スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ママはシンデレラ #1

2010/05/22 (土)  カテゴリー/韓国ドラマま行 ママはシンデレラ

第1話「おばあさまの百花酒」
ジニは名門の宗家に嫁いだものの、夫のガンウは交通事故が原因で7年間も意識不明の状態。家事、夫の介護、子育てをしながらも家族を養うために懸命に働いていた。
ある日、韓国の伝統文化を体験するためアメリカ人の兄弟がジニの住む宗家にホームステイに来ることになる。
兄のジェームスは韓国の大手スーパーの新社長として韓国に赴任したばかり。
しかも、ジェームスは視察中にスーパーでジニを万引き犯と間違えて捕まえてしまった人物だった。

続きを読む

スポンサーサイト

ママはシンデレラ

2010/05/20 (木)  カテゴリー/韓国ドラマま行 ママはシンデレラ

ママはシンデレラ放送年月日 2007.8.24~10.26
放送局 SBS
全話数 19話
原題 飛び立つ
主要キャスト
ワン・ビンナ…イ・ジニ
キム・ナムジン…ジェイムス・オニール
イ・ジョンウォン…カン・インソン
イ・セウン…チャ・ユリ
脚本 パク・オニ「塩人形」
演出 パク・キョンリョル「塩人形」
On Air
 5月21日(金)10:00~
  BS11 毎週金曜日放送
作品紹介
 伝統酒で宗家再建を図るがんばり屋の嫁のハートフル奮闘記。宗家の嫁役には『神様、お願い』、『チュンジャさんちはお祭り騒ぎ』などで個性的なキャラクターを演じたワン・ビンナ。大型スーパーの社長役で彼女をサポートする韓国系アメリカ人を『スキャンダル良妻賢母』の主役キム・ナムジンが務めている。また、植物状態患者になった夫の友人かつ主治医の立場で彼女に人知れず片想いする医師役を『総合病院』のイ・ジョンウォンが演じる。KNTVではSky Highという邦題で放送された。平均視聴率12.24%
あらすじ
 妊娠中に夫が事故で植物状態患者になり、7年間、介護し続けている宗家の嫁ジニ。
 ある日、大型スーパーの社長に就任するために来韓した韓国系アメリカ人ジェームス・オニールと出会うのだが、彼の本当の来韓目的は自分を養子に出した実母探しだった。ジニと主治医の仲を誤解したジェームスはジニに嫌悪感を抱くが、ひたむきに生きるジニを見ながら、やがて宗家に伝わる伝統酒販売に力を貸すようになる。
ひと言
こんなタイトルのドラマ初知りと思ったら…何故邦題を変えたのでしょうかね?
主婦のためのロマンティックストーリーだそうです。

ヒーロー

2010/05/18 (火)  カテゴリー/韓国ドラマは行 ヒーロー

ヒーロー放送年月日 2009.11.18~2010.1.14
放送局 MBC
全話数 16話
主要キャスト
イ・ジュンギ…チン・ドヒョク
ユン・ソイ…チュ・ジェイン
ぺク・ユンシク…チョ・ヨンドク
オム・ギジュン…カン・へソン
演出 キム・ギョンヒ「どれだけ好きなの」
    イ・ドンユン「愛してる泣かないで」
脚本 パク・ジスク「僕は君にほれた」
作品紹介
 主演は、韓国のみならず、中国、そして日本でも絶大な人気を誇る、若手演技派俳優イ・ジュンギ。これまでの真面目なイメージを脱ぎ捨て、個性的でコミカルな役を熱演。マスコミを舞台にした社会派エンターテイメントコメディドラマ。
 ヒロインは、アクション演技も光るユン・ソイ。他にも名優ペク・ユンシク、オム・ギジュンらが脇を固める。
 「IRIS]の裏番組であったため平均視聴率は4.73%であったが、イ・ジュンギは2009年MBC演技大賞の男性人気賞を受賞した。
あらすじ
 正義と常識の通用する社会を作ることにしか意欲がもてない“3流人生”の孤軍奮闘記。「マンデーソウル」の熱血記者、チン・ドヒョク(イ・ジュンギ)。探偵、尾行、盗聴、潜入、変装など手段と方法を選ばない取材で、ターゲットをを追う彼を中心に、新生“チラシ”新聞の“韓国の一般市民”が腐敗したマスメディアや不条理な韓国社会を痛快に告発する風刺コメディーであり、主人公の成長ドラマ。
ひと言
 「彼らが生きる世界」のギュホ役、オム・ギジュンが出演してるのね~。観なくっちゃ

「イ・サン」プレミアムトーク イ・ソジンin大阪

2010/05/05 (水)  カテゴリー/日記

GWの最終日。
NHK大阪ホールで開かれた「イ・サンプレミアムトーク」に主人と行って来ました。

NHK大阪ホール  

早く来ても席順に関係ないと書かれてありましたが、
とりあえず朝10時に座席の引き換えに一人で行って来ました。
するとすでに長蛇の列。
入り待ちをする人の姿も…。
いや~早く来て良かったと安堵したのもつかの間。
席はランダムで決められ、まさかの二階席
がっかりして家にいったん帰り、気を取り直して14時前に再びやって来ました。

テーマ音楽と共に客席のドアから現れたイ・ソジンssi
通路近くの人は握手をしてもらえ、それを見た遠くの席の人も彼めがけて押し寄せ、
あっという間に人だかりの山。
二階から飛び降りるわけにもいかず、私は「いいな~」と指をくわえて見てただけで悔しい思いを。 でも、司会者の人から8000人以上の応募から選ばれたと聞いて、ラッキーだったんだと自己満足し、北は東北、西は九州と全国各地からファンが集まったとも聞いて、このイベントの凄さに驚きました。

パンフレット

生で見るイ・ソジンssi はシャイで真面目。えくぼが可愛くて茶目っ気もたっぷり。
スポーツ万能、留学経験もあり英語も堪能。
背も高くてイケメンで、非の打ち所がないナムジャでした。

話し始める前に照れてフッと笑う癖にはキュンとくるものが。

イ・ソジン 

トークの中盤で、いたずら好きのイ・ソジンssi から
座席の下に7人だけ「I love You」とのメッセージカードがプレゼント。
なんと、主人の席に貼ってありました  

メッセージ 

直筆のサインも入っていたらもっと嬉しかったのですが、
それでも超ラッキー
興奮冷めやらぬまま後半を過ごしましたよ~。

二階からの観覧でしたが、大型のモニターで映してくれてたのですぐそこにいるようでした。
イ・サンの名場面あり、観客参加型のクイズありであっという間の一時間半。
イ・ソジンssi のトークでネタバレしてしまったので主人は残念がっていましたが、
親近感が沸いて日曜の放送を楽しみにしてくれることでしょう。 

トークの内容は放送されることが決まってるのでお楽しみ~。
 BShi 6月13日(日)17:00~
  (再) 6月18日(金)19:00~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。