スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽しい我が家

2011/11/19 (土)  カテゴリー/韓国ドラマた行 楽しい我が家

楽しい我が家 
★MBC 2010.10.27~10.23(全16話)
★演出 オ・ギョンフン「火の鳥」、イ・ソンジュン「恋人づくり」
★脚本 ユ・ヒョンミ「グリーンローズ」「神の天秤」
★主要キャスト
キム・ヘス…キム・ジンソ
ファン・シネ…モ・ユニ
シン・ソンウ…イ・サンヒョン
イ・サンユン…カン・シヌ
★作品情報
 主演女優は韓国のアラフォートップ女優のキム・ヘスと40代後半にして驚愕のスタイルと美貌を誇る“美のカリスマ”ファン・シネ。情感溢れる演技を得意とするキム・ヘスと、都会派演技のクール・ビューティー:ファン・シネが激しい愛憎のバトルを繰り広げる。美人女優演じる2人の女主人公の愛憎の渦中の男性となるのは、「12月の熱帯夜」ほか人気韓流ドラマの主役を演じ、ロック・シンガーとして来日公演も行っているシン・ソンウ。人気若手俳優イ・サンユンは本作でMBC演技大賞・新人賞を受賞した。
 疑惑が疑惑を呼ぶ先の読めないスリリングな展開ではあったが、同時間帯の「大物」「Plan B」に押され平均視聴率は6.84%
★あらすじ
 ある晩、ミョンソン大学理事長夫人のユニは夫婦喧嘩の果てに夫のウンピルをワインの瓶で殴りつけ、ウンピルは血を流し床に崩れ落ちる。気が動転したユニはその場から逃げ出すが、再び現場に戻ると、そこには不可解なことに夫の姿も争った形跡さえもなくなっていた。翌朝、警察は崖下に転落した車からウンピルの死体を発見、運転ミスによる事故死と断定する。精神科の女医キム・ジンソはミョンソン大学の非常勤講師として働く夫サンヒョンの妻としてウンピルの葬儀に参列。遺影を見たジンソはウンピルが自分の患者であったことを知り驚き、さらに、かつて友人でありながら自分を貶めたユニがウンピルの妻だったことを知る。互いに憎しみを抱いてきたユニと数年ぶりに再会するのだが・・・。
★感想
 不倫が絡んだサスペンスで キャストも若くなかったから あまり期待してませんでしたが、なかなか面白かったです。
 キム・ヘスさんの演技力に惹かれたのかな。冷静沈着な切れ者の女医さんに見えるのに、意外と感情的で、患者のウンピルにも利用されてたりして、そのギャップが良かったのかもしれません。
 謎解きのほうもちゃんと伏線が張られてあって、最後のほうは見応えもありました。ウンピル元妻の両親の問題を映像として見せてくれたらもっと印象が変わるのにと残念に思ったけど、そういえばチングが 「BS朝日は23話だけどカットしてあるよ~!!」と言ってたから、カット部分だったのかもね。
 ラスト、ユニがあんな形で逝ってしまったのはショックでしたが、サンヒョンとジンソの家庭が元に戻り、義母も交えてこれから本当の家族になっていけるんだなっていう雰囲気で終わってくれたのが嬉しかったです。
 機会があったらノーカットも見てみたいと思わせる作品でした。


 



