スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンデレラマン 第1話

2010/02/28 (日)  カテゴリー/韓国ドラマさ行 シンデレラマン

第1話「運命の再会」
 2009年、東大門のファッション市場。オ・デサンは、ホステスのドレスレンタル業やブランド物のコピー商品用の盗撮などをしながら、成功を夢見て毎日忙しく飛び回っていた。ある日、デサンの恩人である東大門の老舗「イースタン」のソ社長が急死。パリの服飾学校に通っていた娘のユジンが、父の借金で倒産寸前の「イースタン」を1人で守ることに。途方にくれるユジンを見かねたデサンは、店を助けるため彼女に力を貸すことにする。
 同じ頃、大手アパレル会社「ソフィア」のイ・ガンイン会長も死去。パリでグランシェフを目指していた次男のイ・ジュニが帰国する。
実はジュニとデサンは双子。産まれた直後、祖母のカン会長がジュニだけを密かに奪ってきたのだった。祖母のカン会長は、嫁の連れ子のジェミンではなく、パリから呼び戻した実の孫、ジュニを後継者にしようと考える。しかし、死んだ父の残した手紙で、実母が生きていると知ったジュニは、父の跡を継げという祖母の言いつけに反発し、実母を捜そうと決心する。
そんなある日、クラブに営業に行ったデサンは、営業区域を侵したとヤクザに絡まれてひと悶着。そこへ偶然デサンそっくりなジュニが現れ、デサンに間違われてしまい騒動に巻き込まれる。ヤクザに追い詰められたデサンは、自分そっくりのジュニを見て唖然とするのだが…。

続きを読む

スポンサーサイト

ソウル1945 第1話

2010/02/27 (土)  カテゴリー/韓国ドラマさ行 ソウル1945

第1話
1950年4月。ラジオ放送を行っていたムン・ソッキョンは、38度線付近の全検問所に、米軍事顧問団(KMAG)のイ・ドンウ局長を探し、謎めいたメッセージを残す。 「天気もよくないし、ピクニックはおやめになったらいかが?」 まさに、ドンウは、婚約者であるキム・ヘギョンとともに、郊外にピクニックに出かけていた。ソッキョンは、手配中の南朝鮮労働党中央委員 チェ・ウンヒョクを、婚約者であるヘギョンが越北させようとしている事実を(ドンウに)教える。そして、ドンウに彼女が命よりももっと大事なのかと問い詰め、どちらかを選ぶように求める。葛藤したドンウは、彼らを逃がしてしまう。だが、ウンヒョクとヘギョンは、追いかけてきた防諜隊の中佐パク・チャンジュの襲撃を受ける。結局、銃撃戦ののち、ウンヒョクだけが越北に成功し、代わりにヘギョンは、銃に撃たれ、チャンジュにつかまってしまうのだが・・・

続きを読む

チャルテ チャルテ

2010/02/26 (金)  カテゴリー/お店

11月にオープンしたインド料理店「チャルテ チャルテ (Chalte Chalte)」に行って来ました。
平日の13時頃だったので、席が空いてるか心配だったのですが、
意外と空いていて、店長さんらしき人が迎え出てくれました。

チャルテチャルテ 

ランチ 

ランチは5種類ほどあって、私はナン食べ放題1050円をチョイス。
2種類のカレー、タンドリーチキン、ライス、サラダ、パパダムがついてきました。
ライスの上に乗ってる薄いせんべいみたいなものがパパダムだそうです。
豆と米の粉が原料らしく、ほんのり塩味で癖もなくパリパリして美味しかったです。
タンドリーチキンは結構辛かったけど、カレーはさほど辛くありませんでした。
野菜のカレーには大根が入っていて驚きましたが、
普通に美味しかったので、野菜って何でもカレーに合うんだなぁと感心しました。

この日はインドビールが100円だったので、昼でしたがビールもオーダー。
ゴッドファーザー 
インドのビールって全く知らないけど、
サービスだったのは、「ゴッドファーザー・ライト」。
ライトというだけあって飲みごこちはさっぱりしていて、滑らかでした。
あまり特徴のあるビールでもなかったです。
アルコール度は5%
確か3月中旬までサービス期間でした。
普段は500円以上したビールなので飲まなきゃ損よね。






私たちが座ってから続々とお客がやって来たので、ちょうど客の切れ間だったよう。
店内は狭いですが、店員さんがとっても愛想がよく、リピートしたいと思いました。
次回は、はインドの大きなクレープ、マサラドーサという料理を食べてみたいです。

チャルテ チャルテ 甲子園店
TEL:0798-43-6009
住所:西宮市甲子園七番町20-5 Uハイツ甲子園 1F
アクセス:阪神甲子園駅より徒歩5分
営業時間:11:00~15:00、17:00~22:00

余談ですが…
まさらkitchenでも見かけた象の神様。
どんな神様だろうと思ってちょっと調べてみました。
ガネーシャ
Ganesha(ガネーシャ)とは象の頭を持ったインドでもっとも愛されているヒンズー教の神で、
「富と繁栄」「知恵と学問」「障害の除去と成功」を司る幸運の神様だそうです。
商売繁盛を祈願して飾ってあるのかしらね。



愛しの金枝玉葉 #3・4

2010/02/25 (木)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 愛しの金枝玉葉(クンジオギョプ)

第3話
イノの弟でプレイボーイの歯科医シノを追って、公衆保険医時代に下宿していた先の島娘ボリが突然ソウルに出てきた。「一度寝ただけで愛してなんかない」と言うシノに「死ぬか結婚するか」と一歩も引かないボリ。一方チョン・ソルの新番組は、予定どおりカン・ミンがDJを担当するライバル局の裏番組としてスタートするが…。
第4話
大事な放送初回をドタキャンしたチョン・ソルを罵倒したイノ。だがその直後、チョン・ソルの娘が脳髄膜炎で倒れ、病院に運ばれていたことを知る。男手ひとつで苦労しながら子どもたちを育てているチョン・ソルが自分の父の姿に重なって見えるイノ。その頃シノはボリと産婦人科に行き、ボリが妊娠10週目であることを確かめる。

家門の栄光 29・30話

2010/02/25 (木)  カテゴリー/韓国ドラマか行 家門の栄光

第29話
ガンソクはヒョンギュに、君が勝ったようだとダナが泣いているときはいつもそばにいてやってくれと頼む。ヒョンギュはガンソクにダナを愛しているのかと尋ね、愛しているのになぜハ会長の会社をあのようにしたのかと、愛よりお金がもっと重要なのかと問い詰める。家に帰って来たガンソクはヘジュにヒョンギュとうまくいってほしかったが、そうできなくて申し訳ないと言うと、ヘジュは幼いころのガンソクがとても懐かしいと、その時に戻って欲しいと言う。一方、ダナはヒョンギュに今日一日だけジンハになってほしいと頼む。

第30話
ジナの家の前に来たスヨンの車を見たジナは飛び出してくると、スヨンの車の窓に両手をつけて涙を流す。 ハ会長を訪ねたガンソクは長い間この争いを準備して来たと、見苦しくなく去ることができる機会を差し上げたいと言う。その言葉を聞いたテヨンはガンソクの胸ぐらをつかむが、ハ会長は我が家に来たお客さんだと言いながらガンソクの胸ぐらを放しなさいという。ガンソクのせいでハ会長の家族は怒り、ダナはつらい心情で家族たちを眺める。一方、ヨンインはジナを事務所に呼び、ジナがスヨンのそばにいる人だということを認めると、最近スヨンが仕事で大変だから横で慰めてくれと言う。

