スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家門の栄光 13・14話

2009/12/31 (木)  カテゴリー/韓国ドラマか行 家門の栄光

第13話
宗家の法事が気になるチョンガブは直接マンギ会長宅を訪ねる。家の人々とあいさつを交わしたチョンガブは宗家の法事を見終わると、村老たちから質問されるが、その質問にチォンガブは家柄を自慢しているようで話せないという話でごまかす。ガンソクにモーションをかけるチュジョンはガンソクの服に水をこぼす。服にアイロンをかけるダナをガンソクは深い視線で眺めるが…一方、ダナに歴史の勉強を学びたいというヨンジャの提案にチョンガブはソクホ社長を訪ねて提案するが、ソクホは負担を感じる。結局マンギ会長がダナを呼んで意思を聞いてみるが…

第14話
ガンソクの家に到着したダナはヨンジャと歴史の勉強に対する意見を問うが、ヨンジャは骨董品に関する勉強をすると言う。そちらは専攻ではないため、役に立てるかどうか分からないと言うと、ヨンジャは大騒ぎをし始め、ダナは怪しく思う。授業を終えたヨンジャは電話で学んだ授業内容を誇りながらぺちゃくちゃしゃべる。ガンソクの経営参加に不満なテヨンは、スヨンとともに帰り道にお父さんと一杯飲もうと言いながら、ソクホの事務室に入って行くが、その時ヨンインを抱きしめているソクホを見てしまい…

スポンサーサイト

黄金の新婦 第59・60話

2009/12/31 (木)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 黄金の新婦

第59話「跡継ぎの発表」
オッキョンがソマン食品の下請けの件を疑っているのに気づいたソンイル。必死に止めるが、オッキョンは独自に調べ回る。一方、3次試験の準備に追われるジヨンはヨンミンに対し自分が勝ったらやり直してとお願いする。

ソンイルから叱られたけど、オッキョンはしつこく調べるのでした。
工場へ直接出向き、社長秘書の指示と知ったオッキョンは、
さらにジヨン母が残していったメモを見つけ、ジュヌのところへ。
深い縁のことを問い詰めるのですが、ジュヌは何も語らずソンイルから聞くべきと。
黄金の新婦59話 
勝ったら許してとヨンミンに嘆願したジヨン。
愛してるなら過去を乗り越えられるはず。義父たちもきっと大丈夫なはずと。
ジヨンが言ったら大丈夫じゃなくなりそうだわ。

ジンジュは回復し、3回目の対決をすることに。
試作品が上手くいかず悩んでいるとジュヌが気分転換しようと市場へ連れて行きました。
そこで何かヒントを得たジンジュは、自信を持って挑みました。
最後の対決は審査員を二人増やしての公正な評価。
結果は、紅参の香りが残るように工夫したジンジュの勝ち。
ジンジュはボンニョの跡継ぎに任命されることになったのですが、
父と会わないためにも先生から離れると辞退してしまいました。
第60話「母娘の再開」
ジンジュの母がついに韓国へ来る。そして、このことを耳にしたソンイルは思わず動揺する。一方、跡継ぎになれず落ち込むジヨンは、一方的に自分を侮辱するオッキョンへの怒りで決して言ってはならないことを口にする…。

ジュヌと話した後、オッキョンはソンイルに会いに行くのだけれど、
ソンイルは「事実無根だから話すことがない。こそこそせず品位を保て。」と怒鳴られてしまいました。

ジンジュ母が韓国にやって来ました。
お父さんは見つけれなかったと嘘をつくジンジュでしたが、
ジンジュ母は同じ空の下にいられるだけでも幸せだと。
大きな病院で目の診察もしてもらうのですが、もはや手遅れで失明は確実だとの宣告を受け、
二重の辛さをジンジュは抱えるのでした。
そんなジンジュを心配したジュヌは、ジンジュとジンジュ母を観光に連れ出し、
娘と母は楽しいひと時を過ごしたのでした。
黄金の新婦60話 
ジンジュ母が韓国にいると聞いて動揺したソンイルはボンニョの元を訪れました。
心安らぐ日がなく苦しいと愚痴をこぼし、
どうしたらいいかわからないと泣き崩れていました。

辛い思いに耐え切れなくなったジンジュもまた、ボンニョのところへ。
ソンイルの説得を頼みました。

ジンジュが辞退したと聞いて、喜んでボンニョの元へ駆けつけたジヨン。
ですが、素質も闘志もあるけど心がないから、跡継ぎにはできないとはっきり断られてしまいました。
こんなに張り裂けそうな気持ちでいっぱいなのに愛じゃないの?と反したジヨンですが、
欲や執着を捨てて、自分よりも相手を思いやるようにとたしなめられてしまいました。
跡継ぎになれず絶望し家に戻ったジヨンですが、
オッキョンから頭ごなしに叱られたためけんか腰になり、
明日ボンニョの店に行けば真実が分かると言い放ってしまうのでした。

翌日、ボンニョの店にジンジュとジンジュ母ジュヌが食事に招待され、
そこへソンイルが入ってきました。
見るに見かねたボンニョが一席設けたんですね。
次回は嵐がやって来るようです。



君は僕の運命 125~128話

2009/12/30 (水)  カテゴリー/韓国ドラマか行 君は僕の運命

第125話 「僕は諦めない!」
 ミンジョンがテプンとユリの結婚を許したと知ったホセはショックを受け、ミンジョンにセビョクとの結婚は諦めないと宣言する。テプンとユリに遭遇したホセは怒りをぶつけ、テプンと殴り合いに。そこに現れたセビョクはテプンの味方につくが…。

第126話 「セビョクの気遣い」
 結婚を焦るホセにセビョクは、これ以上母親を苦しめてはいけないと説く。それを聞いたミンジョンは心が動くが、それでもユリとテプンの結婚話を進めることに。テプンとユリの結婚について話し合う家族に、セビョクは自分のことなら気にしないでと話す。

第127話 「冷たくなったホセ」
 デジンはカン会長にテプンとユリを結婚させようと話し、両家の顔合わせも決まる。だが、ヨンスクはあくまで反対の考えを崩さない。蒸発していたホセが戻り、仕事の鬼に変わってしまう。そしてセビョクにも冷たい態度で接するのだった。

第128話 「お互いの嫉妬」
 両家の顔合わせの席に遅れてやってきたヨンスクは、偶然ユリの妊娠を知り憤慨。2人の結婚を認め、同居させると言い出す。ギョンウがセビョクに親しげに接するのに苛立つホセ。スビンも2人が気になり、ギョンウに手を出すなとセビョクに釘を刺す。

麻婆鍋

2009/12/30 (水)  カテゴリー/料理 鍋物

最近いろんな種類の鍋つゆがお店に並んでますね。
主人の実家から白菜をたくさん頂いてきたので鍋にしようと買い物に出たら、
長女がこれ食べてみたいと「麻婆鍋つゆ」を持ってきたので作ってみました。

麻婆鍋つゆ mizkan

【材料】
 牛・豚挽肉200g、白菜、白ねぎ、にんじん、しいたけ、豆腐、
 にんにくの芽、春雨、ごはん(〆用)

麻婆鍋 

早く撮ってと急かされたので美味しそうに撮れませんでしたが、味はとってもgood266
豆腐は言うまでもないのですが、にんにくの芽がアクセントになって後を引く美味しさ。
次から次へとお代わりしてしまいます。
少しピリッとしますが、うちの子たちは平気でしたよ。
鍋用の平春雨を入れたのも良かったみたいで、
子どもはとても気に入って春雨ばかり食べていました。 

〆は煮詰まってトロっとなった具をご飯の上にかけた麻婆丼。
これもまた美味い。
私は結構感動したのですが、子どもは、「普通の麻婆丼じゃん。」と
至って冷静な返事が返ってきました。
これは去年のカレー鍋に次ぐmyヒット商品です。
騙されたと思って一度試してみてください 笑 


 

みんなでチャチャチャ

2009/12/29 (火)  カテゴリー/韓国ドラマま行 みんなでチャチャチャ

みんなでチャチャチャ放送年月日2009.6.29~2010.1.29
放送局 KBS
全話数 155話
主要キャスト
ハートPシム・ヘジン…ハ・ユンジョン
ハートPパク・ヘミ…オ・ドンジャ
ハートBオ・マンソク…ハン・ジヌ
ハートPパク・ハンビョル…ハン・ジンギョン
ハートPイ・チョンア…ハン・スヒョン
ハートPチョ・アン…カン・ナユン
ハートBイ・ジョンス…イ・チョル
ハートBイ・ジョンウォン…イ・ジュヌ
作品紹介
 「ぶどう畑のあの男」で田舎男としてユン・ウネと共演したオ・マンソク、「ファンタスティックカップル」でかわいらしい悪女役を演じたパク・ハンビョルなどのキャストで送る2つの未亡人家族を描いた愉快なホームドラマ。10%台でスタートするも視聴率は徐々に上昇。100話から30%を超え、「善徳女王」「IRSI」に続き視聴率ベスト3に君臨した。
あらすじ
同じ日同じ時間に未亡人になった二人の女。自分のせいで夫が失踪したという罪悪感で嫁ぎ先の家長となったハ・ユンジョン。生活が厳しく義理の妹ハ・ユンジョンのご機嫌をとらなければならないオ・ドンジャ。厳しい現実の中で人生の同伴者となり生きてきた二人の女には、仇になるしかない事情があった。それはまさに子どもの問題。お互いの娘が恋敵になったら?そして死んだと思っていた夫がオ・ドンジャの息子の義父となって現れたら?果たして二人の女はどれくらい息のあったところをみせてくれるか?
ひと言
乗りのいいオープニング曲が頭から離れません。
豪華キャストなので高視聴率も納得。
イ・ジョンスが悪役で登場したのにはがっかりでしたが、なかなか面白いです。

