スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャン・ヒビン 第39話

2009/10/27 (火)  カテゴリー/韓国ドラマた行 張禧嬪(チャン・ヒビン)

第39話「待望の懐妊」
オクチョン懐妊の噂は瞬く間に宮中に広がった。粛宗は喜びに満ちた顔で就善堂に駆けつけ、「王子を産んだら王位を継がせる」とまで言いだす。オクチョンは別堂の落成式の名目で宴を開催したいと提案し、さらに実家の家族も招待してほしいと願い出る。これを聞いた西人派は大いに反発し、傍若無人に振る舞いだしたオクチョンに危機感を募らせる。そして別堂の落成式の日。文武百官、王族一同が会するなか、粛宗はオクチョンの懐妊を称える。そこへ ミン・ジヌが突然立ち上がり…。
御医の診察によりついに懐妊と診断されたオクチョン。
13年ぶりの慶事だと王は大喜び。
オクチョンに宴をせがまれ大臣たちに指示。
大臣たちもこれには反対できないのよ。
でもただ一人、王妃の兄は猛反発。
民が飢えて苦しんでるのに宴なんてといってるのですが、
それは建前で、歴然とした嫉妬ですよね~。

宴に乗り込み面と向かって王に非難の言葉を浴びせたミン。
慶事の最中に侮辱したと王はカンカン。
王妃は顔が真っ青。
オクチョンはほくそ笑んでるよ~。
宴は中止になり、ミンの取調べ。
黒幕がいるはずと拷問をするのですが、
「いるとしたら民だ」なんて言っちゃって、
さらに王の怒りを買い、焼き鏝を。むごい…。
大王大妃が王妃の兄を助けなくてはと向かったのですが、
途中で倒れてしまいました。
ミンの言うことはもっともなんだけど、王妃の立場も悪くなるし、
時と場所を選ばなくては、このご時勢、生き残ることは難しいよね。
チャン・ヒビン39 

スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。