スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国ドラマ平均視聴率 2010年

2010/12/31 (金)  カテゴリー/韓国ドラマ平均視聴率(年度別)

韓国での平均視聴率(推計)ベスト30です。これから観るドラマの参考にしてください。

2010年に始まったドラマ
順位タイトル話数視聴率出演者
王冠1 製パン王キムタック30話38.61% ユン・シユン、チュウォン、ユジン
王冠2 推奴チュノ24話31.74% チャン・ヒョク、イ・ダヘ、オ・ジホ
王冠3 同伊/トンイ60話30.7% ハン・ヒョジュ、チ・ジニ
4位 笑って、トンヘ159話29.08% チ・チャンウク、オ・ジウン
5位 シークレットガーデン20話24.4% ヒョンビン、ハ・ジウォン
6位 大物24話24.39% コ・ヒョンジョン、クォン・サンウ 
7位 結婚してください56話23.73% キム・ジヨン、イ・ジョンヒョク
8位 ドラゴン桜/勉強の神16話23.66% キム・スロ、ペ・ドゥナ
9位 ジャイアント60話21.89% イ・ボムス、パク・チニ
10位 お隣さんは元ダンナ65話20.79% シン・ソンロク、ユ・ホジョン
11位 風吹くよき日173話19.51% キム・ソウン、チン・イハン
12位 美しき人生63話19.41% ソン・チャンウィ、ウ・ヒジン
13位 シンデレラのお姉さん20話19.24% ムン・グニョン、チョン・ジョンミョン
14位 ピンクのリップスティック149話16.9% パク・ウネ、イ・ジュヒョン
15位 星をとって20話16.16% チェ・ジョンウォン、キム・ジフン
16位 アテナ20話15.44% チョン・ウソン、チャ・スンウォン、スエ
17位 パスタ20話15.23% コン・ヒョジン、イ・ソンギュン
18位 戦友20話15.09% チェ・スジョン、イ・テラン 
19位 セレブの誕生20話15.02% チ・ヒョヌ、イ・ボヨン
20位 僕の彼女はクミホ16話15.00% イ・スンギ、シン・ミナ
21位 黄金の魚133話14.8% イ・テゴン、チョン・ユニ
22位 神と呼ばれた男20話14.49% ソン・イルグク、ハン・チェヨン
23位 私は伝説だ16話14.13% キム・ジョンウン、イ・ジュニョク
24位 逃亡者PlanB20話13.91% チョン・ジフン、イ・ナヨン
25位 女を知らない109話13.4% キム・ジホ、チェ・ミンソ
26位 欲望の炎50話13.35% シン・ウンギョン、チョ・ミンギ
27位 済衆院36話13.34% パク・ヨンウ、ハン・ヘジン、ヨン・ジョンフン
28位 個人の趣向16話13.26% ソン・イェジン、イ・ミンホ 
29位 九尾狐伝16話12.79% ハン・ウンジョン、チャン・ヒョンソン
30位 キム・マンドク30話12.16% イ・ミヨン、ハン・ジェソク
   
※視聴率はサーチ会社によって違います。
 独自の調査なので、見落としがあるかもしれません。

気になるあのドラマは…?
 愛の選択…11.51%
 鉄の王キム・スロ…11.15%
  近肖古王…1057% 
 検事プリンセス…10.33%
 トキメキ成均館スキャンダル…10.11%
 赤と黒…10.04%
 グロリア…9.01%
 コーヒーハウス…8.47%
 メリーは外泊中…6.36%
 恋する国家情報局…6.03%
 ロードNo.1…5.49%
 まだ結婚したい女…5.2%
 いたずらなKiss…4.91%
スポンサーサイト

妻の誘惑

2010/12/28 (火)  カテゴリー/韓国ドラマた行 妻の誘惑

第99話:生きていたソヒ
 生きて家に帰ってきたソヒは懐かしげに家の中を歩き回ると、自分がいるはずの場所に別の女=ウンジェがいるのに気づく。そしてソヒはミン女史、ゴヌ、ウンジェの3人が写っている写真を怒りのあまり投げつけてしまう。一方、結婚を許されたゴヌとウンジェはミン女史と一緒にデパートで生活用品やネックレスを購入し、ウエディングドレスを試着したりと楽しい時間を過ごす。そして家に帰ってきた3人は目の前にいる本物のソヒを見て驚く。

第100話:2人の娘
 結婚式のためメイクを終えたウンジェが急にいなくなったと連絡を受けた、ゴヌ、ミン女史、ウンジェの家族は式場を後にし、ウンジェの行方を捜す。一方、ウンジェはソヒに結婚式には行かせないと脅されて外に連れ出されるが、その場に現れたギョビンに無理やりタクシーへ乗せられ、平倉(ピョンチャン)洞の家まで連れて行かれる。家の門の前でウエディングドレスを汚され気を失って倒れているウンジェの側にギョビンがいるのを見たヨンスは、理由も聞かずにギョビンを殴る。