走れサバ

2009/12/27 (日)  カテゴリー/韓国ドラマは行 走れサバ

走れサバ放送年月日 2007.5.12~6.30
放送局 SBS
全話数 8話
主要キャスト
ハートBイ・ミンホ…ゴンチャン
ハートPムン・チェウォン…ユンソ
On Air
 12月27日~衛星劇場
作品紹介
 「花より男子~Boys Over Flowers」で大ブレークしたイ・ミンホの初ドラマ主演作。 実写にアニメーションを結合させた「ドラマトゥーン」という新しいジャンルに挑戦。ミステリアスな転校生ユンソ役に『風の絵師』のムン・チェウォン、勉強もスポーツも万能で学校中の女子の憧れの的ホン役に『ワーキングママ』のクォン・セインなどフレッシュなキャストで贈る爽やか系学園ドラマ。
 全24話の予定であったがSBSと外注制作会社とのトラブルにより8話で幕を下ろした。
あらすじ
 ゴンチャンが通うのは超一流の名門私立高校。サッカーの決勝戦でなんとオウンゴールをしてしまいゴンチャンは学校中から鼻つまみ者になってしまう。
大好きなサッカーをやめて退学しようとしていたゴンチャンだったが、そんな矢先、クラスに転校してきた美少女ユンソにひとめぼれをして学校に通い続けようと思い直すのだった。しかし、そこには大きな問題があった。出席日数が足りず、なんとあと1日でも欠席したら退学処分になってしまうのだ。
ゴンチャンは恋も学校生活もあきらめないと決心し学校に通うのだが、ゴンチャンを退学させようと次々に邪魔が入る。はたしてゴンチャンの夢と恋は叶うのか?
ひと言
ドラマトゥーンっていうジャンルは初めて観ます。面白いかな??
F4でブレイクしたイ・ミンホ。
ラッキーボーイだと勝手に思い込んでいたのですが、
過去にこんなトラブルがあったとは驚きました。


黄金の新婦 第57・58話

2009/12/26 (土)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 黄金の新婦

第57話「残酷な対面」
ジヨンはボンニョに公平な審査をお願いするため、ジンジュの正体を知っていると話すが、ジンジュに聞かれてしまう。ジンジュは思わず飛び出し、ソンイルに会いに行く。しかし、ソンイルはすがるジンジュを冷たく突き放す…。

ジヨンとボンニョの会話で、ジンジュがついに真実を知ってしまいました。
ソンイルに会いに行き、母と会ってほしいと泣きすがるジンジュでしたが、
ソンイルは、「認められないから忘れろ、娘なんかいない。」と拒絶しました。
ジュヌが駆けつけジンジュを連れ出すのだけど、可哀想過ぎ、ソンイル氏あんまりだわ~
ジュヌは僕が代わりになんでもするから苦しまないでと慰めるのだけど、
ジンジュは翌日もソンイルの会社に出かけるのでした。
この事態に気づいたヨンミンは、「認めないからジンジュを会社に近づけるな。」とジュヌに警告。
ジンジュは妊婦なのに外で何時間も待ってたよう。
母の写真をソンイルに見せたかったんだって。
そんなジンジュを見てジュヌもほとほと困惑。
「僕だけじゃ満足できない?傷つくのを見たくないのに。」と。
黄金の新婦57話 
ジュヌを悩ませてると気付いたジンジュは、未練は捨てるから試験だけは受けたいと言い始めました。
でも何だか具合が悪そうです。
そして試験の日。
「棄権するかと思ったわ。もう後ろ盾は通用しないわよ。」と皮肉たっぷりのジヨン。
やっぱり、あなた憎たらしいわ!!
第58話「ビョルの命」
ジンジュは2次試験に臨むが、ソンイルのことで準備不足の上にストレスが重なりお腹を抱え倒れる。一方、オッキョンに度重なり嫌味を言われたジヨンはソマン食品の下請けのことは自分の指示ではないと言い放ち…。
体調の悪いジンジュ。
どうにか餅のケーキを作ったのですが、塩加減が悪かったらしく、
ボンニョに叱られてしまいました。
それと同時にお腹に激痛が走り倒れてしまうのです。
流産しかかったけど、お腹の子は大丈夫でした。

試験には勝ったものの、自分の服にもジンジュの血をつけて帰ってきたジヨン。
「私の生き方は間違ってる?」とヨンミンに反省めいた言葉を投げかけてました。
もしかしてこのまま改心するのでしょうか?
だったら救われるんだけどね。

ジンジュが入院したとヨンミンから聞かされたソンイル。
悩んでましたが、ジンジュのお見舞いに。
否定はしたものの、娘が心配だったのね。

ところが、ジュヌが戻ってきて、ソンイルの姿を見るなり、
「妻の血を全部入れ替えてあげたいくらいだ。」と興奮して怒るのですよ。
「もう関係ないはずだ。」と廊下でもめていると、
そこへ、またヨンスがひょっこりやって来て…。
何とかその場を誤魔化した二人ですが、
ヨンスは、二人が病院で言い争いをしていたとオッキョンに話してしまうのです。
夫が何故見舞いに?と疑問に思ったのですが、
そこへジヨンが帰ってきたので、ソマン食品のことを問い詰めることに。
オッキョンに元恋人の家を援助したと言われ憤慨したジヨン。
私のほかにソマン食品を助けたいと思ってる人がいると言ってしまうのでした。
それを聞いてますます不審に思ったオッキョンは、秘書に調べてもらおうと電話を。
それを聞いていたソンイルは激怒して携帯を叩きつけ…で次回へ。
黄金の新婦58話 

ヨン・ゲソムン 第39・40話

2009/12/25 (金)  カテゴリー/韓国ドラマや行 淵蓋蘇文(ヨンゲソムン)

第39話「勇将カン・イシク」
遼河を渡ったことに喜びを隠せないヤン・グァンだったが、高句麗のカン・イシクに隋の将帥3人が続けざまに倒されるのを目の当たりにして動揺する。一方、高句麗の早衣たちは、隋の兵糧基地に奇襲を仕掛け、食料・武器・軍需品を全焼させる。ヤン・グァンはカン・イシクをはじめとする高句麗軍を“最強の敵”と脅威を感じつつも、遼東城の陥落に執念を燃やす。
カン・イシクの強さに圧倒された隋軍は、びびって後退を始め仕切りなおし。
何十倍もの兵がいるのに思うようにことが進まないと愚痴をこぼしているところに、
100万石もの食料が燃えたとの知らせが。
グァンは戦いを前にして不吉だと言ってましたが、
言葉通り、数日攻めても遼東城は陥落しないのでした。

隋のヒョンガムは今がチャンスだとイ・ミルに皇帝に反旗を翻そうと言うのですが、
戦況を見守るべきだとイ・ミルは焦らずに待つことを助言しました。
第40話「疲弊」
遼東城の攻略に躍起になるヤン・グァンは「兵の死体で山ができようとも必ずや陥落させろ」と命じるが、高句麗の巧みな攻防に歯が立たず、長引く戦況に逃げ出す兵も現れる。一方、高句麗軍も続々と投入される隋兵との戦闘に疲労の色は濃く、鉄壁といわれる遼東城の城壁の一部が破壊される。その頃、隋のネ・ホア水軍は、高句麗軍の裏をかく巧妙な秘策を進めていた―
遼東城攻めに時間がかかっています。
他の城も攻めてるはずなんだけど、そっちの戦況はどうなのかな?
水軍は王の指示で別の場所から攻撃をするみたい。
密偵にバレないよう作戦はネ・ホア将軍しか知らないよう。
高句麗の水軍は裏をかかれることに??

