スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妻の誘惑 #63・64

2010/09/24 (金)  カテゴリー/韓国ドラマた行 妻の誘惑

第63話「金塊泥棒の正体」
ミン・ソヒになったウンジェを見るなりチョン会長は仰天し名前を聞く。ウンジェは堂々とミン・ソヒだと自己紹介する。ウンジェはチョン会長に金塊の行方はエリが知っていると話す。エリとはどんな関係なのかと聞かれたウンジェは債権者と債務者だと答える。そしてエリが10億の借金を金塊で返済してきたこと、現金での返済を要求すると"金塊など知らない"と言ったことなど、今までの経緯を説明する。チョン会長は、この件は自分が処理をするので手を出さないでくれとウンジェに約束させる。
第64話「契約の保証人」
ゴヌは秘書室のファクスに送られてきた妹ソヒの情報を見て驚き、資料と写真を持ち出し、ウンジェに電話をかけ、会長がウンジェの身辺を調査中で本当のソヒの写真が会長宛てにファクスされていたことを知らせる。そしてすぐにウンジェの写真に差し替えた資料をファクスで送るよう伝える。ガンジェに夢中のハヌルは携帯電話で、自分はガンジェに買ってもらった指輪を盗まれないようにずっと着けているので、ガンジェもずっと着けていてくれと頼む。そう言われて、ガンジェは慌てて指輪を捜すが…。

いや~危なかった。
会長は、ウンジェに瓜二つのソヒを怪しんで徹底的に調べろと命じたのですが、
本物のソヒの卒業写真がファックスで送られてきた時に、たまたまゴヌが通りがかったのよ~。
何だかんだ言っても、結局ウンジェに協力的なゴヌ。
卒業写真を送るようウンジェに連絡し、間一髪のことろでセーフ。
ウンジェが送った写真で会長は納得し、ソヒのことはこれ以上調べないとのこと。
よかった、よかった。見事な連係プレーでした。

金塊泥棒はエリの仕業だと分かった会長でしたが、しばらく泳がそうと。
そんな悠長なことこと言ってるから証拠を消させるのよー!!

携帯の音声を消去し、防犯カメラも壊したと安心してたエリ。
防犯カメラのデータが残ってると聞かされ、顔が青ざめました。
警備会社への連絡をギョビンが任されたのに、エリは上手いことを言って自分がすると。
警備会社でデータを確認したところ、金塊を運ぶ間抜けなエリの姿がバッチリ映ってました。
一瞬凍りついたエリでしたが、コピーを断ってUSBをぶっ壊しました。あ~あ。

「全財産を渡しても惜しくはない」とハヌルがガンジェに言ってから、ガンジェも心を開いたよう。
ハヌルに字を教え始め、二人は急接近してます。

夜遅くまで化粧品の研究やカードの練習をしていたウンジェ。
エリの店が出した化粧品がフランスの物とそっくりだと見破りました。
「契約金が入るなら借金を返して欲しい」とエリの店に敵情視察に出向いたのですが、
エリは「借金も金塊も携帯も知らない」と返し、形勢逆転とばかりに強気で出るのよ。
それを見てウンジェは「全てを捨てる覚悟をしておいてね。」と忠告し、
エリが契約する化粧品会社には保証人をつけた方がいいとアドバイスを。
空容器の処分に注意しろと言ってたのに、店の外でウンジェが偶然見つけちゃったし、
これから先のことを考えたらわくわくしちゃうなー。

エリに騙され保証人となり不満顔のギョビン。
その上、防犯カメラのデータが破損してたと言われ怒りが爆発。
「お前が盗んだのか、昔の男を庇ってるのか、正直に言うまで顔も見たくない」と。

ソヒがゴヌの兄だと分かっても、ミン女史が母だとは気付いてないの??
会長がゴヌのデスクに訪ねてきて、ギョビンと妹のことは自分が対処すると。
古い写真のことをゴヌに聞かれたけど、似た人はいると問題視してませんでした。

ファックスのお礼にとゴヌと映画館に行ったウンジェでしたが、
ギョビンから電話があり、映画館から姿を消しました。
そりゃないよ~。ゴヌが可哀想じゃん!!
クラブでカード遊びをしてギョビンを待つウンジェ。
占いでも始めるのかと思ってましたが、賭けをしてギョビンをハメるようです。



スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。