかなり信用してます。
脚本家としてのアリヨンはスタッフに高飛車な態度をとっています。若いから舐められないようにと強気でいるのかもれませんが、結構嫌な女です。トラブルが起きそうな気がします。
マリンは兄マジュンの見合いにこっそりついて行ったり、兄の枕を取り上げたりと、毎回兄妹げんかをして面白いです。イェヨンと同い年のはずのにかなり子どもっぽいなぁ。
スジョンはジュワンの両親の仲を盛り上げるつもりだったのに、かえって逆効果。妻のシルラは熟年離婚する人の気持ちが分かるとまで言ってました。外では妻を立ててくれなきゃね。
スジョンスジョン

太陽人イ・ジェマ 第2話

2009/01/29 (木)  カテゴリー/韓国ドラマた行 太陽人イ・ジェマ

第2話
ジェマは、愛する弟を失ったうえ、出生の秘密が明らかになり庶子に落ちたことで悲しみに追い打ちをかけ絶望する。しかし、巫女の娘ソリの励ましや、祖父忠元公の遺言を胸に再び立ち上がる。
時を経て青年になったジェマは、武芸大会で再びボンスと対決するが、矢に細工をされたためにボンスに敗北してしまう。有頂天になったボンスはソリを自分のもにしようとするが、ジェマに邪魔をされる。怒ったボンスは手下にジェマを襲わせ、突然具合が悪くなったジェマはソリの家に逃げ込む。

実母を知り下男として働かされ絶望のどん底に落ちたジェマ。
そんなジェマを見てソリは「皆を公平に扱うジェマ様を慕ってた。こんなに未熟だったとは見当違いだった」と叱咤。祖父からも「試練を乗り越え家門を再興して欲しい」との言葉を貰い立ち直ったようです。
そして、何年経ったのでしょう。ジェマはチェ・スジョンに交代しました。
視聴率男のチェ・スジョン氏。何本かドラマで観ましたが、どうも好きになれません。特にとぼけた顔が嫌いです。(ファンの方ごめんなさ~い。)
ソリとは恋仲みたい。正妻に子どもができ、祖父も亡くなったから?ジェマは庶子として扱われるようになったのね。
ジェマの母はジェマが戻ってきて正気に戻ったよう。イ家で一緒に住んでるのかな。
武術大会に出場するのですが、決勝戦でボンスと競ったのですが、村長らが矢に細工し、ジェマは敗北。それを知って、怒ったジェマは村長らに矢を向けるですが、父親が止めに入って我慢します。庶子として育ったためか性格が荒っぽくなってますね。
イ家の息子はまた病弱な子で、一生寝たきりと医者に言われてました。占い師によると誰かが墓を荒らしてるから祟られているそうです。
ジェマに勝って勝利に酔ってるボンスは、ソリに手を出します。いいところでジェマに邪魔をされ、腕を怪我して逃げていくのですが、夜になって手下を使って復讐を始めます。ジェマは腹を殴られ様態が悪くなりソリの家に逃げ込みました。ソリの母も正気に戻ってるわ。父?に医者を呼びに行ってもらうのですが、ろくでもない男でソリから貰った治療代で博打を始めちゃうのです。宿に居合わせた人が飛び入り参加し、その男の一人勝ち。困ったソリ父がその男を襲い、事情を知ったその男が鍼でジェマを治療しました。村長を襲った「義」の賊だと思うけど医者だったのね。
そこへボンスの手下がやってきたけど、間一髪ジェマは逃げた後。重症だったのに回復したんだ!?
暗くてどこかよく分からないけど、ソリの家が火事に??
まだまだ医術を学ぶところまで到達してません。
ジェマ 青年になったジェマ

19歳の純情Vol.21 第121話~126話

2009/01/29 (木)  カテゴリー/韓国ドラマさ行 19歳の純情

第121話 愛してますよ
ユヌの部屋にいたグッカを見てミョンヘは怒りを露にするが、グッカは努力したが別れられないと泣きながら土下座して謝る。ユヌのプレゼンは成功し、父も感心する内容で、見事に済州島での展示会に出品できることになった。ユヌとグッカは二人で祝う。以前のようにユヌを手伝える仕事がしたいと話すグッカのために、ユヌは彼女に翻訳の仕事を持ってくる。
第122話 お兄さんとの思い出
ミョンヘはホン家を訪ね、オックムと相談しながら婚礼家具を決める。ユンジョンとウギョンもホン氏に呼ばれ、スーツの仮縫いに来ていたドングクと一緒にホン家へ。両家は和解し、ウギョンは結納品を持ってパク家に挨拶する。グッカはホン家へ行き久しぶりに皆と過ごす。
第123話 結婚式から済州島へ
結婚式の当日。ユンジョンははしゃぎまくり嬉しさを隠せない。式を無事終えた2人は、新婚旅行の済州島へ向かう。ユヌも展示会のため済州島へ向かうが、中国語の通訳としてグッカも連れていく。
第124話 指輪の環のように
ユンジョンは夢に描いたハネムーンを実行しようと、ウギョンにお姫様抱っこをせがみ、部屋まで連れていってもらう。おかげでウギョンは疲労困憊し動けなくなる。展示会で立派に通訳の仕事をこなしたグッカ。ユヌはグッカに「ずっと一緒にいよう」と指輪を贈る。一方パク家ではユンジの就職が決まる。
第125話 済州島で歌って
グッカとユンジョンは酔っ払ってすっかり意気投合する。グァンマンはミョンヘの料理学院に入学したいと言い出すが、ミョンヘの猛反対にあう。展示会最終日、ドングクは済州島へ。そこで中国語の通訳をしているグッカを見る。ドングクはユヌとグッカの働きに自ら握手をしてねぎらう。
第126話 よろしくお願いします
新婚旅行から戻ったウギョンとユンジョンは、パク家で一泊する。ユヌはUT社へ行きドングクと面会。UTへの復帰を了承してもらい、グッカを秘書として雇う権利も得る。ドングクは要求を呑むが、結婚を認めたというわけではないと念を押す。ホン家に再びペ・チュニが現れる。
#121~126
グッカはユヌのそばにいて彼を支える決心をしたんですね。自分も前のように仕事がしたいと言うグッカ。ユヌが翻訳の仕事を与えてグッカに自信をつけます。展示会にもグッカを連れて行き通訳として活躍。その仕事ぶりを見てドングクはグッカを認め始めています。でもUT社でユヌの秘書としてグッカを雇うというのはどうかな…好奇心の目にさらされるのでは?ま、グッカに笑顔が戻って2人が幸せそうだからいいです。
式の間際にどたばたしたけど、ユンジョンとウギョンはめでたくゴールイン。式前の結納でウギョンがユンジョンの両親にあいさつ。その心のこもった言葉に感動しました。ウギョンらしくて素敵でした。
結婚式当日ユンジョンは幸せ一杯。彼女の明るい笑顔がいいですね~。幸せをおすそ分けしてもらったような気分になりました。新婚旅行はお姫様抱っこのせいで何もできなかったユンジョン。お気の毒。
プングとパルジャはどうなるのでしょう。ペ・チュニが再び登場するとは驚きました。
グァンマンはミョンヘの料理学校に行って料理の勉強をしたいそうです。特技を生かした仕事をすればいいのにね。ミョンヘの助手なんかぴったりじゃない。
潔くユヌを諦めたシニョンにも新しい出会いがあるといいのにな…。

