スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妻の誘惑 #55・56

2010/09/08 (水)  カテゴリー/韓国ドラマた行 妻の誘惑

第55話「母の慟哭」
 サロンの受付でハヌルを連れたミジャに出くわしたウンジェは、顔を見られないように背中を向けたまま立ちつくす。ミン女史はミジャが何の連絡もせず突然サロン訪ねてきたため慌ててしまう。ミジャは夫がのど自慢でもらった靴の商品券だと言ってミン女史に渡す。ミン女史は気持ちはありがたいが、これから気遣いは無用だと話す。ミン女史はミジャが連れてきたハヌルのことが気になり、彼女に何歳かと聞く。サロンを見学に行ったハヌルを探しに行ったミジャはウンジェにプレゼントした腕時計がカウンターに置かれているのを見つけ、ミン・ソヒとして働くウンジェと鉢合わせをする。

第56話「衝撃の告白」
 夫が女と2人で酒を飲んでいたと聞いたエリは、泥酔して店のソファに寝ていたギョビンに頭から水を浴びせてしまう。翌朝、ウンジェは手作りの化粧品をお客様へ送る手配をしていた。ウンジェは化粧品と石けん作りには自信があり、高校時代から母のために作っていたとミン女史に説明する。一方、ギョビンの家では、エリがチョン会長にギョビンには女がいてかなり深い仲になっているようなので、力を貸してくれと相談をもちかける。しかし姑のミインは、浮気の証拠があるのかとエリに聞き女房の勘だけで疑われたらギョビンがかわいそうだと息子をかばう。ウンジェが宅配便で送った自然化粧品がギョビンの自宅に届き、エリの怒りが一気に爆発する。

お母さんと顔を合わせたくないなら、帰るまで隠れていたらいいのに。
(まあ、それではドラマにならないのですが。)
お母さんの、「娘を見間違える訳がない。整形しててもわかる。」との言葉に、
娘への愛情がものすごく伝わってきてジ~ン。
さすがベテラン女優です。迫真の演技に引き込こまれました。

母の慟哭を目の当たりにしてウンジェも強く否定できず逃げるしかなかったのよね。
事実を打ち明けて、みんなで復讐すればいいと思ったけど、
娘が復讐の鬼となるのをウンジェの両親が黙ってるわけないか。
止められると分かってるから雲隠れしてるんだもんね。

ハヌルは自分の年も知らないんですねー。
肝心なところをすっとぼけるハヌルは、このドラマの癒し系キャラでもあり重要人物でもあります。
ハヌルを使ってチョン家とク家を行き来させるだなんて、よくできた脚本だよね。
ガンジェにすっかりお熱で、空想と現実がごちゃ混ぜになって周りに迷惑をかけているのですが、
ハヌルがク家に足しげく通ううちに、ガンジェもだんだん情が湧いてきたみたい。
妊娠したと思い込んでるからまた一騒ぎあるんだろうな。

それにしても、気が弱くて優しかったウンジェが、ここまでエリを刺激するだなんてねー。
よく考えてみると、やられたことをそのまま返してるって感じではあるのですが…
仕事が減り、夫は浮気。家でも見下されてるエリ。
反撃してくると思いきや、喚き散らすだけだなんて、案外頭が悪いのね。
このまま失墜していきそうです。

浮気者のギョビン。
とても笑わせてもらいました。
あんたなんかに本気になる訳ないじゃん。
「結婚してても心は自由だ。」なんてセリフ、お前が言うな~!!って感じでした。
ソヒに別れを告げられて必死でしがみつく姿は醜くて滑稽です。

ギョビンがソヒにまとわりつくのを見てゴヌがとうとう爆発。
ミン女史にソヒが好きだと打ち明けちゃった。
ミン女史はどうでるかしら。
次回が楽しみです。


スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。