スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソウル1945

2010/01/31 (日)  カテゴリー/韓国ドラマさ行 ソウル1945

ソルル1945放送年月日 2006.1.7~9.10
放送局 KBS
全話数 71話
リュ・スヨン…チェ・ウニョク  
ハン・ウンジョン…キム・ヘギョン/キム・ゲヒ  
ソ・ユジン…ムン・ソッキョン  
キム・ホジン…イ・ドンウ
On Air
 1月29日(金)23:00~
 衛星劇場
作品紹介
 植民地解放と朝鮮戦争勃発という激動の韓国近代史を背景に若い男女が苦しみながらも力強く進んでいく過程を描いた大河ドラマ。
 KBSの看板プロデューサー イム・チャンボムが演出、「ファッション70's」のチャン・ソンヒが脚本を手がけた。
 『ラストダンスは私と一緒に』のリュ・スヨンと『ワンダフルライフ』のハン・ウンジョンが『明朗少女成功記』以来、再び共演。ストーリーだけではなく、ドラマに登場するクラシックな衣装や風景も話題となった。平均視聴率13.5%
 リュ・スヨンはKBS大賞の最優秀演技賞、ハン・ウンジョンは優秀演技賞を受賞、ドラマは百想芸術大賞のドラマ部門作品賞に輝いた。
あらすじ
 舞台は朝鮮戦争勃発直前までの韓国。情報局担当のソクギョンは軍事境界38度線付近の検問所で、アメリカ軍顧問団のイ・ドンウ局長を訪ね、「天気も良くないしピクニックにいくのを止めるのはどうですか」という謎のメッセージを残す。ドンウはちょうど婚約者のヘギョンと郊外にピクニックに出ていたところだった。
手配中の南朝鮮労働党の中央委員ウンヒョクを婚約者であるヘギョンが脱北させようとしている事実をドンウに知らせるソクギョン。婚約者に裏切られても自分の命より彼女が大事かとドンウに迫るが、ウンヒョクを殺せば自分も生きてはいけないというヘギョンの涙にドンウは2人を見逃してしまう…。
ひと言
 韓国の近代史をラブロマンスを組み込み再構成。韓国が分断国家となった理由が分かるドラマだそうですが、
あまりにも辛すぎて視聴率は上がらなかったとか。
真面目で暗そうではありますが、これだけ賞賛されてたら見逃すわけにはいきませんね。

スポンサーサイト

アクシデント・カップル

2010/01/30 (土)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 アクシデント・カップル

アクシデント・カップル放送年月日 2009.4.29~6.18
放送局 KBS
全話数 16話
原題 ただ見守っていて
主要キャスト
ファン・ジョンミン…ク・ドンベク
キム・アジュン…ハン・ジス
チュ・サンウク…キム・ガンモ
On Air
 1月29日12:00~
  BS日テレ(月~金)
作品紹介
 映画界で活躍するファン・ジョンミンのドラマ初出演作品であり、大ヒット韓国映画「カンナさん大成功です!」のキム・アジュンが2年半ぶりに女優活動を再開したドラマ。また、「天国の階段」でクォン・サンウの少年時代を演じたペク・ソンヒョンがカムバック。
 演出は「グッバイ・ソロ」のキム・ミンス、脚本は「順風産婦人科」のチョン・ジニョンとキム・ウィチャン。
 ファン・ジョンミンは平凡な郵便局員をコミカルに演じ、視聴者の笑いや涙を誘い、その演技力を賞賛され、キム・アジュンはKBS大賞のミニドラマ部門で優秀演技を受賞した。また、“キム・アジュンファッション”も話題となり、使用された衣装やアクセサリーの問合せが殺到した。平均視聴率11.38%
あらすじ
 平凡な郵便局員ク・ドンベクは大ファンである韓国トップ女優ハン・ジスの交通事故を目撃してしまう。同乗していたのは恋人のガンモであった。スキャンダルを恐れたガンモはその場から立ち去り、そこに居合わせたドンベクがジスの車を運転していたことに!その日の写真が新聞に掲載されると、地味だったドンべクの存在が激変!!その後、ガンモとの熱愛説を隠すためにドンベクとの6ヶ月間の契約結婚生活を頼まれる。ジスを助けたい一心で、その提案を受け入れるが…。3人の恋の行方はいったいどうなる!?
ひと言
 誰もが素直に楽しめるラブコメだそうです。

トリプル

2010/01/29 (金)  カテゴリー/韓国ドラマた行 トリプル

第1話「トリプル・アクセル」
選手になることを断念し、地方で子供たちにフィギュア・スケートを教える高校生ハル。幼い頃のスケートライバルが活躍するのを見て再びソウルでフィギュア・スケートをやりたいと考える。そのためにはソウルへ行かねばならない。ハルは、ソウルで広告代理店に勤める義理の兄ファルを頼りに、優しかった父親と別れ旅立つのだった。一方、ファルは広告代理店で敏腕プレゼンターとして大きな仕事を勝ち取り、仕事仲間であり同居人であるヘユン、ヒョンテと祝杯をあげる中、突然の上司の辞表に驚き、刺激を受ける。そこへ、ハルが転がりこみ…。
スケートしてるのにかなりぽっちゃりで驚いた~。
冷えないように厚着をしてるのかと思ってたけど、甘い物の食べすぎで太ったみたい。
選手は事故で断念して子ども相手にフィギアを教えてるよう。

ある日、リンクの修理中とかで、かつてのライバルがハルのリンクへ練習に来たのです。
ハルは、自分もまだトリプル飛べるのよとライバルに言ったものの、何度も失敗。
彼女にあっさりトリプルを決められ、悔しくて練習を始めました。
どうしても昔のように飛びたいというハル。
そんなに太かったら無理でしょと思ったけど、飛べちゃうんですね~。
で、フィギア熱が再燃しちゃったの。
田舎でなくソウルで練習をしたいってことで、義兄ファルの所へ押しかけ…。

案の定、ファルは留守で対応したのが同居人ヘユン。
ヘユンったら、ファルが「妹なんかいない!!」と携帯の向こうで怒って話してるのに、
「ファルが歓迎するって。」と反対のことを言っちゃうのよ。お茶目だわ。
それで気をよくしたハルが越してくることに。

ハル母とファル父はお互い子どもを連れて再婚したのかな?
その後二人が事故で亡くなり、ハルは実父に引取られたってところかなぁ。
ハルはファルのことを慕っているけど、ファルは「血は繋がっていない」と毛嫌いしてます。

ハルはソウルでスケートのテストを受けるらしく、田舎からリンクへ直行。
家に荷物が届いて怒ったファルも談判しようとリンクへ。
その様子を見てヘユンともう一人の同居人ヒョンテも跡を追いかけ…。

リンクに着いたヒョンテはスインコーチに一目ぼれ。
ファルもスインのことを知ってるみたい。

視聴率悪かったんだけど、面白そうです。
とりあえず次も見ます。

家門の栄光 21・22話

2010/01/28 (木)  カテゴリー/韓国ドラマか行 家門の栄光

第21話
足の痛みがひどくなったダナが苦しむのを心配したガンソクは明け方まで眠ることができない。明け方まで痛みで苦しんだダナをサムウォルとヨンインは弱々しい心で眺める。
博物館に訪ねて来たガンソクにダナは幼い時の青鶴洞での生活とジンハに対する思い出を話す。一方、スヨンは会社の屋上でジナを抱えこもうとするミンジュンのあごを拳で打つが…

第22話
年末の友達の集まりに参加するという理由でカラオケに来たガンソクとダナはダンスもして歌を歌う。そんなガンソクにダナは徐々に何かに落ちこむ感じでガンソクを眺める。一方、ヘジュはチョンガブとヨンジャにお見合いをして結婚もすると話す。ヘジュはガンソクのそんな行動をやめさせるためにはそうするしかないと話す。一方、リストラで解雇された会社の幹部たちがガンソクの家を訪ね乱暴を働くようになり、そんな姿を見守るダナはガンソクを慰めるが、ちょうど降ってきた雪の中でガンソクが 「今日一度だけ堪えてくれますか?」という言葉とともにダナに甘い初キスをする。

ホジュン7・8話

2010/01/28 (木)  カテゴリー/韓国ドラマは行 ホジュン~宮廷医官への道

第7話「母の叫び」
ク・イルソから自分を探す人間がいると聞き、不吉な予感がするホ・ジュンだが、身を隠せという忠告は聞き入れず、ユ医院の仕事を続ける。ドジの推薦で薬草採りになり、仲間たちと一緒に山に入るが、彼をうとましく思う仲間にはめられ、山中で道に迷ってしまう。数日間、さまよった後、空腹のあまり採った薬草を食べて気を失ってしまうホ・ジュン。気がついた時には目の前にライ病患者(ハンセン病患者)がおり、恐怖におびえていると、そんな彼を叱責する声が聞こえて来た。見ると、そこにはサムジョク大師がいた。一方、イェジンの親身な診療で気力を取り戻したダヒだが、まだしばらく療養を言い渡される。そんなダヒのため、1人ホ・ジュンを探し回るヤンテは、ユ医院でホ・ジュンの母を見かけ、喜んで駆け寄っていく。ホ・ジュンを探して山陰まで来たというダヒの話を聞き、ホ・ジュンの母は心痛な面持ちでダヒに会いに行くが――。
ジュンは先輩たちに嵌められ険しくてトラがでる危険な所へ。
そして、足を踏み外し怪我した上、薬草で中毒に。
サムジョク大師に助けられたのですが、騙されたことを知るのです。

ダヒがジュンを追って来たと知ったジュン母。
身分違いの結婚は罪になるから諦めてとダヒに話すのでした。
それをイェジンが聞いてるんですね~。
ダヒはジュンの重荷になると思い、
イェジンにお礼の指輪を渡し、医院を出て行きました。
第8話「結婚」
イェジンに教えられ、ホ・ジュンに会うことなく山陰を去ろうとするダヒと、寸前のところで再会を果たしたホ・ジュン。2人の思いを確かめ合い、母に結婚の許しを乞うが、2人の将来に待ち受ける苦しみが痛いほどわかる母は決して許そうとしない。しかし、2人の思い、そして自分が歩んできた道を振り返り、ついにダヒを迎え入れる覚悟を決めるのだった。ささやかながら結婚式を挙げ、ダヒとヤンテという心強い家族を迎えたホ・ジュンは、医院での仕事に一層精を出す。
使える薬草がないと言われたジュン。
また喧嘩をして追い出されるのではと思ったけど、大丈夫でした。

