スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イ・サン 31話

2010/03/15 (月)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 イ・サン-正祖大王

第31話「父の教え」
爆発は事故だったという英祖の判断に、サンは憤りを覚える。やり場のない怒りと悲しみを抱えたサンはある夜、ひとりで宮中を抜け出し父の墓へ。罪に問わない代わりに中宮殿に幽閉されることになった中殿は、窮地を脱しようと老論派の会合に向かうが、ファワン翁主に冷たく追い返される。ファワンは、サンを失脚させたあと、養子であるチョン承旨を後釜につかせようと画策していた。英祖から国事を取りしきるよう言い渡されたサンは、チェ・ソクチュにある提案を持ちかける。 
失墜し抜け殻になったかと思いきや、相変わらず王妃は大胆不敵。
宮殿を抜け出して会合に来ちゃうんだもの~。
ファワンら老論派一同はびっくり。
でも、もう王妃に力はないと分かってるので、ファワンは王妃を邪魔者扱いし追い返してしまうのでした。
屈辱に何とか耐える王妃でしたが、この恨みはいつか晴らしてやるとばかりの表情。
いや~、女同士の戦いは怖いよ。

王様の判断に納得が行かないサンは、一人で父の墓へ。
父の「恨みで身を滅ぼすな」という教えを思い出すのですが、もやもやしたまま…。
王様のもう一度権限を与えるという話も断って、町の酒場で酔いつぶれます。
ソンヨンとテスが心配して駆けつけてくれて、サンは慰められるのでした。

嬪宮の励ましもあって、気持ちを切り替えたサン。
王命で事件の全容をまだ調べてると、老論派の大御所ソクチュを脅し、
才能ある者を朝廷に登用しようと改革を始めました。

それを知ったフギョムは清国の使節団に参加。
火の粉が降りかからないよう、とりあえず逃げようと。ずるいヤツだ。

ソンヨンが王の寵愛を受けた?との噂が広がり、
ソンヨンも否定しないから周りは大騒ぎ。
チスがソンヨンに「マ~マ~」とひれ伏したのが笑えました。
実際は寝室で絵を描いただけなのよ~。
ソンヨンも茶目っ気たっぷりでした。

そんな楽しい場面があったと思いきや、
嬪宮の尚宮が、サンの朝帰りでもうほっとけないとサン母にソンヨンのことを告げ口。
ソンヨンは恵嬪に呼び出されました。
どんな展開になるのでしょう…。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。