第101話:エリとソヒの共謀
 ウンジェに奪われた人生を取り戻すとソヒは心に決め、ミン会長にサロン・ミンを自分が経営したいと話す。ミン会長は、ウンジェを社長にしたのは自分なので今さら追い出せないと答え、仕事を任せる前にソヒの体調を知るために病院へ行こうと提案する。一方、ガンジェを呼び出したハヌルはいつ結婚するのかと尋ねるが、ガンジェは自分みたいな男と一緒に暮らして後悔しないのかとハヌルに聞き返す。ガンジェと一緒に歩いていたハヌルは工事中の建物から板が落ちるのを見て、ガンジェを守ろうとするが、逆にガンジェに怒られる。

続きを読む

妻の誘惑 #97・98

2010/12/22 (水)  カテゴリー/韓国ドラマた行 妻の誘惑

第97話:権利証泥棒
 エリは消費者金融業者に行き、ミイン名義の土地権利証を担保にして借金をし、そのお金でベラを買うようにベラの元社長に頼む。一方、ウンジェは権利証がオフィスにあることを知っているのは自分とスビンだけなのに権利証が盗まれたことを不審に思い、以前エリに自分が権利証を持っているのを話してしまったことを思い出す。病院のベッドで意識が戻ったスビンは、チョン会長とミインに、殴られて倒れる前に“スビンさん”と呼ばれた気がすると告げる。

第98話:許された結婚
 スビンが握っていたボタンとエリのコートのボタンが同一物だと確認したウンジェは、スビンに怪我させたのはエリだと確信する。帰宅したウンジェはベッドに置かれたウエディングドレスを試着しながら、ゴヌとの結婚をミン女史に反対されたことを涙して悲しむが、母ミジャは今回だけは恩人に背こうとウンジェを抱きしめる。視力が回復しないスビンは、ウンジェが本当に犯人かというギョビンの問いかけに、人は変わるものだ、信じられないとウンジェへの憎しみをあらわにする。

続きを読む

妻の誘惑 #95・96

2010/12/21 (火)  カテゴリー/韓国ドラマた行 妻の誘惑

第95話:自分の幸せ
 貞陵の家へ、ウンジェを無理やり連れて来たギョビンは、家族の前で死ぬまで自分と暮らせと命令するが、ウンジェは自分にすがりつかないでと吐き捨てるように言いギョビンの部屋を出る。新しくチョンジ建設の警備員として働くヨンスに、ミン会長はゴヌがウンジェとの結婚を諦めるように説得してくれと言う。ウンジェを呼び出したスビンは、うちも破滅させ会社も奪ったのだから、母の土地だけでも返してくれと土下座をして頼むが、ギョビンが目を覚ますまでは復讐は止められないと、断る。

第96話:スビンの災難
 救急車で搬送されるスビンが手にボタンを握っているのを見たウンジェは、不審に思いボタンを自分のポケットに隠す。土地権利証をウンジェのオフィスから盗んだエリは洋服ダンスに権利証を隠そうとするが、ハヌルに折り紙として使われ危うくギョビンに権利証の存在がバレそうになる。ミン女史はガソリンスタンドで働くチョン会長を訪ね、建設業を掌握するは難しいので一時的に契約社員として雇うと提案するが、その時チョン会長は携帯でスビンのケガの知らせを受ける。スビンの手術を心配して待つウンジェ、ギョビン、チョン会長らに、担当医は最悪の場合スビンは視力を失うと告げる。

続きを読む

トンイ #11・12

2010/12/18 (土)  カテゴリー/韓国ドラマた行 同伊(トンイ)

#11
何とか粛宗に助けられたトンイは、協力を得ようと訪ねたことを話す。
判官を装っていた粛胸はその場をなんとかしのぎ、捕庁に向かい、トンイが明らかにしたオクチョンの証拠を直接目にする。またトンイの手柄によって助けられたオクチョンは、トンイを宮女として使おうと考えていた。
翌日、街にお使いに来ていたトンイは、粛宗と偶然出会う。
王の代わりに自分が褒美を与えるという粛宗。
そこにヨンダルとジュシクが現れ、4人は一緒にお酒を飲むことになった。
トンイと出会って、平凡な男として過す夢が叶った粛宗は、トンイも別人として生きたくはないかと訊ねる。
そこでトンイが奴婢ではなく、もっと立派な人になりたいと願っていることを察した粛宗は、オクチョンが言っていたようにトンイの才能を開花させるため、宮女にしようと決めるのだった。
そして翌日、トンイの下に、監察宮女に命じるという教旨が届くのだった。

#12
監察宮女となったトンイだったが、監察府の内部では賤婢だったトンイを受け入れようとはせず、チャン尚宮の推薦とあって大妃も反発していた。
しかし内命婦の長である中殿がトンイを監察宮女とすることを承諾した以上、覆すことはできなかった。
そこで監察府のユ尚宮は定期試験の規律によってトンイを追い出そうと企む。
監察府ではこの試験によって成績が悪い者は内人の資格を失う規律だったのだ。
何も知らないトンイは言われるがままその試験を受けるが、試験の課題は、トンイが読んだこともない書から提出された。
そのころ粛宗はトンイが宮人になることで自分が王であることを知ってしまい以前のように気軽な間柄でなくなることを寂しく思っていた。