ダヒと別れたら一生後悔するというジュンに、母も折れました。
無事に結婚したんだけど、ダヒって結構気位が高そう。
結婚生活が心配になってきました。

医書の写しをあげたりして、何かとジュンの力になってくれるイェジン。
イェジンのことを一方的に思っているドジが、ジュンに嫉妬しそうです。

冬鳥 第5・6話

2010/01/28 (木)  カテゴリー/韓国ドラマは行 冬鳥

第5話「次なる見合い」
仕事で上海での長期滞在が決まったドヒョン。そして、ようやく立ち直ったヨンウンは、デザインの勉強をするため留学を決意する。ドヒョンが上海にいる間は彼女を目の届く所に置きたいドヒョンの母は、ある日ヨンウンのもとにドヒョンから郵便物が届いているのを知り、2人の仲を裂こうと彼女に新たな見合い話を持ちかける。
ドヒョンはヨンウンに結婚を誓い、指輪を渡しました。
そして、留学を勧め、留学先で落ち合おうと約束し、上海へ戻って行きました。
恩を仇で返すことはできないと思いつつも、積極的なドヒョンに従うヨンウン。
叔母さんの店を手伝ったり、ドヒョンとのチャットを楽しんだりして破談の傷も癒えたのですが、
チャットのこと知って焦ったドヒョン母が、破談からまだ1ヶ月しか経ってないのに
次の見合い相手を探してきました。
ドヒョンの留守中にヨンウンを嫁にやってしまおうという魂胆が見え見えです。

第6話「結婚のために」
ドヒョンの母はドヒョンとの仲を裂こうと、ヨンウンにお見合いを勧める。ドヒョンとは一緒になれないと悟りながらも、彼との電話やメールに慰めを見いだしていたヨンウンは申し出を拒む。しかし拒み切れず1度だけと決意し見合いに臨んだヨンウン。しかし先方に気に入られ、ドヒョンの母は、引き続き会ってみるよう説得する。
ヨンウンが留学したらドヒョンがヨンウンの所へ行ってしまうから、
ドヒョンが帰ってきてから留学してとドヒョン母に頼み込まれたヨンウン。
12年間も育ててくれたことを思ったら嫌とも言えず、結局はお見合いまですることに。

皮膚科のギョンウは好感の持てる青年でした。
でも、見合いの席をギョンウ母がこっそり見ていました。
マザコンと聞いていたけど、母の方が子離れできていないのかな?

ヨンウンを疫病神扱いをするドヒョン母。
ヨンウンと結婚したらドヒョンが早死にするとはっきり言っちゃうのです。
ドヒョン母から精神的に追い詰められ倒れてしまったヨンウン。
ちょうどそこにギョンウが来て、ヨンウンを助けるのでした。
これをきっかけに、ドヒョン母はどんどん話を進めています。

君は僕の運命 139~142話

2010/01/27 (水)  カテゴリー/韓国ドラマか行 君は僕の運命

第139話 「結婚式の前夜に」
 セビョクの結婚式前日。キム家では函入れの儀式に沸く中、セビョクのもとには本当の親を知るという男から電話がかかってくる。会う約束をするセビョクだが、教授選に漏れて飲み荒れていたテヨンがその男と喧嘩になり…。

第140話 「ささやかな新婚旅行」
 セビョクの身辺調査をチョ・サンギに依頼していた女性が帰国。セビョクの結婚式を訪れ、彼女が実の娘だと確信する。セビョクはパスポートを忘れ、セビョクとホセは新婚旅行の代わりにロハス社の視察旅行に行くことに…。

第141話 「嫁いじめの始まり」
 結婚初夜、セビョクのもとに女性から電話が入るが、誰だかわからず不思議に思う。視察旅行から戻ったセビョクとホセはキム家に挨拶に行くが、アメリカから伯母が来ているという理由でカン家に急遽呼び戻される。

第142話 「母親は死んだ!?」
 実母のことを知る人が来ているという連絡を受けたセビョクはいてもたってもいられずキム家に戻る。実母の親友と言う女性チャン・ミオクから実母は亡くなったと聞きショックを受けるセビョク。ミンジョンは黙って消えたセビョクに憤慨する。

冬鳥 第3・4話

2010/01/27 (水)  カテゴリー/韓国ドラマは行 冬鳥

第3話「嘘」
ジホンと昔の彼女の話を聞いた会長夫妻も驚きを隠せず、結婚話は白紙に戻るが、ドヒョンとヨンウンの仲が発展することを恐れる会長夫人はヨンウンにやんわりと彼との復縁を促す。育ての親である彼女の意向を無視できないヨンウンは、話を聞いてほしいと請うジホンの呼び出しに応じる。
ドヒョンの妹ミニがヨンウンの結婚式のために留学先から一時帰国。
「あなたは星」のヘインだわ!!
見るからにわがままで意地悪そうです。
ドヒョン母は最低男のジホンを庇って、ヨンウンを説得しようとしてます。
自分の娘だったら結婚話を進める?
早く追い出したいのが見え見えです。
第4話「破局のあと」
ドヒョンはジホンとの破局で傷ついたヨンウンに「もう独りにはしない」と誓う。これを機に2人の仲が深まることを恐れるドヒョンの母は、ヨンウンにドヒョンとはあくまでも兄妹であると念を押す。そして、家族ぐるみでつきあいのある良家の令嬢ジナとドヒョンを結婚させようと考える。

ドヒョン叔母に誘われヨンウンは別荘で気分転換。
ところが、叔母さんが急用で帰った後、ドヒョンが別荘に現れました。
二人っきりでドキドキ。
ドヒョンは僕を信じてとヨンウンにキスを。
そこへ、タイミングよく母からドヒョンに電話が。
ドヒョンが別荘にいると知った母は怒り狂い、ヨンウンに電話を代わって、と叫んでたわ。
その晩はそれ以上何も進展はなかったんだけど、
ドヒョン母は息子の気持ちに気付いてるから、心配で眠れなかったよう。
早く何とかしないと、と焦ります。

妹のミニはヨンウンのことを疎ましく思ってるのね。
面と向かって「腹が立つ」と言う嫌な娘です。

ドヒョン母はジナをドヒョンの結婚相手と考え、
家に呼んだりして何とか息子とくっつけようとしてます。

ホジュン5・6話

2010/01/27 (水)  カテゴリー/韓国ドラマは行 ホジュン~宮廷医官への道

第5話「漢陽へ、再び―」
生活の足しにしようと、ク・イルソの妻ハマンに仕事の斡旋を頼むホ・ジュンの母。早速、連れて行かれたのはホ・ジュンが働くユ医院だった。金や名誉に関心のないユ・ウィテに対し、妻は富と権力に強く執着し、高価な品物をどんどん買い入れる一方、息子のドジを何とか内医院に入れようと必死だった。夫の留守をいいことに、病舎を弟子たちに任せて息子を勉強に専念させ、さらには貧しい患者を追い出せと命ずる妻。担ぎ込まれた重症の子供も追い返せと言われ、ホ・ジュンが困っていたところへユ・ウィテが帰宅。重症患者を追い返すとは何事かと叱りつける。ユ・ウィテは、科挙を受験しようとするドジを呼び、まだ未熟で無理だと反対するが、そんな父親の反対を押し切って科挙を受けに行くドジ。その情熱の裏には、兄妹のように育ったイェジンと結婚し、幸せにしてやりたいという思いがあった。科挙を受けに漢陽に旅立つドジを送り出すユ・ウィテは、ドジのお供にホ・ジュンを指名した。仲間たちの嫉妬のなか、漢陽に行けると喜び浮き立つホ・ジュンだが、彼には旅に必要な号牌がなかった――。
ウィテは患者のためなら命を捨てることができる立派な医者なんだけど、
妻は欲深くて、思いっきり俗物なのです。
なんでこんな人を妻にしたのかしら。

科挙を受けるという息子のドジ。
ウィテの友人サムジョク大師もいい人みたいで、
医員には病人の苦しみを知り同情する心が大切。
目を見ただけで患者が安心できるような医員になれと教えるのですが、
ドジはそんなことまで試験に出るのか?と返すのでした。

ドジに同行することになったジュン。
ドジは本科ではなく雑科を受けるのね。
当時医者は身分が低かったらしく、相部屋になった科挙を受ける男たちが、
ドジのことを馬鹿にしてからかうのです。
でも、その男たちが自慢げに語った詩の解釈の間違いをジュンが指摘。
ジュンはもともと賢かったのよね。
この一件でドジはジュンを信頼し、
医院に戻ったら薬草取りに昇格させてやると約束しました。
早くも昇進。すごいな~。

ジュンはダヒに会いたいと家を探してます。
第6話「九針の戯の対決」
御医ヤン・イェスに答案をほめられたドジは合格を確信するが、合格者の名簿に彼の名はなかった。何かの間違いだと試官に詰め寄るドジに内医院のキム・ウンタクが話して聞かせたのは、ドジが落第したのは父親のユ・ウィテがかつて内医院を受験した時、御医ヤン・イェスにこの上ない屈辱を与えたため、その恨みで落とされたという衝撃の内容だった。一方、ホ・ジュンとドジが漢陽に発った後、ホ・ジュンを訪ねて山陰にやって来た人物がいた。漢陽で離れ離れになったダヒと龍川でホ・ジュンの子分だったヤンテである。ヤンテはク・イルソにホ・ジュンを探すよう頼むが、ヤンテを怪しい人物と思い込んだイルソは、ホ・ジュンはすでに山陰を去ってしまったとウソをつく。これを聞いたダヒはショックと長旅の疲れが重なって倒れてしまい、ユ医院に担ぎ込まれる――。
一次試験に合格し、二次の面接でもほめられたのですが、
内医院たちが御医ヤン・イェスを気遣い不合格に。
納得のいかないドジが、父とヤンとの因縁を知ることに。

九針の戯とは、9本の長針を生きた鶏に刺す対決。
筋肉や血管、神経を全て把握していないとできないすご技で、
当時、ヤンが自分より秀でたものを不合格にするという噂があり、
不合格とされ怒ったウィテはヤンに勝負を挑み、
負けたヤンは「ウィテは朝鮮一の名医だ」と大声で3回言わされたそうです。

ヤンがいる限り合格できないと知ったドジは父を恨み荒れていきます。
人柄どうであれ、優秀なのに可哀想でした。
科挙を受けて、医員の資格がもらえるのかと思ったけど、
宮殿の内医院に入るための試験なのね。
町の医員になるには資格なんて要らないんだ!!