アクシデントカップル8話

2010/02/25 (木)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 アクシデント・カップル

第8話
ベク記者から全てを聞いたサンチョルは、記者会見を開き真実を暴露すると、ドンベクに告げる。しかし、ドンベクはジスのために考え直してほしいと懇願。サンチョルは「この偽装結婚を本物にする」作戦を思い立つ。一方ガンモがフィアンセの家族と旅行に行くのを目撃してしまったジスは、悲しみを抱えて残業中のドンベクに会いに行く。
ミンジたちがやって来てどうにか誤魔化したドンベク。
外へ飛び出てペク記者に話すとバイクに乗るサンチョルにしがみつき、サンチョルを説得。
「ガンモに利用されてるだけだ」と激怒するサンチョルに、
「サンチョルと同じくらいジスさんの幸せを願ってる。」と訴えるドンベク。
サンチョルは、ドンベクがジスを好きだって気付くのよね。

ガンモと婚約者を見かけて、ペク記者に会うのを考え直したサンチョルは、
新居に戻って、バラされたくなかったら俺の言うことを聞けとドンベクを脅しました。

今晩は泊まるとサンチョルがソファーで寝たため、
ジスとドンベクは仕方なく一緒の部屋へ。
ドンベクはジスの部屋に始めて入ってドキドキ。
しばらくして、ファンからもらった碁盤で遊び始める二人。
負けず嫌いなジスは夢中になって楽しむのです。
二人の部屋から笑い声が聞こえ、満足げなサンチョル。
布団を掛けに来たジスに、
「あいつといるといつも笑ってて、いい感じだ。」と姉に伝えるのでした。

碁石にマニキュアで落書きし、ドンベクにそっくりだと笑うジス。
ガンモといる時より楽しいってことに早く気付いて欲しいな~。

サンチョルを待ちかねてペク記者が家に。
「どうだ、別々に寝てただろう?」と聞く記者に、
サンチョルは「二人で寝てたぞ。嘘をつくな。」と一喝しました。
まあ、そんなことであきらめはしないけど、
ペク記者は、豆鉄砲を食らったような顔をしてました。

ドンベクを誘ってお洒落な服を買いあさるサンチョル。
「僕を破産させるつもりなの?」というドンベクに、
「この結婚を本物にする。」と宣言。
「自分には力がないから、ガンモたちを阻止することはできない。
  だけど、姉とガンモとの結婚は阻止できる。」と。
ドンベクならジスを任せてもいいってことかな?
人を見る目があるわ~、サンチョル最高!!

「ジスさんが僕を好きになるわけないよ~。」と、全く乗る気ではないドンベクですが、
ペク記者にバラすと脅されて渋々サンチョルの言いなりに。

退社後お洒落に変身するドンベク。
あまりカッコイイとは言えないんだけど、
受付嬢がこれまた見とれて、「惜しい人を逃した~。」だって。笑える~。
ミンジの店を手伝っていたジスの所へ、ドンベクとサンチョルがやって来て、
ジスの予定を変更させてデートしようと。
でも、そこへジスマネが現れて、デートは即中止。
「何を一緒にしていいの?」とジスがマネージャーに訴えてるところを、
ミンジの友達が聞いてて不審に思うのよ。こっちからバレるのかな??

ジスマネは深入りしないでと言うのですが、
ジスは納得できず、気の向くままやるから命令しないでと。

ジスマネに阻止され、悔しがるサンチョル。
「作戦に無理があるよ~」と、ドンベクは大金を無駄にしたことに愚痴をこぼすのですが、
サンチョルは選挙までにまだ時間があると諦めてないよう。
ジスが仕事から戻ると、二人が仲良く抱き合って寝てる姿が。
この二人、なかなかいいコンビです。

ガンモの済州島出張が嘘だと分かり、撮影を切り上げ自宅で落ち込むジス。
コンビニで食料を買って残業中のドンベクに会いに行くのです。
ジスの様子から、何かあったと気付いたドンベクは、
頭を空っぽにしようと、郵便物の消印押しを10秒間で何枚できるかジスに挑戦させました。
しばし夢中になってすっきりしたジスは、「ガンモが嘘をついたの」とドンベクに相談。
ドンベクは、「キム先輩め。本当のことを言ったらジスさんが傷つくけど、嘘はいけないなぁ。」と、
ジスのために嘘をついたんだと気付かせてくれるのでした。
そんなドンベクに、「事故現場にいたのがあなたで良かった…。」と
ドンベクの背中に寄りかかったジス。
ドンベクはもう堪らんっていう表情。
その場面を誰かが携帯で撮影してるよ~!!

君は僕の運命 155~158話

2010/02/24 (水)  カテゴリー/韓国ドラマか行 君は僕の運命

第155話 「ホセの嫁姑円満作戦」
 家に戻ったセビョクはヨンスクが家政婦として手伝う姿を目にし、ミンジョンに怒りをぶつける。カン会長から嫁姑関係を円満にする秘訣を聞いたホセは早速実践し、ミンジョンはご機嫌に。一方、ロハス社は厳しい経営状況に立たされていた。

第156話 「追い出されたセビョク」
 法事からこっそりと戻ったミンジョンはホセとセビョクが自分を悪く言うのを聞き憤慨。ホセを留守にさせたところで、セビョクを家から追い出す。ひょんなことからユリを送るはめになったテプンは、一晩中家から閉め出されていたセビョクを目にし…。

第157話 「家族に守られて」
 カン家を訪ねたヨンスクは荷物と一緒に追い出されるセビョクを目にし驚く。さらにヨンスクはミンジョンの態度に怒り心頭となり、大丈夫だと言い張るセビョクを強引に連れ帰る。これを知ったミオクはアクア建設の件でロハス社を訪ね、カン会長にある条件を出す。

第158話 「宣戦布告」
 ミオクはミンジョンに自分がセビョクの実母だと明かし、宣戦布告する。両親を説得すると約束するホセだが、キム家の家族はそれを信じられず、セビョクはしばらく実家に置かれることに。ロハス社の経営難を知ったミンジョンは仕方なくミオクに会うが…。

アクシデントカップル 第7話

2010/02/24 (水)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 アクシデント・カップル

第7話
ジスと挙式をあげた夜、キム先輩と名乗る人物がガンモ本人だと知ってしまったドンベクは、ショックを隠せない。帰国の日、突然つれない態度をするようになったドンベクが気になるジスは、ドンベクをダイビングに連れ出すことに。そこで2人の距離はまた少し縮まるのだった。一方サンチョルは、真実を知るためにベク記者の元を訪れていた。
ガンモが彼だということを知って落ち込むドンベク。
人生は一度きりだと一人でリゾート地を満喫するのですが、
ジスには素っ気無い態度を取ってしまいます。

ガンモはジスを連れてショッピング。
罪滅ぼしのつもりで、抱えきれないほどの物をプレゼントを。
別れ際にジスを抱きしめちゃったのは、選挙後に婚約者と結婚しろと言われたからなのね。
カッコイイのに煮え切らない男だわ。

韓国に戻る日になって、ドンベクに不機嫌な理由を問い詰めるジス。
答えに困ったドンベクが、行きたいところに観光できなかったからだと、
適当に指差したところが、ダイビングスポット(笑)。
じゃあそこに行きましょうってことに。
あまりの高さにビビり、しつこかったから嘘をついたと告白するドンベクに、
ジスも嘘をついていた。先輩が恋人なのと告白。
二人で飛び込んで許し合おうとジスが提案し、二人は仲直り。
っていうか、ペアルックなんか着て、前より親密になってませんか??