続きを読む

トンイ #9・10

2010/12/17 (金)  カテゴリー/韓国ドラマた行 同伊(トンイ)

#9
父と兄の命日の供養からの帰り道。
チョンスにもらったハチマキを落とした事に気づいたトンイだが、引き返そうとした時に兵に捕われてしまう。
昨日訪れた薬房の医員が殺害され、出入りしたトンイも尋問を受けるために連行されたのだった。
オクチョンに届ける薬とは言えないトンイは、楽師たちの使いで行ったとうそをつく。
その時、トンイを捜していたヨンギが現れた。
ヨンギが父と自分を追っていたあの時の従事官だと気づいたトンイは、ヨンギが捜しているトンイは自分ではないと答える。
そのころ、中殿の湯薬から毒が見つかり大騒ぎになっていたが、それはオクチョンが仕組んだことだという策略が企てられていた。
そこで薬を運んだと思われるトンイは監察府に連行されてしまう。
最後まで自白せずにいたトンイであったが、オクチョンがトンイを助けるために自ら監察府に出頭する。
#10
オクチョンが名乗り出たことで解放されたトンイだが、中殿殺害の容疑でオクチョンが濡れ衣を着せられたと知り、無実だと証明できる証拠を探そうとする。
そこで判官と言った粛宗に協力してもらおうと、漢城府を訪ねるが自分を知らないと追い返されてしまう。
死んだ医員の死体から証拠を探そうと思いついたトンイは、1人で捕庁に忍び込む。
何とか検死室で委員の死体を見つけ、毒薬である半夏を医員が触っていない証拠をみつけるが、捕庁から出ようとした時、ヨンギに見つかってしまう。
同じころ、トンイが都にいると知ったチョンスはトンイを捜す手がかりを得ようと、検屍官として捕庁に忍び込んでいた。
ヨンギに事実を話し、任せて帰ろうとしたトンイは、帰路の途中で何者かに襲われてしまう。
ちょうどその時、捕庁に向かう途中の粛宗が現れ、トンイを救う。

続きを読む

鉄の王キム・スロ #9

2010/12/15 (水)  カテゴリー/韓国ドラマた行 鉄の王キム・スロ

#9
スロとアヒョの愛が深まる一方、母からの命令でファンオクに求愛したイジンアシは拒絶されてしまう。
イジンアシはさらにスロとアヒョの仲を知り、激しく嫉妬する。
タレはヘレを拉致して神託のお告げの主は誰か聞くが、ヘレは口を割ろうとしない。
そんな中、何年かぶりに鍛冶技術の競工大会が行われることになった。
その場でイジンアシの実力を民に示そうとチョンギョンは企んでいた。
イジンアシから侮辱されたスロは、競工に参加することを決意。
剣造りに打ち込む姿を見た母は、チョバンの形見の槌をスロに渡し、
スロは荒れた生活からようやく抜け出すことに。
大会当日。イジンアシの優勝が予想される中、遅れてスロも参加する。


やはりイジンアシは母チョンギョンには勝てなかったか。
決意を固めてファンオクを誘い求婚したのですが、あっさり断られてしまいました。
だってファンオクはスロに惹かれてるんですもの。
ひょいと現れてファンオクの心をかき乱していく…。
スロも罪作りな男よのぉ。

そのスロはアヒョとの仲が進展。
もう誰が見ても恋人同士って感じ。
アヒョの叔母が、浮かれてるアヒョを見て釘を刺すんだけど、
聞く耳を持たないって程スロにぞっこんです。
サロ国の密偵だと知られたら命も危ないというのに、
任務かスロかで葛藤する日が来そうです。

タレは密偵を使っていろんな国を調べてるそうな。
クヤ国に一生を捧げると言ってますが、どこか日和見的な感じがします。

嫉妬に狂ったイジンアシは、「父親の犠牲があって生きてる。」と、敵意むき出しでスロを非難。
痛いところを指摘されたスロは、「高慢な鼻をへし曲げてやる。」と、イジンアシに対して闘志が湧き立ったのでした。

遅れて競技場に現れたスロ。
白の衣装が似合いすぎです~。
今のところ互角に戦っているようですが、スロに軍配が上がるよね?