スポンサーサイト

明日に向かってハイキック

2011/11/18 (金)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 明日に向かってハイキック

明日に向かってハイキック 
★原題 屋根を突き破ってハイキック
★MBC 2009.9.7~2010.3.19(全126話)
★演出 キム・ビョンウク、キム・ヨンギ「思いっきりハイキック」
★脚本 イ・ヨンチョル、イ・ソンジョン「思いっきりハイキック」
★主要キャスト
イ・スンジェ…イ・スンジェ
キム・ジャオク…キム・ジャオク
チョン・ボソク…チョン・ボソク
オ・ヒョンギョン…イ・ヒョンギョン
チェ・ダニエル…イ・ジフン
ファン・ジョンウム…ファン・ジョンウム
ユン・シユン…チョン・ジュニョク
シン・セギョン…シン・セギョン
★作品情報
 笑いと涙の旋風を巻き起こした大ヒットドラマ「思いっきりハイキック!」の後続シリーズ。笑って泣けるシチュエーション・コメディーとして高い評価を受け、第46回百想芸術大賞のテレビ部門の「芸能」部門で作品賞を受賞した。また、家庭教師役を好演したファン・ジョンウムが女性新人演技賞を見事受賞。最高視聴率26.1%
 ユン・シユンとイ・ギグァン(BEAST)のドラマデビュー作。さらに、チョン・イル、キム・ボム、キム・ヘソンを始め、パク・シネやソ・ジソクなど多数のゲストが各話に登場し、ドラマに花を添えている。
★あらすじ
 食品会社を営む家長のスンジェは3世帯が同居する大家族の家長。妻と死別した彼は、長女ヒョンギョンが勤める学校の教頭ジャオクと恋に落ちる。しかし、ジャオクと犬猿の仲のヒョンギョンは二人の仲に猛反対! 一方、長男のジフンは借金取りに追われて山奥の田舎から上京してきた姉妹に出会い、ひょんなことから彼女たちを家政婦として迎え入れることに。こうしてハチャメチャ大家族の共同生活が始まるのだが……。
★感想
 昨年の12月にDVDをもらってたから、観終えるのに約1年かかりました。20話ぐらいまで観た時点で、「なんてことない普通のシットコムじゃん」と高を括り、暫く放って置いたのですが、レコーダーを買い換えると言う事態になり、HDにダビングしてたから慌てて仕方なしに見る事になったのです。ところが…結論を先に言うと、「もっと早く観てれば良かった~」です。笑いあり、涙あり、胸キュンありで、回を増すごとに面白くなって、子どもたちも一緒に観るようになって、家族がそろったら「ハイキック観よう」が合言葉になるくらい。
 わがままなヘリにすごく腹が立ってたけど、後半になると時々いい子を見せるのよ。シネのBDなんか感動ものでした。チン・ジヒちゃん、怒ってばかりの役も大変だったよね。ヘリの名台詞、「パンクトックヤ~」が、彼女の造語だったなんて驚きでした。「パンクトックヤ~」は、我が家の今年の流行語大賞となりました。
 ジフンとジョンウムもカップルは憧れるし、セギョンとジュニョクの恋の行方にはドキドキ。イケメン二人に胸キュンでした。

 すっごく良かったのに。すっごく大好きだったのに。

 最終話は何なの~???

それぞれハッピーな形で終われるんだろうと期待こめて観たのに…

信じられない結末に、思わず叫び、号泣。
一人でこっそり観たものだから、勉強中の長女の部屋へ泣きながら駆け込み、
「ありえな~い」と納得いかない気持ちを興奮気味に訴えたほどです。
悔しくて、悔しくて、こんなに怒りがこみ上げてきたドラマは久しぶり。
そう、「バリの出来事」以来。
何でこんな終わりにしたのか。きっと韓国でも非難轟々だっただろうに。

話が膨らみすぎて要点が分からなくなっていたけど、
冷静になって振り返ってみれば、これは最初からセギョンの恋物語だったのね?
と思わざる終えないのかなあ。う~ん。それでも納得いかな~い!!
Happy end好きの私にとっては、本当に最後の最後で残念なドラマでした。
 