帰国後ドンベクの家に寄ってから新居へ。
ガンモがケーキを持って家に来るんだけど、
ガンモが恋人だって知らない振りをした方が楽でしょ?と芝居を続けることに。
ガンモが帰って、ケーキを食べようとするのですが、
どうも胸焼けがすると味噌チゲを食べることに。
二人ではしゃぎながらチゲを作って食べて、音楽まで一緒に聞いて…
二つの願いは自分のために使ってくださいとジスに言われたドンベクは、まるで夢の中にいる気分。
自室に戻ったドンベクは、「これは芝居でここはセットだ」と言い聞かせてはいるけどね。

ジスは全くの無頓着でドンベクと仲良く暮らすことと何とも思ってないんだけど、
ジスマネは心配で仕方がないよう。

離婚協議書を見つけペク記者を訪れたサンチョル。
事の真相を聞かされ、言いなりになってる姉を哀れに思い、ガンモを許さないと。
新居に乗り込み、ジスとドンベクの部屋が別々なことを確かめたサンチョルは、
帰ってきていろいろ言い訳するドンベクに離婚協議書を突きつけて「出て行け」と。
そこへミンジたちが到着。
またまたピンチのドンベクです。

愛しの金枝玉葉 #1・2

2010/02/23 (火)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 愛しの金枝玉葉(クンジオギョプ)

第1話
ラジオ局のプロデューサー、イノは、父と一緒に年に一度の墓参りに行った帰り、車の故障で困っている親子を助ける。翌日、新番組のDJに元人気歌手のチョン・ソルを起用することになったイノは、チョン・ソルが山の中で会った男とも知らず、必死でその行方を探し回り、海外の建築現場に出稼ぎに行く寸前の彼を空港で引き止める。
第2話
ふたたび子どもたちと一緒に暮らせることを喜ぶチョン・ソル。だが、2年前の離婚スキャンダルでおちぶれた自分が、なぜいま新番組のDJに抜擢されたのか…その理由がわからず、イノに問いただす。一方、チョン・ソルの別れた妻で人気アイドル歌手カン・ミンとの結婚が目前のヨンジュは、チョン・ソルのカムバックを知り狼狽する。

イ・サン 第29話

2010/02/23 (火)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 イ・サン-正祖大王

第29話「追い詰められた虎」
テスから報告を受けたホン・グギョンはすぐにサンに伝えるが、サンは人望の厚い王妃が陰謀に関与しているとは信じられない。
ホン・グギョンは、爆薬を準備した役人の名を使って偽の手紙を書き、チョン承旨率いる私兵をおびき寄せる。手下を捕らえられ、家宅捜索を受けた承旨はファワン翁主が老論派の金庫番であることを示す裏帳簿を押収され、絶体絶命の危機に。一方、なかなか自白しないキジュの口を割らせるため、クギョンは彼を英祖のもとへ連れて行く。突然の王との対面に焦るキジュは、爆発事件の計画を中殿が知っていたことを口走ってしまう。
政治に全く関与してない王妃が黒幕とは到底信じられないサンでしたが、
摂政の命令書を隠したのは王妃だったと言われ半信半疑に。
そんなサンの表情で何か感づかれたと読み取る王妃。やはり只者ではないぞ。
サン母も「まさか王妃が??」と疑ってない様子だったわ。

クギョンは罠を仕掛けてフギョムの手下を捕らえ、ファワンの家の家宅捜査を。
老論派の裏帳簿を入手したけど、サン暗殺の証拠の決め手とはならないよう。

裏帳簿を抑えられ動揺するフギョム。
自分たちは黒幕ではないと、
妓楼にクギョンをわざわざ呼び出して、最悪の事態を避けようとするのでした。

フギョムの言葉により黒幕が王妃であることが濃厚となったけど、決定的な証拠がない…。
ならば、ギジュに自白させちゃおうってことで、
「フギョムから王妃が黒幕だと聞いて驚いた。資金もフギョムが調達したそうだな。」と揺さぶりをかけ、
王の前へ連れて行きました。

「何故世孫を暗殺しようと思った!?」と王に凄まれビビるギジュ。
「世子を殺したのが自分たちだと思っていて、世孫が王になったら殺されると思った。
  王妃様に罪はありません。王妃様は止めろと私を止めたのです~!!」と言い訳を。
ギジュの告白に驚く一同。
ギジュは自分の発言の重大さに気付いてないのですよ~(笑)。
「王妃は事前に知っていたのか?」と驚く王を見て、「しまった~」との表情。遅いんだよ。
さぁ、王様はどう出るでしょう。

王の肖像画を描く絵師はタク・チスに決まりました。
ソンヨンを嫌っているタク・チスでしたが、腕は認めると、
随行茶母をソンヨンに頼みました。


シンデレラマン

2010/02/22 (月)  カテゴリー/韓国ドラマさ行 シンデレラマン

シンデレラマン放送年月日 2009.4.15~6.4
放送局 MBC
全話数 16話
主要キャスト
クォン・サンウ…オ・デサン/イ・ジュニ
ユナ…ソ・ユジン
ソン・チャンウィ…イ・ジェミン
ハン・ウンジョン…チャン・セウン
On Air
 2月23日(火)20:00~
  BSジャパン
作品紹介
 童話『王子とこじき』の現代版として制作されたドラマ。
 演出は「いい人」のユ・ジョンジュン、脚本は「ラストダンスは私と一緒に」のチョ・ユンヨン。
 4年ぶりにドラマにカムバックしたクォン・サンウが東大門で働く庶民オ・デサンとア パレルブランドの御曹司イ・ジュニの1人2役を演じることで話題を集めた。ライバル役は『黄金の新婦』、『神の天秤』で主役を務め、ミュージカル俳優としても活躍中の若手実力派、ソン・チャンウィ。女性ヒロイン役を韓国アイドルグループ「少女時代」のユナが演じる。
 クォン・サンウのコミカルな演技が好評であったが、視聴率が伸びず、平均視聴率は8.24%となった。
あらすじ
 仕事で世話になった恩人が急死し、お葬式に出向いたデサンは、そこで娘のユジンに出会う。パリのファッション学校から夢半ばで帰国し、父親の借金まで背負うことになったユジンを、デサンは放っておくことができず、励まし、サポートする。同じ頃、アパレル会社“ソフィア”の社長の次男イ・ジュニも、父親の死がきっかけでパリから帰国。会社経営などに全く興味がなかったジュニだったが、継母が生母の死にかかわっていることに気付き、復讐のために、ソフィアを奪い取ることを決意する。しかし、心臓病をわずらっているジュニには一刻も早い手術の必要があるのだった。そんなある日、偶然、出会ったデサンとジュニ。ジュニは、自分と瓜二つのデサンに自分が手術を無事に終え帰国するまでの身代わりアルバイトを持ちかける。果たして、デサンはこの“アルバイト”をやり遂げることができるだろうか?
ひと言
 視聴率は悪かったけど、面白かったという意見が多いようです。
サンウssiの二役だなんて、ファンにはたまりません~。

拝啓、ご両親様

2010/02/21 (日)  カテゴリー/韓国ドラマは行 拝啓、ご両親様

拝啓、ご両親様放送年月日 2004.10.16~
                                   2005.6.5
放送局 KBS
全話数 68話
主要キャスト
ソン・ジェホ…アン・ジェヒョ(父)  
キム・ヘスク…キム・オクファ(母)
キム・ヒエ…アン・ソンシル   
ホ・ジュノ…パク・チャンス
On Air
 BS11 2月4日(木)19:00~
作品紹介
 結婚とは、家族とは?家族の間に起こる苦難を妻の視点から丁寧に描き、家族の大切さとは何かを訴えかけるヒューマン系ホームドラマ。
 韓国時代劇の常連ソン・ジェホ、日本で母親役人気NO.1 のキム・ヘスク、「私の男の女」で演技大賞を受賞したキム・ヒエ、『シルミド』のホ・ジュノなど実力派俳優が勢揃い。更に、日本でも大ブレイク中の注目若手俳優イ・ドンウクが、次男役を演じる。
脚本は韓国ドラマ界の大御所、キム・スヒョン。本作で第18回韓国放送作家賞ドラマ部門を受賞。最高視聴率36.2%を記録。平均視聴率は27.17%
あらすじ
  「良心に恥じないよう」が口癖のアン教頭と夫を尊敬するオクファ。彼らには4人の子供たちがいる。長女のソンシルはチャンスと結婚しスアとジュニをもうける。自閉症のジュニと悪戦苦闘するが、チャンスはその苦労を横目に浮気をしていた。
長男で銀行員のジファン(チャン・ヒョは大学の後輩のアリと交際しているが、貧しい家の長男であることが負い目になり、結婚に踏み切れない。次男のジョンファン(イ・ドンウク)は兵役を終えても大学に復学しようとはせず、5億ウォンを貯めることあけくれている。様々な問題を抱えるアン一家だが、家族は深い絆で結ばれていた。だか、夫の浮気を知って離婚すると言い出すソンシルに対してアン家の家族は…。
ひと言
2004年平均視聴率ベスト4に輝いたドラマです。
内容からして重そうだけど、観なくてはと思ってます。