妻の誘惑 #93・94

2010/12/14 (火)  カテゴリー/韓国ドラマた行 妻の誘惑

第93話:失墜
 ミン女史は弁護士に今日中にチョンジ建設とチョン会長の自宅の書類を用意するようにと電話で指示を出す。その時、ギョビンがオフィスに来てお金は返済するので自宅だけは返してくれと懇願するが、ミン女史はウンジェの一家が引っ越してくるので貞陵(チョンヌン)の家へ移るようにと冷たく突き放す。ミインは帰宅したスビンにチョンジ建設が倒産すると騒ぎになっていること聞き驚く。チョンジ建設譲渡の契約締結を終えたミン女史は、ガンジェに電話をかけチョン家の邸宅に引っ越しするようにと伝える。

第94話:貧富の逆転
 チョン家の邸宅に引っ越したヨンスとミジャは、ベッドでは落ち着かないので床に布団を敷いて寝る。ガンジェは、あの狭い家では息が詰まるだろうとハヌルを気遣う。一方貞陵(チョンヌン)に引っ越したミインは、朝食の用意をしながら食器も布団も運び込もうと家族に相談するが、あの家はもう別の家族が住んでいるというギョビンの一言に落胆する。ウンジェとの結婚は認めない、妹ソヒに悪いと思わないのかと責めるミン女史に、ゴヌはウンジェとの結婚は決して諦めないと反発する。

続きを読む

トンイ #7・8

2010/12/13 (月)  カテゴリー/韓国ドラマた行 同伊(トンイ)

#7
命の危機にさらされた粛宗とトンイ。
粛宗は自分が王であると名乗り危機を脱せようとするが、信じるはずがない。
その時、報告を受けた捕庁の兵が現れ、助かったトンイと粛宗だった。
トンイの手柄により音変は岩塩を使い編磬に細工をしたためだと明かすことができた。
そして判官を装っていた粛宗はトンイに褒美を与えるのだった。
トンイの存在を知らされたオクチョンもまたトンイに興味を持っていた。
そのころ掌楽院にオ・テソクの弟であるオ・テプンとその息子のホヤンが新しい副提調と僉正として赴任してきた。昼夜問わず妓生遊びに明け暮れる2人だったが、ホヤンがトンイにまで手を出そうとしていた。
それを拒んだトンイは罰せられることになったが、その時、オクチョンがトンイを呼んだことで何とかまぬがれた。
そしてオクチョンと会うことができたトンイ。
6年間捜している宮女がオクチョンなのかを確かめるために、トンイは鍵牌を見せてくれと申し出るのだった。

#8
トンイの申し出を聞き入れ、鍵牌を見せてくれたオクチョン。
だがその鍵牌はトンイが見たものではなかった。
そして翌日オクチョンの母の使いでオクチョンに薬を届けることになったトンイ。
門限を過ぎてしまい困っていたが、通りかかった粛宗のおかげで無事宮廷に戻ることができた。
そのころ死んだと思っていたチョンスがキム・ファンに助けられ生き延びトンイを捜していた。
一方、宮廷では編磬匠の死体を発見した奴婢がトンイという名だと知ったソ・ヨンギは、その子がヒョウォンの娘のトンイではないかと疑い調べるのだった。
そして父と兄の命日。
トンイは父たちが殺された絶壁で供養していた。
同じごろチョンスもそこに向かっていた。
トンイが落としていったハチマキをみつけたチョンス。
トンイがこの都で生きていることを知る。

続きを読む

トンイ #5・6

2010/12/12 (日)  カテゴリー/韓国ドラマた行 同伊(トンイ)

#5
ソリの計らいで宮廷の掌楽院の奴婢として暮らし、6年の月日が経っていた。
ある日トンイは、夜中にこっそりヘグムを弾いていると、その音色を粛宗王が気に入り、演奏して者を捜せと内官に命令する。
だが奴婢であるトンイが弾いていたことが知れると主簿のジュシクもトンイも罪に罰せられると思い、ジュシクはトンイを宮廷の外にある楽器を作る鋳鐘所の手伝いとして行かせる。
トンイはそこで自分が探してしる宮女の鍵牌の絵柄を同じものが描かれたメモを見つけ、それを作った頭木匠を追いかけ持ち主を聞こうとするが間に合わなかった。
そのころオクチョンは再入宮を控えていた。
だがそれを反対する大妃が、オクチョンの入宮に合わせてオクチョンを貶める策略を企てていた。
それは国の音を乱す音変を細工したのだった。
オクチョンが捜している宮女ではないかと感じたトンイは、確かめるためにオクチョンの宿所へ行くが、そこで何者かに捕われてしまう。
トンイが縛られ閉じ込められた小屋では、編磬匠が殺されていた…。
#6
閉じ込められたトンイ、そして殺された編磬匠。
何とかそこから逃げ出したトンイは、警守所に行き編磬匠が殺されたと通報するが、小屋に戻ってみると、編磬匠の死体は消えていた。
仕方なく宮廷に戻ったトンイは、音変の原因は編磬かもしれないと思い、ヨンダルの協力してもらい編磬匠の家に行く。
そこで怪しい者が何かを持ち出しているのを発見する。
そして編磬匠の死体があった小屋で証拠を探そうとしていたところに、暗行に出ていた粛宗と出会うのだが、怪しい者に見張りが襲われ、2人はそこから逃げ出した。
粛宗はトンイが編磬匠の死体の発見者だと知り、2人は怪しい者が編磬匠の家から運んだ場所を探りに行くのだった。
王と名乗れない粛宗は、判官だとうそをつく。
音変の証拠品を奪ったトンイと粛宗だったが、見つかってしまい命の危機にさらされる。