ダヒはジュンを追って来たのね。
イルソが嘘をついたために、ジュンとは再会できないと思ったのですが
疲労がたまってウィテの医院で入院。
そのうち会えますね。


トリプル

2010/01/26 (火)  カテゴリー/韓国ドラマた行 トリプル

トリプル放送年月日 2009.6.11~7.30
放送局 MBC
全話数 16話
主要キャスト
ハートBイ・ジョンジェ…シン・ファル
ハートPミン・ヒョリン…イ・ハル
ハートBイ・ソンギュン…チョ・へユン
ハートBユン・ゲサン…チャン・ヒョンテ
ハートPイ・ハナ…チェ・スイン
On Air
1月27日(水)20:00~
 BSジャパン
作品紹介
「コーヒープリンス1号店」のイ・ユンジョン監督とイ・ジョンア作家が再びタッグをくんだ新感覚のロマンスドラマ。ドラマ「エア・シティ」以来イ・ジョンジェの2年ぶりのドラマ復帰作としても話題に。「コーヒープリンス 1号店」のイ・ソンギュン、「愛に狂う」のユン・ゲサン、モデル/歌手のRinZことミン・ヒョリン、「メリー&テグ 恋のから騒ぎ」のイ・ハナ、モデルのキム・ヒらが熱演。韓国初のフィギュアスケートを題材にしたドラマとして関心を集めていたが、ストーリーに共感できないなどの理由で視聴率は伸びなかった。平均視聴率6.57%
あらすじ
広告会社に勤めるファル、ヘユン、ヒョンテは高校の同級生。卒業後それぞれに道を歩んでいたが、ひょんなことから三人で会社を立ち上げる。そんな中、田舎で暮らしていたファルの妹で、フィギュア選手のハルが上京し、三人が同居する家に押し掛けてきて、四人での同居生活が始まる。別居中の妻スインからの和解に戸惑うファル、自由奔放な高校時代の同級生サンヒ(キム・ヒ)と恋人になったヘユン、スインを見守るヒョンテ、そしてファルに恋するハル。それぞれの想いが絡み合う…。
ひと言
キム・ヨナ効果に便乗したドラマですが、見事にコケたようですね。
とりあえず観ます。

イ・サン 第25話

2010/01/25 (月)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 イ・サン-正祖大王

第25話「華やかな暗殺計画」
ホン・グギョンは王室行事、儺礼戯でのサン暗殺計画を疑うが、はっきりした証拠を掴めなかった。官職を離れているクギョンはテスに命じて、武官のソッキとジャンボにチョン・フギョムとキム・ギジュを監視させ、サンの側近のナム・サチョとチェ・ジェゴンにも疑惑を伝えるよう命じる。また、ファワン親子は自分たち抜きでのサン暗殺計画を阻止しようとキム・ギジュの動きを探っていた。その頃、何も知らないサンは、街で出会った謎の老人と親交を深めつつ、民衆と身近に接する充実した日々を送っていた。そして、儀式の席次表を見たクギョンは、毎年同じはずのサンの席が移動していることに気づき、首をかしげる。
儺礼戯の前の晩。
ギジュは下官の家を訪れて爆薬を渡しました。
ギジュを見張っていたジャンボは、ギジュが下官の家を訪ねたことに疑問を持ち、
下官の跡を付け声をかけるのですが、ファワンの手下も見張っていたんですね~。
ジャンボは、後ろから殴られ気絶。下官はファワンの手下に捕まりました。

生き生きとしているサンに暗殺計画のことを話せなかった側近のジェゴンたち。
いよいよ危ないと知ってサンに儺礼戯を欠席するように話すのですが、
サンは世孫としての責務を果たさなければと聞く耳を持ちません。

爆薬を手に入れたファワン親子は、翌朝、王妃の元に駆けつけ、
「危うく世孫に渡るところだった。」と報告。
ファワンは、自分たち抜きで計画を進めるからこんな事態になったとばかりに、
歯に衣を被せながら皮肉って、王妃に忠告するのですね~。
女狐同士が火花をバチバチ飛ばし、横で聞いていたフギョムもたじたじって感じ(笑)。
これからはファワンにも知らせると言ったものの、
王妃の顔は引きつってたわ。

ファワン親子が退場した後、陽気に参上したまぬけな兄ギジュ。
猛烈に怒った王妃に、計画中止を言い渡されるのですが、
内緒で決行すると言ってます。
王妃と違って慎重さに欠けますね~。
失敗するのが目に見えるようです。

サンが儺礼戯でギジュに殺される夢を見たサン母恵嬪。
夜明け前にサンを訪れ、ギジュが父を陥れた張本人だと告げ、用心するよう言いました。
王妃の兄ギジュは父の仇だったのね。
だったら、必然と王妃も怪しいと推測できるのでは??

サンの命が危ないと聞かされたソンヨン。
クギョンに頼まれ、図画署の倉庫で去年の儺礼戯の席次を手に入れました。
いつも陰で活躍するソンヨンです。

そうそう、ソンヨンがファワンに呼ばれたことで、
ソンヨンが敵かもしれないと聞かされたサンの正室嬪宮ですが、
無意識のうちにソンヨンに冷たく当たったことで自己嫌悪に落ち込んでました。
可憐なうえ、人柄もいいようです。

サンの席が通年と違うと気付いたクギョン。
花火の爆薬にもピンと来たようですが、
宮殿に出入りできない身で、食い止めることができるのでしょうか。

ホジュン 3・4話

2010/01/25 (月)  カテゴリー/韓国ドラマは行 ホジュン~宮廷医官への道

第3話「生涯の師 運命の出会い」
ミン・ジャホンの手下たちによってダヒと引き裂かれたホ・ジュンは、隙をついて彼らから逃げ出し、役所に行ってミン・ジャホンこそが反逆の中心人物であり、濡れ衣を着せられたイ・ジョンチャンの娘ダヒがミン・ジュホンの家に捕らわれていると告発した。
これにより、ミン・ジャホンは捕らえられ、ダヒは汚名を返上して両班の身分を回復する。助けることはできたものの、ホ・ジュンにとっては雲の上の存在となったダヒをホ・ジュンは木の陰から見送るしかなかった。失意のなか、ホ・ジュンは母親と2人、慶尚道山陰へとたどり着く。ところが、父親が紹介してくれた山陰の県監はすでに辞職しており、生活の術どころか身分の保証の道すら絶たれた2人は、知り合い一人いない異郷の地で途方に暮れてしまう。そんな2人をそっと尾行していた男がいた。山陰のならず者ク・イルソで、彼はホ・ジュン母子がどこかの流れ者に違いないと目をつけ、「俺が助けてやる」と言い寄ってくるが・・・。
ジュンが行った山陰は、薬草や鉄が取れ、貧乏人には最高の場所だそうです。
頼みの綱の人がすでにその場所にいないことを知って落胆するジュンと母。
母が急に具合が悪くなり、イルソに連れられ医院へ。
患者がたくさんいて混雑する中、ユ・ウィテはジュン母を見るなり、
船酔いだからと大したことはないと。
船に乗ったことを言い当てたウィテをジュンはすごい人だと思うのでした。

イルソに騙されお金を取られたジュン。
イルソに詰め寄り、彼の家でジュンたちは間借りすることに。

そして、医術を習いたいと医院へ。
だけど、食いぶちが減ると怒った下働きたちと喧嘩をしてしまいます。
そこへ通りかかったウィテ。
急所を突かれて倒れてる弟子たちを見て、
喧嘩で急所を覚えて天下一の名医になった者がいる。
このままでは殺人者になりかねんとジュンの弟子入りを許可。
生きる希望を見つけたジュンは、母と手を取り喜び合っています。
第4話「剣より毒より恐ろしい医員の手」
「医員にならねば人殺しになるかも」というユ・ウィテの言葉で晴れてユ医院の門下に入ったホ・ジュン。喜び勇んで医院に向かうが、ホ・ジュンの存在が気に入らない古株の下働きたちはホ・ジュンに嫌がらせばかりする。水汲み場も教えてもらえないまま、とりあえず水を汲んできたホ・ジュンだが、それを飲んだユ・ウィテは「死んだ水を汲んできた」と怒り、場所を知らなかったと言い訳するホ・ジュンを「患者を死なせても言い訳する気か」と厳しく叱り付ける。自分の過ちがわからないホ・ジュンは、眠りにつけないまま朝を迎え、医院の敷地を歩いていたところでイェジンに出くわす。切羽詰ったホ・ジュンはイェジンをつかまえて事情を話し、自分を過ちを教えてほしいと嘆願する。そこでイェジンは、医術に使う水は使い道によって33種類あり、汲む場所、汲む時間によって水の質が変わることを教える。別の日、出かけるユ・ウィテの前を水汲み帰りのホ・ジュンが通りかかる。ユ・ウィテは水桶を降ろせと言い、桶の水をひと口飲んで・・・。
下働きたちのいじめが始まりました。
この人たちどう見ても医員になれそうな頭脳を持ってなさそう。
薬に使う水は33種類もあるんだ。
イェジンの助けもあって、ジュンはなんとか水汲みに成功。
ちょっとずるい気も。他の人は自力で探したみたいなのに。

診療日誌を書き写し勉強を始めたジュンですが、
イェジンに見つかり意味がないと叱られました。
そこへ、薬が紛失する事件が。
疑われたジュンでしたが、またまたイェジンが助け舟を。
ジュンに惹かれる所があるのでしょうかね~。
犯人は同じ下働きの男。
ジュンを訪ね、しゃべるなと言いに来たんだけど、逆に薬を返せとジュンに脅されてました。
ジュンは喧嘩が強いってもう忘れたのかしらね。

私にも妻がいたらいいのに

2010/01/24 (日)  カテゴリー/韓国映画

私にも妻がいたらいいのに韓国封切 2001.1.13
監督 パク・ホンシク
時間 106分
主要キャスト
ハートBソル・ギョング…キム・ボンス
ハートPチョン・ドヨン…チョン・ウォンジュ
視聴日 2009.12.9
評価
   7
作品商品
 「スキャンダル」「ハッピー・エンド」のチョン・ドヨンと「実尾島(シルミド)」のソル・ギョングが共演するハートフルな日常的ラブストーリー。「八月のクリスマス」にもスタッフとして参加したパク・フンシクが、自らも脚本作りに参加して作り上げた長編監督デビュー作。撮影は「美術館の隣の動物園」のチョ・ヨンギュが担当。平凡な男女の普通の恋愛を、テンポ良くユーモラスに描いている。百想芸術大賞、最優秀女子演技賞(チョン・ドヨン)、新人監督賞を受賞した。
あらすじ
 30代で入社3年目の銀行員キム・ボンス。彼は、ある日、地下鉄の中で他の人は皆携帯電話で誰かと話をしているのに、自分には電話をする相手一人いないことに気づき、愕然とする。しかし、彼が勤める銀行の向かい側にある学習塾には、彼を遠くから熱いまなざしで見つめる塾講師のチョン・ウォンジュがいた。二人は毎日のように会う仲だが、ボンスはウォンジュの気持ちに気付かないでいる。そうこうしているうちに、入院がきっかけで再会した大学の同窓生テラン(チン・ヒギョン)と付き合い出すボンス。彼はテランに結婚を申し込もうと意を決して彼女の店へ行くが、そこで彼女の事業が失敗したことを知る。またまた結婚が遠のいてしまったボンスだが、皆が退社した銀行に残った彼は監視カメラに録画されたテープの中にウォンジュの姿を発見する。
感想
ほのぼのとした映画で、一般的にはつまらないのかもしれませんが、私は気に入っています。
イケメンとは言えないキム・ボンスが、これまた平凡な男で、(あっ手品は上手でしたが)、恋人が欲しいのに、身近で思ってくれる女性に気付かないのですよ。賢くて真面目なのに、どこか抜けてるのです。
で、女性が勇気を出して誘ったのに、バツイチ女性と付き合いだしてて、このタイミングの悪さも、キム・ボンスって感じで、好きでした。