戦が長引き、隋の民はますます飢えていってます。
ヒョンガムは、好機を逃したくないと焦っています。
今のところはイ・ミルの言うことを聞いていますが、
勝手に挙兵しそうな気がします。
焦りは禁物なのにな。

完全なる愛

2009/12/24 (木)  カテゴリー/韓国ドラマか行 完全なる愛

完全なる愛放送年月日 2003.10.4~12.21
放送局 SBS
全話数 24話
主要キャスト
ハートPキム・ヒエ…ハ・ヨンエ  
ハートBチャ・インピョ…パク・シウ  
ハートPイ・スンヨン…ムン・ジナ
視聴日 2009.9.25
評価 
   7
作品紹介
「星に願いを」「英雄時代」などで知られるチャ・インピョの代表作。不治の病に侵された妻を献身的に支える夫と子供達の夫婦愛・家族愛を丁寧に描いて平均視聴率24.6%、最高視聴率31.0%を記録。「バリでの出来事」をおさえて、04年百想芸術大賞でテレビ部門大賞を受賞した。脚本は「お母さんに角が生えた」「私の男の女」など数々のヒット・ドラマを手がける韓国ドラマ界の大物脚本家、キム・スヒョン。
あらすじ
 裕福な家の次男シウと結婚したヨンエ。シウの両親は、優秀な次男を年上で生活に追われるような家の女に奪われたことが気に入らず、ヨンエを疫病神扱いしていた。それでもヨンエは、自分を深く愛してくれる夫と2人の子供達に囲まれ、幸せに暮らしていた。ある日ヨンエは、義姉に連れられて行った健康診断で、自分の体が不治の病に侵され、余命いくばくもないことを知る。絶望と不安で押しつぶされそうになるヨンエを、夫のシウが懸命に支える日々が始まる。
感想
病気ものと知っていたのでなかなか手がつきませんでした。
チャ・インピョssiがちょっぴり苦手でしたが、このドラマで好きになりました。
キム・ヒエの迫真の演技は、お見事としか言えません。
子役の演技にも涙、涙。

「青春の罠」の作家さんということで、台詞がまた憎い。
露骨かつ辛辣な台詞まわしで、上手いこと言うな~と何度も感心させられました。

ここからネタバレです。

続きを読む

家門の栄光 11・12話

2009/12/24 (木)  カテゴリー/韓国ドラマか行 家門の栄光

第11話
ダナはヨンインにワカメスープを作ってあげようと家を訪ねる。ヨンインは宗家で育つとみんなそのようになるのかと聞くと、ダナは祖父が真心を込めてつけてくださった名前に反さないようにして生きようと思って生きているからそうなのだと答える。ヨンインはダナにソクホと結婚することができない理由を正直に言い、ひとりでいたいと言うが、ダナはそうは出来ないと静かにスープを作る。一方、ガンソクはダナの学校を訪ね、デソン建設が危機に瀕しているという事実を知っているのかと、家系図を渡せばデソン建設を助けることができると言うが…

第12話
歴史の勉強会に参加できないという連絡を受けてショックを受けたヨンジャに、ガンソクはどう考えてもその集まりのおばさんたちがヨンジャの美貌にやきもちを焼いていてそうしているようだとヨンジャを慰める。ヨンインはソクホに電話をかけ、一人で食事したくないから一緒に夕飯を食べようと提案するが、ソクホは自分が男だということを忘れて暮したいと断る。ダナはハ会長にお兄さんたちが言うことを聞いたと、チォンガブたちは手を組んではいけない人々である可能性があると、考え直してはどうなのかと問うが、ハ会長は私たちが開いた事に故郷の人々の血税が無駄使いされることを見てばかりいることはできないと、ガンソクにどうかその心だけわかっていてほしいと言う。一方、ドンドンが高祖父の部屋で三国志を読んであげる姿を見たハ会長とダナは高祖父の部屋の前で微笑むが…

トマト鍋

2009/12/23 (水)  カテゴリー/料理 鍋物

カゴメのCMを見て気になっていたので試してみました。

トマト鍋 
           【材料】
鶏もも肉 350g、 ウィンナー 4本、キャベツ 1/2個、玉ねぎ 1/2個
にんじん 1/2本、しめじ1パック、水 2カップ(400ml)

トマト鍋  トマト鍋

家で作る鶏肉のトマト煮込みの味を想像していたのですが、
期待を裏切り、極甘の味…。
子どもは酸っぱくないので喜んで食べていましたが、
大人の私たちは受け付けない甘さでした。
キャベツや玉ねぎの甘さも加わったからかな~??
コクがあってまずくはないんだけど、
「甘~い」と言わずにはいられませんでした。

オムライス  〆のオムライス

〆はオムライス。
ご飯を入れ、汁気が無くなるまで煮込みます。
お好みでトマトケチャップを加れば更に旨みがアップということで、ケチャップも投入。
解いた卵(2個)を流しいれ、蓋をして3~4分蒸らします。
ふわふわ卵のタイミングが食べごろです。

見た目は上手に仕上がり、子どもは大喜び。
ふわとろの卵を奪い合って食べていましたが、
やっぱり大人には満足できないボケた味。
ケチャップを入れて酸味は強くなったけど、
塩を足せばよかったかなというお味でした。

何だかイマイチだったので、カゴメのHPを見てみると、
「甘熟トマト鍋」は、子ども用に開発された商品なんだそうです!!
子どもの「おいしい」「楽しい」を追求し、家族みんなで食べれるように、
酸味の少ない南欧産トマトに、ブイヨン、チーズでコクを出したとのこと。
「なるほど。」と感心しましたが、自分中心の私は子どもがせがむまで買わないだろうと思います。

君は僕の運命 121~124話

2009/12/23 (水)  カテゴリー/韓国ドラマか行 君は僕の運命

第121話 「私たち、別れましょう」
 ホセに突然の別れを告げるセビョク。結婚はしないという残酷な言葉にホセは打ちのめされる。内心の苦しみを隠し、セビョクは家族にホセと別れたことを告げる。一方、ユリはテプンとの結婚を認めてもらうため、ミンジョンに妊娠したと嘘をつく。

第122話 「ホセの暴走」
 何としても別れたくないホセはセビョクに婚姻届を出すと告げる。驚いたセビョクはホセを追いかけ、書類を取り上げ破ってしまう。テプンはヨンスクにユリと付き合っていると明かすが、セビョクのことを考えたら別れるべきだと反対される。

第123話 「テプンとユリの問題」
 テプンとユリが付き合っていることを知ったカン会長は反対するが、ミンジョンはホセとセビョクを別れさせるためにも、2人を結婚させることにし、ヨンスクを呼び出す。一方、スビンはホセとセビョクが別れたことを知る。

第124話 「テプンの結婚宣言」
 キム家では、ミンジョンがテプンとユリの結婚を許したと知り驚く。だが、大反対する家族にテプンは本気だと反発する。さらに、カン会長に呼び出されたテプンは、「ダメな者同士」と言われて憤慨し、ユリとの結婚を宣言する。

堂島ロール

2009/12/22 (火)  カテゴリー/スイーツ

堂島ロール 堂島ロール1200円

人気の衰えることのない堂島ロールです。
未だこれを買うのに行列ができているとか。

堂島ロール断面  カットするとこんな感じ

人気の秘密はフワフワのスポンジにたっぷりのクリーム。
ミルキーな生クリームは病み付きになるお味で、
生クリーム嫌いの次女に「美味し~い328」と言わせた逸品であります。

愛知の実家に帰省した時のことです。
妹夫婦とケーキの話題になって、
堂島ロールを食べたと自慢しようと思ったら、
「あれは美味かったな~。」と返ってきました。
名古屋にも支店ができたんですね。知らなかったわ。

そこで、早速名古屋店のHPを覗いてみると、な、なんと堂島チョコロールなるものを発見!!
なんでも 、名古屋伏見店限定販売品だとか。
これはぜひ食せねば~。
よく調べてみると、チョコロールは時間販売がなく、10時開店の30分前には並ばないと買えないよう…。
ちょっと戦意喪失しましたが、正月明けに帰省するので、機会があればチャレンジしてみます。

堂島チョコロール堂島チョコロール1575円


黄金の新婦 第55・56話

2009/12/21 (月)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 黄金の新婦

第55話「ジヨンの直感」
ジュヌとソンイルの密会に疑問を持ったジヨンは2人の間に何かあることに気づく。一方、ソンイルはジュヌの説得とヨンスの自分への想いについに心が動く。しかしそんな中、ジヨンはソンイルの机からあるものを発見し…。
ジュヌはソンイルに、ジンジュの父であることを秘密にするからセミたちを許して欲しいと頼みました。
息子思いのオッキョンはすでにセミとのことを許していて、ソンイルも秘密にするならと折れることに。

ソンイルがジンジュの父では?と感づいたジヨンは、ソンイルの引き出しから数珠?を見つけ、
そこに書いてあるベトナム語をジンジュに尋ねました。
ジンジュから母の洗礼名と同じだと聞いたジヨンは、ジンジュの番組を見てソンイルのパスポート名を確認。
ついに、ソンイルがジンジュの父だと突き止めました。
黄金の新婦55話 
第56話「異母兄弟」
全てを知ったジヨン。ヨンミンにジンジュのことを話す。そんな中、ヨンスとセミの婚約式でジンジュは自分を見つめるヨンミンに気づく。一方、跡継ぎへの危機感を抱いたジヨンはジュヌにジンジュを棄権させるように脅す。
切り札にするのかと思いきや、すぐヨンミンに話しちゃったわね。
ジヨンは、ボンニョの様子からこのことを知ってるに違いないと思い、
ジンジュが血縁関係なら勝ち目はないと心配し始めるのでした。

セミとヨンスの婚約が決まり、ハンスクとオッキョンは和解。
こんな日が来るなんてと喜び合ってます。

一方、ヨンミンはソンイルに事実を確認。
父の裏切りに腹を立て、母やヨンスには知られないよう騙し通してと。
ジヨンには、「このことが母たちに知れたら即離婚だ。」と脅しました。

そしてセミとヨンスの婚約式。
ヨンスの後遺症は心配ないみたいね。
親族だけで和やかに進んだものの、ジンジュの父の話題になり、
もともと人のいいオッキョンが同情して、自分の夫とも知らず、ジンジュ父を激しく非難。
動揺したソンイルは水をこぼしてしまいました。
もっと堂々としてないと隠し切れないよ~。