続きを読む

トンイ #3・4

2010/12/11 (土)  カテゴリー/韓国ドラマた行 同伊(トンイ)

#3
チョンスは自分もトンイの父も兄も剣契だった事実をトンイに打ち明ける。
そして、生き延びたトンジェらと合流し捕らえられた同志を助け出す作戦を練る。
そのために必要な火薬を調達に一緒に行ったトンイはそこで、イクホンが最後に見せた同じ合図をする宮女に出会う。
それは粛宗王の側室になる予定のチョン・オクチョンだった。
彼女が落とした蝶の鍵牌を拾ったトンイだが、合図のことは聞けずに分かれてしまう。
生き延び剣契を再起しろという首長の命令を破り助けに向かったチョンス。
トンイは都を離れようとしていたが、父が処刑されると知り、走り出した。
チョンスたちによって逃走を図ったがトンジュとヒョウォンは死んでしまう。
父と兄、そしてチョンスまでも死んでしまいトンイは1人になってしまった。

#4
夢で生き延びろという父の呼びかけに、生きると決意したトンイは1人何とか生き延びていた。
その頃、都では剣契とその家族を捕らえていた。
イクホンの最期に会ったトンイをテソクは探し出し処理しようとしていた。
ケドゥラと共に何とか生き延びていたトンイだったが、腹痛のケドォラを医員につれて行ったことで見つかってしまう。
逃げ回るトンイを見つけたソ・ヨンギ。
トンイはヨンギに助けを請い、父が無実だと訴える。
その姿に打たれたヨンギはトンイを見逃すのだった。
チョンスからトンイを逃すよう頼まれていた妓生のソリは養子縁組をしてケドォラとトンイを都から避難させようとしていた。
だがトンイは父の無罪を晴らすため都に残り、一番安全な宮廷に行かせてくれと頼むのだった。

続きを読む

トンイ #1・2

2010/12/10 (金)  カテゴリー/韓国ドラマた行 同伊(トンイ)

#1
時は朝鮮王朝 粛宗王の時代。
ある釣り場で司憲府のチャン・イクホンを殺害された。
朝廷では南人と西人が権力争いをしていたので、南人であるイクホンの殺害も西人の仕業だと思われていた。
そんなある日、友人のケドォラと一緒に川で死にかけているイクホンを見つけたトンイ。
トンイに何かを伝えようとするイクホンは自分を殺害した者の牌札をトンイのカバンに忍ばせ、手で何かを合図を残し死んだ。検屍官のトンイの父は、昔、親交があった従事官のソ・ヨンギからその死体の検視を頼まれる。
いくつもの両班殺害は、都で動きが盛んになっていた賤民の秘密組織である剣契の仕業と思っているヨンギ。
実はその剣契の首長は他でもないトンイの父ヒョウォンだったのだ。
#2
トンイの父ヒョウォンは両班殺害は剣契の仕業でないと明かすために朝廷の動きを探る。
そこで南人の怪しい動きを見つけ、従事官のヨンギに伝える。
イクホンを始め南人の首長格の両班を殺害したのは、同じ南人のオ・テソクだった。
イクホンの最期に会ったトンイはカバンにあった牌札を見つけ、ヨンギに届けた。
そのことで剣契の仕業ではないと思い始めたヨンギは殿下と親交のある父に協力を求める。
そして殿下に事実を伝えるため出向いたヨンギの父。
それを知った、オ・テソクはヨンギの父を殺害し、その罪も剣契に被せるのだった。
父の反対を押し切って問安婢に行ったトンイは、チョンスに連れられ都から避難しようとしていたが、父が人殺しとして連行される姿を見てしまうのだった。

続きを読む

鉄の王キム・スロ #8

2010/12/09 (木)  カテゴリー/韓国ドラマた行 鉄の王キム・スロ

#8
ホ・ジャンサンの商団がやってきて鉄鉱石を供給したためチョンギョンは危機を脱した。
チョンギョンとジャンサンはイジンアシとファンオクを政略結婚させようと考える。
ジャンサンの商団が襲われ、それをスロが救った。
そのときからファンオクはスロに惹かれ始める。
しかし、スロが好きなのはアヒョであり2人の仲は近づいていく。
黄漆がスロのアジトで見つかり、スロはイジンアシに捕まってチョンギョンから厳しい追及を受ける。


チョンギョンの命でスロは木につるされ拷問を受けることに。
止めさせたのはイビガ。
母が息子を拷問してるのよ!!
いつまで黙ってるつもり?

スロは、「黄漆は農具の手入れにも必要だから鍜治場が独占してはいけない。
イジンアシは民に謝罪すべきだ。民は、支配する王でなく、民の心を理解する王を求めてる。」と、イビガに訴えたのよ。
それを影でこっそり聞いていたチョンギョンは、その通りにイジンアシにさせるの。
「イジンアシ様が間違いを認め謝罪した。」と民は感激して大騒ぎ。
「王が立つならイジンアシ様だ。」とみなが思うように。
しめしめ、とほくそ笑んだチョンギョンでしたが、
スロは「俺がそうするよう仕向けた。」と、タレに話してました!!
チョンギョンが聞いてると思って話したのね~。すごいわ~!!

