スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

the EYE 2

2009/08/31 (月)  カテゴリー/アジア映画

the EYE2日本公開日 2006.4.8
制作 2004年香港
監督 オキサイド・パン&ダニー・パン
時間 95分
主要キャスト
ハートPスー・チー…ジョーイ
ハートBジェッダーボーン・ボンディー…サム
視聴日 2009.8.28
評価
   7
作品紹介
 2002年、『the EYE【アイ】』で世界中を震撼させたパン・ブラザーズが手がける第二弾は、世にも恐ろしいマタニティ・ホラー。不倫相手の子を妊娠した上に、霊にまで脅かされる女性の不運を描く。
 日本でも人気の高いスー・チーが死霊との戦いを繰り広げる妊婦を熱演。全編ノーメイクで挑んでいる
あらすじ
 ジョーイは不倫の末自殺未遂を起こし一命をとりとめるが、その後急に霊が見えるようになる。サムの子を身ごもっていた彼女は、彼からの支えも得られず、ひとり出産を決意する。不正出血で病院へと運ばれた彼女は、そこで死霊に襲われる妊婦の姿を目撃。自分のお腹の子も死霊に狙われていると知り、付きまとう霊の正体を突き止めようとする。
感想 
「the eye」が良かったので続けて観ました。
ノーメイクで挑んだスー・チーさん。綺麗なんだけど血の気がなくて不気味な雰囲気。
追い詰められたヒロインを見事に演じていました。
もともと人間には霊と交信する力があり、歳をとるごとに衰えていくとか。
死に瀕した時や身ごもった時はその力が回復するらしく、
両方同時に起こった彼女は、霊が見えるようになったよう。
そして、霊が妊娠中の女性に付きまとい赤ちゃんに乗り移ろうとしているのを目撃します。
そして自分の子にも…。
ここからはネタバレです。
自分の子を狙っていたのは彼の自殺した妻。
それが分かり、お腹の子を守ろうとヒロインは飛び降り自殺。
でも、死ねないのです。彼女は血だらけになりながらもまた屋上へ這い上がって飛び降り。
すご過ぎて逆にちょっと笑ってしまったよ~。
二度目の飛び降りで倒れている彼女に、「転生させて。ただ全てを忘れたいだけなの。」と霊が訴え、
それを受け入れることに。早くそう言ってあげたらいいのに~!!
そして無事に出産。悪霊にとり憑かれたと思っていた妊婦も、夫が転生したよう。
そういえば、お坊さんが霊は「善」であると言ってましたね。
霊は何かしらで関わりのある妊婦の元へ来て転生を待ってるってことで、
妊婦の体操教室には、転生を待つ霊だらけ…(笑)でthe end。
私自身、息子は祖父の生まれ変わりだと思っていたから、妙に納得してしまいました。
前作ほどの感動はなかったのですが、これはこれで面白かったです。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。