スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風の絵師 第8話

2009/10/14 (水)  カテゴリー/韓国ドラマか行 風の絵師

第8話 御真画師 (起)
突然、役人から雑役を命じられた図画署の絵師たち。それが大臣らの差し金だと知った正祖は、君主としての威厳を彼らに知らしめるため、絵師たちの図画署への復帰命が下され、王の肖像画を描く“御真画師”を行うことに。さらにホンドを呼び出し、敵を追い払うような御真を描いてくれと頼む。そんな中ユンボクは、御真画師の競合へ参加するためホンドに肖像画を教えてほしいと懇願する。ユンボクは画事の後行われる論功行賞で、ヨンボクの図画署への復帰を望もうとしていたのだ。一方、ヨンボクは顔料によって御眞の印象が変わるという話を聞き、ホシムに最高の顔料の作り方を教えて欲しいと懇願する。ホシムは怒鳴ってホオクにヨンボクを追い出せと言うが、その時肉を溶かす液体が入っている顔料の壺が落ちてきて、ホオクを庇ったヨンボクが怪我をしてしまう。 また、ホンドと正祖の親密な関係を恐れる大妃は、ホンドが競合に参加できないよう企む。
 
捕まった訳ではなかったのね。
洗い物や畑仕事、洗濯を命じられた図画署。
ビョクスらまでが畑仕事させられたのね~(笑)。
一番きつい業務である洗濯を命じられたホンドとユンボク。
大臣たちは筆を持つ気力もないはずとほくそ笑んでるのですが、
なんのなんの、この二人、女たちが洗濯してるのを覗き見て絵の構想を練ってるのです。
自分の意見が正しいと譲らない二人は絵で勝負を。
 風の絵師8-3 風の絵師8-2 
  ホンド                  ユンボク 
心の中では相手の実力を認め感心するのですが、
「まあまあだ。」「遊び心があっていい。」と、お互いに軽く受け流すのよね。
意地っ張りでプライドの高い師匠と弟子です。
落款を持っていないユンボク。
絵に落款を押すということはその絵に責任を持つことなんだそうです。
でも号がなければ落款を作れないと、ホンドに号をつけて欲しいとねだりました。
「豆つぶ」がいいふざけるホンド。
二人がじゃれ合う姿は微笑ましいわ~。

王の命令で御真画が描かれることになり
その絵を描く絵師を決める競合が開かれることに。
論功行賞がもらえると知ったユンボクは、肖像画を教えて欲しいとホンドに頼み込みました。
まだ早いと渋るホンドでしたが、論功行賞で兄を復帰させたいと必死で頼むユンボクを見て
肖像画の描き方を教えることに。

その昔、英祖が思悼世子の御真を描かせたことを知った貞純王妃は、
このことを世孫が知ったら思悼世子を陥れた自分たちの身が危ないと
思悼世子の絵を描いた絵師をジョニョンに始末させたのね。
その御真画は行方不明なんだけど、
王が絵師のホンドと親密になると何か情報を得るかもと恐れてるのね。
ジョニョンの案でイ・ミョンギという清に行った絵師を呼び戻して競合に参加させることに。
風の絵師イ・ミョンギ
このイ・ミョンギ、自信満々の上、嫌味を言わせたら横に出るものがいないと
いうくらい性格の悪そうな男。
道でホンドと出会っても、貧相な絵師と小馬鹿にしてました。
腕は確かで、以前描いたホンドとの合作の肖像画では
ミョンギが顔の部分を担当したとのこと。大丈夫かな~。 
 
肖像画では三停五岳を見つけることが大事なんだそうです。勉強になるわ~。
風の絵師8-6 風の絵師8-7 
          五岳                        三停
町に出たり図画署の書簡庫で肖像画を見たりとホンドから多くを学ぶユンボク。
そんなユンボクのために兄のヨンボクは最高の顔料を作ってあげようとするのです。
涙ぐましい兄弟愛です。

皆がホンドは手ごわいと思ってるのに何故かミョンギは楽観視。
彼が言うには、ホンドには大きな弱点があるんだって!!
何だろう??もしかして眼鏡と関係がある??
次回は競合です。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。