ヤクルトを底から噛みちぎって飲んだり、
ATMの監視カメラに話しかけたりするシーンは意外性があって面白かったです。
タイトルの「私にも妻がいたらいいのに」もウォンジュが言ったセリフでした。

チョン・ドヨンさんはあまり好きではないのですが、純情な教師役もお上手でした。

ラスト、テランに振られ、ウォンジュで手を打ったという気も若干するのですが、
大きな愛に気付いたということにしましょう。
ハッピーエンドでよかったです。

レストレス~中天~

2010/01/23 (土)  カテゴリー/韓国映画

レストレス韓国封切 2006.12.21
監督 チョン・ドンオ
時間 102分
主要キャスト
ハートBチョン・ウソン…イ・クァク
ハートPキム・テヒ…ソファ/ヨナ
視聴日 2010.1.10
評価
   7
作品紹介
 魂が49日間とどまり、転生の準備をする空間“中天”で繰り広げられる天人と退魔師の愛を描き、中国でオールロケを行ったファンタジー。主演のトップ女優キム・テヒにとってはスクリーンデビュー作となり、東洋的な美を披露する。一方日本でも大人気のチョン・ウソンは迫力満点のアクションシーンを熱演。また、『MUSA-武士-』で助監督を務めたチョ・ドンオ監督のデビュー作品でもある。衣裳は『HERO』『LOVERS』のワダエミと、国際的なスタッフが結集。制作費100億ウォン。観客動員数155万人。
あらすじ
統一新羅末期の反乱に加担した兵士イグァク(チョン・ウソン)は生きているまま中天に吸い込まれる。そこでイグァクは自分の死んだ恋人そっくりの天女ソファ(キム・テヒ)に出会う。そうするうちに中天では魂たちの反乱が起こるが、イグァクはその反乱軍が自分の仲間たちであることを知り…。
感想
現実離れをした話は元々好きではないので、あまり面白くありませんでした。
「ラブストーリー・イン・ハーバード」では思わなかったんだけど、
キム・テヒって演技があまり上手くない??
美人過ぎて、表情に乏しいよなぁと思ってしまいました。
チョン・ウソンは時代劇のほうが似合ってるかな。超格好良かった!!
でも、福山雅治とかぶって見えて仕方がなかったです。
(主人は似てないとはっきり否定したのですが。)

ストーリーより、CG技術に目を奪われました。
剣で切ると、瞬間燃焼し、ふわっと黒い灰になるところなんて、「すごいな~どうやってするんだろう。」と感心。
日本より韓国の方がCG技術が優れてると思うよ。絶対。
とにかく、神秘的でかつ東洋っぽい幻想的な中天の世界は見ものでした。
多額の制作費をかけたのだから、観る価値はあると思います。


ファム ファタール

2010/01/22 (金)  カテゴリー/韓国映画

ファム・ファタール韓国封切 2008.1.10
監督 イ・サンギ
時間 112分
原題 無防備都市
主要キャスト
ハートPソン・イェジン…ペク・サンミ
ハートBキム・ミンジョン…チョ・デヨン
ハートPキム・ヘスク…カン・マノク
視聴日 2010.1.16
評価
    8
作品紹介
スリ犯罪組織と広域捜査隊員の勝負をテーマとした作品。スリ組織のリーダーを演じるソン・イェジンは、実際にスリの前科者からレッスンを受け撮影に臨んだという。今までの清純なイメージとは違い悪役に挑戦したソン・イェジンの熱演に公開前から注目が集まった。刑事でありながらスリとの危険なラブストーリーを繰り広げるデヨン役には、『白い巨塔』などで人気を集めたキム・ミョンミンが出演している。また『マイ・ブラザー』のキム・ヘスクが伝説の女スリ、マノク役で貫禄を示し、大鐘賞助演女優賞受賞。リアルに再現されたスリの最新テクニックは脅威の一語。観客動員数150万人を超えるヒット作となった。
 あらすじ
国内最高のエリート刑事で構成され、凶悪事件を扱う韓国のFBI<広域捜査隊>。その中でもNO1の検挙率を誇るベテラン刑事チョ・デヨン。連続殺人事件を調査中であったデヨンに、ヤクザと連結する企業型スリ事件を担当するよう指示がくだる。どうしてもスリ事件だけを扱うのには不満を抱くデヨン。彼にはスリと関連した消すことのできない記憶があった。一方、華麗な容姿と神に近い技術を持つ国際的スリ組織のリーダー、ペク・チャンミは、先日出所した伝説的なスリ、カン・マノクを呼び組織を拡張しようとするが、引退を決意したマノクを説得するのは容易ではなかった・・・。スリ組織の実態を把握するため潜伏中のデヨンは、偶然にもライバルであるスリ組織に追われるチャンミを救うことになり、そこで2人はお互いに一目ぼれをしてしまう。 
感想
『アンテナ』が見張りをし、『風』が助け『機械』が盗る。
スリ集団の巧みな手口には感心させられました。
監督はこの映画のために、スリに関して2年間もリサーチしたとか。
ソン・イェジンの変貌振りにも驚きましたが、
何よりもこの犯罪行為がフィクションではなかったということに衝撃を受けました。
韓国へ旅行に行くときは気をつけなくっちゃ。

ストーリー的にはありきたりで、先は読めてきます。
ラブラインも切なくなるほどの燃え上がりはなかったので、感情移入はできなかったなぁ。
ただ、キム・ヘスクさんの演技は凄味があって、さすが大御所と思いました。

妖艶なソン・イェジンとキム・ヘスクの演技、そして韓国スリ組織が見所の映画でした。
(私的には、「かけがえのない我が子」のジェミンことシム・ジホが、カッコイイ~と思いました。)
スリのテクニックを知りたい方はご一見を。

追記
そうそう、序盤に登場した大阪の駅。
ロケ地は韓国だってバレバレ。
ヒロインは刺青の技術を習得するために大阪に滞在していたのですが、
日本の刺青技術は海外でも評価が高いんだって。初知りでした。

ファム・ファタール(仏:Femme fatale)は男にとっての「運命の女」の意味。
また、男を破滅させる魔性の女(悪女)のことだそうです。

家門の栄光 19・20話

2010/01/21 (木)  カテゴリー/韓国ドラマか行 家門の栄光

第19話
遊園地でガンソクはダナに愛も中毒であり、解毒剤として自分を利用するのはどうかと話すとダナはガンソクの頬を殴ろうとする。 ダナの腕をつかんだガンソクは二人がしている演劇がますますもっとおもしろくなるという言葉を残して去る。 一方、ジナはスヨンに同じ会社で会ってしまうのがつらいと別れのあいさつをする。 宗家のドキュメンタリーを拒否するチュジョンに、局長は江陵に発令を出すと脅す。カラオケに行ったガンソクはダナに歌を歌わせるが…

第20話
ジナの家の前に来たスヨンの車を見たジナは飛び出してくると、スヨンの車の窓に両手をつけて涙を流す。 マルスンが入院した病室でテヨンとともにマンガを見ていたマルスンは、母親からかかって来た電話を受け、テヨンの肩に顔を埋めて泣いてしまう。 ガンソクの車に乗ったダナはヒョンギュに隙を見せた罪で演劇をしていると言おうと、急に前に割りこんだ車を見て急ブレーキを踏む。 横にいたダナの表情を見たガンソクは驚いて眺めるが…

イ・サン 第24話

2010/01/21 (木)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 イ・サン-正祖大王

第24話「不吉な宴」
権力を独占しようとする中殿に腹を立て、動向を探っていたファワン翁主とチョン・フギョムは、キム・ギジュが近く行われる宮中儀式の最中にサンを暗殺しようと計画していることを突き止める。一方、サンはお忍びの外出で不思議な老人に会い、老人の記した書物や彼の作る農具に興味を持つ。占いもするという老人はサンに命を落とさぬよう用心しろと忠告。不吉な予言にテスは不安を覚え、職を辞し肥集めに身を落としたホン・グギョンに相談する。

サンを失脚させたことで、調子付いてるファワンが目障りになってきた王妃。
今度の計画はファワンたちを外して進めています。
仲間割れするようになってきたら老論派の天下も長くはないわね。

摂政を退いたサン。老論派の監視もなくなり、自由になってかえって良かったみたい。
町であった老人の書物から農業の改善策を見つけ、あれこれと熱心に試しています。

テスは老人から「サンが火の海で悲鳴を上げる姿が見える」と予言され心配で仕方ありません。
グギョンに相談して、ファワンやギジュに不審な動きがないか見張ることに。
そして、大晦日の行事に花火が打ち上げられること知ったグギョンは何か気付いたようです。

宮殿で偶然サンと出会ったソンヨン。
以前渡した茶母たちの絵のことでからかわれ、恐縮していると、
「お前は一番大切な友だ。テスやソンヨンがいてくれてどんなに嬉しいか。
 堅苦しい宮殿の中で、お前たちに会えると生きてる実感がする。」と、
嬉しい言葉をかけられました。
こんなこと世孫から言われるなんてね。

サン殺害に使う火薬を受け取ったギジュですが、
その場面をサンが見ていて、「その袋は?」と質問されました。
焦るギジュ。
グギョンがもうサンに告げ口をしたの?
それとも、上手く言い逃れてしまうのでしょうか?

