スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

走れ自転車

2010/02/19 (金)  カテゴリー/韓国映画

走れ自転車韓国封切 2008年8月7日
時間 88分
監督 イム・ソンウン
主要キャスト
ハン・ヒョジュ…イム・ハジョン
イ・ヨンフン…キム・スウク
視聴日 2010.2.14
評価
        6
作品紹介
 2006年映画評論家協会賞で同時に新人賞を獲得した「後悔なんてしない」のイ・ヨンフンとドラマ「春のワルツ」のハン・ヒョジュ主演によるラブストーリー。大学新入生と古本屋で働く青年の恋を爽やかなタッチで描いた心温まる作品。ハン・ヒョジュが主題歌を作詞し、自ら歌っていることでも話題を呼んだ。監督はこれがデビュー作となるイム・ソンウン。
あらすじ
ハジョンの一家は彼女の大学入学を機にキャンパスの近くに引っ越してくる。途中で道を尋ねた自転車青年スウクに好感を持ったハジョンは、彼に告白するための作戦を練る。
スウクが働いている古本屋に毎日通ったり、乗れない自転車の練習も始めたりなど、彼の気を引こうと努力する。
彼女のいるスウクは振り向いてくれなかったが、段々二人の距離は縮まっていき、無茶で純粋なハジョンに心を開き始める。しかし、二人は言えない傷を持っている。母の自殺、アルコール依存症の父、家出の兄という家族問題を抱かれているハジョンと、持病を持つ彼女に何もできない自分をせめるスウク。
傷だらけの二人は偶然という運命の仕掛けで出会い、決して幸せになるという約束もできない恋が始めるが...。
感想
地味で静かな映画でした。
こんな青春してるお話も、たまにはいいなと思っていましたが、
ラストのハン・ヒョジュの歌が余計でした。
あまりにもヘタ過ぎて…私の中では映画を台無しにしたように感じました。



物語の結末。
スウクの彼女が亡くなって、二人の恋の障害が無くなったように思えたのですが、
スウクはハジョンを受け入れることができませんでした。
ハジョンもこうなると心の底で感じていたんだろうなぁ。
だって、ハジョンの贈った眼鏡をしてくれなかったもんね。

そして何年後?
ハジョンは社会人。
連敗中の競走馬スノークイーンが優勝して、ハジョンは世界旅行へ。
奇跡が起こったからスウクと復活するのかと期待したけど、たぶん一人で旅行してるよう。
世界旅行の写真が小さすぎてよく分からなかったのよね。
どっちかな??と巻き戻ししようかと思ったら、
ハン・ヒョジュ作詞作曲の歌が流れてきて、
あまりの歌唱力のなさに絶句して、もうどっちでもいいやと消してしまいました。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。