スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャングル・フィッシュ2

2011/06/25 (土)  カテゴリー/韓国ドラマさ行 ジャングル・フィッシュ

ジャングル・フィッシュ2 
★KBS 2010.11.4~12.30(8話)
★演出 キム・ジョンファン、ミン・ドゥシク
★脚本 ソ・ジェウォン、キム・ギョンミン
★主要キャスト
ホン・ジョンヒョン…ミン・ホス
ジヨン…ソ・ユル
イ・ジュン…アン・バウ
シン・ソユル…イ・ライ
★作品情報
2008年放送の短編ドラマ「ジャングルフィッシュ」のスピンオフ作。5月に日本デビューしたMBLAQののメンバーであるジュンが出演。
★あらすじ
 名門カファ高校で全校1位を独占していた女子生徒・ヒョアンが謎の死を遂げた。ヒョアンの友達で、元彼氏だったホスは彼女の死を納得することが出来ない。ホスはインターネットや携帯で手がかりを模索する中、不可解な事実に直面する。ホスは4人の友達・バウ、ユル、ライ、ゴンジと共にヒョアンの死の真実を追究し知ってはならない事実を解き明かすこととなる。
★感想
 軽い学園ものではなく、現実的で非常に重いドラマでした。
学歴重視の韓国ならこんなことありえなくもないと、空恐ろしくさえ感じました。
勉強時間も尋常じゃないし、こんなに押さえつけられたら歪んだ子に育ちそうです。
ジャングルフィッシュとは、突風に巻きあげられジャングルに落ち、水を求めてもがいてる魚だそうです。
大人が作ったジャングルでもがいてる子どもの世界を垣間見たようで、切ない気持ちになりました。
スポンサーサイト

検事プリンセス

2011/06/22 (水)  カテゴリー/韓国ドラマか行 検事プリンセス

検事プリンセス 
★SBS 2010.3.31~5.20(16話)
★演出 チン・ヒョク「華麗なる遺産」
★脚本 ソ・ヒョンギョン「華麗なる遺産」
★主要キャスト
キム・ソヨン…マ・ヘリ
パク・シフ…ソ・イヌ
ハン・ジョンス…ユン・セジュン
チェ・ソンヒョン…チン・ジョンソン
★作品情報
「華麗なる遺産」の監督と脚本家が再びタッグを組んだ、大型ミステリアス・ラブコメディ。
「IRIS-アイリス-」で北朝鮮のスパイを熱演したキム・ソヨンが本作ではガラリとイメージチェンジ。生意気だけどキュートなプリンセス検事を好演している。相手役のミステリアスなイケメン弁護士役ソ・イヌには、「家門の栄光」で大ブレイクしたパク・シフ。その他、「チュノ~椎努~」のハン・ジョンス、スターアナウンサー出身のチェ・ソンヒョンなど、脇を固める俳優たちも超豪華。韓国では、マ・ヘリの型破りなキャラクターぶりが“韓ドラ史上最強のヒロイン”とまで謳われ、〈マ・ヘリズム〉という新語まで作られるほどの社会現象を巻き起こした。彼女と2人の男が展開するスリリングな恋の行方や、次第に明らかになるソ・イヌの秘密など、見始めたら絶対に目が離せない。平均視聴率10.33%
★あらすじ
世間知らずでワガママで、趣味は高級ブランドのショッピング。そんな生意気なお嬢様マ・ヘリの職業は、何と“検事”―!?
念願の検事になったものの、新任講習をすっぽかして高級ブランドのオークション会場へ直行。しかし、財布も携帯電話も盗まれ、予約したホテルも手違いでキャンセルされるなどツイてない。そんな彼女を救ったのが、見知らぬ男ソ・イヌ。が、彼にはとんでもない秘密が…。検察庁ではド派手なファッションと生意気な言動で浮いてばかりのヘリだが、仕事熱心な首席検事ユン・セジュンに心惹かれ…。でも、イヌのことも気になる彼女。果たしてヘリは恋も仕事も勝ち取ることができるのか…!?
★感想
IRISを見た後のキム・ソヨンのマ・ヘリ役は、ギャップがあり過ぎて慣れるまではキツかったかな~。
でも、さすが「華麗なる遺産」の脚本家。ストーリーが考えつくされてて面白かったです。

神の天秤

2011/06/11 (土)  カテゴリー/韓国ドラマか行 神の天秤

神の天秤  

★SBS 2008.8.29~10.24(16話)
★演出 ホン・チャンウク 「ダイアモンドの涙」
★脚本 ユ・ヒョンミ 「グリーンローズ」
★主要キャスト
ソン・チャンウィ…チャン・ジュナ
イ・サンユン…キム・ウビン
キム・ユミ…シン・ヨンジュ
チョン・ヘビン…ノ・セラ
★作品情報
 弟の濡れ衣を晴らすために法曹界に足を踏み入れた男の活躍を描く、愛憎と懺悔のミステリーロマンス。主人公ジュナは『シンデレラマン』のソン・チャンウィ。ジュナの親友ウビン役は『憎くても可愛くても』のイ・サンユン。金のかかる弁護料、政界・財界と司法の取引、検事と弁護士の戦いなど、韓国の法曹界の内幕も覗ける一方で、家族の愛や絆が切ないほどに訴えかける。平均視聴率11.31%
★あらすじ
 検事になるため、日々勉強を重ねるジュナ(ソン・チャンウィ)と、ジュナを支える家族達は、貧乏ながら楽しい生活を過ごしていた。しかし、借りたばかりの屋根裏部屋で、恋人のウンジ(イム・ヒョソン)が何者かに殺されてしまう。一方、先輩の家に遊びに行ったが、いきなり見ず知らずの女性に殴られ、殺してしまったウビン(イ・サンユン)。罪悪感で母親に告白するが、母親もまた事件の真相を隠し、ウビンをアメリカに留学させる。帰国したウビンは、殺してしまった女性の恋人・ジュナと偶然出会い、親友となるが
★感想
前途ある若者をいきなりどん底に落とすという重い始まりで、なかなか続きを見る気がしませんでした。
でも、話が進むにつれ主人公がどんどん真実に近づき、犯人が判ってるこっちはドキドキさせられっぱなし。
途中から止められないドラマとなりました。ウビンが中途半端な悪役だったのが残念な気もしましたが、
あの父親から救いようもない悪い息子が育つ訳ないと思い直し、締め(制裁)の甘さにも目をつぶる事にしました。
ウビン父がラストで言った印象的な言葉、
「法の女神の天秤は水平でなく少しだけ弱者に傾くべきだ」
このドラマで一番言いたかったことなんだろうなと納得しました。
終わってみるととてもすっきり爽やかで、結構好きなドラマとなりました。
8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。