イジンアシ→アヒョ=スロ←ファンオクっていう関係になりそう。
天竺の後ろ盾が欲しいチョンギョンは、イジンアシとファンオクを結婚させようとしてるのですが、
アヒョを好きなイジンアシは反抗。
あの母にどこまで逆らえるのか。
アヒョが思い人だと知ったらアヒョの命が危ないかも。

神官のヘレからスロがお告げの子だと聞かされたトゥクソン(ユ・チョン)は、
「いい加減まともになれ!!」とスロに厳しくあたるのでした。

そうそう、スロのペンダントはファンオクが持ってます。

未踏の地祭壇に乗り込んでいったチョンギョン。
そこで、すでにお告げがあって、その子がイジンアシだと大喜び。
違うのにな~。
「スロがどうも苦手。」と言ってたからチョンギョンに言えないの?
いつまでも煮え切らないイビガに腹が立ちます。



キム・ソンミン逮捕

2010/12/08 (水)  カテゴリー/韓国芸能人

新聞のテレビ番組欄を見ていたら、テレビ大阪の「家門の栄光」の枠が無くなっていて、
どこに移動したんだろう?と不思議に思っていたら、
テヨン役のキム・ソンミンssiの逮捕で放送休止になったんですね!!
あ~、それで、BS朝日の放送も差し替えられんだ!!
テレビ大阪の方は残り10話ぐらいだったのに、
途中放棄しなくちゃいけないほど放送は難しいものなんでしょうか??
視聴していた方は腹立たしい思いでいっぱいでしょうね…。

 キム・ソンミン

「人魚姫」で一躍有名となったキム・ソンミンですが、
私は「ファンタスティックカップル」のビリーのようなキャラを演じてるソンミンssiが好きです。
今回の「家門の栄光」でも明るく情にもろい役で好演していたのに、
本当に残念で仕方ありません。

鉄の王キム・スロ #7

2010/12/07 (火)  カテゴリー/韓国ドラマた行 鉄の王キム・スロ

#7
イジンアシは命を救ってくれたアヒョに惹かれ、アヒョはチョンギョンにも取り入って鍛冶場に出入りできるようになった。時が近づいたと思ったチョンギョンはイジンアシを王候補としてみなに認めさせようとし始める。それに危機を感じたシングィガン(テガン)は鉄鉱石の供給をストップさせ、チョンギョンに圧力をかける。一方、スロは喧嘩に明け暮れる日々を送っていた。そんな中、さび止めの黄漆が盗まれる事件が起き、スロが疑われる。

あれから5年も経ったのにまだ統一国家になってないのね。
相変わらずテガンは、イビガ、じゃない、チョンギョンの邪魔をしてます。
イジンアシを王にすることで頭が一杯のチョンギョンに対し、
イビガはスロがお告げの子だと思ってて、妻のようには息子の教育に熱が入らないよう。
スロを疎んじるチョンギョンを見て、母子が憎みあってはいけないとは思ってはいるものの、
頭角を現すことがなく、ならず者とつるんでるスロを見て、口に出せないでいるのです。

イジンアシを助けたアヒョ。
どこかの国の密偵だと思ってたけど、相関図を見たら新羅のお姫様でした。

インドからもお姫様がやって来ました。
こっちがスロの妻になるのか。

よく言えば自由人。悪く言えばうだつが上がらない男のスロ。
早く彼の活躍が見たいものです。

大根のネギ塩だれ

2010/12/06 (月)  カテゴリー/料理 その他

実家から大根と白菜を山ほど頂きました。
我が家では大根と白菜攻めにあっています。

何か目新しいものをと、クックパッドで調べて作ってみました。

大根サラダ 
 大根のネギ塩ダレです。
やみつきにになる味で、おつまみにも最高です。
にんにくとごま油を使ってるから韓国料理っぽいです。

材料
 大根                      10センチ
 にんにく                1/2片
 青ネギ                  2〜3本
 鶏ガラスープの素   小さじ1
 砂糖          小さじ1/2
 ごま油          小さじ2

作り方
1.大根は 短冊切りに、青ネギは小口切りに、にんにくは すりおろす。
2.大根を軽く塩で揉み しばらく放置してから さっと水洗いしてから ギュッとしぼる。
3.大根に鶏ガラスープの素と砂糖を入れて 全体に味が馴染むまでよ〜く混ぜてから、
    残りの材料を全て加え 軽く混ぜ合わせる。

同伊(トンイ)

2010/12/05 (日)  カテゴリー/韓国ドラマた行 同伊(トンイ)