ヨンミンはジンジュをどう思ってるのか今一分かりません。
ただジンジュの母が韓国にやって来ると聞いて焦ってました。

1ヵ月後に餅ケーキの試験をすることになったのですが、
ジヨンはジュヌにジンジュを棄権させろと言い出しました。
ジンジュに父親のことをバラすと脅したのですが、
事実を明らかにして婚家から追い出されるようなマネはしないはずと
あっさり断られてしまいました。
打つ手のないジヨンです。
黄金の新婦56話 






黄金の新婦 第53・54話

2009/12/20 (日)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 黄金の新婦

第53話「ヨンスに迫る黒い影」
ソンイルがセミの前に現れ、無理やりヨンスを連れ去ろうとする。一方、餅の1次試験に臨むことになったジンジュは練習中にお腹に痛みを感じる。そんな中、逃げ込んだ安宿でヨンスと口論になったセミは思わず飛び出し…。

ヨンスはボクシングの殴られ役のバイトをしてたのね。
「ヨンスの将来を潰す気か?」とソンイルから脅されたセミ。
身を引いてしまうと思ったけど、別れないときっぱり告げました。偉いぞ~。
怒ったソンイルは無理やりヨンスを連れて行こうと。

その頃、セミたちを許すと聞いたウォンミは、ハンスクに居場所を知ってると打ち明けました。
でも、セミたちは追っ手から逃げた後で、部屋は荒れ放題。
大家から訳を聞くと、ソンイルの仕業だと知るのです。
怒ったハンスクは、「また行方不明になった。」とソンイルの家に抗議。
オッキョンも夫を責めたてました。
ジヨンのこともバレたのに、どうしてここまで反対するのかが理解できない二人です。

試験を受けることになったジンジュとジヨン。
ジヨンは開発部の料理人にアイデアを考えさせるのよ。ずるいな~。
それでも実技を身に付けないといけないから、徹夜して餅作りに励みました。
それなのに、オッキョンが起きてきて、「私の台所に勝手に入らないで。」と叱られてしまいます。
ヨンミンからも冷たくされるし、自業自得なんだけど、何だか可哀想…。

一方、ジンジュもジヨンに負けられないと餅作りに励みます。
でも、張り切りすぎてお腹が痛くなってしまうのです。
お腹の子は無事でしたが、気をつけないとね。
そんなジンジュを見て、ジュヌは父の工場へ連れて行きました。
ジンジュが開業するのために伝統餅の機械を父が一つずつ買い集めてると打ち明け、
跡継ぎのことは誰も知らないから気負わず自分の好きなことをして欲しいと話しました。
ジンジュは感激していたけど、機械まで買い揃えてるって、逆にプレッシャーかからない??

お金がなくってウォンミに連絡したセミ。
母が許してくれたと知り、家に帰ろうとヨンスに言うのですが、
ヨンスは自分の家が反対してるのにセミの家に行く訳にはいかないと反対。
口げんかになり、道路に飛び出したセミを庇って、ヨンスが車に跳ねられ、頭から血がドクドクと…
大変なことになりました。
黄金の新婦53話

第54話「最初の餅対決」
セミをかばい事故に遭ったヨンス。病状を聞いたソンイルはセミを責める。一方、跡継ぎをかけた1次試験が始まる。自信満々のジヨンに対し、ジンジュは平凡な餅を差し出し…。そんな中、ジュヌはソンイルに話をつけに行く。
ヨンス大丈夫でしょうか??
手術は成功したけど、後遺症が残るかも知れないと医者から言われてしまいました。
目を覚ましたヨンスは、一番にセミの体の心配を…泣けるわ~。
ソンイルはセミを責めるのだけど、オッキョンはそこまでセミが好きなのかと逆に許してあげたくなるのでした。
黄金の新婦54話 
そんな中、ジンジュとジヨンの餅対決が始まりました。
商品開発チームが考えた黒米とココナツの餅に自信満々のジヨン。
それに対しジンジュは平凡な柿の餅を。
ボンニョはジヨンの餅には独創性もあり味も斬新で商品性があると評価。
対象を聞くと、栄養価が高いから受験生の夜食とかにぴったりだとジヨンは答えました。
ジンジュにはどうしてこの餅を作ったかを問いました。
ジンジュは柿を入れれば餅が柔らかくなり、子供からお年寄りまで食べることができると。

そして結果は…なんとジンジュの勝ち。
ジヨンの方が美味しそうだったから1回目は負けるのだと思ってました。
ボンニョは、基本に忠実であり、何より食べる人のことを考えているとジンジュの餅を高く評価。
ジヨンの方は、黒米もココナツも消化い悪いのに子供に食べさせるなんて配慮がなさ過ぎると。
腐敗伝説をジンジュに崩されたジヨンの表情ったらないわ~。
いやはや、なんとも痛快でした。

ジンジュは勝ったのにジュヌを騙して落ち込んだ振りを。
いつもジュヌにからかわれるから仕返しですね。
ジュヌは気を使ってあれこれとジンジュを慰めようとします。
もうジュヌったら優し過ぎ~。ジンジュは幸せ者だわ。
それにしても、ジュヌって歌がうまい。もしかして歌手?と思ったほど。
ピアノも自分で弾いてるように見えます。
調べてみるとソン・チャンウィssiってミュージカル出身なのね。納得です。

一方負けたジヨンはヨンミンに約束をすっぽかされ惨めな思いを。
家に帰って文句を言ったら、「恥をさらすな。」とまで言われちゃったよ。

妹思いのジュヌは、ソンイルと話し合おうと休日に会社で会うことに。
ジュヌに出会い、その後、自ら運転してやって来たソンイルを見かけたジヨン。
どうやらソンイルがジンジュの父と気づいたようです。


黄金の新婦 第51・52話

2009/12/19 (土)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 黄金の新婦

第51話「失望」
ソンイルへの再度の説得に失敗したジュヌはある決意を胸に秘め、ジンジュと一緒にスキー場へ向かう。一方、ヨンミンはジヨンに家へ戻るように言う。そんな中、バイト先でのヨンスは目を見張るような成長を遂げていた。
ジュヌに問い詰められ父親だと認めたソンイル。
「ジンジュを愛してくれてありがとう。」と感謝をするのですが、
「お金の援助はするからジンジュには知らせないでくれ。」と頼みました。
社会的な立場もあるし、ジンジュのせいでセミの結婚を反対されてると知ったら、
ハンスクも恨むしジンジュも辛いだけだと言うのよね。
でも話が進むにつれて、「あの子のせいでぶち壊されるのはごめんだ。」と、本音が。
ジュヌは、「なんてずるくて自分勝手な人だ。
   こんな父親なら知らせない方がジンジュのためだ。」と蔑み、出て行きました。
父に焦がれるジンジュを不憫に思ったジュヌは、ジンジュに雪を見せてあげることに。

セミが家を出て気が気でないハンスクは、オッキョンと再び話し合いました。
ジヨンの正体を隠していたことを責めるオッキョン。
ハンスクはジュヌがジンジュと結婚する条件だったからと、涙ながらに詫び、
オッキョンはヨンスのことを考えたら結婚させたいのに夫も息子も説得できないと。
二人の話し合いでは解決の糸口は見つかりそうもありません。

蒸し餅を教えてと高飛車な態度でジンジュに言ったジヨン。
6ヶ月かかったものをすぐには教えられないとジンジュはノートを貸しました。
そのノートはジュヌが用意してくれたもので、一番後ろのページには
「愛する僕の妻。君がいてくれて幸せだ。」みたいなことが書かれてあったのよ。
それを見て嫉妬したジヨンは、ヨンミンに「夫の役割を果たしてよ!!」と。
こんな冷ややかな関係になってしまったのに、まだ甘えられると思ってるのかね~。
ヨンミンは、「そうして欲しかったら家に戻れ。」と答えました。
一緒にいたら辛いだけじゃない??
黄金の新婦51話 
第52話「涙のクリスマスイブ」
ジュヌはジンジュに父親を見つけたが先方に会う意思がないことを告げる。一方、ジヨンは婚家に戻るのだが・・・。また、ソンイルの手先がヨンスの居場所を見つける。そんな中、ヨンスとセミは2人きりの結婚式をあげるのだった。
「番組を見て連絡してきたけど、やはり向こうには家庭があって会えない。
許してほしい。ベトナムに残してきた妻や娘のことを案じている。」
ジュヌはジンジュのために辛い嘘をつきました。
このままでは父親に対する期待が膨らむ一方だもんね。
あれほど恋しがっていた父親から拒まれてしまってジンジュは激しくショックを受けます。
黄金の新婦52話 

ヨンミンと家に戻ったジヨン。
部屋は別にされちゃうし、オッキョンからも必ず出て行かせると厄介者扱い。
形だけ妻や嫁に戻っても虚しいだけよね。

落ち込んだジンジュは、当然ボンニョの講義も上の空。
心配したボンニョが訳を聞くと、ジヨンの前なのにジンジュは父のことを話してしまいます。
驚くジヨン。頭がいいからソンイルと結びつけるのは時間の問題だな。

ジンジュから話を聞いてボンニョはソンイルの元へ。
「自分から父だと名乗ることが家族に許される唯一の道だ。」と説教をするのですが、
ソンイルは、ベトナムでのことは失敗だったときっぱり言い、告白する気などないと。