女人天下 第126話

2009/01/28 (水)  カテゴリー/韓国ドラマや行 女人天下(ヨインチョナ)

第126話
中宮殿で王妃に会ったナンジョンは、華川君にも話し希楽堂と競わせる為に置簿冊を使うようにと話すが、王妃はナンジョンがいなくては天下を取っても何の張り合いも無いと諭し、置簿冊を希楽堂に渡すよう命じる。置簿冊の噂に不安になった臣下は希楽堂側へとつきはじめ、置簿冊を手に入れた希楽堂は華川君らを追放する機会を虎視眈々と待つ。
キョン嬪追放後病に伏していた大王妃が崩御する。国喪に服してる最中ナンジョンは華川君を呼び出し、灼鼠の変は孝恵公主が真犯人だと告げ、希楽堂を追放するため再調査を願い出ろと話す。
結局希楽堂に置簿冊が渡ってしまいました。
王妃は置簿冊よりもナンジョンを頼りにしてるのね。
ウォンヒョンが置簿冊を渡したのですが、希楽堂はナンジョンが流刑地で自分に身を捧げたことを話し、ナンジョンを信じるなとウォンヒョンに忠告しました。もちろんナンジョンはそのことを否定し、ウォンヒョンも戯言と信じなかったのですが、本当に裏切ってたらナンジョンに背を向けそうね。当たり前か。
希楽堂はこれで天下が手に入ると大喜び。この人の高笑いも憎らしいわ。仲間の判府事にも置簿冊を手に入れたことを内緒にするなんて卑劣だわ。
キョン嬪追放で精力が尽きた大王妃は、中宗に「強い君主になって欲しい」と言葉を残し、この世を去りました。王室は王妃がまとめていくことになるのね。
国中が喪に服しているのに、先手を取ろうと華川君と希楽堂は大事を起こすよう。葬儀の間ぐらい静かにしてればいいものを、中宗もお気の毒です。


無敵の新入社員 第9話

2009/01/28 (水)  カテゴリー/韓国ドラマま行 無敵の新入社員

第9話
大統領と面会した局長は、ガンが特別要員ではなく偶然情報局へ入ったことを知ってしまう。このことで情報局では大騒ぎになり、ガンを優遇してきたヤン課長は怒りを露にする。
一方、エリスは失くしたデータをガンが持っていると思い込み、夜中に彼の自宅に侵入する。
自分がコネ入社だと知ったガンだったが、図太く残ることを決意。後ろ指を指され心配したジュヨンはガンを飲みに誘う。ユニに勝つ方法を真剣に聞くジュヨンにガンは思わずキスをしてしまう。
ウンヒョクの自宅に呼ばれ、手料理でもてなされ幸せを感じるユニだが、ウンヒョクにお前がエリスかと問い詰められる。

大統領、ガンの名前を覚えてないばかりか、情報局へ入社させるなんて何考えているんだと怒り出す始末。情報局の要員が真実を知り、みんなが背を向ける中、意外にもウンヒョクは「辞めずにやってみろ」と声をかけました。ガンの図太い神経と根性を買っているようだわ。ガンも借りがあるからと前向きな姿勢を向けたけど、エリートの中でやっていく自信を失くしてか落ち込んでます。一人で飲んでるところへジュヨンから誘いが。ジュヨンに励まされたガン。チーム長とは上手くいってるかと聞きます。ユニに勝つ方法を伝授するガンですが、ジュヨンの真剣なまなざしに思わずキス。きゃ~、どうなるの??
一方のウンヒョクはユニがエリスと気付いたよう。データはウンヒョクが持ってるの??続きが気になります。
9話 

張禧嬪(チャン・ヒビン)

2009/01/28 (水)  カテゴリー/韓国ドラマた行 張禧嬪(チャン・ヒビン)

