スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おまえを逮捕する

2009/08/10 (月)  カテゴリー/韓国映画

おまえを逮捕する公開日 2005.9.29
監督ソン・フィチャン
原題 強力3班
時間 113分
主要キャスト
ハートBキム・ミンジュン…キム・ホンジュ
ハートBホ・ジュノ…ムン・ボンス
ハートPナム・サンミ…イ・ヘリョン
視聴日 2009.8.6
評価
   8
作品紹介
 テレビドラマ「チェオクの剣」で人気急上昇したキム・ミンジュンの映画主演デビュー作。キム・ミンジョンは、強靭でスタイリッシュな魅力に溢れる主人公を熱演、持ち前の演技力と運動神経の高さを活かしたハードアクションを披露する。彼を導く相棒のベテラン刑事には、韓国映画界を代表する演技派俳優ホ・ジュノが扮する。
あらすじ
 新米刑事ホンジュは、すれ違って3秒で相手が犯罪者かどうか見分けられる特殊能力を持っている。だから長年の夢だった刑事に転職した。ホンジュが所属する捜査3課の先輩たちも、みんな熱い使命感を持って日夜捜査に励んでいる。だがなぜか、それが結果につながらない。課の捜査費は削られる一方で、ユク班長はやりくりに苦労している。この道15年のベテラン、ムン刑事は自分が逮捕した犯罪者たちからの報復に怯え、日々悪化する職業病の健忘症に悩まされていた。ホンジュも毎日忙しすぎてデートするヒマさえなく、恋人のテヒも最初は応援してくれていたはずなのに最近では冷たい。
 またも転職を企てていたある日、ホンジュは麻薬犯罪の匂いを嗅ぎつけた。下っ端の密売人“ガス缶”を捕えてそこからたどっていったところ、実業家の仮面を被ったソ・テドゥをリーダーとする国際的麻薬組織に行き着く。
汚名返上・名誉挽回・捜査費増額のチャンスとばかりに張り切る3課一同。本部に応援を頼んだところ、やって来たのは元気ばかりが空回りしている交通課の女性警官ヘリョンただ1人だったが、彼女も含めた一同は麻薬組織撲滅大作戦に乗り出す。だが、敵は彼等が思っている以上に巨大で性悪で残虐だった。
感想
 優れた観察力を持っていて刑事が天職のように思えるのに、その能力のために休む暇がなくなり、恋人との時間もとれず転職を考えてるという設定がユニークで興味を持ちました。捜査3課のメンバーもかなり個性的なんだけど、うそ臭くなくてそれぞれ人間味が出ていて面白かったです。(ホ・ジュノの健忘症には「ないわ~」と閉口しましたが)紅一点のナム・サンミも正義感が強くて無鉄砲な新米警官役がハマリ役で可愛かったです。
 知らなかったのですが、韓国の警察って点数制で各部署の評価がされるそうです。点数の高い麻薬組織を検挙したらしばらくはらくできるっていうことで、みんな必死になってたわけです。正義感とかじゃなくて自分たちの生活のためっていうところが現実味があるな~と思いました。
 そんな調子ではじめはコメディっぽくどこか間の抜けた刑事や犯人たちに親しみが湧き、面白おかしく観ていたのですが、いつの間にか真剣シリアスモードになって画面に釘付けになっていきました。
 いい感じで逃走劇が始まったのに、ラストはちょっとがっかり。あの場面で1対1の決闘を申し込むってありえない…って感じで盛り上がってた気持ちがちょっと冷めてしまいました。俳優二人の見せ場をわざわざ作ったってところですかね。まぁ、スタントを一切使わなかったということなので良しとしますが。
 事件解決後、最後の締めは、ありがちパターンの明るい落ちでジ・エンド。終わってみれば気分爽快で結構見ごたえのあった映画なのではと思いました。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。