スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レイトン教授と悪魔の箱

2010/03/04 (木)  カテゴリー/ゲーム

長女が友達から借りてきました。
2007年11月にレベルファイブから発売されたニンテンドーDSソフト、レイトン教授シリーズ第2弾です。
悪魔の箱 

前作同様ゲーム中に出題されるナゾ(パズル)を解きつつストーリーを進めていくアドベンチャーゲーム。
ストーリー中には138のナゾ、ある条件を満たすことで出現する『レイトンからの挑戦状』に15のナゾの計153ナゾに加え、
前作『レイトン教授と不思議な町』のパスワードを入力することで遊べるパズルも収録されているそうです。

あらすじ
レイトンの師・シュレーダー博士から届いた一通の手紙。それは開けたら必ず死ぬという伝説の秘宝、「悪魔の箱」に関するものだった。心配になったレイトンはルークを連れて師のもとを尋ねるが、部屋の中で倒れている彼を発見する。2人はナゾを解明すべく、モレントリー急行へと乗り込むが……。

娘は三日でやり終えたのこと。(何時間ゲームしたんじゃ!!)
「お母さんもやってもいいよ」と、友達から許可が下りたので私も挑戦し始めました。
最近めっきり思考能力が衰えたので、いつ終わることやら。



分からない問題は、ネットで答えを見て、さっさと終わらせることができました。
(娘には内緒です)
ハムスターをダイエットさせる小ゲームはあまり考えなくてもクリアでき、面白くなかったです。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。