恋人づくり~Seeking Love

2011/11/17 (木)  カテゴリー/韓国ドラマか行 恋人づくり

恋人づくり
★原題 縁作り
★MBC 2009.10.10~2010.1.24(31話)
★演出 チャン・グンス「1%の奇跡」、イ・ソンジュン
★脚本 ヒョン・ゴウン「1%の奇跡」
★主要キャスト
ユジン…ハン・サンウン
キ・テヨン…キム・ヨジュン
キム・ジョンナン…キム・ユニ
ピョン・ウミン…カン・へソン
★作品情報
 「がんばれ!クムスン」「ありがとうございます」「1%の奇跡」のスタッフが集結して贈る、胸キュン王道ラブロマンス。原作はベストセラーとなった。
 フンナム(癒し系)として人気急上昇中の俳優キ・テヨンと、「善徳女王」「シンデレラマン」の出演で今後のブレイクが予想されるリュ・サンウクがユジン演じるヒロインと三角関係に。平均視聴率6.8%
★あらすじ
 幼少時にオーストラリアに移民したサンウン(ユジン)は、アメリカでのホームステイ先で出会ったアレックスと結婚を前提に交際していたが、父ギョンテは外国人との結婚に猛反対する。ギョンテは友人のテクスに相談すると、テクスの家にはひとり息子で医者のヨジュン(キ・テヨン)が。ヨジュンは容姿端麗で仕事熱心と、院内でも一目置かれる存在だが、友人の嘘で周囲にゲイだと誤解されてしまう。韓国人と結婚させたいギョンテと息子の噂を払しょくしたいテクス、両家はサンウンとヨジュン当人を差し置いて、縁談話を進めるのだが・・・。 
★ひと言
 このドラマが縁でユジンとキ・テヨンは5月に結婚しました。

エンジョイライフ~愛がすべて

2011/11/16 (水)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 エンジョイライフ

エンジョイライフ 
★原題 「生きる喜びを感じます」
★MBC 2009.10.26~2010.4.30(133話)
★演出 キム・テジン「チェオクの剣」、カン・デソン「私の名前はキム・サムスン」
★脚本 パク・ヒョンジュ「黄金の新婦」
★主要キャスト
キム・ユミ…ホン・ミンス
イ・テソン…チャン・ユジン
ホン・ウニ…ホン・ギョンス
クォン・オジュン…ピョン・チャンス
★作品情報
 結婚とは―永遠のテーマを、世代とまたいで交差する、奇妙な家族の恋模様を交えておくるホーム・ラブ・コメディー。
 主演は「神の天秤」のキム・ユミ。デビュー以来、初のショートヘアで役に臨む。結婚相手役となるのは、「イタズラなKiss」で人気上昇中のイ・テソン。他にも“経済的離婚”のホン・ウニ&クォン・オジュン夫婦、“模範夫婦”をパク・インファン&コ・ドゥシムなどが演じ、「家族」や「夫婦」のあり方を問う。最高視聴率22.4%平均視聴率14.1%を記録し、その年のMBC演技大賞家族賞に輝いた。
★あらすじ
 ホン家の長女ミンス(キム・ユミ)は司法研修生のギウクを養いながら交際してきた。長年の苦労が報われ、検事となった彼とやっと結婚できると思っていた矢先、突然別れを告げられる。しかも「胸のない女」と罵られ人生のドン底に突き落とされたミンスは、傷心のまま家族と旅行に出かけることに。そこで弟の友人ユジン(イ・テソン)と再会。久しぶりの再会に喜ぶユジン。しかしミンスは男を信じることができなかった。豊胸手術をして生まれ変わろうと思っていたが、家族に猛反対を受けたミンスは、酒を飲んで忘れようとする。そこにユジンが現れ、ひょんなことから一夜を共にしてしまう。しかも一人で生きていこうと決心した矢先に、妊娠が発覚!ユジンには知らせずに一人で産もうとするミンスだったが、ユジンに妊娠の事実を知られ…。
★ひと言
 離婚率1位の韓国。一日平均398組も離婚してるらしい。
そのことを踏まえた上でドラマを観ると感慨深いものがあるかも。
 

