スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたを忘れない

2009/06/25 (木)  カテゴリー/邦画

あなたを忘れない公開日 2007.1.27
監督 花堂純次
時間 130分
主要キャスト
イ・テソン…イ・スヒョン
マーキー…星野ユリ
竹中直人…平田一真 
金子貴俊…風間龍次
視聴日 2009.6.23
評価
   8
作品紹介
 2001年、JR新大久保駅で、線路に落ちた日本人を助けようとして、26歳でこの世を去ったイ・スヒョンさんの人生を実話に基づき描いた物語。痛ましい事故から5年が経ち、ご両親に承諾をもらって韓日両国が共に共感し分かち合うという趣旨で制作が実現された。また、戦後60年以上経った今でも続く日韓の問題や、国際人としての日本人の質を押し付けることなく訴えている。HIGH and MIGHTY COLOR ボーカリスト、マーキーがスヒョンの恋人役で出演している他、たくさんの新人アーティストが楽曲を披露しているのも見どころのひとつ。スヒョンと同じ世代のミュージシャンたちが作品を盛り上げる。スヒョンを演じるのは、新人イ・テソン。監督は、『不良少年(ヤンキー)の夢』など、実話に基づいた作品を得意としている花堂純次。自らの命をかけて正義を貫いた一人の青年が、人々に与えた感動と涙をこの映画によって再現する。
あらすじ
 韓国での兵役を終えて大学に戻ったスヒョンはスポーツを愛し、バンドのリーダーとしても仲間や後輩に慕われる活発な青年だった。スヒョンは祖父の時代から続く日本との不思議な縁を知り、自分の可能性に挑戦しようと日本への留学を決意する。日本にやって来たスヒョンは、さまざまな人々との出会い、そして恋を通して韓国と日本を隔てる心の壁に直面し、自らが日韓の架け橋になろうと強く誓うのだった。そんな中、雪の舞う新大久保駅で運命の日がスヒョンの夢を阻む。
感想
結末を知っていたのでなかなか観ることができませんでした。
イ・スヒョン役のイ・テソン君が、爽やかほのぼの青年で好感度大。
マーキーも大きな瞳と心を揺さぶる歌声が魅力的。
他の俳優もそれぞれの個性を出し切ってて、
映画自体は素直に感動できるものでした。
でも、全部が実話じゃなく、ほとんどフィクションだったよう。
マーキーとの絡みは全て脚色と知り、正直がっかりです。
実際は同じ学校の韓国人と同棲してたとか(!!)。
目を背けたくなったタクシーとの接触事故も、客が降りてきて彼を助けたそうです。
富士山の登山に自転車旅行。う~ん、どこまでが実話なのでしょう??
母親が出版した原作を読んだら分かるのかなぁ。
それから、日本の文化庁がこの映画に3000万の制作費用を提供したとか。
この事件を美談化した背景には、監督の純粋な想いとは別に何かあったのでしょうか。
何だか不純なものを感じて仕方ありません。
まぁ、政府の思惑がどうであれ、この映画が日韓の架け橋となり、お互いの生活様式や文化を少しでも理解できたならと思います。
最後に、イ・スヒョンさんと遺族が拒んだため映画には登場しなかった関根さんの勇気ある行動を称え、ご冥福を祈ります。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。