スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イ・サン第33話

2010/03/30 (火)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 イ・サン-正祖大王

第33話「初めての異国」
ソンヨンが黙って清へ発った事実にショックを受けるサンは、図画署のパク別提に彼女が恵嬪の推薦を受けて使節団に加わったことを聞かされる。世継ぎの誕生を心待ちにする恵嬪は、サンと嬪宮に地方への行幸に出るよう持ちかける。そんななか誰一人頼る者もいなくなり失意の日々を送る中殿のもとを突然英祖が訪ねて来る。優しい言葉をかけられ感激の涙を流す中殿だったが、これまでとは違う英祖の異常な言動に、ある疑念を抱く。
ソンヨンとの別れに不自然さを感じたサンでしたが、母からソンヨンが喜んで行ったと聞かされ納得したのでしょうか。
ソンヨンに恥じないように自分も頑張らなきゃと心を入れ替えたのでした。
サンの張り切る様子を見て、あの者は遠くにいても世孫の力になれるのねと、嬪宮は寂しそう。
心のきれいな人なのに、体が弱くて世継ぎも産めず、薄幸の正室なのよね?可哀想に。

王様がボケちゃった??
激務の中疲れきった王様は、居眠り後、
王妃がくれたお茶が飲みたいと、王妃の部屋を訪ねました。
王妃が恐縮してると、そなたに会わない理由があるのか?と…。
王に許された?と疑心暗鬼で今度は自ら王殿を訪ねた王妃。
ところが今度は激怒し追い返され、王妃は動揺。
カンのいい王妃のことだから、王が病気だとすぐ分かるよね。

ソンヨンがいなくなり、テスは酒浸り。
酒場で喧嘩を始め、こてんぱにやられてしまいます。
テスを倒すとは優秀な者だと、サンは改めてその者たちと決闘させようと。
賞金を賭けようと提案するサンに、武官たちは額が多すぎると、
テスたちが負けたらサンが土下座するということに。
サンの名誉を守るため戦うテスたちですが、
相手が圧倒的に強いみたい。
武芸書にない動きをしてるとサンが驚いてます。

一方、清に行ったソンヨンですが、清でも女の入学は難しいと断られてしまいました。
その上、サン母の父に入学できなくても置いていくと。
ソンヨンの運命はいかに??


スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。