スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍の涙

2009/11/05 (木)  カテゴリー/韓国ドラマら行 龍の涙

龍の涙放送年月日 1996.11.24~1998.5.31
放送局 KBS1
全話数 159話
主要キャスト
ハートBキム・ムセン…太祖(テジョ)イ・ソンゲ
ハートBユ・ドングン…太宗(テジョン)イ・バンウォン
ハートPチェ・ミョンギル…太祖の妃
ハートBイ・ミヌ…太宗長男ヤンニョン大君
ハートBアン・ジェモ…太宗三男、後の世宗(セジョン)
 On Air
 11月6日(金)再放送スタート
  BS日テレ10:00~(月~金)
作品紹介
 韓流歴史大河ドラマの原点を築いたと言われる、全159話の歴史エンターテインメント超大作。
 歴史ドラマ一筋40年の大ベテラン監督、キム・ジェヒョン「女人天下」が、映画にも引けをとらない圧倒的スケールで描いた渾身の力作。脚本は「太祖王建」のイ・ファンギョン。
 出演者数7,950人、総製作費160億ウォン、エキストラ5万人というスケールの大きさにも注目。
 高麗の崩壊を経て朝鮮王朝建国のきっかけとなった歴史的事件から第4代国王・世宗までの時代を、権力争いや愛憎劇を織り交ぜながら壮大なスケールで描き、最高視聴率49.6%を記録した。
あらすじ
 王の命令に逆らい、イ・ソンゲ(後に朝鮮王朝建国の王「太祖(テジョ)」は威化島で兵を戻らせ、強力な軍の力を利用し実権を掌握。王の座に即位しようとするが、高麗の忠臣たちの反発も益々激しくなる一方だった。反対勢力の中心的人物で、当時学者として名の高いジョン・モンジュの説得に息子のイ・バンウォン(後に朝鮮3代目王「太宗(テジョン)」)が立ち上がり、朝鮮建国に一緒に参加することを勧めるが、ジョン・モンジュはそれをきっぱり断る。やがてジョン・モンジュはイ・バンウォンにより殺されてしまい、それから2ヵ月後である1392年7月17日、イ・ソンゲは王位に就き「朝鮮」が建国された。そして太祖(テジョ)イ・ソンゲの右腕として朝鮮建国に貢献したジョン・ドジョンとイ・バンウォンの対立が始まった。一方、イ・ソンゲは後継者を誰にするのかを考えあぐねていた。なぜならイ・ソンゲ(李成桂)には、二人の婦人とそこから生まれた8人の息子がいたのだった。
ひと言
 高視聴率と知って観たくなりました。
でも混乱しそうなのでヨン・ゲソムンを観終えてからにしようかな。
ハ・ジウォン(当時17歳)が出演してるらしいです。
 
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。