スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全部あげるよ #41~48

2010/09/12 (日)  カテゴリー/韓国ドラマさ行 全部あげるよ

#41
ジョンギルがナムジュの父ということにショックを受けたスンチョルは、悩んだ末にイユンにジョンギルを他の所に転勤させろとの指示を下す。一方、ナムジュは、ジョンギルが取引先の人に違いないのかとの質問に慌てて遮るポヨンの態度を見て更に大きく疑惑を感じ、病院の警備室へジョンギルを訪ねて行く。
#42
ナムジュはポヨンがジョンギルを病院から追い出そうとしていることを知って混乱する。すべての疑問の根源であるヨンヒのことを知ろうとしたナムジュは、ヨンヒの家を訪ねジョンギルがヨンヒの父であること知りショックを受ける。
#43
ジョンギルとポヨンとの関係を疑ったナムジュは、祖母から父と母の出会いを聞き出し、自分が結婚前に生まれた子だと知る。 一方、ジョンギルはナムジュがヨンヒと同じ年齢と知り、ナムジュが自分の子ではないかと疑う。
#44
イユンは悩んだ末、スチョルの指示通り遅刻したジョンギルを解雇する。ジョンギルが解雇され疑問が膨らむナムジュは、ヨンヒから情報を得ようと接触し、故郷と生まれた病院を聞き出す。
#45
祖母から話を聞いたが、自分はどこで生まれたのかと父に尋ねたナムジュは、ヨンヒと同じ病院で生まれたことを知り驚く。そして、病院で自分の出生記録を確かめる。
#46
出生記録の父の名前が空欄になっていたのを見たナムジュは、自分の父が誰なのか不安で一杯になる。一方、脳梗塞で入院したマルリョンは、弁護士を呼んでケソン名家をナムジュに譲るという遺言を作る。弁護士からこのことを知ったポヨンは、ナムジュには絶対店を渡さないと怒りを露にする。
#47
ケソン病院に出向いたジョンギルを偶然見かけたナムジュは、母との関係を尋ね、同じ町内に住んでいたことを知る。一方、マルリョンの意中を知ったポヨンは、あなたの子ではないからナムジュに店を継がせるべきではないとスチョルに持ちかける。ナムジュはその会話を聞いてしまう。
#48
自分がスンチョルの娘でないということを知ったナムジュ。ショックを受けるが、母に弱い姿を見せられないと平静を装う。事実を知ったはずなのに平然と過ごすナムジュを見て、ポヨンは「恐ろしい子」と罵り、口答えするナムジュに「実父の元へ行きなさい」と声を張り上げてしまう。

ナムジュをここまで育ててきたから、ポヨンにも多少の情があると思ってましたが、
「身の程知らずに欲を出して、私が築き上げた店を譲らせるものですか!!」
って、人生を壊された仇の娘としか見てないんですね!?
ここまで敵意をむき出しにするとは驚きです。

疑問で一杯だったナムジュ。
自分なりにいろいろ調べたんだけど、父の話で納得し、
祖母から跡継ぎなんだから、ママの言葉に一喜一憂しないのよと言われ、安堵したのもつかの間。
母と和解しようとしたのに、何をねだったの?大それた子ね!!と罵られ、
その上、自分が父の子でないと知ることに。
もっと取り乱すと思ったんだけど、祖母の言葉を思い出し、
ママに弱い姿を見せたらいけないと頑張ったのが逆効果。
したたかに財産を狙ってると思われちゃったのよ。
ナムジュにしてみれば、父は違えどママの子である自分が当然跡継ぎだと思ってるよね。
それにしても、ジョンギルが父だとは思わなかったのかな??

今回は、ナムジュの出生の秘密がメインだったので、ヨンヒやガンホのことを覚えてないな~(笑)
テミンは出てきたっけ?
ヨンヒは初任給をもらってみんなにプレゼントしたことと、
ガンホはヨンヒにCDをあげたことくらいしか記憶にない…
二人の関係に発展はなかったと思う。
そうそう、油断してたソンスがガンヒ母にご対面してしまったんだけど、
屋上部屋の息子だとは言えず困ったことになってます。

ジョンギルは病院をクビになって、再就職の当ても外れ、また無職に。
ヨンヒとナムジュが同じ年齢と知って、
「ナムジュはあの時の子では?」と疑ってポヨンにきいたのですが、
「あなたの子を産むわけがない。ナムジュは夫の前妻の子よ。」と言われ簡単に納得してました。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。