君は僕の運命 137・138話

2010/01/20 (水)  カテゴリー/韓国ドラマか行 君は僕の運命

第137話 「家の格差」
 セビョクの婚礼準備に追われるキム家。娘のために何かしたいと思うヨンスクはミンジョンに金持ちの金銭感覚を見せつけられ、意地を張ってしまう。そんな中、ある男が束草で迷子になった子供を捜し、セビョクを調べていた。

第138話 「すべてを仕切るミンジョン」
 ミンジョンはホセに同居を提案し、セビョクをしつけ直そうと目論む。ドレス選びもミンジョンが決めてしまい、セビョクには口を挟む余地もない。一方、ギョンウはヨンシルに改めて挨拶し、スビンと結婚したいと告げる。

 

ホジュン 第1・2話

2010/01/20 (水)  カテゴリー/韓国ドラマは行 ホジュン~宮廷医官への道

第1話「愛人の子に生まれて」
密易であぶく銭を稼ぐホジュンは、ある日、中国商人と漢方薬の取り引きをするが、条件をめぐって緊迫の駆け引きがつづいた末、一歩も引こうとしない商人の目の前で品物に火をつける。あわてた商人はホジュンの条件にさらに上乗せして支払い、ホジュンの腕に感服する。ひと儲けしたホジュンと仲間たちは、ある時は酒と女遊びに更けり、ある時は賭博場にいり浸って、その日暮らしのならず者生活を送る。ホジュンの母親はそんな息子の姿を見かね、郡守である父親のためにもまともになれと言い聞かせるが、父親にとって忘れられた存在である自分などどう生きようと関係ない、と投げやりに答える。ところが、ある日、密貿易の現場で両班の娘と知り合い、父親のために男装をしてまで危険な密貿易に手を染めようとする彼女のことが忘れられなくなる。仲間に女の居所を探させ、訪ねて行ってみると…。 
 
科挙を受ける勉強をしたのに、妾の子だから受けれなかったのね。
それで荒んだ生活を送ってるよう。
喧嘩がめっぽう強く、度胸もあるジュンでした。
そんなジュンはダヒと運命的な出会いを。

朝鮮に伝わる民間療法なのかな。
ダヒ父が危険な状態に陥ったとき、口に血を垂らしていたけど、
一体どんな効果があるっていうのでしょう??

第2話「父との別れ」
密貿易の現場で知り合った女性は、役所が血眼になって探す反逆者の娘だった。ホ・ジュンは彼女のために再び密貿易を試みるが、厳重な取り締まりのなか、ついに捕まってしまう。役所に連行されたホ・ジュンは、密貿易の仲間と反逆者親娘の居所を問い詰められ、拷問を受ける。あくまでシラを切るホ・ジュンに対し、義州の兵馬都尉ペ・チョンスはホ・ジュンが自分が尊敬するホ・リュン郡守の息子であると知り、その処遇を彼に一任する。放蕩三昧の生活を送ったうえ、重罪人として目の前に引き出された息子に失望するホ・リュンだったが、息子の代わりに自分を殺してくれと嘆願する母親、そして身分のくびきに苦しむ息子の言葉を思い出し、彼に最後のチャンスを与えようと一枚の書状を差し出した。
ジュン父は内緒でジュンを逃がしてくれたのね。
そんなことしたら、郡守である立場が危うくなるだろうに(涙)。

母とダヒを連れ逃げたのはいいけど、同行してた男に騙されてお金や荷物を取られ、
見つけたと思ったのに牢屋行き。
その牢で、ダヒの身分が回復したことを知ったんだけど、
別れるのが嫌だから、ジュンはダヒにそのことを隠すのよね。
気持ちも分かるけど卑劣じゃない??
こんな状態で幸せにできないでしょ。

船賃が値上げして、ダヒは父の親友にお金を借りに。
でもその親友がダヒ父を陥れた張本人。
どうなるのでしょう?? 
 




LOSTseason3 (50~72話)

2010/01/19 (火)  カテゴリー/海外ドラマ

 あらすじ(ネタバレ)&感想
  
  “他のものたち”のアジトに連れて行かれたジャック、ケイト、ソーヤーの3人。
アジトはかつて動物園であったかのような造り。でもここは住みかではなく隣の島!!
不時着した島の反対側(?)には、設備の整った普通の住宅がありました。なんて広い島なんだ~。
医師であるジャックが捕まった理由は、“他のものたち”のリーダー、ベンの脊椎にある腫瘍を取り除くためだった。
ケイトとソーヤーは、向かいの檻にいた期間を通じ、お互い求め合う親密な仲に進展。
その様子をジャックがモニターで観ちゃうのよね。
最初は治療を拒否したジャックだが、ケイトとソーヤーの解放を条件に、ベンの手術を引き受ける。
LOST3 LOST3-2

ロックは瞑想を経て、何か悟りを得たのか、これまでに島から消えた人々と再会したり、島と交流するなど、独自の行動へ。
半身不随だった自分が歩けるようになったのが、島の不思議な力のおかげだと確信する。
ロックは、父親から無理やり腎臓を取られただけでなく、ホテルの8階から突き落とされたとのこと。
奇跡的に助かったけど、半身不随になったんだって。ひどい父親がいるもんだ。

ケイトはソーヤーと生存者たちのキャンプに戻るが、ジャックを敵のアジトに残してきたのが気がかり。
そこでサイードとロックを連れジャックの救出に向かうが、彼が“他のものたち”と打ち解けたかのような光景を目撃してしまう。
その晩捕まったケイトにジャックは故郷へ帰ると話すが、ロックが潜水艇を爆破してしまう。
そして“他のものたち”はジャックとケイト、ジュリエットを残して町から姿を消してしまう。
島の力を知りたいロックはベンたちと行動をともに。
“他のものたち”はロックを特別な存在だと思っている。
ジュリエットは不妊治療の専門医。ジャックに差し入れをしていたこともあって親しくなりました。
ケイトたちを逃がすために仲間を撃ったから仲間はずれに。  
 LOST3-8 ジュリエット

ハーリーが見つけたバンの中にはビールと骸骨が。
骸骨はベンの父親で、ベンは子どもの頃父親とこの島に。
ダーマの下働きでくさっている父親。成長したベンは父親とダーマの人々を殺し “他のものたち”のリーダーに。
ベンってとっても不気味。鶏の目を思い出すのよ~。
サンが妊娠したのが明らかに。夫ジンは子供を作れないはずだったが、これも島の力か。
これまで島では子供が生まれなかったことから、ベンは部下たちにサンや女性生存者をキャンプから誘拐してくるよう命じる。
解放されたジャックは、“他のものたち”を裏切ったジュリエットをキャンプに連れて帰るが、
ジュリエットは自分がベンのスパイだと明かし、もうすぐベンの部下たちがキャンプを襲うと生存者たちに伝える。
とっても怪しいジュリエット。味方なのかスパイなのか判断できなかったわ。

LOST3-5 デズモンド
ハッチの中にいた男、デズモンドは生存者の仲間になったが、ハッチの爆発で彼は未来がみえるように。。
デズモンドは 、島にパラシュートで落ちてくる女を予知。
それは現実となる。彼女の名前はナオミ。ペニーの写真と電話を持っていた。
ジャックを信用できない面々はナオミの存在を彼から隠す。
ナオミはペニーからデズモントを探すため雇われ、島の沖にはペニーの貨物船が停泊しているという。
そして、815便がバリ沖で墜落し、生存者がゼロだと報道されたと衝撃的事実を語る。
どないなってんねん??
海中で発見された815便。ある人が報道を見て、パイロットが違うと電話をしてたけど??
LOST3-3 ナオミ

ベンを脅してロックは島の有力者ジェイコブに会いに行く。
棲家は不気味な小屋で白い灰に囲まれていた。
ベンが話しかけるがロックには姿が見えない。
だが声がし、混乱が訪れる。
ロックを脅威に感じたベンは、ダーマの人々を葬った穴へ連れて行き、
ロックを撃ち置き去りにする。
何、何~??急にオカルトだ!!
ロックの最期かと思ったのですが、
絶望したロックが自殺しようとした時に、マイケルと脱出したウォルトが現れ「まだやることがある」と。
LOST3-4 ロック

島から脱出できると期待した生存者たちだが、船と連絡を取るには
“他のものたち”の海中基地《ルッキング・グラス》にある妨害電波の発生装置を停止せねばならない。
デズモンドがまた予知。
チャーリーが愛するクレアと赤ちゃんのアーロンを救うため、溺死すると告げる。
そこでチャーリーは死を覚悟し、《ルッキング・グラス》に行く役目を志願する。
以前見つけた浜辺のワイヤーは海中基地に繋がっていたんですね。
それにしても、ダーマは外界との遮断を徹底してるわね。

同じ頃、“他のものたち”は生存者たちのキャンプの襲撃を計画。
サイードら3人が敵を迎え撃つことになり、ジャックはルソーの協力を得て、残りの生存者をルソーがいた電波塔に退避させる。
キャンプでサイードたちは敵を全滅させるのに失敗し、敵の生き残りに人質にされてしまう。
だがキャンプに戻ったソーヤ、ジュリエット、ハーリーの活躍でサイードたちは救われる。
 外部の人間が島に近づくことを恐れたベンも娘と一緒に電波塔へ。
ベンはサイードたちの命と引き換えに、ナオミの電話を要求するが、ジャックに捕まる。
LOST-7 チャーリー
《ルッキング・グラス》では、チャーリーが命と引き換えに、妨害電波の発生装置を停止させるのに成功。
モニターにペニーが映り、ナオミがペニーに雇われたのではないことが判明。
ベンの言うように島が目当て!?
なんでペニーとデズモンドの写真を持っていたの??

ナオミが持つ通信機は、貨物船にいる捜索隊の電波を受信。
話そうとしたナオミの背中にナイフが刺さる。
投げたのは、生きていたロックだった。
ロックはジャックに銃を向けるが、ジャックは構わず貨物船と連絡する。
すぐに救助に向かうと言われ安堵する生存者たち。
 誰が来るんでしょうね~。

時は飛んで未来のLA。
酒に溺れるようになったジャックはケイトと再会し、彼女にこう漏らす。
“島から脱出したのは間違いだった”と……!!
ジャックとケイトはロスに帰ってくることができたみたい!!
でも他の人たちを置いていったのかな~??
それでジャックは罪悪感に苛まれ荒んだ生活を??
さっぱり分かりません。
少しずつ謎か解かれ、ますます面白くなってきたLOST。
シーズン4も期待しています。

LOST3-6 ペニーとパウロ
サイドストーリーというべき63話。
ダイヤモンドを金持ちから強奪したペニーとパウロ。
ペニーはパウロがダイヤを横取りしたと疑って、
メデューサ・スパイダー(刺されると8時間死んだように麻痺する)をけしかけ、
ダイヤを奪ったんだけど、自分も刺されちゃうのです。
何とかキャンプに戻ったけど、卓球をしているハーリーとソーヤの前で倒れ、 
二人とも死んでると思われて、みんなに埋葬されてしまうのでした。
でも、あとからペニーは息を吹き返すんだよね~。
皮肉たっぷりで、とっても印象的な話でした。
医者のジャックが不在中の出来事だったところがミソ。
それにしても、あの蜘蛛、ジャングルにたくさん生息してるなんて危険じゃない??

