スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エデンの東 第6話

2009/07/01 (水)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 エデンの東

第6話「鳥篭への思い」
時は過ぎ、1980年代。
ドンチョルは、昼間はさまざまな肉体労働、夜は私設賭博場のディーラーをしながら、新しい仲間たちと共に暮らしていた。一方、ドンウクは練炭配達をしながら、建設現場で働くチュニらと共に何とか生計を立てていた。そして、ドンウクは苦学の末、念願のソウル大学法学部に首席で合格する。この知らせを遠く離れたマカオで知ったドンチョルは、約束を果たした弟を想い、号泣するのだった。テファンは仁川港湾建設を竣工させ、さらにマカオ港湾建設、カジノ経営権まで手に入れようと動き始める。また、ワン・ゴンは、ドンチョルとチェンが自分たちを裏切り、金塊を持ち去ったと思い込んでいた。そんなドンチョルに復讐するため、テファンの元で働くようになる。ドンチョルは、ひょんなことから、船上カジノのオーナーであり大富豪のマイクと出会う。ある日、私設賭博場でマイクを襲おうと計画していたベトナム人たちが船上レストランに入っていくのを見かける。不穏な空気を感じたドンチョルは、ガスボンベを担ぎ命がけでマイクを助け出そうとする。
成長した子どもたち。
ドンチョル ドンウク ミョンフン
    ドンチョル                 ドンウク              ミョンフン
ドンチョルはマカオで、運送業やゴミ拾い、いろんな肉体労働をしてます。
鍛えられた体を惜しみなく披露してドキドキしちゃうわ~。
弟のドンウクも真っ黒に日焼けして、しなくてもいいボランティアをしては母に怒られています。
パク・ヘジンがミョンフン役で登場したので驚きました。出演してたのね~。
素直な坊ちゃんだったのに、性格が歪んだみたい。
ドンウクに対して劣等感を持ってるようよ。

厳しい環境の中、ドンウクはソウル大法学部に主席で合格。
記者がたくさん家に駆けつけて家族は始めてそのことを知ります。
母にとっては感無量でしょうね。立派な息子だよ、ホント。
その報道を朝食時に見るテファン一家。
「父の死は事故ではない」とインタビューに答えるドンウクを見て思わずスイッチを消したテファン。
会長はテファンがした悪事を知らないのよね~。
バレたら婿でも容赦しないって感じの人です。
早く真実が明るみになって欲しいわ。

ドンチョルもまた異国の地でドンウクの合格を知りました。
涙があふれるドンチョル。海に行き祖国へ向かって、空くらい愛してるのポーズを。
いろんなことを思い出し、祖国への思慕が募ります。

テファンはマカオに進出しようと社運をかけたプロジェクトを計画。
クク会長も入札するみたいで、それに向けてまたいろいろと小細工を。
ワン・ゴンはテファンの手下になっちゃったのね?
ドンチョルを誤解してるよう。
そういえば一緒にマカオに渡ったチェンの姿が見えません。

ドンチョルはマイクという韓国系の青年と出会い、彼を助けることに。
マイクはテファンが狙ってるカジノの息子??
一緒にいた女性がオ会長の娘??ドンチョルを気に入ってそうよ。
う~ん、またまた複雑な人間関係になりそうだわ。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。