焦るソンイル。ヨンスとセミを早く引き離そうと、人を使って居場所を調べていました。
そんな中、クリスマスに結婚しようと言っていたヨンスたちは、二人だけの結婚式を。
そして、とうとう居場所を突き止めたソンイルが、セミに会いにきたところで次回へ。


まさらkitchen

2009/12/18 (金)  カテゴリー/お店

先月のことですが、
西宮市里中町にあるインド料理屋さんに行ってきました。

まさらkitchen

以前は激安のスーパーでしたが、
テラスを作って小洒落た造りに変身。
オープンは8月だったそうです。

まさらkitchen 

店内は薄暗く、エスニックな装飾品がシンプルに飾られていました。
テーブル席と掘りごたつのお座敷(2席)があり、団体50名までokとのことです。

どなたかのブログを拝見したら
オーナーがニューデリー出身で、
コックさんはネパール人と北インドの方だとか。
オーダーを聞きに来た方は日本語がお上手でしたが、
聞き取りにくいようで、何度もオーダーを聞き返してました。

ランチは7種類ほど。

Aランチ(850円) カレー1種類+ナン+サラダ
Bランチ(1050円)カレー2種類+ナン+サラダ
Cランチ(1250円)カレー3種類+ナン+サラダ+タンドリーチキン1/2

ヘルシーランチ
Xランチ(1150円) ほうれん草・野菜カレー+ナン+サラダ
Yランチ(1430円) ほうれん草・野菜カレー+ナン+サラダ+タンドリーチキン1/2
Zランチ(1550円) ほうれん草・野菜・チキンカレー+ナン+サラダ+タンドリーチキン

まさらコース(2550円)パパド+豆のスープ+サモサ+タンドリーチキン1/2+ナン+カレー4種類+ドリンク

キッズランチ(650円)甘口カレーソースオムライスorトマトチーズハンバーグ
              +サラダ+ベビーナン+ドリンク+デザート

ランチ Cランチ


Cランチ ズームバック
まずこの巨大なナンにびっくり!!
トレイからはみ出してテーブルに乗っかっています。

カレーはチキンと野菜となんだたっけ?
カリフラワーやホワイトアスパラ、ふだん入れない野菜が入って覚えが。
辛くしてと注文したのにどれも辛くなくて、とうがらし?で辛味をプラスしていただきました。
これなら子どもを連れて来ても大丈夫そうです。

チングが持ってきてくれたサービス券でドリンクは無料。
チャイというスパイシーなミルクティーも注文しました。

とにかくナンが大きいので、お腹がいっぱいになること間違いなしです。 
インド料理店は初めて行ったのですが、どの店もこんなにナンが大きいわけではないよね??
ナンを焼くところを見せてもらえばよかったな~。

今度はカレー以外のものに挑戦してみたいです。

まさらkitchen
【住】西宮市里中町1丁目8-15
   ローレルハイム甲南1F
   ※阪神鳴尾駅 歩7分
【電】0798-41-6528
【営】ランチ 11:30~14:30、ディナー 18:00~23:30


家門の栄光 9・10話

2009/12/17 (木)  カテゴリー/韓国ドラマか行 家門の栄光

第9話
ハ会長はダナとともに散歩で行った所にガンソクを連れて行き、自分の会社だけ廃業する状況ならガンソクを訪ねなかったはずだと言いながら、故郷の人々の血税が投資されている事業だから、その方々に迷惑をかけないように助けてくれと言う。ガンソクは自分と手を組めば多くの危険を甘受しなければならないはずなのにそれでもするかと問うと、ハ会長は選択の余地がないから尋ねて来たのではないかと言う。一方、ダナはヒョンギュにあの人とあまりにも似ていて自分に最大の苦痛を与える人だから、これ以上近づかないでほしいと言うが…

第10話
お見合いをして帰って来たガンソクに、取り持ったチェ先生がヨンジャにむやみにものを言うところを見ると、チェ先生が従わなければならない対象が誰だかよく考えて見なさいと言う。チェ先生はガンソクの気に押されて、ガンソクは、これからは規格未達のお嬢さんと取り持つ事はないことを望むと言う。ハ会長とふたりきりで部屋にいたドンドンは退屈になるとコンピューターゲームをしたいと言うがハ会長は健康にもっと良いとそのまま部屋でころころと転がり回りなさいと言う。ダナがそんなドンドンに三国志のマンガを買ってあげると、ハ会長とドンドンはお互いに見たいと仲たがいをして…

HARIO カフェクリーマー

2009/12/17 (木)  カテゴリー/日記

 急に寒くなりましたね~。 35
こんな季節は家にこもりがち…。
今日は自宅で本格カフェが楽しめちゃう便利グッズを紹介。
電動クリーマー HARIOカフェクリーマー 

一昨年購入したのですが、牛乳とレンジであっという間に泡立ちミルクが作れます。

作り方
1.ガラス本体の目盛り線(約100ml)まで牛乳を入れる。
2.電子レンジで40℃~60℃に温める。
 ※500Wで50~60秒・600Wで40~50秒
3.フタをして、ハンドルセットをしっかりとフタに差し込んだまま、ガラス本体を斜めに傾け、スイッチを30秒程押す。
4.泡をスプーンですい、用意した飲み物に乗せてる。

ココア 

上の写真は娘が作ったココアです。
レシピが付いているので、いろんなメニューが楽しめます。 コーヒー&ハート

おまけ
HARIO(ハリオ)は日本のガラスメーカーです。
1921年に創業し、理化学用ガラス器具(実験用のビーカー・フラスコ)を製造。
1949年、長年の研究が実り「ハリオガラス」という耐熱ガラスを開発。
100%天然の鉱物を原料とした、地球にやさしい素材の耐熱素材で、
熱に強く、酸にも強く、電子レンジでも特性がある優れたガラスだそうです。
また、2002年ノーベル物理学賞を受賞した小柴昌俊教授の研究装置「カミオカンデ」も手がけたとのこと。
数々のグッドデザイン賞にも輝き、実績はガラスメーカーでもトップクラスです。

君は僕の運命 117~120話

2009/12/16 (水)  カテゴリー/韓国ドラマか行 君は僕の運命

第117話 「両親を侮辱しないで」
 ミンジョンはホセが先輩の会社を通して秘密裏にキム家にお金を渡したと知り、ショックで倒れてしまう。病院を抜け出したミンジョンはキム家に乗り込み、侮辱の言葉を吐く。これを知ったホセはキム家に詫びに行くが、デジンの態度は硬く…。

第118話 「デジンの反対」
 ミンジョンの説得が難航し不安を感じたホセは、セビョクとの結婚を急ごうとする。お金の出所がホセと知ったデジンはその金を返そうとするが、ミンジョンに侮辱されて憤慨。セビョクとホセの結婚には反対と考えを一変する。

第119話 「テプン、男の決意」
 ひざまずいて結婚の許しを乞うホセだが、ミンジョンは聞き入れようとしない。財産狙いだとセビョクを疑うミンジョンに反発し、ホセはもらった財産は全て返すと言い放つ。家の問題もあり、ユリに別れを告げるつもりだったテプンだが…

第120話 「家族を苦しめるくらいなら」
 ミンジョンのためにこっそりお粥を作って持っていくセビョクだが、これが余計にミンジョンを怒らせてしまう。セビョクは家族がホセとの結婚のことで揉めている姿を目にし、さらにミンジョンも息子を思い苦しんでいると知り…。

黄金の新婦 第49・50話

2009/12/16 (水)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 黄金の新婦

第49話「ジュヌの追跡」
ジュヌはソンイルと一緒に食事をするが、あることに気づき疑問を持つ。一方、ヨンミンはジヨンを自分と同じ目に合わすために離婚を先延ばしすることを決意。そんな中、ヨンスはケガをしたセミを見て、自分を不甲斐なく思う。
なんでわざわざ食事に誘ったんだろうね。
娘の近況も知りたかったんだろうか。
ジンジュは父と誤解したことをソンイルに改めて謝罪しました。
その夜、ジンジュが父の手がかりとなるコースターを見てて、
ジュヌがサインのことを思い出しました。
やっぱり、ここからバレてしまうのね。
ジュヌが調べ始めました。
黄金の新婦49話 
ヨンミンは、今離婚すれば慰謝料をやるが6ヵ月後ならあげないとジヨンを試しました。
慰謝料は要求しないから6ヶ月待って欲しいと言ったジヨン。
ヨンミンは痛い目に合わせてやると言いつつも気持ちがぐらついています。
オッキョンは息子が荒んでいくのを見てられないとまだ反対してますが、
ソンイルはヨンミンにも未練を断ち切る時間が必要と静観することに。