トンイ韓国放送 2010.3.22~10.12
放送局 MBC
全話数 60話
演出 イ・ビョンフン、キム・サンヒョプ
脚本 キム・イヨン
ハン・ヒョジュ…同伊(トンイ)
チ・ジニ…肅宗(スクチョン)
イ・ソヨン…チャン・オクチョン(チャン・ヒビン)
ぺ・スビン…チャ・チョンス
On Air
 12月2日(木)23:00~
 衛星劇場  木・金 各2話
作品情報
 MBC設立49周年特別企画ドラマ。時代劇の巨匠イ・ビョンフン監督をはじめ、『宮廷女官チャングムの誓い』『イ・サン』のスタッフが再結集した、2010 年最高の話題作。朝鮮第21代王・英祖の生母であり、第19代王・粛宗の後宮だった淑嬪崔氏(同伊)の波乱万丈の人生と、英祖の劇的な成長過程を描く。
 ヒロインのトンイ役を演じるのは、2009 年韓国上半期ドラマの最高視聴率を記録した『華麗なる遺産』で主演を務めたハン・ヒョジュ。相手役で、初の王(19 代王・粛宗)を演じるのは、『宮廷女官チャングムの誓い』以来、イ・ビョンフン監督に信頼を寄せられるチ・ジニ。トンイとのロマンスを繰り広げる。また、トンイを一途に愛するチョンス役にぺ・スビン、トンイと反目しあう張嬉嬪役にイ・ソヨンを迎えるなど、『天使の誘惑』でお馴染みのキャストらも共演。
 最高視聴率33.1%、平均視聴率24.51%
あらすじ
 1680年3月初旬の深夜、ある湖畔で司憲府大司憲“チャン・イクホン(イ・ジェヨン)”が殺害される。死体を処理し、検死などもするチェ・ヒョウォン(チョン・ホジン)の娘、トンイ(ハン・ヒョジュ)が村の子どもたちと遊んでいる。死直前のチャン・イクホンを偶然にも目撃した同伊たち。捕庁検視室、従事官ソ・ヨンギ(チョン・ジニョン)は、今回の殺人も近頃広がる賎民らの地下組織、チェ・ヒョウォンが導く“コムゲ”だとする。しかし、この殺人事件は南人の中枢オ・テソク(チョン・ドンファン)が罪を“コムゲ”に押し付けようとする陰謀なのだったが…。
ひと言
 待ちに待った「トンイ」です。でも、週4話はキツイよー。

グッバイ・マザー

2010/12/04 (土)  カテゴリー/韓国映画

グッバイ、マザー原題 エジャ
韓国公開日 2009年9月9日
監督 チョン・ギフン
時間 110分
出演
チェ・ガンヒ…パク・エジャ
キム・ヨンエ…チェ・ヨンヒ
視聴日 2010年11月7日
評価 
   8
作品紹介
 チェ・ガンヒ&キム・ヨンエという二大実力派女優の共演で母と娘の絆を描き、韓国で観客動員数190万人を記録したヒューマンドラマ。長年いがみ合ってきた気の強い母娘が、母親の病をきっかけに、とまどいながらも少しずつ歩み寄っていく姿を感動的に綴る。鼻っ柱の強い娘、エジャを演じるのは、「マイ スウィート ソウル」の個性派女優チェ・ガンヒ。ぼさぼさのショートヘアに化粧っけのないボーイッシュないでたちで、怒鳴ったりむくれたりとさまざまな表情を見せ、その無二の魅力を存分にアピールしている。一方、母親役を務めたのは、本作が3年ぶりの映画出演作となったキム・ヨンエ。「ファン・ジニ」などで、"国民の母"として親しまれてきた彼女は、本作で気丈な韓国の母親像を体現し、さすがの存在感を発揮。さらに注目の若手俳優ペ・スビンの登場も見逃せない。監督は『ブラッディ・ミッション』(08)などで助監督を務め、本作が監督デビュー作となったチョン・ギフン。新人らしからぬ安定感のある演出で、母と娘の普遍的な関係を心温まるタッチで描いていく。  2009年大鍾賞映画祭助演女優賞(キム・ヨンエ)、2010年第46回百想芸術大賞映画部門女性人気賞(チェ・ガンヒ)を受賞。」
あらすじ
 幼い頃に父親を亡くし、母親ヨンヒ(キム・ヨンエ)に女手ひとつで育てられたエジャ(チェ・ガンヒ)。個性的な性格で、トラブルメーカーの彼女は、気の強い母とはぶつかってばかりいる。そんなエジャの夢は小説家になること。29歳になった今でも、定職に就かず結婚もせず夢を追い続けている彼女に母は厳しく当たり、ふたりの溝は広がるばかりだった。だがある日、突然母が倒れ......。
感想
 こんな親子関係もいいなと思いました。

