スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青春の罠 第9話

2009/06/02 (火)  カテゴリー/韓国ドラマさ行 青春の罠

第9話「ヘリムの死」
病院に急ぐユニ。ヘリムが滑り台から落ちて意識がなくCT室へ運ばれたとジスクから説明を受けるが、ヘリムはそのまま帰らぬ人となってしまう。ヘリムを抱いて家に戻ったユニは、ドンウに知らせて欲しいとジスクに頼む。ドンウはヘリム危篤のメモを見るが確認せず家に帰ってしまう。ドンウを待っていたユニだが来る気がないと悟りヘリムを火葬する。翌日、会社の近くにドンウを呼び出したユニは、ヘリムの死を告げ、ドンウへの復讐を誓う。
うそっ!! 本当にヘリムが死んじゃった。
ちらっとは考えたけど、いきなりの展開にびっくり。

ヘリムを抱いて家に戻ったユニたち。
叔母さんは祖母にヘリムが死んだことを伝えジスクと大声で泣きます。
ヘリムを部屋に寝かせ居間に戻ったユニは、「泣き声が耳障りだから静かにして!!」…と。
ジスクがトイレに行ってる間に他の子に押されて滑り台から落ちたということで
口には出さないけど憤りを感じてるよう。家族に辛く当ってしまう気持ち分かる気がします。
ヘリムの父親だからと、ドンウに連絡をするのだけど、席を外していて携帯も番号を変えちゃってるのよ。

その頃、ドンウはヨンジュとランチ。
女の存在で怒ってたヨンジュだけど、「忘れてあげる。」と結局はドンウを許しました。
それを受けてドンウは「いいだろう。」と高飛車な態度。その自信はどこから来るの?
その上「お前にも情が移った。」だって。
この言葉にヨンジュが敏感に反応。
にもって、失言だわ。もっと気をつけて。私は今、猛烈に嫉妬してるのよ。」と。
普通、こんなに思われたら幸せなんだけどなぁ。

ユニはヘリムを抱っこしながら、寝かしつけてるように体を揺らし続けてます。
突然すぎて涙も出ないみたい。放心状態です。
ユニが早退したと聞いて、心配したスヨンも駆けつけました。

ヘリム危篤の伝言を見て、すぐ秘書室に電話したドンウ。
早退したと聞いてちょっと悩むけど、自分を呼び出す嘘と思ったのかそれから連絡しないのよ。
ドンウは煩わしいことばかりでイライラ。
家でもドンスクが暗い顔をしてて、「何が不満なんだ。」と怒り出しました。
ドンスクは、「ユニやヘリムが忘れられなくて気持ちの整理ができない。
ここにいても楽しくない。」と打ち明けます。
それを聞いて、「俺に失望したのか?」と問うドンウ。
ドンスクは、「失望なんてとっくに通り過ぎた。お兄ちゃんが怖いわ。男の人なんか信じられない…。」と。妹からの非難の言葉。ドンウの胸に突き刺さったよね。

ユニは10時間もヘリムを抱っこしてたって。
ドンウに来るつもりがないと判断してヘリムを着替えさせることに。
服を着せながら、「オンマが悪かった。」と堰を切ったように泣き出しました。
ヘリムが死んでから始めての涙でした。
そして、「神様なんて信じない。」とつぶやくユニの中に変化が。

その頃ドンウは、バスケをしてヨンジュと食事やお酒楽しみ、
代行運転の車の中で熱いキスをしてました。
ユニは食事も喉を通らず苦しんでるのに…。

ヘリムの散骨を済ませた翌日。会社の近くの喫茶店にドンウを呼び出したユニ。
何故来なかったのかと責め、父親だったら飛んでくるべきだったと話し出します。
「ヘリムは天国に行ったわ。私も変ったの。覚悟することね。
自分だけいい思いをしようなんて思わないで。あなたを壊してやる。
どうしたらあなたをこらしめれるか考えておくわ。」とドンウを脅すユニ。怖いよ~。
物静かな彼女が言うと怖さがさらに倍増です。

家に帰ったユニ。会社には姪が亡くなったと伝え、弔問は遠慮してもらったと叔母から聞きました。
部屋に入ると写真立ての写真を取り出し、ドンウの部分だけはさみで切り取って戻してました。
違う写真を飾ればいいのに、あえてこうすることでユニの決意が伺えます。
「運命だったのよ。」とジスクを責めるどころか、
「心配ばかりさせる悪い孫だわ。」と祖母に謝るユニ。なんて優しい子なんでしょう。
祖母と2人で抱き合って泣くシーンに思わずもらい泣き。
両親の代わりに、祖母や叔母に愛されて育ったのね。ユニは。

ヘリムの死を知らされたドンウ。ヘリムと動物園に行ったことや、除隊後初めて赤ん坊のヘリムに会った時のことを思い出し、仕事中に頭を抱え込みました。ヘリムに対する愛情はあったのね??

ドンウに対する復讐心が芽生えたユニ。どうするのかな??
シム・ウナの演技が演技と思えないほど上手で見入ってしまいます。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。