超感覚カップル

2010/02/20 (土)  カテゴリー/韓国映画

超感覚カップル韓国封切 2008年11月27日
時間 85分
監督 キム・ヒョンジュ
主要キャスト
チン・グ…キム・スミン
パク・ボヨン…イ・ヒョンジン
視聴日 2010.2.2
評価
       7
作品紹介
 若き才能が光る、韓流の枠を越え映画ファンの若い世代をも魅了する新感覚ムービー。シュールな笑いと絶妙のセリフ回し、そして主演の2人によるセンスとテンポの良い掛け合いは、新世代の感覚ならでは。誘拐事件というシリアスな事件に接しながらも、コミカルなエッセンスがちりばめられたストーリー展開は、韓流という枠を越えた自由で新鮮な作品に仕上がっている。
 監督のキム・ヒョンジュは、実写とアニメ界などを通して様々な経験を積み、独特で斬新な影像が評価されている映画界の新鋭。本作では、キム・ヒョンジュならではのアニメーションを織り交ぜた新しい表現方法が、作品をよりポップでファンタスティックなものに仕上げている。こうした新しい感覚が韓国で高く評価され、本作は「2008年度 デジタルコンテンツ大賞」映像コンテンツ部門において大賞を受賞した。
あらすじ
人の心を読むという特殊な能力を持っている大学生のスミンは、人間の歪んだ内面を否応なく見てしまうため、人との関わりを避けて静かに暮らしてきた。そんなある日、彼の前にIQ180という謎の天才少女ヒョンジンが現れる。スミンの能力をなぜか見抜いたヒョンジンは、スミンの後をついてまわってちょっとしたイタズラを繰り返し、あげくの果てにはその能力を更に発展させようと次から次へと突拍子もない実験を提案する。スミンはいつものようにヒョンジンの心を読もうとするのだが、どうやっても彼女の心を読むことができない。その慣れない状況に戸惑いながらも、スミンは次第におてんばで人なつっこいヒョンジンのペースに巻き込まれ、心を開いていく。そんな奇妙なデートを重ねる中、スミンは偶然、数日前に起きた誘拐犯の頭の中をのぞいてしまう。好奇心旺盛なヒョンジンは、後をつけてみようと言う。
感想
 アニメーションとの融合を褒めていたけど、私にしてみれば、なんでここでアニメ??と、
ジェネレーションギャップを感じてしまった。ついていけないっス…。

続きを読む

走れ自転車

2010/02/19 (金)  カテゴリー/韓国映画

走れ自転車韓国封切 2008年8月7日
時間 88分
監督 イム・ソンウン
主要キャスト
ハン・ヒョジュ…イム・ハジョン
イ・ヨンフン…キム・スウク
視聴日 2010.2.14
評価
        6
作品紹介
 2006年映画評論家協会賞で同時に新人賞を獲得した「後悔なんてしない」のイ・ヨンフンとドラマ「春のワルツ」のハン・ヒョジュ主演によるラブストーリー。大学新入生と古本屋で働く青年の恋を爽やかなタッチで描いた心温まる作品。ハン・ヒョジュが主題歌を作詞し、自ら歌っていることでも話題を呼んだ。監督はこれがデビュー作となるイム・ソンウン。
あらすじ
ハジョンの一家は彼女の大学入学を機にキャンパスの近くに引っ越してくる。途中で道を尋ねた自転車青年スウクに好感を持ったハジョンは、彼に告白するための作戦を練る。
スウクが働いている古本屋に毎日通ったり、乗れない自転車の練習も始めたりなど、彼の気を引こうと努力する。
彼女のいるスウクは振り向いてくれなかったが、段々二人の距離は縮まっていき、無茶で純粋なハジョンに心を開き始める。しかし、二人は言えない傷を持っている。母の自殺、アルコール依存症の父、家出の兄という家族問題を抱かれているハジョンと、持病を持つ彼女に何もできない自分をせめるスウク。
傷だらけの二人は偶然という運命の仕掛けで出会い、決して幸せになるという約束もできない恋が始めるが...。
感想
地味で静かな映画でした。
こんな青春してるお話も、たまにはいいなと思っていましたが、
ラストのハン・ヒョジュの歌が余計でした。
あまりにもヘタ過ぎて…私の中では映画を台無しにしたように感じました。

続きを読む

GOENON

2010/02/18 (木)  カテゴリー/邦画

GOEMON公開日 2009年5月1日
監督 紀里谷和明
時間 128分
主要キャスト
江口洋介…石川五右衛門
大沢たかお…霧隱才蔵
ゴリ…猿飛佐助
広末良子…浅井茶々
視聴日 2010.2.11
評価
   10
作品紹介
 『CASSHERN』から5年ぶりとなる紀里谷和明監督の最新作。自由なイマジネーションで安土桃山時代を捉え直した奇想天外な歴史ロマン大作。プリプロ、撮影、編集、ポスプロなどの制作に3年、セット数100、CGカット2000、エキストラ1000人、総スタッフ数300人というとんでもない製作規模で作り出された本作は、どのカットもスキがなく美しい。デコラティブで絢爛豪華、時にヨーロッパや古代ローマの匂いがする美術や衣装に負けず、役者陣の演技もまるでオペラのように派手。人々の思惑が錯綜し、欲と業がうずまくストーリーも、シェイクスピアを彷彿とさせる重厚さだ。生々しい人間ドラマを盛り込んだことで、CGを多用した作品にしっかりと血が通った。
 各界の著名人からの評判は良かったものの、製作費15億円に対して興行収入14.3億円という結果になった。
あらすじ
1852年、豊臣政権下。世は火種を残しつつも、一時の平和を謳歌していた。そこに彗星のように現れた天下の大泥棒・石川五右衛門。超人的な身体能力を武器に、金持ちから盗み、貧しき者に分け与える彼を民衆は義賊ともてはやし、熱狂していた。そんなある夜、紀伊国屋邸に盗みに入った五右衛門は南蛮製の箱を手に入れる。ただの空箱だと思った五右衛門はその場で投げ捨ててしまうが、その箱こそ信長暗殺の真相につながる禁断の箱だったのだ…。
感想
デジタル技術を駆使した映像がとっても美しかったです。
あれほど感心した韓国映画の「レストレス」が貧弱に思えるほどでした。
衣装も絢爛豪華。「戦国BASARA」を彷彿させる、いやそれ以上のV系。
内容がなくてもこれだけで楽しめそうな感じです。


続きを読む

家門の栄光 27・28話

2010/02/18 (木)  カテゴリー/韓国ドラマか行 家門の栄光

第27話
ダナはガンソクにどうしてそんなに自分に残忍なのかと尋ね、自分を尊く思って生きなさいと言う。ガンソクは川を眺めながら、涙をためる。太陽を眺めていたガンソクとダナは並んで手をつないで立っていて、ヘジャンクックを食べに行く。一方、ヒョンギュは朝からガンソクの車から降りるダナを見て怒るが…

第28話
酒を飲んでダナを訪ねたガンソクは、ダナに何をしようとしているのか分からないがするなと止めてくれ言う。ダナは自ら止まらなければ誰も止めることはできないと、何もしてあげられず申し訳ないという。ガンソクはそんなダナを見て寂しげに笑いながら帰る。一方、スヨンとジナが一緒にいる姿を見たヨンインはスヨンにジナに対する気持ちがどんなものかと問うが…

アクシデントカップル 第6話

2010/02/17 (水)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 アクシデント・カップル

第6話
突如結婚式場から失踪してしまったジスから、ドンベクに連絡が入った。ドンベクは急いでジスのいるグアムに直行。憔悴しきっているジスに一つ目のお願いを使う。ドンベクの励ましもあり、元気を取り戻したジス。そこにガンモが現れ…。ジスはガンモをもう一度信じ、ドンベクとの契約結婚を続けることを決意する。