続きを読む

裸足のギボン

2010/12/03 (金)  カテゴリー/韓国映画

裸足のギボン韓国公開 2006年4月26日  
監督 クォン・スギョン
キャス
シン・ヒョンジュン…ギボン
キム・スミ…ギボンの母
上映時間 100分
視聴日
 2010年11月9日
評価
   9 
作品情報 
 あなたがいるから、僕がいる-親子の“絆”を描いた本当の物語。韓国KBSテレビのドキュメンタリー番組で紹介されて話題を呼んで映画化。重度の知的障害者である実在のオム・ギボン氏をモデルにして、年老いた母を懸命に思う息子の愛、そして息子を深くいつくしむ母の愛、そんな親子の絆がほのぼのとさわやかに描かれた作品。
 主演には、「家門の危機」「天国の階段」で注目を集めたシン・ヒョンジュン。デビュー以来カリスマ性のある役柄からコメディ作品まで常に変身しつづけてきた彼は、本作品で新境地を開いた。映画家門シリーズでも名コンビとして活躍したキム・スミがギボンの母を熱演し感動を呼んだ。韓国での観客動員数は200万人とヒットした。また、キム・スミは2006 第14回 春史大賞映画祭女優助演賞を受賞した。
あらすじ
 タレンイ村に住むギボンは、幼い頃に高熱病にかかり年齢は40歳だが知能は8歳で止まったままだ。ギボンはお母さんが大好き。町内の雑用をして貰った食べ物を早くお母さんに届けたいあまり靴も履かずに家に走る姿を見て、村の人々は彼を“裸足のギボン”と呼んでいる。ある日村でマラソン大会が開かれ、ギボンは誰かが落としたゼッケンを拾ったことからなりゆきで飛び入り参加してしまい、入賞してしまった。ギボンの才能に目をつけた村長は、ギボンを全国アマチュアハーフマラソン大会に出場させようと、自らトレーナーとなり本格的な訓練に入る。ギボンは1等の賞金で、歯が悪いせいで胃を悪くした母に入れ歯を買おうと決心し、毎日町内を走って練習に励むが・・・
感想
 シン・ヒョンジュンssiの演技が素晴らしかったです。

続きを読む

寄せ植え

2010/12/02 (木)  カテゴリー/家庭菜園

PTAの教養講座で寄せ植えをしました。 
フローリストを招いての講習会で、PTA行事のなかでも人気の講座だそうです。

培養土、肥料、鉢底石は1人分に分けて用意されてあり、
私たちは花の配置を決めて、ただ植え込めばいいという有り難い状態でした。

使用した花は、ビオラ、ガーデンシクラメン、ジュリアン、アリッサム、ストック、コニファー。
チューリップの球根も潜ませています。

テラコッタ(鉢)、雪ダルマのピックまで付いて、千円とは超お得。
去年の不参加が悔やまれます。 
 寄せ植え 
  玄関に飾ってみました。

やってみると案外簡単にできたので、
ハンギングバスケットを使ってチャレンジ。

寄せ植え3

使用した花は、ビオラ、ヘデラ、葉牡丹(ちりめん系)サントリナ。
全部で2000円弱かかりました。


調子に乗ってもう一つ…。
寄せ植え2 
     4色のバコパ とサントリナ

我が家は北向きの玄関で残念ながら日が当たりません。
日当たりのいい所に置くのが鉄則みたいなので、ここまでしたのにすぐ枯れるのでは。と、心配してます。
でも、折角だから玄関に飾りたい…。
―ということで、究極の選択を。
PTAで作った寄せ植えと上の寄せ植えを交互に飾り、
片方は日当たりのいい所に置くことにしました。
この方法で少しは耐えてくれるかなー。

I am GHOST

2010/12/01 (水)  カテゴリー/邦画

I am GHOST監督:園田俊郎
脚本:平田研也
出演:ソ・ジソブ 谷村美月
2009年10月20日BeeTVにて配信
視聴日
2010年11月8日
評価
   6
作品紹介
 携帯専用放送局BeeTVで配信したアクションドラマで、5分24話のドラマを110分にして収録。
 監督はCMやミュージックビデオの制作者として活躍中の園田俊郎。脚本は『つみきのいえ』の平田研也。
 主演は『映画は映画だ』のソ・ジソブと『神様のパズル』の谷村美月。ソ・ジソプは主題歌で日本語ラップを披露した。
 DVDはBeeTVで配信したverと異なる、アナザー・エンディングを用意。見比べることが出来るように、配信時の最終話も収録している。
あらすじ
 その夜―― 暗い目をした一人の男が、人けの無い海岸にたどり着いた。彼は重い任務を背負っていた。同じ夜―― 一人の少女が、ビルの屋上に立っていた。彼女は自ら命を断とうとしていた。
 孤独な二つの魂は、運命に導かれるように、夜の横浜で出逢う。だが少女が偶然出逢ったその男は、名前も素性も、そして言葉を発することすらも封印された、ただ「暗殺」をおこなうためだけに日本に送り込まれてきた男だった。日本に本来いないはずの人間として、まるで「幽霊(ゴースト)」のように、任務の遂行だけをして消える予定だった男。だが男は少女と出逢い、日本からの脱出に失敗する。そしてその瞬間から、彼は消される対象となる。 彼を雇った組織、仲間を殺されたヤクザ、そして情報を握る記者……。複数から追われる四面楚歌の中、男が少女を守りながら、彼らはどこへ向かうのか。帰る場所のない二人の、哀しい逃避行の物語。
感想
ソ・ジソブファンにはたまらない作品です。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。