憎くてももう一度

2010/01/18 (月)  カテゴリー/韓国ドラマな行 憎くてももう一度

憎くてももう一度放送年月日 2009.2.4~4.23
放送局 KBS
全話数 24話
主要キャスト
ハートPチェ・ミョンギル…ハン・ミョンイン
ハートBパク・サンウォン…イ・ジョンフン
ハートPチョン・インファ…ウン・ヘジョン
ハートPパク・イェジン…チェ・ユニ
On Air
1月15日(金)サンテレビ
 11:00~(月~金)
作品紹介
 大ヒット作「バラ色の人生」のキム・ジョンチャンと、「ジャズ」など90年代にトレンディードラマを執筆した脚本家チョ・ヒがタッグを組んだ作品。
 時代劇を通じて、たおやかで芯の強い女性を演じてきたチョン・インファが、久しぶりに現代ドラマに登場し、演技において大きな変身を試みることで期待を集めた。
 出生の秘密、政略結婚と不倫など、通俗的でありふれたなテーマに対する批判もあるが、細かい演出に加えて、チェ・ミョンギル、パク・サンウォン、チョン・インファのベテラン俳優達の輝かしい演技で、視聴者を魅了。平均視聴率16.38%を記録した。
あらすじ
国内最高グループ、ミョンジングループの会長ハン・ミョンインは、生まれつきの優れた才能でデパート、流通、建設に至るあらゆる事業で成功を収める。
財閥家の末娘として生まれ、若くしてグループの会長となる。表向きは‘鬼会長’と呼ばれカリスマを自負するが、心では若い頃の初恋相手の死後に息子ミンスを生んだ傷を持つ。
現在の夫イ・ジョンフンとは愛のない結婚をしたが、彼女も年を重ねるにつれ徐々に夫に対する憐れみが愛であることに気づく。しかし、純情だと信じていた夫が20年間、自分を騙し続けウン・ヘジョンと不倫関係を続け、娘がいたことを知り、逆上するのだが…
ひと言
演技派女優の対決が見もののドラマのようです。
チングから借りてコピーはしたものの、そのままどこかで眠っています。
DVDを探してテレビの進行とともに観ようかどうかと迷っているところです。

チング~愛と友情の絆~

2010/01/17 (日)  カテゴリー/韓国ドラマた行 チング~愛と友情の絆

チング原題 友へ チング~俺たちの伝説
放送年月日 20009.6.27~8.30
放送局 MBC
全話数 20話
主要キャスト
ハートBヒョンビン…ハン・ドンス
ハートBキム・ミンジュン…イ・ジュンソク
ハートBソ・ドヨン…チョ・サンテク
ハートPワン・ジヘ…チェ・ジンスク
On Air
 1月17日(日)19:00~BSフジ
   再放送(金)8:30~ 
   ※日本語吹き替え 
作品紹介
 2001年に韓国で800万人を動員した、チャン・ドンゴン主演の大ヒット映画「友へ~チング」をドラマ化。チャン・ドンゴン演じたドンス役をヒョンビンが、ユ・オソン演じたジュンソク役をキム・ミンジュンが熱演、迫力あるアクションシーンも展開する。
 映画を手がけたクァク・ギョンテク監督が再度演出を担当して、放送前から話題を呼んだが、暴力性を理由にMBCで「19歳以上観覧可」判定を受け、昼時間の再放送もなかったため視聴率は振るわなかった。平均視聴率7.67%
あらすじ
 1976年夏の釜山。地元の元締めを父に持つジュンソクは、口ベタながらケンカが強く情も厚い。葬儀屋の息子のドンスもケンカっ早いが憎めない存在だ。それから優等生のサンテクとお調子者のジュンホの4人の小学生は、いつでも一緒に遊んでいた幼なじみ。4人は高校時代も一緒につるみ、女子バンド「レインボー」のメンバーのジンスクやソンエ達とともに時間を過ごす。しかし、ある事件をきっかけにジュンソクとドンスは退学処分になり、やがて二人は裏社会足を踏み入れ対立してゆくようになるが・・・
ひと言
 ヒョンビンの日本語吹き替えだなんて、想像するのも耐え難いです…。
 DVDがレンタルされてから観ます。

シルミド

2010/01/16 (土)  カテゴリー/韓国映画

シルミド韓国封切 2003.12.24
監督 カン・ウソク
脚本 キム・ヒジェ
時間 135分
主要キャスト
ハートBソル・ギョング…カン・インチャン
ハートBアン・ソンギ…キム・ジェヒョン
ハートBホ・ジュノ…チョ
ハートBチョン・ジェヨン…ハン・サンピル
視聴日 2009.12.16
評価
   10
作品紹介
 『シルミド』は1971年8月に発生した<韓国空軍特殊部隊>の軍事叛乱をテーマにしたもので、韓国内で1200万人の観客を動員し、話題騒然となった記録的な大ヒット作品。韓国政府が33年間ひた隠しにしていた<実尾島(シルミド)事件>の全貌が、ついにこの映画で暴かれる。<金日成暗殺計画>という、今までタブーとされていた事実をより忠実に、より具体的に描きだした衝撃のトゥルーストーリー。
 主演は『ペパーミント・キャンディー』などの演技派俳優ソル・ギョング。この『シルミド』でもずば抜けた演技力を見せている。またアン・ソンギやホ・ジュノら大物俳優も勢ぞろい。壮絶なアクションシーンも見どころの1つだ。
あらすじ
 北朝鮮特殊部隊によるソウル大統領府襲撃事件をきっかけに、極秘の特殊部隊が結成された。それが“実尾島(シルミド)”に集められた31人の男たち。刑務所に入れられ、住民登録を抹消された彼らは、政府から<684部隊>として『金日成暗殺計画』を任される。3年以上にわたる過酷な訓練を耐えぬき、見事、立派な精鋭部隊へと生まれ変わった彼ら。そんな“殺人兵器”となったメンバーが北朝鮮への潜入を目指して出発した直後、南北の対立が緩和へ向かった。計画の変更により、一転、機密を知る彼らは韓国政府の抹殺対象となる。政府に裏切られたインチャン(ソル・ギョング)ら<684部隊>はシルミドを抜け出し、バスを乗っとってソウルへ向かうのだが・・・。
感想
 観よう観ようと思って先延ばしにしていました。

闇に葬られていた事件ということで、この映画の制作10年前、脚本の段階でひっかかりボツになったそうです。
満を持しての公開となった訳ですが、公開後はこの事件の真相を究明する声があがり、
彼らの遺骨発掘調査や究明委員会まで発足され、「映画が国を動かした」とすごい反響だったようです。

そして2005年12月に韓国国防省が真相を以下のように公表。

 部隊は青瓦台襲撃未遂事件に対する報復計画の実行部隊として編成された。
 映画では重犯罪人や死刑囚が特赦と引き換えに隊員として動員されたように描かれているが、
 実際には特別報酬によって集められた一般人が大半であった。
 部隊の創設は中央情報部(KCIA)の指示によるものであり、実際の管理運営は空軍が担当した。
 31人で編成された部隊は、仁川沖の実尾島(シルミド)で訓練を行ったが、訓練中の事故で7人が死亡した。
 1971年8月23日、残りの隊員が実尾島を脱出し、乗っ取ったバスでソウルに向かったが、
 韓国正規軍との銃撃戦になり手榴弾でバスごと自爆した。
 生存者は6人だったが空軍の病院で2人が死亡、4人が処刑された。

韓国政府の汚点を暴露したすごい映画だったんですね~。
こんなことが実際にあったんだと思うと恐ろしかったです。

極悪な死刑囚だった彼ら。
過酷な訓練にも耐え、指導員たちとの絆なんかも生まれたりして、
任務を全うしたら真人間になってやり直おそうとする心意気に触れ、だんだんと愛着を感じ始めました。
それだけに、政府の下した非情な命令に理不尽さどころか怒りを覚え、胸が熱くなりました。
指導員がなんとか彼らを救おうと努力する姿にも涙、涙。
担当の指導員を殺さなければ生き残る道はないと悟った彼らにも涙、涙。
約束を守れなかったとキム准尉が自殺したシーンや
カン・シニル(役名がわかんない)が慕っていた指導員を銃殺するシーン、
チョ二曹が頼まれた飴を落としバスに駆け寄ったシーンは号泣ものでした。

いわゆるイケメンは出演していなくて、男臭い俳優が勢ぞろい。
ここまで迫真の演技を見せてもらったら、もう何も言うことがありません。

「国家のために命をささげ献身された方や
その遺族の方々のささやかな慰めになることを願います。」 
と映画の最後にメッセージが添えてありました。
この事件を乗り越えて今の韓国があることを観客に理解して欲しいというカン・ウソク監督。
しっかりと心に刻みましたよ。
生涯忘れられない映画となること間違いなし。
時代に翻弄されたシルミド兵士の姿をぜひ観てください。




ナンパの定石

2010/01/15 (金)  カテゴリー/韓国映画

ナンパの定石韓国封切 2005.12.21
監督 オ・ギファン
脚本 シン・ジョング
時間 100分
主要キャスト
ハートPソン・イェジン…ハン・ジウォン
ハートBソン・イルク…ソ・ミンジュン
視聴日 2009.12.4
評価
   8
作品紹介
“プロのナンパ師”を自称する男女が運命的に出会い、その技を競い合うロマンチック・コメディ。
“涙の女王”と呼ばれ、清純な役の多かったソン・イェジン、誠実で真面目な役の多かったソン・イルグクが快活で自意識過剰な“プロのナンパ師”を見事に演じ、これまでのイメージを一新、コメディエンヌとしての魅力、役者としての幅広さを示した。また、『最強ロマンス』のヒロインも印象的だったヒョニョンはこの作品で2006年 第29回 黄金撮影賞の新人女優賞を受賞している。監督は『ラスト・プレゼント』のオ・ギファン。
 作品は300万人以上を動員する大ヒットを記録した。ロマンチック・コメディならではのコミカルさはもちろん、ソン・イェジンのセクシーなダンス、多くの若者から〈恋愛指南書〉とまで崇められたナンパ・テクニックの数々は要チェック。
あらすじ
 “天性のナンパ師”を自称する投資マネージャーのジウォン。“熟練のナンパ師”を自称する建築家のミンジュン。「ナンパとは技術ではなく科学である」と確信し、狙った獲物は必ず落とすふたりが出会うべくして出会う。お互いにどこかで心を惹かれつつもプライドが許さぬまま、入念な下準備を重ね、ふたりは“プロのナンパ師”の威信をかけた大勝負へと挑んでいく。
感想
今までのソン・イェジンのイメージをぶち壊した作品です。
とにかく面白い。究極のネコっかぶりで男を落とすのですが、
それが許されるほどソン・イェジンが美しい!!
ツンとした美人じゃなくて、愛嬌のある可愛らしさ。
こんな女性に甘えられたら誰でもイチコロです。

しか~し、同じプロのナンパ師を名乗るミンジュンには通用しないのですね。
でも、これがまた同じような手を使うから大笑い。
最後の決め手まで同じで、占い師がなんで二人で来たの??と困惑し、匙を投げてエンド。
特に感動するところもなく、ガハハと笑いで終わる作品でした。
軽く見れて良かったです。
暗いドラマの息抜きにでも観てくださいっていう感じです。

黄金の新婦 第63・64話(最終話)

2010/01/14 (木)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 黄金の新婦

第63話「罪の代償」
薬を飲んだオッキョンが病院に運ばれる。目を覚ましたオッキョンはソンイルに好きに生きるように言い、ヨンスを連れて渡米する。一方、ジヨンは再び家庭裁判所へ。そんな中、ジンジュの店は開業の日を迎えるのだった。
セミが1番可哀想でした。
睡眠薬で自殺を図ったオッキョンは一命を取り留めました。
ハンスクからあなたを奪った罰を受けたのだとオッキョンとソンイルは別の道を歩むことに。
ヨンスはジンジュが父の隠し子と知り、もうセミとは一緒にいられないと別れを告げました。
ヨンミンも両親も過去を乗り越えることができなかったとジヨンと離婚。
結局、家庭崩壊してしまいました。

そしてジンジュの「黄金の新婦の一日」が開店。
ジンジュのせいでヨンスと別れ、辛い日々を過ごしているセミでしたが、
気持ちを切り替えて、ジンジュの元へお祝いに駆けつけました。本当にいい子だわ~(涙)。

ドングは司法試験に合格。おめでとう!!

