スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソウル1945

2010/01/31 (日)  カテゴリー/韓国ドラマさ行 ソウル1945

ソルル1945放送年月日 2006.1.7~9.10
放送局 KBS
全話数 71話
リュ・スヨン…チェ・ウニョク  
ハン・ウンジョン…キム・ヘギョン/キム・ゲヒ  
ソ・ユジン…ムン・ソッキョン  
キム・ホジン…イ・ドンウ
On Air
 1月29日(金)23:00~
 衛星劇場
作品紹介
 植民地解放と朝鮮戦争勃発という激動の韓国近代史を背景に若い男女が苦しみながらも力強く進んでいく過程を描いた大河ドラマ。
 KBSの看板プロデューサー イム・チャンボムが演出、「ファッション70's」のチャン・ソンヒが脚本を手がけた。
 『ラストダンスは私と一緒に』のリュ・スヨンと『ワンダフルライフ』のハン・ウンジョンが『明朗少女成功記』以来、再び共演。ストーリーだけではなく、ドラマに登場するクラシックな衣装や風景も話題となった。平均視聴率13.5%
 リュ・スヨンはKBS大賞の最優秀演技賞、ハン・ウンジョンは優秀演技賞を受賞、ドラマは百想芸術大賞のドラマ部門作品賞に輝いた。
あらすじ
 舞台は朝鮮戦争勃発直前までの韓国。情報局担当のソクギョンは軍事境界38度線付近の検問所で、アメリカ軍顧問団のイ・ドンウ局長を訪ね、「天気も良くないしピクニックにいくのを止めるのはどうですか」という謎のメッセージを残す。ドンウはちょうど婚約者のヘギョンと郊外にピクニックに出ていたところだった。
手配中の南朝鮮労働党の中央委員ウンヒョクを婚約者であるヘギョンが脱北させようとしている事実をドンウに知らせるソクギョン。婚約者に裏切られても自分の命より彼女が大事かとドンウに迫るが、ウンヒョクを殺せば自分も生きてはいけないというヘギョンの涙にドンウは2人を見逃してしまう…。
ひと言
 韓国の近代史をラブロマンスを組み込み再構成。韓国が分断国家となった理由が分かるドラマだそうですが、
あまりにも辛すぎて視聴率は上がらなかったとか。
真面目で暗そうではありますが、これだけ賞賛されてたら見逃すわけにはいきませんね。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。