チャン・ヒビン放送年月日 2002.11.6~2003.10.23
放送局 KBS
全話数 100話
主要キャスト
キム・ヘス…張禧嬪(チャン・ヒビン)
チョン・グァンニョル…粛宗(スクジョン)
パク・ソニョン…仁顕王后
On Air情報
1月28日よりBS朝日(月~金)12:00
作品紹介
 脚本は女性作家として国内では初めて正統派時代劇に挑戦するキム・ソンヨン。演出は時代劇通に馴染みのイ・ヨングクとハン・チョルギョン。忠実な時代考証と、細部まで作りこまれた豪奢な衣装にも注目。朝鮮史上三大妖婦の一人として名を残した張禧嬪の半生を描く。
 主人公は、「クッキ」のキム・ヘス。彼女はこのドラマで男を魅了する一方で、逞しく生きる女のイメージが決定的になる。その演技力の高さが評価され、本作でKBS演技大賞を受賞する。ライバル、インヒョン王后には、「真実」などトレンディ・ドラマの女王パク・ソニョンが時代劇に初挑戦。さらにドラマ「バリでの出来事」のパク・イェジンが第2のライバルとして登場し、セクシー系のハ・ユミと時代劇女優のハ・ダスムは、オクチョン一族の運命を左右する女を演じる。ベテランのカン・プジャとキム・ヨンエの貫禄と意地をかけた対決も見どころ。最高視聴率32.2%
あらすじ
時は17世紀李朝、派閥争いが絶えない宮廷に入宮したチャン・オクチョン(後のチャン・ヒビン)。彼女はその美貌と才識により、19代国王・粛宗に見初められ、正妃・仁顕王后を差し置いて王の寵愛を一身に受ける。それを快く思わない明聖王后らによってオクチョンは宮廷から追い出されるが、愛し合う二人は密通を重ね、やがて彼女は王子を身ごもる。だがまたしても暗殺が謀られ、彼女は王子を流産してしまう。引き裂かれた愛は復讐にまみれた野望へと変貌し、彼女を変えていく。
ひと言
長いからか平均視聴率は出てませんでした。7%の時もあれば16%の時も。
三大妖婦の後2人とは「女人天下」のチョン・ナンジョン「王の男」のチャン・ノスクです。
時代設定は「チャングム」の100年後、19代朝鮮国王粛宗(1661~1720)は「イ・サン」の21代英祖(1694~1776)の父。朝鮮王朝に詳しくなりそうです。

女人天下 第125話

2009/01/27 (火)  カテゴリー/韓国ドラマや行 女人天下(ヨインチョナ)

第125話
ナンジョンを捕らえた希楽堂は、チャンに明の色商へ売り飛ばせと命じる。モリンからナンジョンがさらわれたと聞いたウォンヒョンは、希楽堂に詰め寄るがシラをきったため中宗に告げると言い放つ。王妃にいきさつを話すが、この件は自分に任せて欲しいと言われる。ウォンヒョンが中宗に拝謁してると聞いた希楽堂はウォンヒョンの非理を中宗に告発。言葉巧みに言い訳をするウォンヒョンの話に中宗も納得し、賄賂の件は伏せることに。
王妃は希楽堂に置簿冊の一部を見せ、ナンジョンを助けたら残りも渡すと取引を持ちかける。
チャンから置簿冊の原本だと聞いた希楽堂はナンジョンを解放するよう命令するが、ナンジョンは希楽堂から訳を聞くまで出て行かぬと言い張る。
ここのところ活躍がなかったウォンヒョン。殿下の前で「希楽堂が再び罪を犯さないようにお金を渡したのだ」と雄弁しました。希楽堂の鼻を明かして痛快でしたね~。
もう余命が幾何もなさそうな大王妃。王妃に世子を守ってと。世子に王妃を守ってと約束させました。王妃も邪な考えを持たなければ良いのにな…。
キルサンの命と引き換えに手に入れた置簿冊。自分の命と引き換えに希楽堂に渡すなんて考えれないナンジョン。ここで死ぬか王妃に会いに行くか、どちらかを選べと希楽堂に刀を突きつけられました。ここで死ぬわけにもいかないよね~。

太陽人イ・ジェマ 第1話

2009/01/27 (火)  カテゴリー/韓国ドラマた行 太陽人イ・ジェマ

第1話
1837年、咸興。李王朝の子孫である忠元公は、颯爽と白馬が駆け抜ける吉夢を見た晩に産声をあげた初孫を李済馬(イ・ジェマ)と命名する。忠元公の期待に応え、聡明で武技の腕前にも優れた少年に育ったジェマ。ある日、病弱な弟ジェジュンの代わりに、ムナンとボンスを決闘で破ったジェマだったが、面白く思わないボンスは川岸に隠れて、ジェマとジェジュンに姑息な仕返しを仕掛ける。川に落ちたジェジュンは高熱を出し、この世を去る。我が子を失い取り乱した母は、祖父や父の愛情を独り占めしたジェマを恨み、ジェマに卑しい妾の子と真実を告げてしまう。
イム・サンオク(1779~1855)が活躍した時代と重なるんですね。
ジェマの母はソン・オクスク。側妻というよりも行きずりの女っていう感じ。正妻には子どもができず、ジェマの戸籍をごまかして長男として育てられました。大金を貰った祖母と共に生みの母はイ家を追い出され、気が触れたよう。その後正妻は男の子を産んだのね。義母はヤン・グムソクです。
12歳になったジェマは、郷試に主席で合格。祖父に連れられてお偉いさんの誕生祝に出席。
民は凶作で苦しんでるのに、贅沢三昧の宴に祖父もジェマも呆れます。
そこへ、賊が侵入。宴をめちゃくちゃにしていくのですが、賊の後を追ったジェマは、ある人とすれ違います。その人はジェマに「いい目つきをしてる、私たちは再会するだろう」と言い、義と書かれた布を落として去っていきました。その人が賊と悟ったジェマはその布を拾い、役人にも誰も通らなかったと嘘をつきました。誰でしょう?
その後、祖父と川岸で涼んでいる所へ気の触れた巫女?が現れ、ジェマを見て「王座に就く者なのにドブで生まれたからそこへ戻っていく哀れな運命」と語りかけます。この女の娘が、以前野原でぶつかったソリでした。
弟思いのジェマ。弟を川に落としてしまい、母親から罰を受け納屋に閉じ込められます。
高熱を出すジェジュンですが、祖父は子どもよく熱を出すものと見舞いません。
弟の夢を見て不安になったジェマは下男に出してもらいジェジョンの部屋へ。でも母が許さず、下男を厳しく罰します。この下男はジェマの味方をし、守ってくれるようです。
そんな時にジェジュンの様態が悪化。ジェジュンはジェマを見て安らかな顔で息を引き取りました。(ジェジュン、近所の子によく似てるのよ)息子が亡くなって母が怒りを爆発。ジェマの出生の秘密を暴露し、ちょうど現れたジェマの生母に挨拶しなさいと…。気が触れた女を母だと告げられたジェマ。驚きを露にします。
子ども時代のジェマは、「天国の階段」ソンジュ役のペク・ソンヒョン君。「海神」でもチェ・スジョンの子役を務めましたね。大業を成す人は身分の低いが多いですね~。なかなか面白そうです。
幼少のジェマ ジェマ