自殺なんてことにならなくてホッとしました。
ガンモの代表就任を聞き、結婚を迷い始めたジスは、
一人だけの問題ではないから話し合いたいとドンベクを呼び出したのでした。
ホテルの部屋を訪ねると、お酒ばっかり飲んでたらしく、ジスは憔悴しきってるのよ。
結婚するかどうかを決めてと言われても、すぐには返事ができないドンベク。
とりあえず食事をしようとジスを誘うのですが、食欲がないと断るので、
一つ目のお願いを使って、ジスに食事をさせました。

そこで、ドンベクは同窓会でみんなに忘れられていたという話を持ち出し、
今はジスのおかげで注目されて嬉しいのだと顔を緩めて言うのです。
それだけで十分だから、結婚はジスが決めてくれればいいと。
彼にはきっと事情があったはずだから、愛する人を信じてあげなきゃ…とまで。

ジスが行方不明になって心配するガンモ。
ジスマネから「一度でも父親に逆らったことある?」と言われたこともあって、
代表就任を辞退すると父親に言いに行ったのですが、
ガンモ父は、最終目標はガンモの幸せであって、名誉も権力も息子に渡すことだと言われちゃうのです。
これを聞いて愕然とするガンモ。
ジスとの約束はどうすればいい?と頭を抱えるのですが、
「ジスとでなきゃ幸せになれない。」と父に言えないんでしょうかねぇ。

ジスの居場所を突き止めたガンモはグアムへ。
グアムは二人の思い出の場所なのね。
まだ手の届くところにいるから信じて待っているとガンモに言ったジス。

気分も晴れ、ドンベクにガンモを紹介しようと思ったら、
ガンモは先輩ですとあいさつするのよね。
所詮、卑怯な男でしかないのさ。
彼とも知らないドンベクは、ドキドキしながら必死でジスと仲のいい振りをするのよ。可哀想に。

次の日、結婚式を省略して写真だけ撮ってネットで報告しようと言いだしたジス。 
ガンモが撮ってあげると名乗り出たのでした。
ドレスを着たジスを見て辛そうな表情をするガンモだけと、自業自得じゃ~!!

ガンモの前で必死で演技するドンベクに、ただでさえ申し訳ないと思ってるのに、
「ジスと釣り合うように郵便局を辞めさせて事業をさせたら?」と勝手なことを言い出したガンモ。
「すぐ離婚するのに数ヶ月のために辞めさせるの?」とジスは、怒ってガンモと言い合いに。
「こんなことで喧嘩したくない。」とガンモがジスを抱きしめたところを、ドンベクが見てしまうのでした。
やっと先輩が彼だと知ったドンベク。
どう思ったでしょう…。
ジスに裏切られたと思ったかなぁ。
続きが気になります。


僕は君の運命 151~154話

2010/02/17 (水)  カテゴリー/韓国ドラマか行 君は僕の運命

第151話 「あなたを母とは認めない」
 チョからミオクが実母だと聞き、衝撃を受けるセビョク。キム家ではセビョクの誕生会兼ロハス社の通販番組での完売祝いが開かれるが、ミオクもいると知ったセビョクは実家に行かず帰宅してしまう。ミンジョンの嫁教育を受けながらも、母のことが気になって…

第152話 「DNA鑑定を」
 セビョクはミオクにDNA鑑定を要望する。一方、ミンジョンの嫁教育はさらに厳しくなり、セビョクはひたすら堪えるのみ。そんな中、新規契約をかけてアクア建設の代表夫妻と仲介役のミオクを呼び、カン家で食事会をすることになる。

第153話 「すれ違い」
 ミンジョンから初めて食事に誘われ喜ぶセビョクだが、DNA鑑定の日だと気づき、断ることに。だが、セビョクから伝言を頼まれたユリが伝え忘れ、ミンジョンは店で待ちぼうけに。セビョクは病院でミオクを待ち続けるが、ミオクは現れず…。

第154話 「ミンジョンの苛立ち」
 実家で眠ってしまったセビョクだが、それを知ったミンジョンは激昂。キム家を訪ね、セビョクにもう戻らなくていいと言い放つ。ホセにかばわれ嫁ぎ先に戻ったセビョクだが、ミンジョンの怒りは収まらない。一方、ミオクは連絡がとれなくなる。

アクシデントカップル 第5話

2010/02/16 (火)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 アクシデント・カップル

第5話
ジェヒへの暴行事件が新聞に取り沙汰されたドンベクは、郵便局の同僚たちによる結婚祝いパーティーの席で酔ったギョンエにキスされているところまでスクープされ、ジスの信頼を完全に失ってしまう。結婚式当日―。気落ちしながらも、淡々と準備を進めるドンベク。一方ジスは会場の前で、ガンモが極東日報の社長となったことを知り…。
墓参りで、「苦しめないように努力する。」と亡きドンベク父に誓い、
自分のことばかりで彼の人生を考えていなかったと反省し始めるジス。
そう思ったばかりなのに、ガンモが勝手にドンベク妹に店を報酬として贈っていました。
三つの願いを無視する形となり気が咎めたジスは、
自分からドンベクを食事に誘いました。
どう切り出そうかドンベクの顔色を伺うジスでしたが、
ドンベクは自分本位でジスの立場を考えてなかったと、
ジスのやり方を受け入れて店をもらいますと言い出すのです。
ドンベクの心遣いがジスの心に響いたのか、
結婚するのにぎこちなかったら辛いし、私もあなたのやり方も受け入れると、
ジスは携帯の番号を教え、「友だちになりましょう。」と。
ドンベクは電話番号一つで大喜び。
顔はオジサンなんだけど可愛いらしいです。

式を目前に問題発生。
ジスと知り合う前、ドンベクが映画祭に誘った受付け嬢が、
ドンベクを見直し、好きになっていたのです。
酔った彼女はみなの前でドンベクにキスを。
その映像がネットで広まってしまったから、さぁ大変。
慌てたドンベクはジスに会いに行くんだけど、
ジスはいたって冷静で、問題ないと。
スキャンダルに動じないのは大物女優の貫禄からかな?
ドンベクの方は、局長に呼ばれ、破談になるのではと心配されもめたのですが、
なんとか結婚式当日を迎えることに。

ホテルの玄関でガンモの婚約者に、ガンモが彼女の父の会社の代表になったと聞かされたジス。
つまり、ガンモは彼女と結婚せざるを得ないことになったってことよね。
ショックを受けたジスは、結婚式をすっぽかし行方不明に…。
何も知らない同僚や妹は、ドンベクの浮気が原因と思ってるのよね。
ジスを心配して連絡を待つドンベク。
ペク記者の俺と組もうという話にも耳を貸しません。

そんなドンベクにジスから電話が。
「今崖の上に立っています…」
!!。そこはどこ??今から駆けつけても間に合わんよ~!!



