スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君は僕の運命 57~60話

2009/08/26 (水)  カテゴリー/韓国ドラマか行 君は僕の運命

第57話 「惨めなスビン」
 ホセは工場でセビョクを襲おうとした男から暴行罪で脅迫を受け、それを知ったセビョクは、いてもたってもいられずホセに会いに行く。だがそれがスビンの逆鱗に触れてしまう。セビョクが家に戻ると、ヨンスクは行方不明になっており…。

盛りだくさんでした。
テヨンの退院日。
親よりソヨンを選ぶとテヨンが話してるのを聞いてしまった母。
セビョクにこんな時は娘が傍にいて欲しいと電話。
セビョクが人と会ってからと話すとそのまま行方不明に。
セビョクのチングが立ち聞きして、ホセが脅されてることをセビョクに話し、
スビンは助けた女がセビョクじゃないかと疑い脅迫者に確認。
心配したセビョクがホセに連絡し二人で会ってるところにスビンがバッタリ。
激怒したスビンは婚約破棄すると。
スビンの母は夫からブローチを贈られ上機嫌だったのに、秘書と同じものと分かり激怒してます。
ヨンシルはナヨンの遺灰を撒いた海にいました。

第58話 「折れたヨンスク」
 セビョクと共に戻ったヨンスクは、テヨンにソヨンを連れてくるよう告げる。そして渋々ながらも2人の結婚を認めるのだった。ロハス社ではチーム同士で公募デザインの実用化を競うことになり、セビョクはあるアイデアが浮かぶが…。

家に帰ったヨンシルはテヨンに彼女を家に連れてきてといいました。
波間から、長男で家族の期待を背負ったテヨンが可哀想だというナヨンの声が聞こえたからだって。
テヨンは大喜び。夜中にソヨンの家に行き報告。みんなで喜び合いました。
一夜明けてスビンは自分の言動に後悔。
ホセに謝って婚約破棄を撤回。
余計な恥をかいたとセビョクを恨み、重要な仕事をセビョクに任せました。
失敗を味わうべきよとスビンが社員に話すのを聞いたセビョクは、
「できないと思って任せたの?」と闘志がメラメラ。俄然張り切ります。
キム家にあいさつにきたソヨン。
ヨンシルは、許したわけではない。
暮らしてみれば愛だけじゃダメだということが分かるはずと。
素直に許してあげたらいいのに、嫌味な言い方が残念でした。
プングムはセビョクとテプンの仲が怪しいと言い出し、
テジンとヨンシルはまさかと思いながらも、嫌ではなさそうです。
ナヨン先生の代わりはできないけど娘だと思って何でも話してくださいとヨンシルに話すセビョク。
不意にいい案が浮かび、スビンに報告したら、その案でを一人でプレゼンすることに。
スビンったら意地悪だわ。セビョク頑張れ~。

第59話 「お礼の贈り物」
 テヨンとソヨンの結婚の準備を始める両家では2人の新居をどうするか悩む。セビョクは公募の賞金で家族へのプレゼントを買いに行き、借金の精算としてホセへのプレゼントも購入する。それを見ていたテプンは自分のものと期待するが。
ホセ妹、勘が鋭いわ~。
ホセはナヨンが好きだったから、セビョクがナヨンの角膜をもらったことは秘密よと
スビンに打ち明けるホセ母。
スビンは面倒なことばかり持ち上がるとイライラ。
二人の結びつきを素直に認められないのね。
セビョクがホセにプレゼントしているところを目撃したスビンは、
セビョクに人の男にちょっかい出すなと激怒。
スビンの攻撃に堪忍袋の緒が切れたセビョクは、
「自信がないのね。住む世界が違っても好きだと言ったら?」と
とうとう本音をぶちまけてしまいました。
テヨンたちは家族同士の顔合わせをしたのですが、
新居やユニの問題で気まずい雰囲気に。
貯金も仕事も無いのに結婚しようだなんて、
テヨンの考えは甘すぎです。

第60話 「セビョクの宣戦布告」
 ホセが好きだというセビョクの宣言に怒り狂うスビン。それを偶然立ち聞きしたテプンも衝撃を受け、セビョクに告白は冗談だと嘘をつく。セビョクが作ったプレゼン資料を目にしたスビンはその出来に驚き、資料をデータごと捨ててしまう。
セビョクとスビンのやり取りを聞いてしまったテプン。
いい笑い者だとセビョクに告白したのは冗談と気持ちを伏せてしまいました。
セビョクの生意気さに怒り心頭のスビン。
セビョクのプレゼン資料がかなりいい出来なのを見て焦り、資料をゴミ箱へ捨てちゃいました!!
メモリーも捨ててたけど、社内のゴミ箱ではすぐ足がつくのでは??
母子手帳を見つけたユニは、父親のことが知りたいと言い始めました。
もしかして、実の父親がこの先出てきたりするのかなぁ??
テグが浮気していると勘違いしているヨンシル。
探偵を雇ってテグの出張先まで尾行を。
ホテルに秘書と入る姿を目撃して逆上し、
部屋に乗り込んで秘書の髪の毛を鷲掴み。
早とちりで後悔するっていうパターンに違いありません。


スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。