サムデイ 第8話

2009/01/27 (火)  カテゴリー/韓国ドラマさ行 サムデイ

第8話 ソンマンの危機
ソンマンは借金と引き換えに保険を掛けられ、3日だけ猶予が与えられた。一方、ソンマンのアイデアをCMとして企画化したヘヨンは見事、その企画の採用に漕ぎつける。3日の命を覚悟したソンマンは、交通事故の犠牲者ジヌクやはなのもとへ最後の挨拶に行った後、自ら命を絶とうと、走ってくるトラックの前に身を投げる。
ヘヨンは、はなのもとを訪れクミコの物語を出版しないかと持ちかけるが、物語のベースを考えてくれていたソンマンが去ってしまうので、提案を受け入れられないと拒む。

ソンマンが身を投げた後がよく解りませんでした。
横から突っ込んで来た車に撥ねられたようにも見えたのですが、無事だったんですね??
自殺に失敗し、とぼとぼ歩いてるとヘヨンが声をかけてきて、ソンマンを雇いたいと。
5千万くれると聞いて、その場で振り込んでもらって借金は帳消し。命を捨てる覚悟だったのに簡単に解決できてソンマン、思わず涙を流します。良かったね~。
 ジンピョはかいがいしくはなの世話を。自分の両親が眠る木に、はな父の散骨をするって、やり過ぎでは。木に向かって「はなを愛してる。医者としてでなく男としてはなを守りたい。はなが母や自分を愛せるように、そして自分を愛してくれるまで待つ」と告白。はながジンピョに惹かれてるようには見えないんだけどなぁ。
はなと別れる時、はなを抱きしめちゃったソンマン。ヘヨンの会社で再会。クミコさんの気持ちが分かる気がすると言っていたはな。ソンマンへの恋心が芽生えてますね。

サムデイ 第7話

2009/01/27 (火)  カテゴリー/韓国ドラマさ行 サムデイ

第7話 深まる心の絆
はなとソンマンは釜山に着き、ヨンギルとクミコの足跡をたどりながら、「愛」について考えを深めると同時に、互いの心の傷を知るようになる。はなの母親の容体が思わしくないと聞き、急遽、ソウルに戻る2人。ジンピョはソンマンが、はなの心の傷を癒やすどころか、刺激していると責める。そんな矢先、ソンマンのもとへ電話がかかり、親友のジェドクが借金取りのジョンジュンによって連れ去られたことを知り、暴力団のアジトへ向かう。
はなは愛を徹底的に否定。はなは両親が去っていく夢を見てうなされ、ソンマンが「一緒に泣こうか」と、過去を話し始めます。ソンマンの痛みを知ったはなは治療よとソンマンを優しく撫でます。ふざけあう2人ですが、突然意識しだすのです。はなは鼓動が早いと自分のドキドキに気付いたよう。恋を知ったら、はなも大人になれるよね。
ジンピョははなと親密になっていくソンマンに激しく嫉妬。治療も邪魔され、「お前にできることはないから手を引け」と命令。ソンマンも「友だちだから何かできるはずだ」と反撃。そこへソンマンの携帯が鳴って、ソンマンは出て行ったんだけど、ジンピョの顔が真剣で怖かったよ~!!
はなのためにジンピョが用意した部屋ははなのイラストで飾られ、絵を描く道具も揃ってました。ジンピョがストーカーのような異常者に思えてきました…。
ジョンジュンのボスが痺れを切らしてソンマンに返済を迫り、無理やり生命保険に入れられ殺されることに。マジやばいです。ジョンジュンは結構いいヤツで、ソンマンを庇ってたわ。ソンマンは3日間だけ猶予を貰いました。

ジンピョの「人生はサッカーと同じだ。ロスタイムにミラクルが起こる。」この言葉で安心して次が観れます。

このろくでなしの愛 第3話

2009/01/26 (月)  カテゴリー/韓国ドラマか行 このろくでなしの愛

第3話 過去の痛み
ボックは、ウンソクのボディガードとなる予定だった人間を叩きのめし、替わりにボディガードの職に就く。植物状態になった兄ミングの前で「目の前で跪ずかせてやる」と、ウンソクへの復讐を誓うボック。初出勤の日、ボックはジュンソンから、姿をくらましたウンソクを探し出すよう命じられる。映画館でウンソクを見つけたボックは、強引にウンソクを映画館から連れ出す。が、腹を立てたウンソクは車で逃げ、カーチェイスのあげく軽い事故を起こしてしまうのだった。一方ダジョンはボックに内緒で、写真をネタにウンソク一家からお金をとり、ミングの入院費にあてようと画策する。ダジョンと、ミングの弟になりすましたミスクは、喫茶店でウンソクと会い、金を要求する。ウンソクはミングからゆすられたと思い込み、ショックを受けてしまう。その帰り道、ウンソクを家に送り届けるため車を運転していたボックに、ミングが危篤状態に陥ったとの連絡が入る。病院に向かったボックは兄の病室の前までウンソクを無理やり連れて行く。パニック状態になったウンソクはボックから逃れ病院を後にする。
釜山でのロケ中にアワビを見て、海で死んだ実母を思い出したウンソクは、発作に襲われる。その夜、ホテルを抜け出し海岸をうろつくウンソクの後を追ってきたボックは、突然ウンソクにキスをする。
写真で強請られ、以前にもあったと義母から聞かされたウンソクは、ミングが変ってしまったんだとミングを忘れることに。
ウンソクをミングの病室の前まで引きずっていったから、ウンソクが真実を知ったと思ったのに気付かなかったんですね。
ウンソクの母に何が起こったのでしょう。あわびやわかめを取りに海に潜って浜へあがってきたところを射殺されてしまいました。凶悪犯と間違われたのかな??幼いウンソクはあわびを掴んだまま死んだ母の姿を見てしまい、それがトラウマになって、今でもあわびを見るとシャックリが止まらず精神状態が悪くなるよう。撮影が中止になり、夜浜辺で泣いているウンソクに、ボックはいきなりキスを…。
気性の激しさを抑え、無表情で寡黙なボックが怖いです。

頑張れ!クムスン!Vol.12 第44話~47話

2009/01/26 (月)  カテゴリー/韓国ドラマか行 頑張れ!クムスン!

