スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超感覚カップル

2010/02/20 (土)  カテゴリー/韓国映画

超感覚カップル韓国封切 2008年11月27日
時間 85分
監督 キム・ヒョンジュ
主要キャスト
チン・グ…キム・スミン
パク・ボヨン…イ・ヒョンジン
視聴日 2010.2.2
評価
       7
作品紹介
 若き才能が光る、韓流の枠を越え映画ファンの若い世代をも魅了する新感覚ムービー。シュールな笑いと絶妙のセリフ回し、そして主演の2人によるセンスとテンポの良い掛け合いは、新世代の感覚ならでは。誘拐事件というシリアスな事件に接しながらも、コミカルなエッセンスがちりばめられたストーリー展開は、韓流という枠を越えた自由で新鮮な作品に仕上がっている。
 監督のキム・ヒョンジュは、実写とアニメ界などを通して様々な経験を積み、独特で斬新な影像が評価されている映画界の新鋭。本作では、キム・ヒョンジュならではのアニメーションを織り交ぜた新しい表現方法が、作品をよりポップでファンタスティックなものに仕上げている。こうした新しい感覚が韓国で高く評価され、本作は「2008年度 デジタルコンテンツ大賞」映像コンテンツ部門において大賞を受賞した。
あらすじ
人の心を読むという特殊な能力を持っている大学生のスミンは、人間の歪んだ内面を否応なく見てしまうため、人との関わりを避けて静かに暮らしてきた。そんなある日、彼の前にIQ180という謎の天才少女ヒョンジンが現れる。スミンの能力をなぜか見抜いたヒョンジンは、スミンの後をついてまわってちょっとしたイタズラを繰り返し、あげくの果てにはその能力を更に発展させようと次から次へと突拍子もない実験を提案する。スミンはいつものようにヒョンジンの心を読もうとするのだが、どうやっても彼女の心を読むことができない。その慣れない状況に戸惑いながらも、スミンは次第におてんばで人なつっこいヒョンジンのペースに巻き込まれ、心を開いていく。そんな奇妙なデートを重ねる中、スミンは偶然、数日前に起きた誘拐犯の頭の中をのぞいてしまう。好奇心旺盛なヒョンジンは、後をつけてみようと言う。
感想
 アニメーションとの融合を褒めていたけど、私にしてみれば、なんでここでアニメ??と、
ジェネレーションギャップを感じてしまった。ついていけないっス…。



制作費用を安くしようとアニメ入れたわけじゃないですよね?

なかなか面白いストーリーでした。
IQ180だからヒョジンの心が読めないのだと思っていたけど、
なんと彼女はそこには存在していなかったんですね。
一本取られたって感じです。
レストランだけでなく、今までのシーンをダイジェストで見せて欲しかったなぁ。

不思議ちゃんのパク・ボヨン。
どこかで観たような…と思ったら、
「走れサバ」のバイト娘でした。
キュートな天才少女役はハマリ役でした。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。