結婚してください

2011/11/14 (月)  カテゴリー/韓国ドラマか行 結婚してください

結婚してください 
★KBS 2010.6.19~12.26(全56話)
★演出 パク・マニョン「ぶどう畑のあの男」
★脚本 チョン・ユギョン「インスンはきれいだ」
★主要キャスト
キム・ジヨン…ナム・ジョンイム
イ・ジョンヒョク…キム・テホ
オ・ユナ…キム・ヨノ
ハン・サンジン…ハン・ギョンフン
★作品情報
 それぞれ違う人生を生きている今の時代の代表的な4組のカップルの結婚話を通じて、 家族の価値を再度考えてみる愉快なホームドラマ。「強敵たち」のイ・ジョンヒョク、「オールドミスダイアリー」のキム・ジヨン、「勉強の神」のオ・ユナ、「ソル薬局の息子たち」のハン・サンジンらが新たな魅力を見せてくれる。平均視聴率23.73%、最高視聴率34.8%を記録した。
★あらすじ
 ジョンテ(ペク・イルソブ)の63歳の誕生日。家族、皆が集まって夕食を一緒に食べることになり、嫁のジョンイムが早くに店を閉めた。だが、息子と娘たちは夕食時間を過ぎても来ない。その時、夫テホは、職場の後輩ソヨンと一緒にいた。妻ジョンイムにうんざりしているテホにとって、ソヨンと過ごす時間は唯一の楽しみであり安らぎであった。だが、その事実をジョンイムが知ってしまう。ショックを受けたジョンイムは友人と共にアイドル歌手のコンサートに行ったところ、ファンたちのトラブルに巻き込まれる。彼女は「30代熱狂ファンの騒動」という記事の主人公になってしまい、事件は瞬時に広まる。事件のことを知ったテホは、ジョンイムとの離婚を決意するのだか・・・。
★ひと言
 視聴率良かったので観ようと思ってはいるけど、なかなか手が出ません。



愛を信じます

2011/11/13 (日)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 愛を信じます

愛を信じます 
★KBS 2011.1.1~7.31(62話)
★演出 イ・ジェサン「ソル薬局の息子たち」
★ 脚本 チョ・ジョンソン「ソル薬局の息子たち」
★ 主要キャスト
イ・ジェリョン…キム・ドンフン(ヨンホの長男)
パク・チュミ…ソ・ヘジン
イ・サンウ…ハン・スンウ
イ・ピルモ…キム・ウジン
ファン・ウスレ…チェ・ユニ
★作品情報
 ヒット作でもある「ソル薬局の息子たち」の人気演出家と脚本家が再度コンビを組んだ話題のホームドラマ。心優しい教頭先生一家が迂余曲折を経て幸せな家庭を作っていく。
 「愛の群像」のイ・ジェリョンと、9年ぶりのドラマ復帰を果たす「女人天下」のパク・チュミもそれぞれの思いが揺れる夫婦役を熱演。「迷わないで」などで人気急上昇中のイ・サンウが、愛を求める男性をクールに演じるほか、端正な容姿に似つかわしくないコミカルな演技で定評があるイ・ピルモや、ベテラン演技派キム・ヨンホ、クォン・ヘヒョらの絶妙な演技が愛のドラマを盛り上げる。
 高視聴率により12話延長された。最高視聴率30%、平均視聴率22.79%
★あらすじ
 ヨンホは、朝から妻ミギョンの誕生日プレゼントを買おうと忙しい。長男ドンフンは、パリへ留学に行った妻ヘジンが誕生祝いの電話もくれないことに不安を感じ、長女ヨンヒは、1人で息子3人を連れて夫ギチャンの実家に行かなければならず不満たらたら。ある日スンウは、さらに美しくなったヘジンに再会し、彼女を追いかけるが彼女は風のように去ってしまう。