第44話 資金集め
借金取に1週間以内に300万ウォン用立てしないとクマを売ってしまうと脅かされたクムスン達は、職場で前借をしようとする。一方シワンの見舞いにソンランがやってくる。
入ったばかりなのに前借なんてできるはずありません。「何でも頼めば聞いてもらえると思って!!」とウンジュは冷たくあしらいました。ジョンシムはソンランのことをぶた女と怒ってたのに、お見舞いに来たら態度をコロッと変えるのね。可愛いオンマです。
第45話 借金の条件
クムスンは給料の前借のお願いにミジャの家を訪ねる。ミジャの好物のうどんを作ってあげたクムスンは特別に前借を許してもらう。足りない額をジェヒが工面してやろうと申し出る。
ウンジュに断られたのに店長の家まで押しかけるとは、なかなかいい根性してます。ジェヒが乗っていた乗り物は何?もっとよく見たかったなぁ。手際よくうどんを作るクムスンにミジャもジェヒも感心。150万を店長から借りることになったケド、残りをジェヒが美容院に連れて来た男の関係を教えてくれたら貸してやると言いました。気になって仕方がないのね~。そんな条件で大金を借りれないとクムスンは怒って帰ります。でも、叔母さんに辛く当られ切羽詰って、結局はジェヒから借りることに。「従兄です」としぶしぶ答えたクムスン。ジェヒはそれを聞いて上機嫌でした。
第46話 優しいお母さん
クムスンは疲労で寝込んでしまい、ジョンシムが徹夜で看病する。一方ソンランからやり直したいと言われたシワンは、失敗した結婚生活のことを聞く。ウンジュは家を出て独立したいと言い出す。
疲れがたまってたのね。寝込んだクムスン。ジョンシムが帰ってきてフィソンがおもちゃを散らかしてるからカンカン。でも熱があると知って、怒ったことを悪いと思ったのね。ギプスが取れたばかりなのにクムスンの看病をします。目が覚めたクムスン。嫌われてると思ってたと泣くクムスンに、ジョンシムは可愛いに決まってるじゃないと…。嫁と言うより娘みたいな感覚になってるのかな~。涙ものでした。
第47話 秘密の鑑定結果
クムスンの血液鑑定を密かにしていたギジュンは、ヨンオクへの腎臓移植に適合することを確かめる。クムスンはジェヒに借りた150万ウォンを早く返すため、シワンにお金を借りる。
検査結果は70%の適合率でバッチリだそうです。ジェヒは朝っぱらから浮き浮きしながらクムスンに電話。クムスンに素っ気なくされ、繋がるか確認しただけだと(笑)。クムスンに恋してるようにしか見えないんだけどな。
クムスンのハルモニがお礼を言いに行って、シワンに大金を借りたことがジョンシムにばれちゃったわ。またもめなきゃいいけどね。
クムスン45話 

太陽人イ・ジェマ~韓国医学の父~

2009/01/26 (月)  カテゴリー/韓国ドラマた行 太陽人イ・ジェマ

イ・ジェマ放送年月日 2002.7. 24~10.31
放送局 KBS
全話数 30話
主要キャスト
ハートBチェ・スジョン…イ・ジェマ
ハートPキム・ユニ…ソリ
ハートPユ・ホジョン…ウニョン
ハートBイム・ホ…チェ・ムナン
作品紹介
 「初恋」「海神」「大祚榮」と出演ドラマが軒並みヒットした“視聴率男”チェ・スジョン主演の注目作。共演は「サイボーグでも大丈夫」のユ・ホジョン、「商道」のキム・ユミ。  2002年KBS大賞でチェ・スジョンは人気賞を、キム・ユミは新人賞を受賞。平均視聴率24%を記録し、その年のドラマ視聴率争いで4位を獲得する。
 ホジュンと並び称される韓国医学の父イ・ジェマ。1894年に執筆された「東医寿世保元」は、現在でも韓国医学の原点とされている。
あらすじ
ホジュンが執筆した「東医宝鑑」をもとに四象医学を確立し、韓国医学の父と称された偉人イ・ジェマ(1836-1900)。妾の子として生まれ、重い持病を克服し、官職を辞してまで四象医学の確立につとめた波乱万丈の生涯を描く。
ひと言
 史劇ブーム?で軒並みDVD化されてますね。話しが長いので敬遠してしまうのですが、今の所ハズレはないです。30話が短く感じるから恐ろしい。頑張って観ます。

