スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャン・ヒビン 第40話

2009/10/31 (土)  カテゴリー/韓国ドラマた行 張禧嬪(チャン・ヒビン)

第40話「ヒジェの入宮」
大王大妃が倒れたという知らせを聞き、ミン・ジヌの尋問を中断して駆けつける粛宗。かろうじて意識を取り戻した大王大妃は、粛宗にミン・ジヌを許すように懇願するが、粛宗はこれを拒否する。粛宗の目的はジヌの背後にいる西人派を捕らえることにあったが、西人派はジヌの救出に動かなかった。結局、チョ・サソクの進言を受け、仕方なくジヌを釈放する。こうして西人派の動きを牽制した粛宗は、まず東平君を宮殿に呼んで自由な出入りを保障し、さらにチャン・ヒジェの入宮も発表する…。
王妃の兄を拷問したのは、王様の考えがあってのことだったそうな。
西人派がどう出てくるかを見たかったのと、
ミンの釈放と引き換えに、東平君とオクチョンの兄を入宮させようと計画していたんだって。
西人派のナムと南人派のサソクは、ミンの釈放を訴えたんだけど、
自分たちに火の粉がかかるのを嫌がって多くの西人派と王女はミン・ジヌを見捨てたのよね。
王は誰かが止めてくれるのを待ってたっていうのにさ。
オクチョンが釈放を要求したらまたお株が上がっちゃうと思っていたけど、
そんな気はさらさらなかったのね。ミンが釈放されてすごく怒ってました。
頭の回転が速く、後々のことまで計算できる王様なのに、
オクチョンの本心は見抜けないのよね。

それにオクチョン兄のヒジェ。
王様が気概のある若者と褒めてましたが、、
入宮したとたん威張り歩いて、女官をからかいまくって、まるで町のごろつき…。
こんな輩を入宮させたと知れ渡ったら王様の立場がないわ。
王様付きの内侍に注意されたのに、歯向かって刀を抜き、ひと騒動を起こしちゃった。
切れ者??とちょっと期待していたのに、こんなに頭が悪く品のない男だとは思わなかったよ。
ヒジェの入宮が仇となって、この先オクチョンの弱点となること間違いなしです。
チャン・ヒビン40話 


スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。