スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノートに眠った願い事

2009/06/23 (火)  カテゴリー/韓国映画

ノートに眠った願い事公開日 2006.10.26
監督 キム・デスン
脚本 チャン・ミンソク
時間 108分
主要キャスト
ハートBユ・ジテ…チェ・ヒョヌ
ハートPキム・ジス…ソ・ミンジュ
ハートPオム・ジウォン…ユン・セジン
視聴日 2009.6.19
評価
   8
作品紹介
 10年前に亡くした最愛の女性から、新婚旅行の計画がつづられたノートを受け取った男の心の旅を描く感動ドラマ。1995年に韓国で実際に起きたデパートの崩壊事件をモチーフに、『バンジージャンプする』の奇才キム・デスン監督が切なく美しいラブストーリーに仕上げた。ノートを手に旅に出る主人公を、『美しき野獣』の演技派ユ・ジテが好演。主人公が貫き通すいちずな愛と、絶望から希望への道のりをつづる再生のテーマが胸を打つ。韓国の麗しき風景が物語りに沿って次々と映し出され、観る者の心をも潤おしてくれる。
あらすじ
 突然、デパートで起きた崩落事故で最愛のフィアンセ・ミンジュを亡くして以来、生きる希望を失ってしまったヒョヌ。10年後、ヒョヌはその事故現場から奇跡的に発見されたミンジュのノートを手に入れることに。ノートに綴られているもの、それは2人の新婚旅行の計画だった…。彼女が遺したその計画の道筋をたどる一人旅を始めたヒョヌは、しだいに美しい紅葉の風景と、ノートに綴られた愛しいミンジュの言葉に癒されていく。そしてその道中、彼は自分と同じように一人旅をする、ミンジュと瓜二つの女性、セジンと出会う。
感想
「雪だるま」も三富百貨店崩壊事故を扱ったドラマでしたね。
事故を再現したシーンは、生々しく、涙なしでは観ることができませんでした。

主人公の2人は物静かで落ち着いたタイプ。芸能人らしくないところが良かったな。
弁護士志望のヒョヌが、事故後検事になったというエピソードは良かったんだけど、
ジテの持つキャラが冷徹な検事を演じ切れてないところが残念な感じでした。

ミンジュが新婚旅行に選んだ場所は、賑やかな観光地ではなく、美しい景勝地で、
一度は行ってみたいと思えるような場所でした。
この景色にヒョヌの心も癒されていったのだなと納得します。
行く先々で現れる女性も派手な印象ではなく、ぴったりの配役だと思いました。
ネタバレしてしまうのでこの辺で止めますが、この後の展開は、なるほどそうだったのかと
感心するのと同時に、ミンジュってなんていい人だったのと胸が詰まる思いで一杯になります。
ラストも、あぁ、これで悲しみを乗り越えていけるかなといった終わり方で、
ミンジュの思いも報われたのではと、納得のいくラストでした。

忘れてはならないデパート崩壊事故と韓国の秋のすばらしい景色。
多くの人に観てもらいたい映画です。 

スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。