セミがバイトで苦労しているのを見かけたヨンス。
お金の大切さにも気付き真面目に働くことに。
改心してくれて良かった。涙が出ちゃったよ~。

第50話「追い詰められたソンイル」
ジュヌはジンジュに内緒で"リチャード・キム"の行方を追跡しソンイルにたどり着くが、否定されてしまう。一方、ジヨンの母親はジヨンを止められないことを悟り渡米を決意。そんな中、ヨンスは新しいバイトの面接を受ける。
失明する前に義母に顔を見せるだけでいいと言ったジュヌでしたが、
ソンイルはあくまでも否定。
その卑怯な態度にジュヌもぶち切れて、親子鑑定訴訟を起こすと。
怒って出て行ったジュヌを追いかけたソンイル。
その様子をジヨンが見てるのよね。
こっちからもバレるんだね。
黄金の新婦50話 
ジンジュの黄粉餅は合格したのですが、ジヨンのは作り直し。
会社お抱えの料理人に習って餅作りに精を出すのですが、
技術面はジンジュの方が上みたいね。
思うようにお餅が作れずジヨンはイラだってます。

そんな中、ジヨン母は、ハワイへ戻っていきました。
上手くいかなかったら、こっちにおいでと置手紙をして。
こんな時は、母に傍にいて欲しいのにね。
ちょっとだけジヨンが可哀想に思えました。

黄金の新婦 第47・48話

2009/12/15 (火)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 黄金の新婦

第47話「明らかになる悪縁」
ジヨンが隠してきた過去を知ったオッキョンは禮阮に乗りこみジヨンの頬を打つ。一方、ハンスクの誕生日を迎えたカン家にウォンミが訪れる。そんな中、ヨンスはバイト先で客とケンカし、見かねたセミは少し休むように言うが…。
オッキョンに知っていたの?と詰め寄られ、
思わずジンジュのことを話しそうになったソンイル。セーフでしたね~。
オッキョンに頬を引っ叩かれ離婚しろと言われたジヨンですが、
二人の間で合意済みだから関与しないでと言い放ちました。
そして、義母を説得してとヨンミンに頼むのですが、
ヨンミンは「お前を庇う気なんてさらさらない」と冷たい返事。
オッキョンに追い詰められたジヨンは裁判に持ち込むと。
会社のイメージが損なわれるからと
裁判沙汰になるのをソンイル反対されたオッキョンはジヨン母の元に。
黄金の新婦37話 
ハンスクの誕生日を迎え、
セミを除いた家族が集まりました。
ハンスクはジュヌから贈られたコートに感激。
ウォンミとジンジュから抱きつかれ、
沈んだ気分も少しはマシになったかな。

ヨンスが危なっかしいです。
生活能力がないと愛だけでは暮らしていけないよ。

第48話「調印式の日に」
オッキョンに慰謝料を提示されたジヨンの母親は必死にジヨンを説得するが、ジヨンは憤慨し耳を貸さない。一方、ジュヌは投資計画の調印式でソンイルに会う。そんな中、ヨンスは家賃を使い込み、セミはあきれるのだった。
10億ウォンの慰謝料だって~。
それにも惑わされないならヨンミンのことを本当に愛してるのかなぁ。
ジヨン母も説得を諦めヨンミンにお金を返しました。
このことでヨンミンの心は揺らぎ始めたようにみえます。

ジュヌの会社と契約したソンイル。
ジュヌが手渡した契約書にリチャード・キムとサインを。
ジュヌはまだ気付いてないようだけど、ここからバレそうね。
調印式後、ソンイルはジュヌとジンジュを食事に誘いました。
どうして??

金銭感覚がまるでないヨンス。
セミが頑張ってるけど、破局ということになるのかなぁ。
黄金の新婦38話 

春が来れば

2009/12/14 (月)  カテゴリー/韓国映画

春が来れば韓国封切 2004.9.23
日本公開 2006.3.25
監督 リュ・ジャンハ
時間 128分
主要キャスト
ハートBチェ・ミンシク…イ・ヒョヌ
ハートPキム・ホジョン…ヨニ
視聴日 2009.12.13
評価
   8
作品紹介
 ホ・ジノ監督の『八月のクリスマス』『春の日は過ぎゆく』で助監督をつとめたリュ・ジャンハの長編デビュー作。
 主演は『オールド・ボーイ』や『親切なクムジャさん』など出演作ごとに圧倒的な演技力で観る者を圧倒する名優チェ・ミンシク。
あらすじ
ヒョヌは仕事と恋愛に悩むトランペッター。オーケストラに入団できず、恋人ヨニとも破局、挫折感を味わい心が荒んだ彼は、江原道の小さな炭鉱町にある中学校の臨時教員として赴任、ブラスバンドを指導することになる。しかし運営の資金繰りは厳しく、きたる音楽コンクールで優勝しなければブラスバンドは強制的に解散させられてしまう。生徒たちの音楽への情熱を感じ取ったヒョヌは、町の薬剤師スヨンの励ましもあって、全員で不可能とも思える夢に挑戦することを決心する。
感想
1年ほど前に、母が絶賛していた映画です。
いつか観ようと思っていたのですが、チングから借りたDVDの中で発見しました。(コマオヨ ♡)

名優なのは認めますが、ハード路線を進むあくの強いチェ・ミンシクは少々苦手。
話を聞くと今回は彼らしからずほのぼの系ぽいので、厭味っぽい演技なのではと懸念してました。
ところが、そこは韓国映画界屈指の俳優。
人生負け組みの中年男を等身大でこなし、落ち着いた大人の魅力を全開って感じで、
さすがに存在感が違うなぁと見直してしまいました。
それにトランペットを吹いてる姿が超似合うのよ~。
上手に演奏していたので、元々吹けたのかな?と観てましたが、
なんと、代役を使いたくない一心で、何ヶ月も猛特訓したそうです。
確かに、手だけ映ったり、後姿の演奏とかじゃ白けるもんね。
この映画に対する思い入れは相当なものだったんだと感心しました。

チェ・ミンシクに負けじと吹奏楽部の生徒たちの演技も光るものがありました。
田舎の素朴な生徒を上手に演じてるなぁと思っていたのですが、
メインの生徒以外は、本当にその中学校の吹奏楽部の生徒さんだったそうで、
それはそれで撮影大変だったろうな~といらぬ心配をしてしまいました。
それから、「夕日」に出ていたジェイル役のイ・ジェウンは、
この中学の生徒と馴染めるようわざわざ転校したとか。
子役なのに意気込みが違うわね。
将来が楽しみです。

物語の方は、
名声も恋も手に入れることができず心が荒んでしまったトランペッターが、
炭鉱町の中学校で吹奏楽部の指導をするうちに人の心の温かさに触れ、
ゆっくりと自分自身も変わっていくという結構平凡な話。

独身の才能ある指導者が過疎の進んでいる村の中学校の吹奏楽団を
全国大会で優勝させた実話があったそうで、
彼らがコンクールで優勝するのかな?と期待してたのですが、
ヒョヌはその指導者の後任という設定らしく、
残念ながら優勝とはいきませんでした。
華々しくしたくなかったという監督のこだわりが伺えました。

厳しい冬を子供たちと過ごし春を迎えたヒョヌ。
気持ちを新たに再出発を決心するのでした。
満開の桜がひらひらと散る中、穏やかな表情で話すヒョヌが印象的。
心温まるとても良い話でした。

1つだけ言わせてもらえば…
雨の中の演奏はいただけませんでした。
炭鉱場で鉱員に演奏して聞かせてあげるのは感動ものでしたが、
大事な楽器を濡らすなどもってのほかですよ。



小さな恋のステップ

2009/12/13 (日)  カテゴリー/韓国映画

小さな恋のステップ韓国封切日 2004.6.25
日本公開 2006.4
原題 知り合いの女
監督 チャン・ジン
時間 107分
観客動員数 83万人
主要キャスト
ハートBチョン・ジェヨン…トン・チソン
ハートPイ・ナヨン…ハン・イヨン
視聴日 2009.12.12
評価
   7 
作品紹介
  『シルミド』『ガン&トークス』の人気俳優チョン・ジェヨンと、『英語完全征服』のイ・ナヨン主演のヒット作。  監督・脚本は、演劇、TV、映画など幅広い分野で才能を発揮している『ガン&トークス』のチャン・ジン。洗練された語り口と意表をつくシュールなギャグで彩ったラブストーリー。イ・ナヨンは第25回青龍賞で女優主演賞を、チョン・ジェヨンは第25回釜山映画祭で男優助演賞を受賞した。
あらすじ
 長年付き合ってきた恋人から突然別れを告げられた上に、医師から余命3ヶ月であると告知されたプロ野球の2軍選手チソン。そんな彼を10年間変わらない想いで見つめ続けているのは、歩いて39歩の距離に住むイヨン。しかし、チソンは彼女の存在にすら気付いていなかった。ある日、彼に近づくチャンスが到来。ようやく話せるようになったが、彼にとって彼女はただの知り合いにすぎず・・・。
感想
 初っ端から余命3ヶ月と宣告され、泣ける展開になるのだろうと覚悟をして観ていたのですが、
銀行で強盗に出くわし意表を突かれ、イ・ナヨンとの絡みが入ってラブストーリーが始まると思ったら、
今度は家に強盗が。説教して改心させたものの、強盗が鞄を置いていったために犯人と間違えられ逃亡生活…。
何だか笑えもしない妙な展開で、監督の独特の世界を感じられずにはいられませんでした。
 物語が進むにつれてこれはコメディなんだと気付くのですが、
どこか哀愁を感じさせる映像なのでで、もしかしたら突然泣ける話になるのかもと心の隅で期待していました。
でも淡い期待はもろくも崩れ、やはりベタな結末。嫌いじゃないけど、こんなのあり??
まあ、鈍感男を一途に想い続けたイヨンの恋が成就したということで許してあげましょう。

