スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨン・ゲソムン 第35・36話

2009/12/11 (金)  カテゴリー/韓国ドラマや行 淵蓋蘇文(ヨンゲソムン)

第35話「親子の再会」
東突厥で莫離支ヨン・テジョは、隋のヤン・グァンと対面する。皇帝を前にして「高句麗は隋にひざまずくことはない」と毅然と対峙するテジョにヤン・グァンは感心するが、高句麗討伐への執念をあらたにする。ヤン・グァンの遠征に同行していたゲソムンは、期せずしてワン・ビンの幕舎でヨン・テジョと出会う。目の前のゲソムンが息子であると確信したテジョであったが、敢えて名乗らないまま東突厥の地を去るのだった。
とうとう親子が再開。
テジョは信標をくれた人物が両親に違いないとゲソムンに教えるのですが、
波乱万丈な人生を送って現在に至ったと知り、やはり天命を受けた子だと確信。
ひれ伏してあいさつをし、いずれは高句麗の大物になるとだけ言い残し、父と名乗らず去って行きました。

後でワン・ビンから、莫離支の姓もお前と同じヨンだと聞かされたゲソムン。
幼い頃の記憶がよみがえり、ヨン・テジョが父だと気づき、後を追いました。
ヨン・ゲソムン35話 
トルコはどうするかな?
ヨン・テジョの大国にも屈しない毅然とした態度を見て考えを改めたかな?
第36話「婚礼」
自らの寿命が長くはないと悟りながらも、高句麗のために倭国へ一人赴く莫離支ヨン・テジョ。二度と戻らない覚悟のテジョは、執事のチェムに「ゲソムンを頼む」と言い残して旅立つ。高句麗ヨンヤン王は隋との大戦に備え、テジョの代わりにウルチ将軍を莫離支に任命。隋のヤン・グァンも、高句麗討伐の前線で自ら指揮を執ることに。その頃、ワン・ビンの計らいにより、ゲソムンはイファの気持ちを受け入れ結婚を決意する。
追いかけたのにゲソムンはテジョには会えなかったのね。
テジョは息子に会えただけでも天に感謝してると言い残し日本へ。もう戻って来れないそうです。
ゲソムンの中では、いつかは高句麗に戻るという気持ちが芽生えたようです。

そして、ワン・ビンが取り持ちイファと結婚。
イ・ミルはゲソムンを弟にして傍にいて欲しいと。
イ・ミルとは生涯仲間でいられるのでしょうか??

グァンは高句麗と戦をする準備に4年かけたそうです。
準備万端で仕掛ける戦ですが、負けるんだよね?
テジョがいなくなった高句麗の戦いぶりが見物です。
ヨン・ゲソムン36話 
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。