スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全部あげるよ #33~40

2010/09/05 (日)  カテゴリー/韓国ドラマさ行 全部あげるよ

#33
ナムジュの誕生日に招待されて来たヨヨンヒを見て驚いたポヨンは、ナムジュがわざとこんな状況を作ったという思いに腹立ちを隠せない。 一方、家の前でヨンヒに会ったガンホは 、ナムジュが婚約者だったことを打ち明け、誕生日プレゼントに用意した首飾りをかけてやる。この時二人の姿を目撃したガンヒは自分の目を疑って驚く・・・。
#34
ヨンヒと一緒にいるナムジュに不快な思いをするポヨンは、ナムジュに支店の管理職を任せようとする。 一方、ヨンヒと抱擁していたガンホの姿を目撃し、二人の交際に悩むガンヒ。ヨンヒに会いに行くと言うガンンホにハルの父親がヨンヒの兄ソンスだと打ち明ける。
#35
コック長の辞職願いによって これ以上ヨンヒを厨房に置くことは出来なくなったポヨンは、ヨンヒを事務室勤務に配置させる。以前、事務室勤務を断られたナムジュはこれを知り憤怒する。 一方、ヨンヒとは姻戚関係になることを知り、1人悩むガンホ。ヨンヒは突然自分を無視するガンホの姿に当惑する。 ガンホは悩んだ末、ヨンヒに別れを切り出す。
#36
ナムジュは何の経歴もないヨンヒを事務室勤務にしたのかをポヨンに尋ね、自分も支社には行かず傍で働きたいと言い出す。一方、教育がなく貧しいのに高望みをしたと自分を卑下するヨンヒに、実はハルのパパがソンスだのだとガンホが話す。
#37
別れることができないと言い出すガンホだが、ヨンヒはこれまでのようには会えないと拒否する。一方、ガンホとキスしていたヨンヒの姿を見たテミンは、これまで打ち明けられなかった自分の感情をヨンヒに告白する・・・。
#38
本店に残りたいナムジュの意向を聞いた祖母マルリョンは、ポヨンにナムジュを事務室に置くよう説得するが、席がないときっぱり断る。これを受けてマルリョンはナムジュを同行させてケソン名家へ出向き、ナムジュが会長である自分の孫娘であることを公表する。
#39
テミンは、ヨンヒと自分との関係を誤解するガンホに、ヨンヒは自分を恩人としかみていないと話す。ヨンヒへの想いが募るガンホは、ヨンヒに会って、別れるくらいなら死んでやると毒薬を飲もうとする。
#40
ガンホの真剣な思いに負け、ヨンヒはこのままガンホと付き合うことにする。ケソン病院でジョンギルとポヨンが出会い、ナムジュは二人が一緒の姿を目撃し、疑問に思う。ポヨンは夫に警備員のジョンギルがナムジュの父だと打ち明け、ナムジュと顔を合わせてると話す。

ヨンヒが自分の才能を発揮できないのが残念です。
ポヨンは自分の傍にヨンヒを置けて心が弾んでます。
ヨンヒをゆくゆくは後継者にと思ってるのかな?
数字に強くないと経営者になれないわよと助言してたもんね。
でもヨンヒは父親似なのか勉強が苦手。
好きなことを伸ばしてあげる方がいいかも。

「私とヨンヒが入れ替わったみたい」と嫉妬混じりで言ったナムジュの言葉に、
「入れ替わったなら元に戻さないと」と言うポヨン。
「??」のナムジュだったけど、二人が傷つく前に打ち明けるべきよね。

テミンとの関係に嫉妬し、気持ちが高ぶったガンホ。
「別れるのを止めてくれなきゃ自殺するぞ」と脅すだなんてちょっと幼稚でした。
1話のガンホから想像できません。
お互いの気持ちにブレーキがかけれず、また付き合うことになったけど、
ソンスですら認めてもらえるか分からないのに、ヨンヒまでもなんてことになったら
ガンホ母が怒り狂うに違いありません。

夫に話したと言うことは、
ヨンヒ父は仕事を辞めさせられるのかな?
ポヨンにとっては目障りな存在だけど、
父がクビになって悲しむのはヨンヒじゃない?

ナムジュが可哀想だと思ってたけど、
ヨンヒを顎で使うところをみるとやっぱり腹が立ちます。
ジョンギルが父だと知ったら態度を改めるかな?
いやいや、プライドの高いナムジュがジョンギルを父と認める訳がない。
秘密を知っても黙ってるだろうな。
とにかく、何か進展がないとイライラしそうです。





スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。