ジヨンは、「自分を愛しすぎた。恥ずかしい。」と反省し、ハワイの母の元へ旅立っていきました。
今回の経験を次に生かすという発言がジヨンらしかったな。
オッキョンとヨンスも渡米。
セミは空港で影からヨンスを見送り、ヨンスはセミに気付いたんだけど何も言わず去っていきました。
ジンジュは臨月を迎え無事男の子を出産。
あと1話。
もうすべて解決したのにその後があるのね。
黄金の新婦63 
第64話「そして、家族とは」
4年後のカン家。幸せな笑い声が響き渡る中、セミはヨンスを忘れられず苦しみ、ジンジュはそんなセミを見て自分を責めていた。そして、ジュヌはあるTV番組に出演することを決意する。そんな中、ヨンスが帰国するが…。
4年後か。
ジュヌは出世して、ジンジュはチェーン店を持つほど商売繁盛。グンジャは双子の母に。
かわいい子どもと新しい家。
失明した母も人工網膜手術をうけることに。
幸せいっぱいのはずだけど、ジンジュの表情は暗いのです。
それは父親の家庭を壊したから。
そしてセミとヨンスの仲を裂いてしまったから。
黄金の新婦64

ジンジュは一大決心してテレビに出演。
ベトナムに自分のようなハーフのための学校を設立したってことで取材を受けたのね。
(これはボンニョも一役買っていて、生徒である奥様方と学校に送る物資を用意してました。)
カメラの前でジンジュは自分の境遇と
ベトナムの学校でボランティアで働いている影の立役者について語り始めました。
なんと、現地でボランティア活動しているのはソンイル!!
ボサボサの白髪頭に眼鏡で作業着をまとい、
人の嫌がる仕事も率先して引き受けてるとか…。
大手会社の会長が、なんて変わり果てた姿!?哀愁が漂ってるわ~。

―父は私のせいで大切なものを失いました。
遠い国で一人で苦労しているのに、まだ私に許しを請うのです。私の家族にも。
憎しみを癒すのは時間です。あれからずいぶん時間が経ちました。
私たちは家族じゃないですか。
生きてくれるだけでありがたい、大切な存在です。
父に会ってあげてください。―

帰国したヨンスはカメラマンになっていました。
母のために封印していたセミへの想いが溢れ
ダメもとで携帯に電話を。
セミもヨンスからの連絡を待って番号を変えてなかったのよ。
二人が復縁してよかった~。

ジンジュの思いが届いたのか、ヨンミンからメールが。
「母とホーチミンへ行く。帰ったら兄さんと呼んで。」
ジンジュはそのことをベトナムの父へ報告。
「感謝するよ。みんなに…」と涙ぐむソンイル。

空港でヨンミンとジヨンが再開。
でもお互いやり直そうとは言いませんでした。

母の手術日。
ジンジュとジュヌ、息子のウジュ。三人で仲良く手をつないで病院へ向かう姿で終わり。
黄金の新婦64-2 一体ここはどこ??

ラスト、上手に締めくくりましたね~。
感動して涙が止まりませんでした。
家族の絆を大切に思う韓国のドラマってやっぱ最高です。
(ジヨンたちはお互いに気持ちが残ってるのに、ヨリを戻さなかったところもこのドラマのミソでした。) 
 


家門の栄光 17・18話

2010/01/14 (木)  カテゴリー/韓国ドラマか行 家門の栄光

第17話
ガンソクはダナに正式に恋愛をしようと提案する。ダナはヘジュとヒョンギュのために機会を与えたいと言うと、提案を受け入れる。 博物館で会った二人はヒョンギュが来ると誇らしげに約束をする。そんな姿にヒョンギュは怒りながら出てしまう。 いよいよ、宗家の庭先では伝統婚礼でヨンインとソクホの結婚式が行われる。紗帽と冠帯で礼装をして雁を持っているソクホと頬紅を取ったヨンインが花御輿に乗って入場するが…

第18話
早朝5時に目が覚めたヨンインはしきりにあくびをして毎朝韓服でご機嫌を伺わなければならないというサムウォルに見逃してくれと言う。 朝食を済ませたヨンインは男と女が分かれて食事することに対して男女差別だと話すとマンギ会長は承諾する。 足に痛症を感じたダナはヒョンギュが車に乗のせると追って来るとガンソクに電話をかける。 ダナはガンソクの車に乗って、ヒョンギュが睨んで立っている姿をヘジュは遠くから眺める。

1番街の奇跡

2010/01/13 (水)  カテゴリー/韓国映画

1番街の奇跡韓国封切 2007.2.14
監督 ユン・ジェギョン
脚本 ユ・ソンヒョプ
時間 113分
主要キャスト
イム・チャンジョン…ピルジェ
ハ・ジウォン…ソン・ミョンラン
視聴日 2010.1.8
評価
   7
作品紹介
 02年に420万人を動員した『色即是空(セックスイズゼロ)』の主人公ハ・ジウォンとイム・チャンジョン、そしてユン・ジェギュン監督が5年ぶりにタッグを組み制作された作品。『黄真伊(ファン・ジニ)』で素晴らしい演技力を発揮した人気女優ハ・ジウォンは、『1番街の奇跡』では女性ボクサーに変身。プロボクサー顔負けの迫力ある演技に注目。観客動員数275万人
あらすじ
 再開発の重要な任務を任され、1番街に現れたチンピラ、ピルジェ。血も涙もない「天下の大悪党」となって村人たちを追い出そうと決心するものの、到着した初日から、ボクサーのミョンランをはじめ、予測不可能な村人たちによって、ピルジェの計画は狂い始める。
 バスより足が速く、言うよりゲンコツが先に出るミョンランは体の具合の悪い父親と弟妹たちを世話しながらも父親にとって誇らしい娘となるためにアジアチャンピオンになるという夢を叶えようと頑張って生きている。
そんなミョンランと事ある毎に関わるようになったピルジェは再開発は後回しで、ミョンランの世話を焼くのに忙しい。
いつの間にか、町内中の雑用を引き受けるようになったピルジェはとうとう子供達にとってスーパーマンのような存在になる。
 当初の目的達成からどんどん遠ざかるピルジェ、「アジアチャンピオン」の夢に向かって走り続けるミョンラン、そしてそれぞれの夢を抱いて生きていく「一番街」の人々。村人たちとの奇妙な連帯感が増していく中、進むことも退くこともできないこの状況で、ピルジェは果たして任務を遂行することができるだろうか?
感想
ちょうど「愛をたずねて三千里」を観終えたてところだったので、
イ・フンが現れたときは「ゲピルだ~」と叫んでしまいました(笑)。
日本の俳優さんで例えると、布施博的存在で、愛嬌があって憎めないキャラです。
自販機の所有者で、好きな娘の意見によって値段が左右されたり、カップにデートしてと細工したり、
本筋よりこっちの展開が面白かったかも。

1番街は30件しかない貧民街。
チンピラのピルジェは住民たちに立ち退きを迫るために派遣されるんだけど、
自分の仮の住まいでの生活がとても不便なことに腹を立て、
KBSの記者だと脅して水道やインターネットを使えるようにしちゃうのです。
もともと情の厚い人間だったから、1番街の人たちの世話を焼く羽目になり…

後は想像通りの展開。
痺れを切らした上司が暴力で町の人から承諾書を取り、強制撤去。
こうなることは分かっていたのに涙を誘う映像になっていました。

ネタバレです。

数年後。
癌のおじいちゃんのために手に入れたトマトを悪がきに投げつけられていた兄妹は、
ハウス栽培のトマト畑の中。お母さんと幸せに暮らしてるよう。
ピルジェはミョンランのマネージャーに。
自販機のカップルはミョンランの観戦に。
ミョンランはアジアのチャンピオンになり、大手のスポンサーがついたと。
他の人たちはどうなった??

どうせなら、住民全員が立ち退いた土地で新居を手に入れたとか、
そんな奇跡を見せて欲しかったなぁ。
中途半端に見せてくれるから不満が残るラストでした。
この作品よりも次回作の「海雲台」(釜山に津波が襲ってくるパニック映画)を観てみたいです。

B型の彼氏

2010/01/12 (火)  カテゴリー/韓国映画

B型の彼氏韓国封切 2005.2.3
監督・脚本 チェ・ソグォン
時間 96分
原題 B型の男友達
主要キャスト
ハートBイ・ドンゴン…ホ・ヨンビン
ハートPハン・ジヘ…ユ・ハミ
視聴日 2009.12.10
評価
    7  
作品紹介
TVドラマ「パリの恋人」で大ブレイクしたイ・ドンゴンが、「ランラン18歳」で名コンビぶりを見せたハン・ジヘと再び共演した注目作。ハン・ジヘの映画初出演となる今作は、血液型による性格の違いを誇張して笑いを誘うロマンティック・コメディー。韓国に血液型ブームを引き起こしたヒット作。
あらすじ
  運命の出会いを信じる女子大生ハミ。間違いメールの相手、ヨンビンと偶然に出くわした彼女は、彼こそが運命の相手と思い込む。だが、ヨンビンは「女性が恋人にしたくない男性1位」のB型の男の子だった!慎重なA型のハミは、ヨンビンの予測不能の行動に戸惑いながらも、その大胆で積極的な性格に魅了されていく。B型男性嫌悪症の従姉の妨害工作もなんのその、ヨンビンとの奇想天外な日々を楽しんでいたハミだが、彼の身勝手な行動に次第に傷ついていき、ついに別れを決意する。 しかしヨンビンにはそんな行動を取ってしまう秘密があった。果たして真実の愛は・・・。二人は血液型を乗り越えられるのか・・・?
感想
2年前くらいだったか、「ランラン18歳」を観た後、チングからDVDを借りて観たことがあります。
昔観た映画って、改めて見ると脇役に目が行きますね。
今は主役クラスのチョン・リョウォンが友達役で出ていたり、「ガラスの城」のイ弁護士が先輩だったり、
いろんな発見があって面白いです。