あなた、笑って

2011/11/05 (土)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 あなた、笑って

あなた、笑って 
★SBS 2009.9.26~2010.3.7(45話)
★演出 イ・テゴン「ラストスキャンダル」
★脚本 ムン・ヒジョン「ラストスキャンダル」
★主要キャスト
イ・ミンジョン…ソ・ジョンイン
チョン・ギョンホ…カン・ヒョンス
チェ・ブラム…カン・マンボク(ヒョンスの祖父)
カン・ソグ…ソ・ジョンギル(ジョンインの父)
★作品情報
 「ラスト・スキャンダル」の演出家&脚本家が再タッグ。ひとつ屋根の下で質素な男とツンデレお嬢様がこっそり愛を育てる、
愛と笑いの痛快ホーム・ラブコメディ。
若手人気俳優チョン・ギョンホと「花より男子~Boys Over Flowers」で一躍有名になったイ・ミンジョンがピュアカップルを熱演。平均視聴率15.88%
★あらすじ
 財閥一家が突然没落した後、何十年も一家に仕えてきた運転手の家に家族皆が居候することになる。質素倹約がモットーのカン家のもとに、突然居候することになったお金持ちのソ家の面々。 育ちも性格もまったく違う両家の共生の道は果たしてあるのか…
★感想
 優秀なのに間が抜けてるヒョンスのキャラが今一つしっくりこなかったからか、いい話だと思うのになぜか退屈に感じました。イ・ミンジョンも好きになれず、この二人のバカップルぶりも冷めた目で見てしまったかな。(素直に見れない自分が悲しい…)でも、脇の熟年俳優さんたちの演技は、個性的で味があり、その存在感に感心してしまいました。30話予定が延長されたので世間の受けは良かったようです。


 

赤と黒

2011/11/02 (水)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 赤と黒

赤と黒 
★原題「悪い男」
★SBS 2010.5.26~8.5(16話)
★演出 イ・ヒョンミン「ごめん、愛してる」
★脚本 キム・ジェウン「アイリス」
★主要キャスト
 キム・ナムギル…シム・ゴヌク
 ハン・ガイン…ムン・ジェイン
 オ・ヨンス…ホン・テラ
 キム・ジェウク…ホン・テソン
 チョン・ソミン…ホン・モネ
★作品情報
 「ごめん、愛してる」のイ・ヒョンミン監督が、男の熱い野望と冷たい復讐を切なく激しく描いた、愛と復讐が渦巻く日韓共同制作のラブサスペンスドラマ。岐阜県、名古屋市、三重県で日本ロケが行われ、豊原功補らが出演。2011年9月にNHK BSプレミアムで放送された。
 主演は『善徳女王』のビダム役で人気の俳優キム・ナムギルと3年ぶりの復帰となる女優ハン・ガイン。イケメン俳優キム・ジェウクら共演陣にも注目が集まった。キム・ナムギルはドラマ収録後入隊。キム・ジェウクも2011年7月に入隊した。
 韓国では同時間帯放送の「製パン王キム・タック」に押され視聴率が伸びず、20話予定を17話にカットされた。平均視聴率は10.04%
 2011年3月に第1回「アジア・レインボー・TVアワード」の最優秀監督賞を受賞。
★あらすじ
 幼いころ親と引き離され、財閥に引き取られたゴヌクは、DNA鑑定で別人と判明するとゴミのように捨てられる。復しゅうを誓ったゴヌクは、やがてスタントマンになり財閥令嬢と御曹司たちに刃を向け始める。
★感想
 野望をギラギラとたぎらせ男らしさを見せたかと思うと、孤独で寂しげな瞳を向ける。あまり好きではなかったキム・ナムギルの強烈なカリスマ性に魅了されそうでした。
 ストーリー展開も、日本ロケとかあって退屈することなくあっという間でした。日韓共同というなら豊原功補さんにはもっと絡んで欲しかったかな。キム・ジェウクは日本語の発音が完璧でした。下呂温泉の水明館は昔行ったことがあるけど、ロケ地で賑わってるみたいだからまた訪れてみたいです。名古屋も懐かしかったわ。
 ラストはどうなんでしょ。モネは留学中に抜け出してきたから事情を知らないままってことよね?
それにしても、弾がテソンに当たったのが分かっててよく平静でいられるなぁ。可愛い顔して女は怖い怖い。
あんな結末になるとは想像もしてなかったら、ホント鳥肌が立ちました。
 それから、主題歌「好きだから」って日本放送用みたいだけど、歌詞が頭の中でぐるぐる回って
心に残るいい歌でした。ラムジっててっきりK-POPだと思い込んでたけど日本人のユニットなのね。初知りでした。
 12月販売予定のDVDはノーカット完全版とのこと。NHKでも放送をしてくれることを望みます。



  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。