スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不良カップル 第16話(最終話)

2009/04/21 (火)  カテゴリー/韓国ドラマは行 不良カップル

第16話 やさしさに包まれて・・・
2人で出かけた海辺で気を失ったタンジャは、病院に運び込まれる。一命をとり止めはしたものの、まだまだ病状は予断を許さない状況に。キチャンは子供よりもタンジャを優先して手術するよう説得するが、タンジャは説得を受け入れない。そこにキチャンから病気のことを知らされたキチャンの父母が見舞いに訪れ、チェ家の嫁として暖かい言葉を掛けられる。父母は手術を勧めるが、タンジャは生まれてくる子どもと一緒に生きると答える。病床のタンジャにキチャンは彼女の行方不明の父親を会わせようと探すがすでに他界していた。墓を訪れたキチャンは彼女の病気を治して欲しいと亡き義父に頼む。タンジャの退院後、キチャンはドルスンやヨングとともにタンジャに内緒で結婚式の準備を進める。一方、ユンソクはヨンとの離婚を認めるが、その条件として息子チャンの養育権を要求する。ジュンスはヨンの元を離れるので子どもを取り上げないでと説得する。ヨンとユンソクは離婚し、ジュンスはアメリカに旅立っていく。光疫療法を学んだセヨンが研修から戻ってきて、タンジャは手術室に向かう。それから6年後、ユングは念願の写真展を開いていた。ヨンはチャンとユンソクとの面会の日を楽しく過ごしている。植物園で一人たたずむキチャンの元へ娘が駆けてくる。後からタンジャが姿を現し、息子まで授かって幸せに過ごす姿があった。
最終話は涙なしでは観られませんでした。
キチャン父が「我が子同然なんだから」と言ってくれてタンジャも感激。
「あなたが生きてなきゃ」というキチャン母に、タンジャは「この子がいなかったら生きてられない」と。
キチャンはタンジャのために尽くします。
夜中に出前を取ったり、屋上にベッドを用意したり、父親を探したり、
サプライズで結婚式まで。

子どもだけ残して逝ってしまうかと思ってましたが、
アメリカで研修を受けてきたセヨンが戻ってきて
光学療法をタンジャにするって張り切ってました。子宮も温存できるそうです。
何だか一筋の光が射してきたわ~。

ヨンのほうは、ユンソクがチャンを渡さないと言ったためにジュンスが身を引くことに。
ヨンもジュンスと再婚するつもりはないとのことでした。
ユンソクは離婚に同意し、ジュンスは事業拡大のため渡米しちゃった。

結婚式を無事終えたある日。
キチャンが朝食をもって行くとタンジャが倒れてて、そのまま手術することに。
「赤ちゃんは無事ですよ」と告げるユンソク。「タンジャは?」と聞くキチャンに返事をしません。

―そしていきなり6年後??
ドルスンは夫が写真展を開き、ヨンはユンソクとの面会日らしく、チャンと向かう車の中でジュンスから連絡が。
誰?と聞くチャンに「彼氏よ」と答えたヨンだけど、ユンソクとも楽しく過ごし、どうにかなるって感じでもなさそう。

そして、キチャンは植物園で空を見上げていました。(まさか…)
そこへ、娘が駆け寄る。(え~?? タンジャは?? )
私の心配をよそに、タンジャが微笑んでやって来て、後ろからハイハイする息子まで!!
良かったわ~。無事だったのね~。
夫に娘に息子。家族に包まれてとっても幸せなエンディングでした。

始めは思いっきりコメディで笑ったけど、後半は思いがけない展開で泣かされたこのドラマ。
種を盗んだことを深く考えなかったら良い話だったと思います。
最近、観るものがあり過ぎて気力のない私が、久しぶりに続けて観る気が起こったドラマでした。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。