喧嘩 ーヴィーナスVS僕ー

2010/02/16 (火)  カテゴリー/韓国映画

喧嘩韓国封切 2007年12月12日
監督・脚本ハン・ジスン 
放映時間 102分 
主要キャスト
ソル・ギョング…サンミン
キム・テヒ…ジナ
視聴日 2010.2.9
評価
    5
作品紹介
 『エンジェル・スノー』のハン・ジスン監督が、ケンカで愛を語る離婚カップルの行方を描いた、ちょっぴり過激なロマンチック・ラブコメディ。
 「シルミド」「力道山」などで知られる韓国映画界きっての実力派俳優ソル・ギョングが、ラブコメディに初挑戦し話題となった。また、「天国の階段」のキム・テヒもストレスで凶暴化する妻を好演し、美人女優のイメージを一新させた。
 韓流シネマ・フェスティバル2008ラブ&ヒューマン上映作品。
あらすじ
 顔を合わせれば喧嘩の絶えないジナ(キム・テヒ)とサンミン(ソル・ギョング)は、水と油のような性格の不一致を克服し、周囲の祝福を受けて、新たな人生へ向けて出発した。しかし、そんなロマンティックな日々も2年の歳月とともに消え去り、無神経なサンミンに我慢できないジナは神経を尖らせる。ついにふたりは別れを宣言するが、彼らの争いは対話を拒否するまでに過激さを増してしまう。
感想
 喧嘩の仕方が半端ではなく、これって犯罪じゃない??と思うほど。
喧嘩になるきっかけは共感できるんだけど、バトルがエスカレートすればするほど馬鹿馬鹿しくなり、鼻で笑って観てました。
娯楽映画だと割り切ってみたら、それなりに面白いでしょう。
 

続きを読む

アクシデントカップル 第4話

2010/02/15 (月)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 アクシデント・カップル

第4話
無事に結婚会見の大舞台を乗り切りホッとするドンベク。ジスはそんなドンベクに少しずつ心を開き始めていた。その夜2人は、ジスの俳優仲間ジェヒの誘いで飲みに行くことに。ジスのフォローに助けられるドンベク。しかしトイレの中でジスを中傷するのを聞いてしまったドンベクは、思わずジェヒに頭突きを喰らわせてしまう。

会見でのドンベク。カンフーの構えが滑稽で最高でした。
ドンベクって「椿」っていう意味なんだって。
ドンベクの家の庭に腰掛けたジス。
「ここから見ると空が四角いわ~。」と和んでリラックスモード。
そんなジスにドンベクは見とれちゃわずにはいられないのよね~。
「これは芝居なんだ。」と、自分に言い聞かせてはいるけど…。

二人の様子を見ていたマネージャー。
「必要以上に接近したら傷つけることになる。」と
和んでいるジスに怖い顔で注意を。
ガンモ父の言いなりになってるジスをもどかしく思いイライラしています。

芝居にしろジスを結婚させることになって不安に思うガンモ。
後腐れがないよう、離婚協議書にサインしてもらえとジスに言いました。
結婚前から離婚だなんて失礼では?と躊躇するジスでしたが、
ガンモに押し切られ話してみると。

ジスの俳優仲間と飲むことになったドンベク。
アルコールが入って失敗しないよう気をつけるんだけど、ジェヒが意地悪して酒を勧めるのよね。
ジスが歌うことで、勘弁してもらったんだけど、
トイレでジスの悪口に腹を立てたドンベクはジェヒに頭突きをお見舞い。
俳優なのに鼻の骨を折ったんだって。
あわや訴訟って所をなんとかくい止めはしたけど、
マネージャーはこのままではドンベクが勘違いすると言うのよね。
ジスはドンベクと距離を置こうと冷たい態度を取り始め、
芝居なんだからと釘を刺して、離婚の書類も渡すのでした。

浮かれ気味だったドンベクは、一気に現実に引き戻され…
対価を払うというジスに、「3つだけ願いを叶えてくれればいい」と言って、
しょぼくれて帰っていきました。
家で離婚届けに印を押すドンベク。
「結婚する前から離婚届に印を押すのは自分だけだろうなぁ」と。

ドンベクの親の命日。
ドンベク妹ミンジに誘われたジスは、結婚を納得してもらおうとサンチョルを連れて参加。
でも、サンチョルはへそを曲げたままで、ジスとすぐ喧嘩しちゃうのよ。
見かねたドンベクとミンジが、サッカーをしようとジスたちを誘い、
渋々だったサンチョルも、だんだんムキになって、最後には笑顔に。

「おかげて仲直りできた。」と、にっこり微笑むジス。
その笑顔に一瞬ポ~ッとするドンベク。
純情男には酷ですよ~。


イ・サン 第28話

2010/02/15 (月)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 イ・サン-正祖大王

第28話「怪しい人影」
中殿とファワン翁主は、キジュの身柄がサンの手に渡り、すべてが明らかになることを恐れていた。サンの立場を守るため秘密裏に捜査を進めていたクギョンは、すべての陰謀にファワンとチョン・フギョムが関与していることを確信、2人の背後に存在する真の黒幕を暴こうとする。そんなある夜、テスはチョン・フギョムの家を訪ねる怪しい人影を目にし、ひそかにあとをつける。屋敷を訪れたのが貞純王妃と知ったテスは、ホン・グギョンに報告。驚きを隠せないクギョンであったが、すぐさまサンに会いに行く。
一方、図画署では、近日中に王の肖像画を描く画員と随行の茶母が選ばれると発表される。
ギジュは案外しぶとくて、口を割らないのよね。
ギジュが行方不明なのはクギョンの仕業だと見破っててあえて黙っていたサン。
「何も物証を得ることができていない。」と報告するクギョンに、
「ギジュを拘束したのは何のためか。全権を与えられていることを忘れてないか?」と助言を。
サンの言葉を理解したクギョンは、ファワンや老論派の大臣たちの家に兵を配備させ、彼らを動揺させました。

王命で自分たちが監視されてると知ったフギョムたちは、
ギジュが自白したんだと焦り、ますます王妃を見捨てる方向に気持ちが傾くのでした。
そんな気配を察知した王妃。
危険を犯してフギョムの家を訪れ、
「兄が自白することなどないから待てと配下に命令を伝えろ。」と言いに来るのです。
その姿をテスが目撃。
尾行してみると中宮殿へ…。
黒幕が王妃だと分かったクギョンはサンに報告。
まだまだ先は長いのに、結構早い段階でバレてしまうんですね。

にしのみやラーメン

2010/02/14 (日)  カテゴリー/お店

ママ友に連れられ初めて行きました。

一昔前に、ガチンコ?というテレビ番組を観て、ずっと食べてみたいと思ってました。
何の因果か、その後すぐ西宮に引っ越してきて、場所も知っていたのですが、
店主が怖くて小さい子を連れては入れないだろうと思い込んでいて、
現在にまで至りました。

にしのみやラーメン 

2号線沿いのラーメン店って駐車場がないのよね。
でも、並んでいても回転が速いし、
危ない時は声を掛けてくれるよと言われたので路駐して店内へ。
席が空くのを待ってると次から次へとお客がやって来て、あっという間に長蛇の列。
私たちはタイミングがよかったらしく、5分くらいで座れました。

にしのみやラーメン チャーシューメン(750円税抜)

息子はにしのみやラーメン(630円)、私はチャーシューメンを注文。
伊勢えびの頭を使ったダシが決め手ということで、まずはスープを一口。
ほ~。鶏がらやとんこつ、魚のダシのスープとも一味違い、まろやかであっさりめ。
今まで食べたラーメンの中で1番好きな味かも。
細めの麺とよくマッチしています
チャーシューも薄くて柔らかくとても美味。
壁のような大きな海苔と、食べ放題のキムチもいいですね~。

友達はご飯と餃子のセットを頼み、替え玉していました。
ポイントカードなんかもあるのね。

顔はよく見えなかったけど佐野さんらしき姿も見ることができて大満足。
今度は家族で行ってみよっと。


堂島チョコロール

2010/02/13 (土)  カテゴリー/スイーツ

関西ではバレンタイン限定だった堂島チョコロールが好評につき定番商品となりました

堂島チョコロール 

朝、主人が買いに行ってきたのですが、
本店は開店前から30人くらい並んでいたとのこと。
まだまだ人気は衰えてませんね~。

待つのは嫌だと、そこから歩いて五分位?の肥後橋店へ回ってみると2~3人しかいなかったそうで、
買うなら絶対肥後橋店がお勧めだぞ~と言っていました。

堂島チョコロール カット 

気になるお味は…
う~ん。これはこれで美味
堂島ロールに比べるとスポンジがしっかりしていて、
今流行のもっちり感がします。
ベルギー産のチョコレートを使用してるそうですが、
甘さ控えめで、意外とあっさりしてました。
いくらでも食べれちゃいそうで怖い…。

チョコロールは1785円と、ロールケーキにしてはお高め。
普段に頂くなら、家計に優しい1200円の堂島ロールの方がお勧めです。

BABY FACE PLANET'S

2010/02/12 (金)  カテゴリー/お店

去年の夏にオープンした「BABY FACE PLANET'S」西宮店です。

BaBY FACE 

ハロウィン前位に、ママ友とランチしたのですが、
日替わりよりランチセットの方が美味しそうだったので再び行ってみました。

日替わり 今日の日替わり(880円)

アジアンなムードの店内です。
フランチャイズで全国に40店舗くらい展開しているカジュアルレストランだそうです。

店内 

ランチはオムライス・パスタ・ピザ・ピラフ・カレーからメインを選び、
サラダとお代わり自由のスープ、ドリンクバーがついて930円。 
 
オムライス ふわふわ帽子のオムライス
スパゲティ アマトリチャーナ

席に小皿が用意してあるので、違うメニューを頼んで取り分けたほうがお得。
スパゲティのチーズは、目の前でストップと言うまで削ってくれます。
とっても美味しかったのですが、味が濃かったのか、後から喉がとっても渇きました。

パフェの種類も多く、おやつタイムに来てもいいかも。

駐車場は2時間まで無料です。
阪神電鉄香櫨園駅からだったら1キロないかな??