fc2.gif 

無敵の新入社員 第8話

2009/01/25 (日)  カテゴリー/韓国ドラマま行 無敵の新入社員

第8話
カジノの現場に突然警察が突入し、ガン、ウニョク、エリスは現場から何とか脱出する。 
インターポールとの作戦とガンの作戦が重なり大失敗に終わったことで、局長やウンヒョク、ヤン課長は上から大目玉を食らう。
その夜、ヤン課長はガンを連れてジュヨンが働いているバーへ行く。そこでガンは二人きりで飲んでいるウニョクとジュヨンの姿を見る。
ガンから呼び出されたユニはガンを恐れて自分の味方につけようとする。
一方、ガンの服からチップを見つけ、ガンを悪の道から救おうと奮い立った母親は、ガンの職場に乗り込むが、ガンが情報局の要員と聞かされる。
ウンヒョクがジュヨンと一夜を共にしたと勘違いしたガンは、ウンヒョクと殴りあいになる。
ガンの遠まわしなトークが誤解を呼びます。
母親から花札とか教えてもらっただけなのに、最高の指導者から訓練を受けるって…ものは言いようですね。
ユニは何か失くしたのね。それをガンが持ってると勘違い。ユニが取引を持ちかけてるのに、何勘違いしてるの~(恥)。
今度ばかりは息子を救わないとと決意するガン母、ガンの職場まで着いてきたのね。局長を悪のボスと思いフライパンで一撃。ガンが情報局の要員と聞かされ、保安教育を受けて満足して帰っていきました。
ガンはウンヒョクとジュヨンが揃って出勤するのを目撃。ジュヨンも彼のベッドで寝れたから感謝するわって、誰でも勘違いしますって。ジュヨンが好きなんでしょうか?ガンは部下に手を出すのかとウンヒョクを軽蔑。大事な作戦を台無しにされた上、侮辱されプッツン来たウンヒョクはガンに勝負を挑みました。ウンヒョク強いのね。ガンはボコボコに殴られてしまいました。

僕は君にほれた

2009/01/25 (日)  カテゴリー/韓国ドラマは行 僕は君にほれた

僕は君にほれた放送年月日 2008.4.21~10.18
放送局 KBS
全話数 156話
主要キャスト
ハートBユン・ヒソク…カン・ウジン
ハートPパク・タアン…ペ・ジウォン
ハートBキム・ヒョンソン…チョ・ミンソ
視聴日 2009.7.1
評価
   7
作品紹介
演出は「ローズマリー」のイ・ゴンジュン。2008年KBS演技大賞連続ドラマ部門でユン・ヒソクとパク・タアンは優秀演技賞を受賞。平均視聴率8~10%
あらすじ
ウジン、ウジョン、ドダムを始めとするギジョ一家は、母の忌日に海辺へ遠足に行く。
干物業をするジョムスンはジフンを尋ねてきた中年女性とひとしきりけんかをし、隠れていたジフンはドクペとジョムスンの小言に耳が痛い。海辺から帰って来たウジンは友達の結婚式の司会をしにホテルへ行ったところ、ホテルの前で美貌のジウォンに一目惚れしてしまうのだが…。
感想

続きを読む

新ソウルトゥッペギ 第56話~60話

2009/01/25 (日)  カテゴリー/韓国ドラマさ行 新ソウルトゥッペギ

第56話~60話
ジョンスクとカン社長がどこに住むかが問題になっています。ジョンスクは気まずいから家に入るのは嫌だと言ってるのですが、ジョンスクの母が反対。カン社長も長男が家を出てもまずいと思い、オクチャ親子は出て行かなくていけないのかと不安に思っています。
ジョンスクの弟は逆玉に乗って贅沢に暮らしているけど、母親は嫁に冷遇されてるよう。もしかして母親まで引き取ることになるのでは?
靴磨きのタルゴはトゥッペギでバイトしていたナンヒと意気投合。デートを重ねてるけど、お金持ちのように振舞うナンヒは水商売をしていたのではと、ミスンが疑っています。
マンボンがスジンとまた仲良くしてるのが気に入らないヘギョンは、クラブでマンボンとチークダンスをしてスジンに見せつけました。スジンやサークルの先輩にマンボンのことが好きなんでしょと指摘され、ヘギョンは自分の気持ちに気付き始めました。
ホームレス仲間に「物乞いはあんただ」とまで言われたアン氏。奮起するどころか腰を痛め働けず、拘置中のグァンホにたかる始末。グァンホの留守中家を借りたのですが、管理費が払えずグァンホに催促。グァンホは仕方なくお金を預けようとしたら、余分に貸してくれとどこまでも、ずうずうしい。
グァンホはスジン宛の手紙をアン氏に託し、チョ社長が偽証して自分が実刑になるかも知れないから証拠を探して欲しいと、スジンをまた利用しました。
このドラマを好きになれない理由は、人間の利己的で醜い部分を前面に出しているからだと思いました。

女人天下 第124話

2009/01/24 (土)  カテゴリー/韓国ドラマや行 女人天下(ヨインチョナ)

第124話
朝廷に復帰した希楽堂は、王妃に助かるためにはナンジョンの命を自分に渡すしかないと脅すが、王妃は断る。ナンジョンはウォンヒョンが生き残るにはペクから貰った賄賂を希楽堂に渡すしかないと、まず自分を家から追い出し、正妻から賄賂を渡すよう支持する。
華川君は希楽堂と手を組むために、彼が推薦した者を指定の役職に就ける約束を交わす。そして、福城君を賜死することで結束を固める。
メヒャンはイム氏の出仕及第のため、ナンジョンに店を預け俗世を断つ。
キョン嬪を裏切ったチャン尚宮は自責の念にかられ自殺を図る。
家を出たナンジョンは禁府の軍士に捕らえられてしまう。

希楽堂の天下が来るみたい。
華川君は誰とでも手を組むんですね。希楽堂の思いのままの人事となりました。ちゃんとウォンロまで復帰させたのね。華川君は利用されてるだけなのに、裏切られるとは思ってもいないよう。

ナンジョンがウォンヒョンの家で、息子や正妻に酷いことをし、駆けつけたウォンヒョンにまで暴言を。キルサンが死んで気が高ぶってるの?と思ったら、作戦なんですね。ふ~ん。見事ペクの50万両を計画通り希楽堂に渡したわ。これで助かるの?