主人公のチョン・ジン。
どこかで観たことが…と思ってましたが、「トンマッコル」に出演していました。
映画俳優らしくドラマには出演していないみたい。
「シルミド」で多くの女性ファンを獲得したとのことなので
そちらも近いうちに観ようと思います。

ヨン・ゲソムン 第37・38話

2009/12/12 (土)  カテゴリー/韓国ドラマや行 淵蓋蘇文(ヨンゲソムン)

第37話「遼河の浮橋」
高句麗を滅亡させることに執念を燃やす隋の皇帝ヤン・グァンは、総勢300万人の兵を動員し、高句麗への一斉攻撃に躍起になる。第一目標は、遼河を渡り遼東城を陥落すること。迎え撃つ高句麗のコ・ゴンムは「避けられない戦争だが、国と民が一丸となって初めて勝つことができる」と部下に檄を飛ばす。初戦当日、意気揚々と指揮をとるヤン・グァンであったが、隋軍は大きな失態を犯す―

12もの軍隊を編成させ高句麗を攻める作戦なのに失敗するのかな??
父の時の10倍もの兵を動員してます。
若者は全て徴集され、民は老人や女、子供、病人だけでますます飢えていってます。
イ・ミルはそんな民を救おうと救済米を振舞ってるのですが、蔵も底をつきたよう。
そんな中、ゲソムンはイ・セミンらの下で物資の配給を手伝うことに。
イ・ミルから家宝の弓を結婚祝いに貰ってましたが、
先祖がチュモンだから弓なんでしょうね。

遼河に浮橋をかけ対岸の高句麗へ踏み込もうとした矢先、
なんと浮橋が3m足りないことに気づきます。
お粗末なことに、氷が解けて川幅が広がり採寸を誤ったそうです。
グァンの怒りを恐れた指揮官は川に飛び込めと命令。
兵士は次々と川に飛び込むのですが、対岸までたどり着けないようです。

第38話「ヤン・グァンの執念」
思わぬ失態により初戦敗退したヤン・グァンは怒りが収まらず、再び遼河を渡り遼東城を陥落させることに執着する。一方、高句麗のコ・ゴンムは自国の兵が10万しかいないことを憂慮するが、莫離支ウルチ・ムンドクは、敵が焦り出すまで持ちこたえれば秘策があるという。多勢の総力戦で仕掛ける隋軍と、決死の覚悟で防衛する高句麗軍の戦いの火蓋が切って落とされる。
イ・ミルが民に施しをするのは、民心を掴むためなのね。
民が新しい世を望むまで時期を待つと言ってました。

今度はちゃんと遼河を渡った隋軍。
高句麗の老将軍カン・イシクが守る遼東城を攻めようとしてます。
このカン・イシク。80を超えるご老人とのことですが、いまだ現役で強い、強い。
グァンの顔を拝みたいと敵陣に乗り込み、敵の将軍と一騎打ちをしたのですが、
隋の名将を三人もあっさりと打ち負かしてしまいました。
グァンは老将がカン・イシクと名乗ったのを聞いて、
「あいつは人ではない。怪物だ。」と叫びました。
高句麗軍の士気が高まり呆然とするグァン。
とりあえず、仕切りなおすことに。
ヨン・ゲソムン38話 カン・イシク

ヨン・ゲソムン 第35・36話

2009/12/11 (金)  カテゴリー/韓国ドラマや行 淵蓋蘇文(ヨンゲソムン)

第35話「親子の再会」
東突厥で莫離支ヨン・テジョは、隋のヤン・グァンと対面する。皇帝を前にして「高句麗は隋にひざまずくことはない」と毅然と対峙するテジョにヤン・グァンは感心するが、高句麗討伐への執念をあらたにする。ヤン・グァンの遠征に同行していたゲソムンは、期せずしてワン・ビンの幕舎でヨン・テジョと出会う。目の前のゲソムンが息子であると確信したテジョであったが、敢えて名乗らないまま東突厥の地を去るのだった。
とうとう親子が再開。
テジョは信標をくれた人物が両親に違いないとゲソムンに教えるのですが、
波乱万丈な人生を送って現在に至ったと知り、やはり天命を受けた子だと確信。
ひれ伏してあいさつをし、いずれは高句麗の大物になるとだけ言い残し、父と名乗らず去って行きました。

後でワン・ビンから、莫離支の姓もお前と同じヨンだと聞かされたゲソムン。
幼い頃の記憶がよみがえり、ヨン・テジョが父だと気づき、後を追いました。
ヨン・ゲソムン35話 
トルコはどうするかな?
ヨン・テジョの大国にも屈しない毅然とした態度を見て考えを改めたかな?
第36話「婚礼」
自らの寿命が長くはないと悟りながらも、高句麗のために倭国へ一人赴く莫離支ヨン・テジョ。二度と戻らない覚悟のテジョは、執事のチェムに「ゲソムンを頼む」と言い残して旅立つ。高句麗ヨンヤン王は隋との大戦に備え、テジョの代わりにウルチ将軍を莫離支に任命。隋のヤン・グァンも、高句麗討伐の前線で自ら指揮を執ることに。その頃、ワン・ビンの計らいにより、ゲソムンはイファの気持ちを受け入れ結婚を決意する。
追いかけたのにゲソムンはテジョには会えなかったのね。
テジョは息子に会えただけでも天に感謝してると言い残し日本へ。もう戻って来れないそうです。
ゲソムンの中では、いつかは高句麗に戻るという気持ちが芽生えたようです。

そして、ワン・ビンが取り持ちイファと結婚。
イ・ミルはゲソムンを弟にして傍にいて欲しいと。
イ・ミルとは生涯仲間でいられるのでしょうか??

グァンは高句麗と戦をする準備に4年かけたそうです。
準備万端で仕掛ける戦ですが、負けるんだよね?
テジョがいなくなった高句麗の戦いぶりが見物です。
ヨン・ゲソムン36話 

黄金の新婦 第45・46話

2009/12/11 (金)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 黄金の新婦

第45話「跡継ぎの行方」
ヨンミンに離婚は半年後に延ばしてと頼み込むジヨン。一方、ボンニョは最後の切り札だとすがるジヨンの決意に負け、ジンジュとジヨンの2人を競わせることにする。そんな中、ヨンスとセミはアルバイトを始めるが・・・。
ボンニョさんもあんまりだわ。
ジンジュに跡継ぎを決めていたはずなのに、ジヨンが候補に名乗り出たとたん
ジンジュはベトナムで育ったから味覚が違うから不安だと言い出すなんて。
親戚だから贔屓もあるって、ジヨンは離婚するのよ~!!
ジュヌもジンジュに勝ち目はないから主婦に専念したほうがいいと言い始めるし、
もっとジンジュを信じてあげなきゃ可哀想じゃん。
ジンジュは先生にまで差別を受けたと酷く傷ついています。

一方、自信たっぷりのジヨン。
8割がた私に決まってると、会社で伝統餅をブランド化すると公言。
ジンジュを見くびってると痛い目にあうわよ~。

お坊ちゃまのヨンスはバイトで失敗ばかり。
ちゃんと稼げるんでしょうか。
先行きが不安です。

ジヨンの口車に乗せられ離婚を先延ばしにしたヨンミン。
結局ジヨンを許すことになるのでしょうかねぇ。
黄金の新婦45話 
第46話「嫁への疑惑」
ジュヌとジヨンが言い争っているのを目撃したオッキョンは、ジヨンの過去を調べ始める。また、ジュヌはジンジュに跡継ぎを諦めるよう説得するが・・・。そんな中、ウォンミは突然訪れた両親に妊娠していなかったことがバレる。
あら、あら。
結局はオッキョンが自力でもう1つの悪縁(ジヨンの過去)を調べ上げてしまうのね。
結果的にはそれが一番だけど。

「写真を渡したのは僕ではないから恨むな。
  ジンジュの夢の邪魔をするな。」と珍しく強気で出たジュヌでしたが、
ジヨンは、「あなたの存在自体が許せない」と、元恋人に対して信じられない暴言を。
そんなジヨンに夢を奪われたくないし、一度は懲らしめないとと、
ジンジュの決意が固いため、ジュヌは餅作りを続けることを許しました。
ただし、ジヨンと競うことを目的にしないと約束をさせて。
う~ん、難しいよな。絶対意識しちゃうよ。

突然の訪問でウォンミが姑にいびられている事を知ったハンスク。
さらに妊娠したのは嘘と聞かされ驚きました。
問題を起こす子どもばかりで情けない気持ちで一杯よね。
育て方を間違えたと号泣するハンスクでした。

ヨンミンは、ジヨンがプロジェクトを成功させた後に離婚しようと考えてました。
「利用してから捨てる」ジヨンの気持ちを理解してみると皮肉りました。
冷徹な男だったのね~。
オッキョンに疑われ始め、動揺するジヨンでしたが、
ジヨン母が「そろそろ諦めたら?」と助言しても、
相変わらず、「離婚しない。心を取り戻す。」と言い張っています。
黄金の新婦46話 