BABY FACE PLANET'S 西宮店
兵庫県西宮市大浜町2-54
0798-22-9662

家門の栄光 25・26話

2010/02/11 (木)  カテゴリー/韓国ドラマか行 家門の栄光

第25話
リゾートのグランドオープン式に参加したヨンインはサムウォルが所有している株式に対していぶかしがる。雪ぞり場ではドンドンと一緒に座るのをためらったダナをガンソクが後から押すとバランスを失って倒れたため、ドンドンはガンソクと雪ぞりに乗る。一方、会社のエレベーターの前でヨンインがダナの立場について電話しているのを聞いたガンソクはダナとゲームが終わる前にやれることはすべてやって見ようと言うが…

第26話
宗家の前でガンソクはダナのマフラーを直しながら一時は恋人だったということを憶えておいてくれと言う。家に帰ってきたダナを見たヨンインは結婚話をするが、ダナはあの人が可哀相で忘れることができないと断る。一方、ヨンインは男たちに家掃除と布団洗濯までさせる。テヨンはマルスンからかかって来た電話に友達の弔問だと言い訳をして抜けて来て、スヨンもジナと会う。家の前のスーパーでコーヒーを買いに立ち寄ったマルスンとテヨンはちょうど入って来たドンドンに会ってしまい…

アクシデントカップル 第3話

2010/02/11 (木)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 アクシデント・カップル

第3話
「ジスとドンベクは結婚する仲だ」と嘘の発言をしたジョンウクに、ジスは「この結婚と引き換えに、選挙後ガンモを自由にしてほしい」と訴える。一方、半ば強引に契約結婚に合意させられたドンベクは「3つの願い」を条件に受け入れる。そんな中、ジスの熱愛報道を知った弟のサンチョルが、オーストラリアから緊急帰国する。
ペクに逃げられ困り果てたジスとマネージャーは、
ドンベクと二人きりで旅行をする計画を立て、それを報道させようと。

ペク記者はガンモ父の対立候補に情報を売ろうとしてるのね。
ガンモ父は証拠があると言われたんだけど、二人は結婚するそうですと、偽の情報をリーク。

その頃、ドンベクは急に旅行が決まり奔走。
ジスとの昼食を断ったことに腹を立てた上司が、急な休暇はやれないと意地悪をしたり、
(まあそれはジスがランチを一緒にすることで解決したのですが)
妹が連れてって~と駄々をこねたり、写真映えする服がない~と引き出しをひっくり返したりとバタバタ。
なんとか準備を終え、車で空港へ向かおうとすると、「ジス結婚」の報道が…。

ガンモ父に会いに行くジス。
今までの経験で抵抗は無駄だと分かってるのね。
結婚するから選挙後はガンモを自由にしてと交渉。
いや~、そんな約束守りそうにないよ、この父。

ドンベクには、「あなたの失態で結婚するしかない。無条件で応じて。」と強引に結婚を承諾させようと。
結婚ともなるとさすがにドンベクも考えちゃうよね。
マネージャーはこんなの間違ってると反対するんだけど、
ジスにとっては女優じゃなく一人の女として見てくれるガンモが全てだと言うのよね。

姉の結婚報道を知り、怒って弟が帰国。
「天国の階段」のペク・ソンヒョン君大人になって、かっこいい~♥
結婚の報告がなかったことと、相手がこんな冴えない男だったことにと不満を持って反抗的な態度を。
話が良く分からないんだけど、弟君は、ガンモによって無理やり外国に追いやられたみたい。
ガンモの悪口を言うと、「式に出なくていいから、帰りなさい。」とジスが怒って命令。
サンチョルは、姉貴もガンモに似てきたと皮肉り、
ジスがくれたお金は一銭も使ってないと預金通帳を叩き返し、飛び出ちゃうのでした。

一部始終を見ていたドンベク。
その通帳を使ってとジスに渡されました。
やっぱり返そうとジスの家に行くと、家の前にサンチョルが。
サンチョルを屋台に連れて行き、仲直りさせようと説得。
酔ったサンチョルが、ジスが自分のバス代を貯めて自転車を買ってくれたことを話すと、
「人は変わらない。人生は辛いことが多いから強がってるだけなんだ。」と
通帳を渡し、謝るよう諭すのでした。
ドンベクの言葉が伝わったようではあったけど、結局、サンチョルは通帳を受け取らなかったわ…。

体育館にジスを呼び出したドンベク。
中にはたくさんの自転車が。
あのお金で恵まれない子に寄付をしたと。
「サンチョルは自転車を買ってくれたことを忘れてません。」と微笑むドンベクに、
思わず泣いてしまうジス…。

「あなたのことが少し分かったから結婚します。」と
ドンベクはジスに協力することを決めたのでした。
意外にもやることが大胆で驚きました。
次は結婚式かなぁ?


君は僕の運命 147~150話

2010/02/10 (水)  カテゴリー/韓国ドラマか行 君は僕の運命

第147話 「仕事は続けたい」
 ミオクはホセにセビョクがこき使われていることを話し、ホセは家政婦を雇うことに。仕事に戻りたいセビョクは反対するミンジョンを説き伏せ、仕事に復帰する。一方、スビンは両親にギョンウについてアフリカに行くと話すが…。

第148話 「セビョクの実母」
 ヨンスクはミオクがセビョクの実母と知り驚く。キャリアのために子供を捨てたことをキム家の皆の前で明かすミオク。怒ったテプンはセビョクに話すと言い出す。一方、ミンジョンは会社に行くのを認める代わりに厳しい嫁教育をセビョクに課する。

第149話 「ミオクVSミンジョン」
 ミンジョンは夫のカン会長とミオクが一緒にいるところを目にし憤慨する。カン会長にミオクから取引先を紹介してもらったと聞き、面白くない。一方、スビンは両親を見捨てられず、ソウルでギョンウを待つことにする。

第150話 「私の実母は誰?」
 ミオクとミンジョンが言い争っていると聞き、駆けつけるホセとセビョク。セビョクはミオクを非難するが、2人が実の母子と知るホセは胸が痛い。ミオクはアメリカに帰る前にセビョクの誕生日祝いをしたいと言い出す。

アクシデントカップル 第2話

2010/02/10 (水)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 アクシデント・カップル

 第2話
ガンモに「市長選が終わるまでの6ヶ月間ドンベクと恋人のフリをしながら待っていてほしい」と言われたジスは、ドンベクにもその契約を同意させ、スキャンダル露出のためプールに向かう。翌日その様子がスクープされると、全国民は大騒ぎ。ドンベクは一夜にして時の人となる。そんな中、ニュースを疑うベク記者がドンベクの家を訪れる。
プールでのドンベクssi固まりまくりで面白い~!!
憧れのスターに優しくされ、その上写真まで撮れれてると分かってたらねぇ。
ジスの恋人と報道された、ドンベクは一躍時の人に。
妹は興味津々であれこれ聞いてくるし、
仕事場では、直属の上司によって左遷されるところだったのに   
郵便局のマスコットボーイにされ、手のひらを返したように待遇がよくなるのでした。

