スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イ・サン 第35話

2010/04/12 (月)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 イ・サン-正祖大王

第35話「異変の幕開け」
清国から戻ったチョン・フギョムは、母ファワンからチェ・ソクチュがサン側に寝返ったと聞かされる。にわかには信じられないチョン・フギョムだが、余裕の表情のホン・グギョンからチェ・ソクチュを見習ったほうが身のためだと警告され動揺する。ファワン翁主は英祖の意向を探ろうとするが、英祖の怒りを買い追い返されてしまう。一方、中殿は英祖の病状を利用し、流刑になった兄キム・ギジュを呼び戻そうと画策。また、清に渡ったソンヨンのことが気がかりなサンは、テスを清に送りソンヨンの様子を見てこさせるが、清では突然の政変で国内が混乱し、ソンヨンは画員教育機関を追われて行方不明になっていた。そんなある日、ソンヨンが放浪のすえ瀕死の状態で都に戻ってくる。
サンは老論派が混乱しているうちに朝廷を掌握しようと頑張っています。
南人派かぁ。チャン・ヒビンを思い出したわ。

ソクチュは寝返ったわけではないよね?
何でファワンやフギョムと相談しないのかなぁ。
自分たちのことで精一杯ってこと?
どう動いたらいいのか迷うファワン。
王様がサンのことをどう思ってるのか知りたくて、王様のご機嫌を取りながらいつもの調子で聞くんだけど、
どういう訳か話が朝廷のこととなると、王様は烈火のごとく怒り出して、ファワンは追い出されてちゃったのよ。
今まで父の寵愛を受けてきたファワンはショックで呆然と立ちすくみました。
病でもあるし、もう王様は彼女の意のままにならないわね。
ファワンがどう動くのか楽しみです。

王様の病は益々悪化。
王妃は、王様の病状を内侍に監視させて、王様の記憶が飛んでる時を利用して、兄を呼び戻す王命を。
ひぇ~、王妃ったらなんて大胆なことをするの~!!
こっちまで冷や冷やドキドキしちゃった。
認知症の王様だなんてシャレにならないわ、早く王位をサンにを譲ってよ~。

王様がそんなことになってると知らないサンは、ソンヨンのことが一番の気がかり。
政務をしてても落ち着かず、テスにソンヨンの様子を見に行かせました。
ところが、ソンヨンは新しい長官に学校を追い出され行方不明になってたんですね。
どうしてこんなことにと、皆がソンヨンのことを心配する中、嬪宮が耐えられずサンに告白を。
黙ってればいいものを、自分のせいで無理やり清に行かされたと正直に話しちゃったよ。
絶句したサン。許しを請う嬪宮に掛ける言葉が出てこなかったわ。
このことで嬪宮と距離ができてしまったら、嬪宮が可哀想…。

ソンヨンを探すために清に人を送ったんだけど、
なんと、ソンヨンは自力で帰ってきました!!
か弱そうなのにすごい精神力ですね。
でも、都についたとたん倒れ、瀕死の状態。
駆けつけたサンがソンヨンを抱きしめて次回へ。

行方不明の状態が続くと思ったら案外すぐに戻ってきましたね~。
病気のソンヨンを宮殿に連れて行って治療でもするのかな??

スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。