血液型で性格を判断するのは日本人だけだと認識していましたが、お隣の韓国も一緒なんですね。
B型の男の人と接触したことがないのですが、B型ってこんなタイプなのでしょうか??
実は私、二十歳の献血をするまで自分をA型だと信じきっていたので、
血液型での性格判断は、既成概念による思い込みに過ぎないのかもとちょっと思ってます。
それでも、やっぱり気になる血液型の相性占い。
この映画はB型男、A型女を誇張し、B型彼氏に振り回され翻弄するA型彼女を面白く描いていました。
(一つだけ言わせてもらうと、相手の意見も聞かずに映画の途中で席を立ったのは許せない行為です。)
韓国での公開当初、B型男性からの反発が大きいのではと懸念されたそうですが、
自分たちに魅力があるからこそ話題になって当然と、B型らしい反応が返ってきたとか。
さすがB型男子。お見それいたしました。
笑って気楽に観れる映画です。

LOSTseason2 (26~49話)

2010/01/11 (月)  カテゴリー/海外ドラマ

あらすじ(ネタバレ)&感想
LOST2 
島で約1か月間、サバイバル生活を続けてきた生存者たちは、島に残ったジャック、ケイト、ロックらのグループと、筏で島からの脱出を試みたソーヤー、ジン、マイケル&ウォルト父子という2つのグループに分かれた。
だが、マイケルたちの筏は出発後、洋上で"他のものたち"と遭遇。
彼らにウォルトを誘拐されてしまった上、筏を破壊されてしまう。
何故ウォルト?特別な能力があるから?
一方、島ではジャングルの中、地面で見つかった謎の金属製ハッチが、ジャックたちによって開かれ、地下に降りるトンネルが見つかる。 核シェルターのような施設。実験基地なのでしょうか?
謎のフランス人女性ルソーによって誘拐されたクレアの赤ちゃんを、サイードとチャーリーが取り返したのは朗報だが……。 

LOST2-2 
ハッチの中には、大量の食糧に囲まれて暮らすデズモンドという男がいた。
彼は108分毎に、旧式のコンピュータに「4・8・15・16・23・42」という数列を入力するだけの生活をしていた。
現れたジャックたちに最初は抵抗したデズモンドだが、どこかへと姿をくらまし、それをやめると大変なことが起きるという数列入力の仕事はロックが引き継ぐ。 
ハーリーがロト6で大当りした数字なんだよ、これが。
私もこの数字でロト買ってみようかと真剣に考えたわ。

LOST2-4 LOST2-3   
 
何とか島に流れ着いたソーヤー、マイケル、ジンは、"他のものたち"と異なる、第3のグループによって捕獲される。
殺気だったそのグループは墜落直前の815便から、ちぎれ飛ぶように消えていった"後部座席"の乗客たちだった。
他にも生存者がいたのね。驚いたわ。
顔ぶれは、タフな元女性警官のアナ・ルシア、信心深いミスター・エコー、臨床心理学者のルビーなど。
遭難当時は23人いた彼らのグループだが、"他のものたち"に襲われ続けた結果人数は減り、そのせいでグループ以外の者を警戒していて、ソーヤーたちを乱暴に扱ったのだった。
誤解は解けて、ジャックたちのグループと後部座席グループは一緒に行動することに。
しかし、アナ・ルシアやミスター・エコーは罪深い過去を隠し続けていく…。
ようやく1つになった生存者たちのグループだが、事件は続く。
さらに島では、別のハッチが見つかるが、その中で見つかったのは!?
最初のハッチを監視する施設。心理テストをしてたともとれ、コード入力に疑問を持ちます。モニターに謎の片目男が映ったよ。
マイケルは息子ウォルトを奪回すべく、ジャックらの反対を押し切ってジャングルへ。

LOST-5 
サイードとルソーが捕まえた男はヘンリーと名乗る。
乗っていた気球が墜落したと説明するが、"他のものたち"の一味と疑われ監禁される。
ヘンリーは入力は無意味だとロックに心理戦を仕掛ける。
サイードが気球の墜落場所を調べ本物のヘンリーの遺体を見つける。やはりヘンリーは"他のものたち"だった。
そして、空から生存者たちのもとに降ってきた食糧などの救援物資には、謎の組織"ダーマ・イニシアチブ"のマークが。"ダーマ・イニシアチブ"とは何か?
この島の特異性を調べる1970年代の研究団体だそう。

突然、マイケルが帰ってくる。だがジャックたちにバレぬよう、2人の生存者を暗殺したかと思えば、自分も被害者であると偽装するよう、自分を銃で撃つ工作を。
"他のものたち"に脅されたマイケルはウォルトを返してもらうため、裏切り者となっていたのだ。
ヘンリーを逃がすためルソーとルビーを撃ち、自分をも。おったまげたわ~!!
準主役級と思っていたのに、彼女たちは短い出演だったわ。
また、ロックは、数列を入力する作業が本当は無意味なのではないかと考え出し、
それをやめたら何が起きるか試そうと、気持ちは揺れ動きだす。
生存者たちのビーチには、意外にも、ボートに乗って自暴自棄になったデズモンドまで帰ってくる。
経験に基づいてデズモンドはいう、"誰も島から逃げられない"と。
こんな立派なボートがあったのね!?手に入れても脱出できないなんて…
LOST2-6 LOST2-7
マイケルは"他のものたち"に、ジャック、ソーヤー、ケイト、ハーリーの身柄を引き渡すよう命令されていた。
彼らを上手く誘ってマイケルは "他のものたち"の所へ。
マイケルがどうも怪しいと睨んだサイードはジンとサンを連れ船で先回り。
でも"他のものたち"のキャンプには誰一人いないのよ。
貧しい生活はカモフラージュだったのね~。 
ロスト2 ロスト2-2  
4人は捕まり、マイケルとウォルトはボートで島から去っていく。
このボートは島から脱出できるのか??
"他のものたち"のみすぼらしい姿も、彼らの偽装であることが判明。

そしてロックとデズモンドは、作業を引き継いだミスター・エコーを妨害し、数字の入力作業を中断させる。
地響きの中、大量の電磁波が急激に発生すると共に、島は巨大な光に包まれていく。
崩壊していくハッチの中でロック、エコー、デズモンドの命は!?
コードを入力することで蓄積された電磁波が膨れ上がる前に放出させていたとのこと。
一ヶ月前、デズモンドが入力ミスをした時、ちょうど上空を815便が飛んでいたんだ!!
墜落の原因が判り、ちょっとだけスッキリしました。やはりコード入力は重要な任務だったのね。
自分の過ちに気付いたデズモンドは鍵を取り出し、ハッチ床下のダーマ印の鍵穴に差し込んで回したけど、どうなった??

光が消えた後、島はそれまでの風景に戻っていた。
だが、そんな島の電磁波を観測していた2人の男と、彼らの報告を受ける、謎の女。
南極で電磁波を観測??電話を受けたのはデズモンドの恋人ペニー。
「シーズン1」終了時よりも増えた謎は、「シーズン3」に受け継がれていく…。
面白すぎる…。
相変わらす登場人物の過去がメインストーリーの合間に挿入され、イライラが募る展開。
でも、その過去も一見関係なさそうなのに、後からメインストーリーにもちゃんと反映してくるのですよ。これがまた。
よくこんなごちゃ混ぜの構成を考え付くよね~。
この脚本家の頭の中を覗いてみたいわ。

鬼まんじゅう

2010/01/10 (日)  カテゴリー/スイーツ

鬼饅頭 
久しぶりに鬼まんでも作ろうと思ってレシピを調べてみたら、衝撃的な事実が発覚。
鬼まんって東海地方の和菓子だったのね~!?
中学の時、調理実習で習ったから、てっきり一般的なものだと思っていました。
そういえば、関西ではこんな鬼まんを売っているのを見たことがないわ…。
お店に並んでるのは、生地がもっとふっくらしてて軽そうです。
気にして見たことないけど、鬼まんじゅうっていう名前でもないのかも。

なんで鬼まんじゅう(略して鬼まん)っていう名前かというと、
表面にさつま芋の角切りがゴツゴツたくさん見えて、
鬼のこんぼうを連想させるからだそうです。

お芋がゴロゴロ入っていて、小麦粉がもっちり(べちゃっと?)してて、重量感がある鬼まん。
関西の人たちは、鬼まんを知らないのでしょうか??
なんかショックです~。
ご近所さんに確かめてみなくっちゃ!!

母さんに角が生えた

2010/01/09 (土)  カテゴリー/韓国ドラマか行 母さんに角が生えた

母さんに角が生えた放送年月日2008.2.2~9.28
放送局 KBS
全話数 66話
主要キャスト
ハートPシン・ウンギョン…ナ・ヨンス
ハートBリュ・ジン…イ・ジョンウォン
ハートBイ・スンジェ…ナ・チュンボク
ハートPキム・ヘジャ…キム・ハンジャ
作品紹介
 数々のヒットドラマを手掛けてきた脚本家のキム・スヒョン、チョン・ウルヨンプロデューサーの名コンビが1年ぶりにタッグを組んだ話題の家族ドラマ。家族の愛と絆をテーマに、共感できる笑いと、ジワジワと広がる感動を引き起こす。
 母ハンジャ役には「宮 ~Love in Palace~」のキム・ヘジャ。「不良カップル」のシン・ウンギョン、「京城スキャンダル」のリュ・ジンら中堅俳優人の演技も、さわやかな演技で若い視聴者に共感を与えた。キム・ヘジャはこのドラマでKBS演技大賞を受賞、キム・ヨンゴンとチャン・ミヒは助演賞や人気賞、ベストカップル賞を受賞。百想芸術大賞でも作品賞を受賞した。最高視聴率42.7%平均視聴率27.93%
あらすじ
 ハンジャは結婚適齢期を迎えた3人の子どもたちの母。生真面目な性格から自分の子どもたちのことが心配でしかたがない。長女ヨンスは、バツイチの恋人ジョンウォンと半同棲状態。長男ヨンイルは、母親が怖くて彼女の妊娠を臨月まで言い出せない。末娘ヨンミは、箱入り息子で学生のジョンヒョンとの結婚を切り出す。悩める子ども想いの母ハンジャは日々悩み、嘆き、そして喜ぶ。
ひと言
 祖父・父・会長役といえばイ・スンジェssi(74歳)というほど数々のドラマでご活躍しています。
芸能活動50年以上とか。これからも現役で頑張って欲しいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。