郵便局の体育大会にジスを連れて来いと言われたドンベク。
ちょうどその頃、ジスは近くでガンモ父主催のチャリティーに参加を命じられてました。
ジスを言いなりにさせるガンモ父の横暴さには腹が立つわ。
同僚に連れてこられ、体育大会の出席をお願いするドンベク。
快く承知してくれ、喜んだのもつかの間。
ジスの記者賞のお祝いに駆けつけたドンベクは、
「突然家に来ないで。本気にしたの?公然の場で断れるわけがないでしょ。それぐらい察して。」と、
ガンモに約束をすっぽかされ苛立っているジスに八つ当たりされてしまうのでした。

ジスの剣幕に驚いたドンベク。
「これは取引だ」と言うジスに、
「ファンだから頼られたと思った。友人になれると思ってた。」と、ジスからプレゼントされた車を拒否。
対価を払いたいというジスに、体育大会に出席してくれればいいと。
自分の純粋な気持ちを取引といわれ悲しかったみたい。

ドンベクが偽善者ぶってて腹が立つというジス。
身の程をわきまえろというつもりでドンベクをファッションショーに連れだしたのですが、
見るに見かねたマネージャーが、
「恋人の父から反対され苦しんでるの。理解してあげて。」とドンベクに打ち明けるのでした。

ジスが辛い思いをしていると知ったドンベクは、体育大会が中止になったと嘘を。
天気がいいから、ドンベクが気を使ったとすぐ分かったのですが。
ジスが来なくて恨めしそうにドンベクを見る同僚をよそに、
ドンベクは一人張り切っています。
そこへ、ジスが差し入れを持って登場。
みなに歓迎され、写真を撮ったり楽しいひと時を。

どうして来たのかと訪ねるドンベクに、
携帯につけた亀のストラップ(記者賞の祝いにドンベクがくれたもの)を見せ、
「ダサすぎと言いに来たんです。」と、ジス。
まだ素直になれないジスですが、ドンベクに心を開いていきそうな予感が。

浮き浮き気分になってドンベクが家に帰ると、
何とそこにはペク記者が妹と酔いつぶれ…。
「お兄ちゃん恋人って嘘なの~?」と聞かれたことに動揺し、慌ててマネージャーに電話。
すると、その会話を録音したとニヤリと笑うペクで次回へ。
早くもピンチです。

アクシデントカップル 第1話

2010/02/09 (火)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 アクシデント・カップル

第1話
映画大賞の観覧を終えた郵便局員のドンベクは、帰宅途中交通事故に遭遇する。乗っていたのは、女優のハン・ジスと恋人のガンモ。特ダネを撮ろうと追ってきたベク記者を振り払おうとして事故を起こしたのだ。それを知ったガンモの父ジョンウクは、2人の関係が世にバレるのを恐れ、ドンベクとジスの偽スキャンダルを出すことを思いつく。


名前もなんとなくダサいドンベク。
印象の薄い顔で真面目な郵便局員。
驚いた顔は森進一に見えたわ(笑)。
浮いた話もなく、定時に家に帰宅。

そんな兄を心配して、妹は映画大賞の観覧チケットをペアでプレゼント。
だけど、誘う相手もなく一人で観覧。ちゃかりテレビに映ってるだもの。
その帰りにアクシデントが。
ドンベクの前で事故が起こり、スキャンダルを恐れて、彼とドンベクが入れ替わったのでした。
お礼にお金ではなくサイン要求し、いい誕生日だったと浮き浮きで帰っていくドンベク。
そんな純粋なドンベクを見てジスも微笑んだりして。

ドンベクの口からスキャンダルが漏れることを心配したガンモは、金で口止めしろと指示。
ジスのマネージャーがお金を渡しに行くんだけど、
サインは偽物と上司にや同僚に言われて落ち込んでる彼を見ちゃうのよ。

結局、お金を受け取らなかったと報告を受けたジス。
ドンベクが馬鹿にされてたという話を聞いて、
お花を持って堂々と郵便局へ出向くのでした。
驚く職員たちとドンベクをよそに、ドンベクの誕生日を祝い、昼食を皆にご馳走すると話すジス。
有名女優に誘われ、皆が盛り上がる中、ドンベクはひと言、「まだ勤務中です。」と…。
空気が読めない面白いヤツ~。
ジスも面食らっていました。

ガンモには、金持ちのフィアンセがいるのよね。
その上、ガンモ父が市長選挙に出馬するってんでスキャンダルはご法度。
ジスはガンモが困ると思い、ドンベクと交際していることにしようと。
ファンにとっては夢のような話です。
こんなアクシデントなら起こって欲しいな~。

イ・サン 第27話

2010/02/08 (月)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 イ・サン-正祖大王

第27話「反撃の序曲」
王室行事中に銃を撃ったテスは義禁府に連行されてしまう。サンはすぐに駆けつけて釈放を命じるが、拘束を命じたキム・ギジュはテスが英祖の命を狙った疑いがあるとして断る。サンは獄中のテスになんとしても必ず助けると誓う。その後、テスは何者かによって突然牢から連れ出される。わけが分からないまま部屋に通されたテスの前に現れたのは、他でもない英祖だった。発砲の理由を尋ねられたテスは、過去に何度もサンが命を狙われてきたことを伝える。初めて知る宮中の陰謀に衝撃を受けた英祖は、ホン・グギョンに事件の全容を暴くよう命じる。グギョンは、真の黒幕を突き止めるべく調査を極秘で開始。敵に揺さぶりをかけるためにキム・ギジュを拉致する。ギジュが姿を消して2日が経ち、貞純王妃やファワンたちは焦り始める。
テスに拷問で嘘の自白をさせ、サンに罪をかぶせようとするとは…。
なんて卑劣な男でしょう。
テスは重罪人の牢獄へ。
自分のことより、サンに謀反の疑いがかかったことを心配してます。健気だわ。

翌日、拷問が始まり、痛いことが大嫌いなテスが持ちこたえるかなと不安でしたが、
王直属の役人らしき人がやって来て、テスを連れ去ってしまいました。

思惑が外れ焦るギジュ。
王妃も動揺を隠せず、大声を張り上げ兄を罵ってました。

テスに面会しようとしたソンヨン。
行方不明となったと聞いて、嬪宮を通してサンに面会し、そのことを告げました。

テスは王様の命令で連れて来られたのね。
王に対面したテスは、恐縮しながらも今回の事件のことと、
以前にも暗殺されそうになったことを全て話しました。
テスの人柄から嘘をついてるとも見えず、王様は信じるしかないよね。

テスのことで王様に会ったサン。
「暗殺の企みは何度もあったが、その度に乱心したと言われた。
黒幕を突き止めない限り訴えても仕方ないと思ってた。」と王に話しました。
とても信じられない様子の王でしたが、常に監視されているサンより、他の者に調査を任せようと、
サンが推薦したクギョンに事件の解明を一任。
テスが連れて来られた部屋にクギョンを呼んで、司憲府の執義を任命しました。
その場で、役人や大臣の大半がサン暗殺に関わっていると口に出したクギョン。
失言をすぐ取り消しましたが、本当のことなんですよ~。王様!!

何とか危機を乗り越えようと画策する王妃。
「サンがファワンを狙った」という噂が流れてると、王様にサンへの疑惑を植えつけていったのですが、
そんなことに惑わされる王ではないでしょう。

フギョムは、サンの護衛兵が動いてると聞き、火の粉が降りかからないうちに手を引いた方が得策と、
王妃とギジュを見捨てることに。
この一件はギジュの独断でしたことだもん。命を懸けてまで助ける義理もないよね。

クギョンはサンの母に手伝ってもらいたい事があるとお願いに。
そして、大胆にもギジュを拉致!!
何をするつもりなんでしょう??
サンにもギジュを連れ出したのは自分ではないと嘘を付くし…
失敗は絶対に許されないのに、大丈夫かな~??

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。