それはそうと、タンチュが連れて来た小坊主は何者でしょう。将来大物になる人物??イム氏は妙香山にこもったのね。そこの僧侶も謎の人だわ~。槐馬って改名しろ?どういう意味なのでしょう。

流刑となった福城君にまで賜死の命令が下されました。キョン嬪とは違い毅然とした態度とまでは言えませんが、立派に自分で薬を飲みました。王位を狙った後宮の王子の哀れな最期でした。

ナンジョンは禁府のお役人に捕まったようだけど、袋に入れられるというとはどこかに連れて行って処刑されるのかな??(チャングムでいうならだけど) 

 

女人天下 第123話

2009/01/24 (土)  カテゴリー/韓国ドラマや行 女人天下(ヨインチョナ)

第123話
王妃はキョン嬪のために国を滅ぼすつもりですかと中宗を叱咤。世子も同様に賜死を請願するが中宗は意を曲げない。席藁待罪を続ける大王妃が吐血し、動揺した王は、キョン嬪の婿たちを召喚することで事態を収拾する。
判府事は世子の勢力が弱いためにこんな事件が起こると希楽堂を呼び戻すよう中宗に進言する。
光川尉と唐城尉が間もなく自白し、キョン嬪を救う名分を失くした中宗は、キョン嬪に賜死を福城君に遠流を命じる。キョン嬪は賜死の御命と知り愕然とするが、強制的に賜薬され、ついに息を引き取る。

栄華を極めたキョン嬪の最期でした。
世子も大勢に同調してキョン嬪の賜死を請願し始め、王以外誰もキョン嬪を救おうとはしなくなったのね。大王妃も私を殺すかキョン嬪を殺すかとまで言っちゃうし。キョン嬪の婿たちは拷問に耐え切れず嘘の自白を。一人は拷問中に亡くなったて。華川君も罪を被そうと必死だったのね。
とうとう賜死の命令を下した中宗。その夜、王妃は私を罰してと便殿に来たのですが、王が許すと分かってたのね。泣きながら薄っすら笑みを浮かべたのを見逃しません。
王からお酒を戴いて、宮殿に戻れるかもと期待してたキョン嬪。禁府の軍士らを見て愕然とします。「御命は賜薬なのか」と何度聞いたことでしょう。王が自分を見捨てたと信じられないキョン嬪は抵抗し、無理やり座らされ瓶ごと強制的に毒薬を飲まされました。すごく悲惨な光景でした。
非業の死を遂げたキョン嬪。彼女のキャラ、結構好きでした。もう、見れないかと思うと残念で仕方ありません。ラストは1曲まるまるキョン嬪の回想シーンでした。ドラマ制作側にとっても大きな存在だったと分かります。毎回ナンジョンの顔で終わるこのドラマ。始まって初めてキョン嬪の顔でしめくくりました。
キョン嬪の最期 

不汗党~プランダン 第3話

2009/01/24 (土)  カテゴリー/韓国ドラマは行 不汗党~プランダン

 第3話 夫の命日
毎年、亡き夫テオの命日が近づくと体調を崩すダルレは書店を欠勤する。取り立て屋から執拗に返済を迫られたオジュンは、連絡が途絶えたダルレに会うために自宅を訪ねる。ダルレは夫が帰ってきたと勘違いしオジュンを見て倒れてしまい、オジュンは慌てて病院に運び込む。その間、父にせかされてダルレの家を訪ねたジングは、ダルレの娘スンデを泣かせてしまう。
友人のマンドゥから部屋を追い出されたオジュンは、銀行員のヨナの部屋で一夜を明かすが、彼女に借金があり家も兄名義と分かると態度を変える。

チャン・ヒョクに3枚目の烙印を押してしまいそうです。
涙を流しながらぽかんと口を開けた表情も滑稽。居眠りから目が覚めたタルレは、いつまでも悲しんでると成仏できないよと言い残して去っていきました。
取り立て屋に殴られまた鼻血をだすオジュン。返済計画、つまり女を落とす計画を話すのですが、全て裏目に出て計画通りにことが運びません。
成仏できないと言っておきながらタルレは、夫の命日になると熱を出して寝込むのね。書店に姿が見えず心配したオジュンがタルレの家に。ちょうどその頃、夫が帰ってくる夢を見て、チャイムで飛んで出て行くのですが、いたのはオジュン。1分だけ戻してくれたらと言って倒れちゃった。オジュンは見捨てて行こうと思ったけど、病院までタルレを運びました。そしてまたオジュンは鼻血。とことん3枚目なのね。
その間にジングがタルレを尋ねてきて、娘スンデとご対面。スンデが飛行機してという意味が分からずタジタジ。子ども相手にバカ丁寧な言葉遣いで接するジングが最高。抱きつかれて驚きスンデをはねのけ、スンデは大泣き。タルレが帰ってきてすごすごと帰っていきました。
金を取れないと分かったオジュンは純情なヨナに、冷たい態度を取り始めます。最低だわ。慌てて帰ったから手帳を忘れてました。ヨナが見て復讐でもする??
唯一本心をさらけ出せる親友に、あんな態度はないでしょう。マンドゥは怖いとオジュンに背を向けました。
落ち込んだオジュンですが、ダルレが話しかけてきて、引っかかったとばかりに目を輝かせました。次回に。
ジング ジング

無敵の新入社員 第7話

2009/01/23 (金)  カテゴリー/韓国ドラマま行 無敵の新入社員

第7話
ガンはヤクザの友達に違法カジノ事業を手伝って欲しいと誘われる。ユニも来場すると聞いて話に乗るガン。情報局のヤン課長に潜伏捜査についての企画を話すが、正式な文書で提出しなおせ言われ、ジュヨンの手を借りる。企画を見たジュヨンはガンと仕事をすることに。
違法カジノの潜伏捜査の日。カジノにガンが来たのを見てユニは驚く。そこへ、エリスと接触を図ろうとする台湾のキム社長を追ってウンヒョクも姿を現す。ところがカードが配られとすぐ警察がやって来る。
ウンヒョクの過去がよく理解できません。
ウンヒョクはユニの友だちと結婚したよう。NYで奥さんは事故死。ユニとはいつ付き合ってたのか分かりません。
要員がハッカーしてて、ユニがガンの弟とも付き合ってることが分かり、メールの発信元が掴めず、ユニが怪しいってことになったけど、ウンヒョクは何も言わないのよ。ユニ=エリスと気付いてないのね。
ジュヨンの行動を見ていたらウンヒョクを好きだとバレバレ。ガンは企画書作成と男を虜にするテクニックと交換。そんな話にジュヨンが乗ってくるとは。企画書を作りながら、フレンチキスの話しなどして盛り上がってたら、ウンヒョクが入ってきて、自分の仕事をしろと一喝。ジュヨンを連れて帰るのですが、ガンの企画が面白そうと言うジュヨンに、通行人の写真を取って素行調査をしろ、面白そうだろと意地悪をしました。
ウンヒョクが家に帰ってみるとユニが部屋に上がりこんでいて驚きます。昔を思い出しユニがウンヒョクに甘えるんだけど、奥さんの写真を理由にしユニを帰しました。何に考えてるかさっぱり分からないな~ウンヒョクは。
ガンがいねむりしているところへヤン課長が入ってきて、ジュヨンが作った企画書を見て、勝手に納得するヤン課長(笑)。人を見る目がないのね。続きを仕上げてウンヒョクに許可を貰いに行きました。ウンヒョクもジュヨンが手伝ってたって気付かなかったのね。
ホテルの広間みたいなところでカジノが行われ、ここでエリスは情報交換するつもりだったのね。ガン、ユニ、ウンヒョクは5人でカードゲームを。お手並み拝見と思ったら、誰が呼んだのか警察が来ちゃったよ?? 続きは次回に持ち越しです。