家門の栄光 7・8話

2009/12/10 (木)  カテゴリー/韓国ドラマか行 家門の栄光

第7話
ヨンインに会ったダナはお父さんとの結婚に対する考えを問うが、ヨンインは知らない振りをしてくれと言ってきっぱりと断ると、心が重くなる。一方、大学のキャンパスでサッカーをしているダナを見ていたヒョンギュにナム教授はこういう時、まともにやって見なさいとこっそりヒントを与える。顔を洗って出てきたダナの前にタオルを持って立っていたヒョンギュは、一生その人の振りをしながら生きることもできると言うが、そんなことは出来ないというダナの言葉にうなだれてしまう。夜遅く電気がついているダナの部屋に行ったサムウォルはひどい傷あとが残っているダナの足に濡れたタオルをあて、膝に顔を埋めたダナの肩を抱く。

第8話
不渡り説と資金圧迫に苦しんでいるソクホの事務室ではテヨンとスヨンがチョンガブの巧みな圧迫に苦しむ。チォンガブはガンソクにとても強く追いやるなと頼むが、そのときスヨンから電話がかかって来る。しかしガンソクは電話に出ない。一方、病院の重患者室に行ったノ教授とダナ、ヒョンギュは、家系図を売ったらイさんの息子の入院費を出すというガンソクの代りに入院費を渡す。家系図は売買する品物ではなく、最善をつくして守るものだと家系図の取り引きを阻む。喧嘩を売るガンソクにダナは頬を強く打ち、ヒョンギュはガンソクの胸座をつかむ。そんなガンソクはヒョンギュの顔を拳で打つが…

ヨン・ゲソムン 第33・34話

2009/12/10 (木)  カテゴリー/韓国ドラマや行 淵蓋蘇文(ヨンゲソムン)

第33話「毒殺」
左僕射ヤン・ソは、ヤン・グァンから疎まれ毒殺の危機にあう。一度は太子を利用し難を逃れたが、ヤン・グァンの殺意を確信し、己の最期を覚悟する…。一方、ゲソムンはイ・ミルから「剣より大勢と戦える武器は“徳”である」との教えを受け、イ・セミンからは「大業を成すために手を組みたい」と誘われる。そしてイファも、ゲソムンに自分の気持ちを伝えるのだった。
赤に注意しろと占い師に言われたヤン・ソは、グァンから注がれた酒ビンが赤かったので
言葉巧みにその酒を太子に譲るのでした。
その酒を飲んだ太子は苦しみだし、持病の癲癇の発作だと咄嗟に嘘をついたグァンでしたが、
お世継ぎはそのまま亡くなってしまいました。
グァンの側室となったオ嬪も相当な女狐で、早く止めを刺したら?とヤン・ソを殺させました。

ゲソムンはイ・ミルの修練場で指導をし始めました。
イ・ミルが先導し、王族のイ・セミンを新しい王にしようとしてるのかなぁ??

第34話「皇帝の愚行」
ヤン・グァンは、嬉々としてヤン・ソの弔問に訪れ、棺を前に楽士を入れて酒宴を開く。常軌を逸したヤン・グァンの愚行を目の当たりにし、イ・ミルは「喪中の家で宴をするのは、この世で陛下だけです」と辛辣に非難する。その頃、高句麗の莫離支ヨン・テジョは、隋との大戦において鍵となる国・東突厥の可汗を訪ね、互いの利益のために同盟を結ぶよう提案する。
グァンの素行は目に余るものがあります。
国の重臣が死んだというのに退屈だと宴を開くと。
ところがヤン・ソに代わりグァンに忠言する大臣が、弔問に行くべきだと。
オ嬪を連れ弔問に出かけたグァンでしたが、長安の道は死体だらけ。
農民から搾取した米が60年分もあり、米の保存期間は10年だから民に分けたら?
と進言しても、戦に必要だからと聞き入れません。
民があっての国作りなのに…。
弔問に行ったのに宴のような大騒ぎを始めたグァン。
イ・ミルってばグァンを面と向かって軽蔑。
命を狙われるわよ~。
その点、イ・セミンは陛下に挨拶しに来たと機転を利かせました。ずる賢いのね。

その頃、ヨン・テジョは隋より先に同盟を結ぼうとトルコにやって来ました。
もうすぐ隋のグァンも大軍を引き連れてくるらしい。
ヨン・テジョの危機か??

君は僕の運命 113~116話

2009/12/09 (水)  カテゴリー/韓国ドラマか行 君は僕の運命

第113話 「犯人を捜せ!」
 セビョクは犯人の証拠を掴むため作品を見たいという男に会いに行くが、スビンの差し金でロハス社の監査に見つかり、逆に疑われる。ミンジョンはユリがキム家にいると知って憤慨し、テプンに今後ユリに関わるなと釘を刺す。

第114話 「カン会長の信頼」
 カン会長はデザイン流出事件を解決したセビョクを認める。デジンの事業が資金難だと知ったミンジョンはホセとセビョクの手を切らせようと金を渡すが、ヨンスクはこれをはねつける。テプンはユリを突き放すも、胸が痛み…。

第115話 「会長の許し」
 会社に貢献したセビョクを慰労するカン会長だが、ミンジョンはこれに激しく憤慨。カン会長も困り果てるが、ホセの切実な思いを知り、セビョクとの結婚を許すことに。一方、デジンは借金返済の期日が迫り、頭を抱える。

第116話 「ミンジョンの差し金」
 カン会長に結婚を許されたことをホセに報告するセビョク。嬉しさを隠せないホセだが、裏ではミンジョンがキム家を潰そうと動いていた。テプンはユリを好きだと認めるが、ホセとセビョクの問題もあり、付き合うことはできないと告げる。

黄金の新婦 第43・44話

2009/12/09 (水)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 黄金の新婦

第43話「離婚宣告」
ジュヌを通報した女がジヨンだと知ったヨンミンはジヨンを責める。ジヨンはジュヌを問い詰めに飛び出すが・・・。一方、妊娠8週に入ったジンジュは幸せな時を過ごす。そんな中、逃走資金が尽きたセミはウォンミに連絡を取る。
「一方的に好かれていただけ。あなたが許さないと思ったから隠していた。」
ヨンミンに動かぬ証拠を突きつけられてもまだ言い訳をするジヨン。 
「もう何も信じられない」とヨンミンに背を向けられ、ジヨンは怒ってジュヌの会社へ。
インギョンも写ってるんだから、普通彼女だと思うよね~??
写真を渡したことを非難し、「責任を取って一方的に付きまとってたと言って」と声を荒げてまくし立てました。
全く身に覚えのないジュヌは、「もう関わりたくない」と部屋を出たのですが、なんとそこにはヨンミンが。
完全にバレてしまったわ。自業自得です。

胎夢は見なかったというジンジュでしたが、
ジュヌ父が、ひょうが降ってきた夢を見たと。
ハンスクによると、それは男の子を授かる胎夢だそうです。
その後、ジンジュとジュヌは産婦人科へ。
胎児の心音を聞いてジュヌは感激。
父親にしてくれて感謝していると。
黄金の新婦43話 

セミたちは部屋を借りるからお金を貸して欲しいとウォンミの所へ。
お母さんの気持ちも考えてと二人を引き離そうとはしたのですが、結局は二人を庇うことに。
ヨンスから預かった手紙をハンスクに渡しました。
同棲したと知り「勘当する」と言い放ったハンスクですが、ヨンスの真剣な思いを知り、オッキョンに連絡。
結婚式だけしたら一切顔を出さないから二人の結婚を許してと。
オッキョンもソンイルに許すことにしたからいい加減観念してと。

ヨンミンに呼び出されたジヨン。
「両親には自分から話すからしばらく黙ってろ。今すぐ会社を辞めろ。離婚については弁護士から話を聞け。」
とあっさり離婚宣告されてしまいました。
愛した人の裏切りは許せないんですね。

第44話「夫の拒絶」
ボンニョの跡継ぎの話を聞いたジンジュは大喜び。しかし、ヨンミンに拒絶されたジヨンが現れ、餅作りを教えてほしいと座り込む。そんな中、ヨンスとセミは同棲を始める。一方、オッキョンはもう1つの悪縁をハンスクに問い詰める。
蒸し餅作りの課程が終了したら跡継ぎにするとヨンギからこっそり聞いたジンジュはウキウキ。
でもジヨンも餅作りを習いたいと言い出したよ??
ボンニョも下心見え見えのジヨンなんかに教えるつもりはないんだけど、
雨の中ずぶ濡れになっても座り込まれたら考え直しちゃうかも。

弁護士を通せと言われても、ジヨンは「別れない、説得する」の一点張り。
もうヨンミンの心を取り戻すことは難しいと思うけどなぁ。

オッキョンは娘を結婚させたかったらもう1つの悪縁の話をしてとハンスクに迫るのよ。
ハンスクたちはジヨンが妊娠してると思ってるから、
ジュヌとのことを話しても離婚することはないだろうと相談。
話してしまうのでしょうかね。もう誰から耳に入ってもおかしくない状態です。

ドング母のお金を拝借しようとして失敗したドングとウォンミ。
大事なバイオリンを質に入れてまでしてお金を作ってあげてました。
美しい姉妹愛です。
ヨンスたちは部屋を借りることに。

体を壊したジヨン。冷たい態度をとるヨンミンをみて、離婚届にサインをすると言い出しました。
諦めた様子ではないんだけどな~??
黄金の新婦44話 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。