サムデイ 第6話

2009/01/23 (金)  カテゴリー/韓国ドラマさ行 サムデイ

第6話 母との再会
ジンピョは、はなの母親の消息を掴み、はなを韓国に呼び寄せるが、はなの母親は入院中の病院を抜け出してしまう。ジンピョはソンマンに、はなの母親を捜すよう頼む。夫の工事現場で発見された母親は屋上から飛び降りるが安全ネットで助かり、ジンピョのシルバータウンで療養することになる。
はなは母親を受け入れられず、はなの母親は夫が死んだショックで精神的に不安定な状況になっていた。居たたまれないはなは、クミコの足跡をたどるため釜山に向かうと言い出し、ソンマンも同行する。

そんな人は知らないと言ったはなを、祖母は「一度会ってみて、受け入れないならおまえが母親を捨てなさい」と説得し、はなはソウルへ。
ソンマンの一言であちこちにいる知り合いが人探しを手伝ってました。彼の人柄が窺える場面でした。ソンマンは家に残された絵の色使いを見て、はなの母親だと気付くのでした。失語症に拒食症の状態と聞いて、母親の身の危険を感じたソンマンとはな。何年も母に会ってないはなに「手がかりはない?」と聞いても…ちょっと考え込んで「父の工事現場は?」と答えるはな。って、肝心なとこ探してなかったんですか!? 行ってみるとすでに母親は屋上に。ソンマンの声掛けで下に落ちちゃった!!思わず息を呑んだけど、ネットに引っかかってセーフ。
完全に精神を病んでしまった母を見て動揺するはな。ジンピョははなを見つめ抱きしめました。「もうそろそろいい?」と離して欲しいはなに、「これは治療だよ。癒してあげる」と言うジンピョ。その言葉を聞いてはなもジンピョの胸に顔をうずめるのです。こんな時のジンピョは大人の包容力を感じさせ素敵…。
その現場をソンマンとヘヨンが目撃しちゃって、2人でドンペリでヤケ酒。2人とも自分の気持ちに正直じゃないのです。
アニメコンテンツ会社に勤めてるヘヨン。部下が持ってくる愛の物語を却下し続けていたヘヨンですが、ソンマンの全てが愛につながるという話を聞いて何かひらめいたようね。恋愛話も受け入れることにしたのかな?
ジンピョのことを褒めたのに、こんな精神状態で二人を合わせるなんて…母親は背を向け、はなは体が激しく拒否して嘔吐しまくる始末…。時期尚早でした。
とりあえず、できることがないからと、はなはクミコさんの日記をたどって釜山へ行くと。ソンマンも自分の意思でついて行くからと、ジンピョが出した報酬を拒否。彼女を守りたいからだと話しました。それって、ライバル宣言!?
ソンマンの用意したお菓子を取り上げ、自分が買ってきたドーナツを持たせ、ソンマンの携帯ではなとジンピョの写真を待ち受けにするジンピョ。セコイところがお茶目。内心と裏腹、余裕の表情でソンマンとはなを見送るのでした。

人魚姫 第3話 2人の出会い

2009/01/23 (金)  カテゴリー/韓国ドラマな行 人魚姫

第5話 婚約者の存在
出演依頼の件を母から聞いたイェヨンは、取材依頼に応じないウナのドラマに出演することなどないと吐き捨てる。イェヨンの婚約者が「テヤン日報」社会部記者のジュワンだと知ったアリヨン。次回の脚本の題材のためと偽り、偶然を装いジュワンに取材協力を申し込む。その頃、ソンミは従姉のヘリから彼女が勤めるブティックに常連客としてスジョンが訪れていることを聞かされる。
第6話 2人の出会い
アリヨンとの約束の場に現れたジュワンは、女性脚本家に抱いていた悪いイメージを一新した彼女に好印象を受け、取材に協力することを約束する。その頃、ブティックを経営するスアは、ヘリの従姉ソンミが、アリヨンの親友である事実を聞かされる。スアとアリヨンの母キョンヘは昔から親交があり、長らく音信不通になっていた。スアは、キョンヘに会いたいとヘリに連絡を取ってもらう。
綿密に計画を立てて実行に移してるのね。
アリヨンは今から収録するドラマの脚本は既に書き上げ、次のドラマの取材のためとジュワンに近づきました。ジュワンには本名を名乗り、気さくで良い印象を与えました。ジュワンがいい男なのでアリヨンが本気になるのね。
うっかりアリヨンの話しをしたソンミのように、人の口に戸は立てられないのよね。ジュワンはアリヨンとの秘密を守れるのでしょうか。
ジュワンの家族は仲が良く幸せそうです。夫婦の仲が冷めているとは言うものの、妻の黒豆ジュースのお陰で白髪がないと夫は自慢し、周りも夫婦仲を良くしようと盛り上げています。
スアの娘マリンは眠れないと家の中でテントを張って寝るそうです。変った子でイェヨンが毛嫌いするのも分かるような気がします。
ジュワン ジュワン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。